アーカイブ

‘LK+’ カテゴリーのアーカイブ

祝・ユネスコ無形文化遺産登録。

2014 年 12 月 12 日 Comments off
2014年12月12日(金)

クリスマスシーズンに託けて、中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOを岐阜の家田紙工さんのSNOW FLAKEで飾り付けてみました。きらびやかではなくしっとりと仕上がりました。*同僚が撮影した写真を借用。

141205-SnowFlake (2)

長久手Studioも飾り付けました。*同僚が撮影した写真を借用。

141207-SNOWFLAKE

先日ユネスコ無形文化遺産に登録された和紙は、これから更に世界中で愛されることでしょう。美濃の同朋として嬉しく、そして誇りに思います。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

Like a Rolling Thunder.

2013 年 10 月 27 日 Comments off
2013年10月27日(日)

昨年12月にオーストラリアからいらっしゃったマークさんからメールがありました。中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」にてご自分で撮影された写真を学会の発表に使いたいので許可を下さいというものです。実に律儀な方です。

折角なんで、昨年12月には工事中だった「LK+」(現LK-GALLERY)も合わせて写真家に撮影して頂いた写真を送ってあげると、「GALLERY」の"木製稲妻階段"に並々ならぬご興味を示されました。ということで少々紹介させて下さい。

131027-LKstairs01

踏み板及び蹴込み板は桧、kominiノンスリップには欅を採用しています。色違いの堅木(かなぎ)で視覚効果も狙っています。

131027-LKstairs02

手摺はスチール製。木製では出せない細いラインで極力存在感の出ないようにと。木部との接続部はちょっと大きめの座で強度を優先して。

131027-LKstairs03

階段を上り切ったところには冷気止めの扉を。

131027-LKstairs04

吹抜けには伊藤豊雄氏デザインの照明「MAYUHANA」が二つ。

131027-MAYUHANA

手前味噌ではございますが、細部まで拘った上質空間「LK-GALLERY」。語らないと伝わりにくいので、ちょっと語ってみました。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

書斎への憧れ。

2013 年 10 月 27 日 Comments off
2013年10月27日(日)

中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの別館GALLERYの2階にあるのが、ここの主sogachapinさんのオフィス。厳密にはこのスペースをsogachapinさんが我が物顔で占拠しているんですが。

131027-LKG2階

矩方に配置された横長の窓と心地よく迫った天井。杉材と手もみ和紙の柔らかい設え。こんな書斎が私も欲しい。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

樅(もみ)のテーブル@LK-G。

2013 年 7 月 20 日 Comments off
2013年7月20日(土)

中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOギャラリーに、展示用テーブルが登場。樅(もみ)のテーブルです。(協)東濃ひのきの家の造作工場の作品です。ノタ付きの一枚板、無垢の家づくりによく似合います。

130712-モミのテーブル

樅の板があと数枚ストックしてあります。ご興味のある方、相談に乗りますよ。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO-GALLERY」のパンフレット完成。

2013 年 6 月 17 日 Comments off
2013年6月17日(月)

3月下旬にリニューアルオープンしました中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの増築部分GALLERY(プロジェクト名「LK+」)のパンフレットができました。

130617-LKGALLERY

語り過ぎず語らなさ過ぎず、いいパンフレットができたと思います。新生「LITTLE KASHIMO」へ是非ともお越し下さい!

中島 大地
カテゴリー: LK+ タグ:

「LITTLE KASHIMOリニューアル記念祭」開催。

2013 年 3 月 24 日 Comments off
2013年3月24日(日)

築3年を迎える中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」の増築完成を記念しまして、昨日と今日でリニューアル記念祭を開催しました。

LKリニューアル記念祭 (8)

花粉舞い散る春麗らかな日に、たくさんのお客様にご来場頂きました。綿密な計画と準備のおかげもあり、会場がごった返すことなくたくさんのお客様に新生「LK」をご覧頂くことができました。

LKリニューアル記念祭 (6)

「LK」本体ではリビングの家具を新調しました。高山の柏木工さんのイージーチェアとオットマンです。一度腰掛けると立ち上がりたくなくなる魔法の椅子です。

LKリニューアル記念祭 (3)

GALLERYはペレットストーブでとても暖か。シモタニさんのコンコード・オルコットです。

LKリニューアル記念祭(14)

社員と協力業者さんの混合スタッフ。仕事でもイベントでも支えられています。ありがとうございます!

LKリニューアル記念祭 (2)

奥田石材店の石窯の実演に興味津々。ピザがいい塩梅で焼けます。

LKリニューアル記念祭 (5)

クイズラリーにチャレンジ。このモデルハウスの愛称はLITTLE何?

LKリニューアル記念祭 (10)

設計・監理をして頂いた神谷建築スタジオ(愛知県高浜市)の神谷先生にもご案内をお手伝い頂きました。お客様の合間にはマッタリと。

LKリニューアル記念祭 (11)

前面の木製建具を御開帳。おおっ!と歓声が上がりました。

LKリニューアル記念祭 (12)

餅つきもご体験頂きました。餅つき女子会、なんて。

LKリニューアル記念祭 (13)

大きな問題もなく、盛況のうちに終了した「LITTLE KASHIMOリニューアル記念祭」。ご来場下さった皆様、ありがとうございました。そして支えてくれたスタッフの皆様、ありがとうございました。んん?片付けでテーブルを持ち上げてから肩が痛い・・・。

LKリニューアル記念祭 (9)

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

「LITTLE KASHIMOリニューアル記念祭」迫る。

2013 年 3 月 16 日 Comments off
2013年3月16日(土)

3月23・24日に開催します可児モデルハウスLITTLE KASHIMOリニューアル記念祭まで残すところあと1週間となり、増築プロジェクトも佳境を迎えました。特に週末はモデルハウスの平常営業を続けながらの作業はなかなか困難です。

先日、庭の最後のピース「泥水鉢」が据わりました。色々悩んだ結果こんな感じに落ち着きました。仰々しくなく、しかし存在感があって予想以上に気に入ってます。

130316-泥水鉢

昨年5月の付知町「森林(もり)の市」で社長が購入した、奥田石材店さん(中津川市蛭川)製の石窯が据わりました。まずはピザかな?

130316-石釜

こちらは増築部分である通称「GALLERY」の打合せ室。このところ磨きをかけてきたプレゼンテーションのための装備も充実してます。

130316-打合せ室03

LITTLE KASHIMO本体にある打合せ室は、これから予備の打合せ室として。書棚で緩やかに間仕切りました。

130316-打合せ室02

「LITTLE KASHIMO」と「GALLERY」の小物を総合的に見直す中で、雰囲気プロデューサーのsogachapinさんから、我が家のザクさんは「大人げない」と戦力外を告げられ、3年ぶりに我が家に返ってくることになりました。ただし置き場は未定。

130316-ZAKUII

ザクさんの代わりに、ガンプラの箱を置きたいと言われ、私のコレクションの一部を貸すことに。リフォームした寝室の趣味のコーナーに置いておきます(モデルはIT担当のタットさん)。フィギュアはダメで、ガンプラはいいという理屈はよく分かりませんが、少なくとも"同志"に対してのベイトは引き続き仕掛けることができそうです。

130316-寝室

泣いても笑ってもあと1週間。さぁもうひとガンバリ。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

新生LK、夜の御姿。

2013 年 3 月 13 日 Comments off
2013年3月13日(水)

岐阜市での会議やら講習やらを終え、6:00pm過ぎに中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOへ。初めて夜の姿を見ました。

130314-LK夜景

3月23・24日の「リニューアル記念祭」へ向けて、現在は専ら山ほどある軽微な手直し、家具の配置や飾り付け等で大忙しです。

「LITTLE KASHIMO」本体の新築時から数えて4年、神谷建築スタジオさんからお力添えも頂き念願のギャラリーとホドヨイ庭が完成して、やっと本来の姿になったような気がします。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、完成検査。

2013 年 3 月 7 日 Comments off
2013年3月7日(木)

昨年10月に着工しました中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」の増築プロジェクトLK+、満を持して本日完成検査を行いました。是正箇所はタンマリとありますが、3月23・24日のLITTLE KASHIMOリニューアルオープン記念祭に向けて目処が立ちました。

日頃から私のブログにお付き合い下さっている方々には、職権を乱用しまして新生「LK」を一足早くご覧頂きたいと思います。まず外観。左官壁の母屋に対して、増築部分は杉板の鎧張り。敢えて違う仕上げにしましたが、すでにご来場頂いた方々には「違和感がない」とお褒めを頂いています。

130307-LK+01

ギャラリー。高い天井に程良い"木視率"の上質空間。細工の細かい"稲妻階段"も空間に花を添えてます。

130307-LK+02

天井からぶら下がっているのは、「MAYUHANA」なる照明。グラスファイバーの糸がマユのように折り重なって出来たボンボリが三重になっていて、そこからこぼれる光が何とも優しい。照明の値段は何も優しくないですが。

130307-LK+03

岐阜県の同胞シモタニさんのペレットストーブ。最近はすっかり温かくなってしまって「記念祭」ではその威力をご体感頂くことができなさそうです。残念。

130307-LK+04

振り返ると大谷石の"コラム壁"。木とも左官とも違った存在感でアクセントを意図しましたが、どうやら成功と言えそうです。

130307-LK+05

打合せ室とキッズコーナー。適度な解放感と閉塞感が打合せの部屋にはちょうど良さそうです。床暖房が装備してあり、ほんのり暖かい桧の床板も気持ち良さそうです。

130307-LK+06

カフェコーナーに続く通路にはミニキッチンが。造り付けならではの空間との一体感を見て頂きたいですね。キッチンは天板は面白い質感のメラミンで、キャビネットは栗の幅接板を使ってシャープな家具になりました。この奥のカフェコーナー・・・は未完成です。

130307-LK+07

2階から見下ろすとこんな感じ。最後の最後で追加した手摺も違和感なく納まっています。

130307-LK+08

2階奥の書斎スペース。こちらは美濃の手漉き和紙を採用。質感のある仕上げ材で優しい書斎になりました。

130307-LK+09

この際にとばかりに、「LITTLE KASHIMO」本体も少々リフォームを。10帖の寝室に趣味のコーナーをつくり、真壁だった設えを大壁に模様替え。昨年発表された高千穂さんの「白洲漆喰」を採用しました。

130307-LK+11

完成検査を終え会社に帰ると、「記念祭」の準備が急ピッチで進んでいました。ご来場頂いた方々へのプレゼントの一つ「風呂敷」がちょうど届きました。私達のテーマカラー藍色に「東濃ひのきの家」のロゴが入った風呂敷、使って頂けるといいな。

130307-風呂敷

「記念祭」の前にチョット見せ過ぎちゃった感もありますが、私のブログを読んで下さる方々への特典と言うことで。しかしやっぱり建物の空間は写真では伝わりませんし、増してやイベントの活気は会場でしか味わえません。

と言うことで、「記念祭」は3月23・24日です。遊びに来て下さい!

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

Sneak Preview for the New LITTLE KASHIMO!

2013 年 2 月 22 日 Comments off
2013年2月22日(金)

可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの増築プロジェクト「LK+」の現場では、仕上げ工事の職人さんが続々と訪れます。今日はまずガラス工事から。幅1.8m×高さ2mの大きな木製建具の大きなペアガラスは4人掛かりではめ込みます。

1302224人掛かり

吹抜けで解放感たっぷりの「ギャラリー」。設備機器等が所狭しと仮置きしてあります。

130222吹抜け

トイレには手洗いが付きました。真山窯さん作の手洗い鉢とMIZUSEIさんの水栓「ONE」のコンビネーション。背景は荒壁の中塗り仕上げ。これからまだまだひび割れるでしょう。

130222トイレ手洗い

トイレはLIXILさん一押しの新商品「サティスG」。大きくて重い便器ですが、その使い心地は後日体感するとしましょう。

130222サティスG

「ギャラリー」の階段下に設置してあるペレットストーブは、岐阜県の同朋シモタニさんの「オルコット」。デザインも私好み。

130222シモタニ

2階には桧のJパネルの建具。芯まで無垢材で存在感があります。

130222Jパネル

ところ変わってLITTLE KASHIMO本体では寝室の内装をリニューアル中。今まで見えていた梁や柱を隠して大壁に変更中。そしてキッズコーナーだったスペースに夫婦の趣味コーナーを設え中。

130222LK寝室

勢いに乗って色々とフライングで紹介しちゃいましたが、私の拙い写真には限度があります。是非とも現物を見て頂きたいと思います。と言うことで、「リニューアルオープン祭」は3月23・24日です。お楽しみに!

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、外構工事中。

2013 年 2 月 19 日 Comments off
2013年2月19日(火)

大詰めを迎えている中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」の増築プロジェクトLK+。メインとなる樹木が植わり徐々に雰囲気が出て来ました。

130219-LK+

ここで月例の「かしも産直市」を開催して・・・。積年の構想がいよいよ現実味を帯びて来ます。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+ meets 真山窯。

2013 年 1 月 25 日 Comments off
2013年1月25日(金)

本日はLK+の定例。工期も残すところあと1ヶ月、待ったなしの打合わせが続きます。



現場では、造付け家具の造作もほぼ完了し、どんどん臨場感が沸いてきました。こちらはラウンジ。桧板のパッ明るい空間に存在感ある栗の家具、その奥には造り付けソファ。楽しみな空間その1です。

130125LK+02.jpg

打合わせ室の土間にある家具も栗製。同い年の大工さんマサくんが現場で組んでくれました。丁寧な仕事でよく出来てます。

130125LK+03.jpg

打合わせ室のもう一つの家具。AV機器を収納するキャビネットとお子さん用デスク。

130125LK+04.jpg

キッズコーナーの収納は桧の集成材。たくさん収納できそうですね。

130125LK+05.jpg

来週はいよいよプロジェクトの山場の一つ造付けキッチンの造作に着手します。スニークプレビューとして天板をご紹介します。

130125LK+06.jpg

テクシュチャーからは想像できない素材です。こちらはsogachapinさん一押しの素材ですが、その正体は後のお楽しみ、としておきましょう。

さて、午後はトイレの手洗い鉢を探しに土岐市の窯元へ。LK+を設計して頂き、引続き監理をお願いしている神谷先生は都合が合わず私だけで。十数年来のお付き合いの真山窯(しんざんがま)さんへお邪魔しました。

130125真山窯01

手洗い鉢を数々見せて頂きました。見れば見るほど迷ってしまいます。

130125真山窯02

カタログ品から選ぼうか、それとも一品モンで遊ぼうか・・・迷いに迷った挙句、ファーストインスピレーションに戻ってこちらに決めました。一品モン、しかも大変遊びました。以前勇気がなくてお客様には勧められなかったモノです。

130125真山窯03

表面がスリコギのようにザラザラしていて存在感バツグンの作品です。採用を決めている水生活製作所さんの水栓ONEとの相性も確認しました。

130125真山窯04

来場特典として一輪挿しをプレゼントして頂きました。こちらもイトオカシ。

130125真山窯05

と言うわけで、このようになりました、神谷先生。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

今日のLK+。

2013 年 1 月 12 日 Comments off
2013年1月12日(土)

名古屋へ出掛ける途中LK+に立ち寄りました。

「LITTLE KASHIMO」本体の元々のウッドデッキに「LK+」からもアクセスできます。この囲われた感じが以前にもましていい感じです。

130112LK+01

見上げると、コントラストの利いた「LK」と「LK+」が寄り添って、いい感じです。

130112LK+02

「LK+」2階の事務所の窓から外を臨むと「LK」2階のバルコニーが。この高さと位置の関係もいい感じです。

130112LK+03

内部造作は8割方完了。残すは造付け家具の造作。「LK+」建築のこの折に「LK」本体のマイナーチェンジも計画中。こちらも併せえて乞うご期待!

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

Like Rolling Thunder.

2013 年 1 月 8 日 Comments off
2013年1月8日(火)

台湾帰省からの帰国が2日遅れ、本日が私の仕事始めでした。午前中に設計会議に参加、午後から今年最初のLK+の定例に参加しました(遅刻しましたが)。

LK+は年末に外部足場が外れ、いよいよその姿を現しました。杉板の鎧張り、やっぱりいいなぁ。



現在造作中の内部では、階段が掛かっていました。"稲妻階段"です。通常の稲妻階段では鉄骨のささらを採用しますが、こちらは桧の踏み板と蹴込み板だけで成り立たせる稲妻です。既にしっかり養生されてまして、木口の稲妻形しか拝めませんが。

130108稲妻階段

3月23・24日に予定し直したオープン記念イベントに向けて、いよいよ外構工事に着手です。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、専ら外壁工事中。

2012 年 12 月 26 日 Comments off
2012年12月26日(火)

中島工務店の可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの増築プロジェクトLK+は、現在やっと外壁工事が終盤に差し掛かりました。当初の予定よりも1ヶ月以上の遅れ。自社工事の宿命、とでも申しましょうか。

121226LK+01

表側の外壁仕上げは杉板の鎧壁。昔ながらの張り方です。杉板は赤身と白身が混じった「源平」の「節有り」のグレード。塗料はオスモ社のウッドステインクリアプラスを採用。2回塗りの塗膜の厚さにちょっとビックリ。

121226LK+03

出隅の納めは「トメ」。鎧張りは下の板に少し重ねて上の板を張りますので、トメも微妙に斜めなんです。ナントまぁ手の込んだことを。

121226LK+04

裏側の外壁仕上げはガルバリウム鋼板一文字葺き。和風パスタ店の壁でよくお見かけしますね。

121226LK+05

杉板の鎧張りとの取り合いはこんな感じ。

121226LK+06

外壁仕上げは、木製サッシの取付けを残し概ね完了。年内の外部足場撤去の目標が見えて来ました。楽しみです。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、餅投げ!

2012 年 11 月 11 日 Comments off
2012年11月11日(日)

可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」の隣に建築中の増築プロジェクト「LK+」が上棟を迎えまして、本日餅投げをしました。昨日までの晴天、そして明日からの晴天(予報)の隙間を絶妙に狙った雨天での開催。雨男の迷信を信じたくもなります。

121111餅投げ

LK+の内部はこんな感じです。天井はこれがこのまま仕上がり。この無垢の存在感と構造のシンプリシティがチャーミングポイントの一つです。この空っぽの空間がどのように変化するか、楽しみです。

121111LK+

さて、オープン記念イベントは来年2月9・10・11日の予定です。長いようで短い3ヶ月間、めいっぱい頑張ります!

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

土間コンクリート打設。

2012 年 10 月 26 日 Comments off
2012年10月26日(金)

本日の「LK+」は土間コンクリートの打設。ここ数日の不安定な天候とは打って変わってコンクリート打設日和。14坪の小ぶりの基礎の打設はあっという間に完了。

121026CON打設

「LITTLE KASHIMO」では定例。前回から引き続き造園の打ち合わせ。"雑木林"をイメージした空間で、且つイベントの会場でもある空間。計画もあと一息。

121026LK+造園

定例の後は、加子母へ移動しちょっと遅めの昼食を。"かしも飯"の第一候補と言えばやっぱりけいちゃん。神谷先生には初体験となる大臣さんのけいちゃん。けいちゃんの後の"締め"には、ひねちゃん。鶏界の熟女、とでも申しましょうか。神谷先生にはこちらも初体験。気に入って頂けた模様。

121026大臣

昼食の後は、木材検査と構造材加工の打ち合わせ。私は別件で中座させて頂きましたが。11月上旬の建て方に向けて、視界良好・・・だよね、寺内君?

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、初めての定例。

2012 年 10 月 19 日 Comments off
2012年10月19日(金)

今週月曜日に着工した中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」の増築プロジェクトLK+。今日は基礎の床付け中。



今日は、監理者の神谷建築スタジオさん、現場監督の寺内君、そして音頭とりの私の三人で初めての定例。今後の工事と打ち合わせの進め方を確認し、まだまだ盛りだくさんの要検討要素を引き続き検討しました。

121019LK+02.jpg

関係者の都合をすり合せて、定例を毎週金曜日と定めました。そして来週の金曜日は、午前中に現場で外構の打合わせ、午後からは聖地加子母で構造の打合わせ。何の聖地かって?もちろん「けいちゃん」でしょ。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、工事着工。

2012 年 10 月 16 日 Comments off
2012年10月16日(火)

中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」増築計画LK+ 、満を持して着工しました。

121015着工01

現場監督は、皆さんご存じ寺内央君、伸び盛りの入社3年目です。もう伸びないのは身長だけ。

121015着工02

LK菜園の角にあった木を移植・・・と言うより移動。何とか根付きますように。

121015着工03

来年2月のオープンに向けて、まさに突貫工事です。工事中はご来場者の皆さんにご迷惑をお掛けしますが、優しい気持ちで見守って下さい。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

シラス壁商品説明会。

2012 年 10 月 12 日 Comments off
2012年10月12日(金)

名古屋支店での「LK+」の打ち合わせを終え、その足で千種区で開催のシラス壁商品説明会へ。

121011高千穂01

「シラス壁」と言えば、高千穂シラス(株)さんのプロデュースする火山灰が主原料の左官材で、私達もよく採用させて頂いています。ちなみに中島工務店のモデルハウスのいくつかでも採用してまして、高千穂さんのカタログにも掲載して頂いてます。ホラ、説明会の会場のパネルにもふんだんに。

121011高千穂02

121011高千穂03

今回の説明会のお目当ては、数ヶ月前に新発売したばかりの白洲漆喰。まさに現在進行中の「LK+」に採用すべく、商品とその施工状況を拝見に来ました。

121011高千穂05

漆喰は元々高い技術と根気が必要な左官材です。「白洲漆喰」も例外でははく、他のシラス壁の左官材料以上に扱いが難しい模様。

121011高千穂06

テクスチャーも他の漆喰と比べ遜色なく、調湿性能は他のシラス壁同等、施工性もマズマズで、価格は思ったほど高くない。「LK+」の切れ目のない大きな壁をこの「白洲漆喰」で。行けそうな感じですね。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、外構計画。

2012 年 10 月 12 日 Comments off
2012年10月12日(金)

いよいよ着工を来週に控えた可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの増築計画LK+。昨日はその外構計画の打合わせに名古屋支店へ。

121011LK+造園

決して余裕があるわけではない敷地に、ある程度の雰囲気を持たせながらイベントスペースも確保する。建築家、造園家、イベント家、そして仲裁家の4人が、夢と希望と現実のハザマで揺れています。中々前途多難。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

LK+、静かに着工。

2012 年 10 月 1 日 Comments off
2012年10月1日(月)

中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」(略して「LK」)のアネックス、通称LK+、が本日静かに着工しました。と言っても、地盤調査のために既存ウッドデッキを一部解体しただけなんですが。

121001LK+

来年2月のオープンに向けて、関係者一同頑張ります。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ: