アーカイブ

‘音楽’ カテゴリーのアーカイブ

ONE OK ROCK AMBITIONS 2018 JAPAN DOME TOUR in Nagoya Dome

2018 年 4 月 16 日 Comments off
2018年4月16日(月) 〇  

現在の音楽シーンを席巻する人気ロックバンドONE OK ROCKAMBITIONS 2018 JAPAN DOME TOURの名古屋ドーム公演に、昨日家族3人で行って来ました。ワンオクのライブは初めて...というか、ライブの類そのものが初体験の私は、期待と不安の入り混じったアンビバレントな気持ちで会場へ。

180415-OORA2018DT

ズバリ、格好良かったです!歌良し、演奏良し、演出良し。会場内に立ち込めるその熱気、躍動感に必死に着いて行きました。各ナンバーの盛り上がりの部分で起こるジャンプに船酔いにもにた眩暈を覚え、立ったままで腹筋運動をするように上半身を前後にスイングするノリに度肝を抜かれました。残念だったのは、披露した曲の内知ってたのは半分ぐらいだったことです。

バンド結成から13年。決して平坦じゃなかった道のりがあり、ドームツアーを成功させる今がある。そして第二章の始まりを宣言する彼らの攻めの姿勢に、今年四十四になるオジサンも感動し勇気をもらいました。自分の意思では恐らく行くことはなかったであろうライブにきっかけをもらい行くことができて本当に良かったです。これからの彼らの躍進を見守りたいと思います。そして今日からしばらくは、朝ジョギングのお伴はワンオクで決りです。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

ONENESS M by SUGIZO

2018 年 4 月 5 日 Comments off
2018年4月5日(木) 〇  

日課の朝ジョギングのお供でここ2週間ぐらい毎日聴いているのが、ギタリストSUGIZOのアルバムONENESS Mです。SUGIZOはLUNA SEAのギタリストでありながら、HIDEの後任としてX JAPANのギタリストも務めていまして、これがきっかけで興味を持ちました。先日読んだインタビューで、SUGIZOは映画音楽が好きで、曲づくりの作業中に「ブレードランナー」や「機動戦士ガンダムユニコーン」の映像を流していると知り俄然親近感が増し、早速「ONENESS M」を"南米経由"で入手しました。

ONENESS M

このアルバムがとても良いんです。全10曲がそれぞれのヴォーカルをフィーチャーしています。錚々(そうそう)たる顔ぶれで、10通りのケミストリーが楽しめます。アルバム自体がまるでコンピレーションです。

音楽性の幅の広さと深さにも驚かされます。映画音楽を思わせるような壮大な世界観。「ブレードランナー」や「ユニコーン」からのインスピレーションかと思うエッセンスも感じます。実はバリバリのロックギターチューンを期待していましたが、心地よく裏切られました。奮い立つ曲ばかりで朝ジョギングにはもってこいです。

X JAPANは、10年前の再結成以来YOSHIKIがほとんどの曲を作っていますが、ファン待望のニューアルバムにはきっとSUGIZO作の曲も加わることでしょう。今から楽しみです。しかしそれって、いつ?

中島 大地


カテゴリー: 音楽 タグ:

ONENESS M by SUGIZO

2018 年 4 月 5 日 Comments off
2018年4月5日(木) 〇  

日課の朝ジョギングのお供でここ2週間ぐらい毎日聴いているのが、ロックミュージシャンSUGIZOのアルバムONENESS Mです。SUGIZOはLUNA SEAのギタリストでありながら、HIDEの後任としてX JAPANのギタリストも務めていまして、これがきっかけで興味を持ちました。先日読んだインタビューで、SUGIZOは映画音楽が好きで、曲づくりの作業中に「ブレードランナー」や「機動戦士ガンダムユニコーン」の映像を流していると知り俄然興味が増し、早速「ONENESS M」を"南米経由"で入手しました。

ONENESS M

このアルバムがとても良い。全10曲がそれぞれのヴォーカルをフィーチャーしています。河村隆一、川上洋平、涼、K Dub Shine、TERU、ToshI、TOSHI-LOW、辻仁成、清春、そしてMORRIEと、錚々(そうそう)たる顔ぶれで、10通りのケミストリーが楽しめます。のアルバム自体がまるでレーションです。

音楽性の幅の広さ、奥の深さにも驚かされます。映画音楽を思わせるような壮大な世界観。「ブレードランナー」や「ユニコーン」からのインスピレーションかと思しきエッセンスも感じ、親近感がわきます。実はバリバリのロックギターチューンを期待していましたが、いい意味で裏切られました。奮い立つ曲ばかりで朝ジョギングにはもってこいです。

X JAPANは、10年前の再結成以来YOSHIKIがほとんどの曲を作っていますが、ファン待望のニューアルバムにはきっとSUGIZO作の曲も加わることでしょう。今から楽しみです。しかし、それっていつ?

中島 大地


カテゴリー: 音楽 タグ:

「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」

2018 年 1 月 31 日 Comments off
2018年1月31日(水) 〇  

ひょんなことから、この4月に大人気ロックバンドONE OK ROCKのライブに家族で行く運びとなりまして、ワンオクが大好きな同僚が「予習しときなさい」とばかりに最近発売されたDVDONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAENを貸してくれました。

180129-ONEOKROCK

お恥ずかしながら、私は今までライブなるものに一度も行ったことがなく、今回のワンオクが初体験となるわけです。貸してもらったDVDで目の当たりにした迸(ほとばし)る躍動感や会場の一体感は未知の世界です。ライブ初体験のアラフォー・オジサンに果たして取りつく島があるんでしょうか。予習どころか、不安が募るばかりです。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

「WE ARE X」

2018 年 1 月 21 日 Comments off
2018年1月21日(日) 〇  

2016年にサンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞したドキュメンタリーWE ARE Xを観ました。SNS上のマーケティングの術中にはまり発売日の12月13日に早速入手しましたが、この映画は私にとって神聖なもので、年末年始の慌ただしさの中でそそくさと観ることはできずにいました。

180121-WE ARE X

今や日本では知らない人のいないカリスマバンドX JAPANの隆盛と転落、そして再起の物語。数々の困難に打ちのめれされては立ち上がり、また挑戦する。解散していた10年があり、世界進出の今がある。蹉跌はあっても挫折はしない。X JAPANを聴き始めた中学生の頃から20年以上、壮大なロマンと勇気をもらい続けています。この「X JAPAN」は、彼らの生き様の一つの集大成です。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

愛知県芸大トロンボーン・アンサンブル in 加子母

2017 年 9 月 6 日 Comments off
2017年9月6日(水)  

愛知県立芸術大学のトロンボーンの皆さんが今日までの二泊三日、合宿に加子母にお越し下さいまして、昨晩は晩餐会にお呼ばれしました。明治座クラシックコンサートの初期メンバーである杉木先生が、今年東京藝術大学を退官してすぐに愛知県芸大に特任教授として赴任されたご縁で、6月には長久手スタジオで演奏会を催し、そして今回は倉田先生が引率で加子母にお越し下さいました。

170905-愛知県芸大

焼肉でひとしきり盛り上がった後に、トロンボーン奏者10名によるアンサンブルで、この合宿の成果を披露してくれました。この上ない贅沢な宴席でした。二泊三日という短い期間ではありましたが、トロンボーンの練習の傍ら加子母を楽しんで頂けたようです。そして9月17日(日)には、中島工務店のOB客が集う「ふれあいまつり2017」のステージでも演奏して頂くことになっています。こうやって少しずつご縁が深くなって行くことを楽しみにしています。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

Kasimo Cembalo Night

2017 年 8 月 26 日 Comments off
2017年8月26日(土)  

愛知県から加子母に遊びにいらっしゃっているお客様のリクエストで、加子母在住のチェンバロ奏者ハルさんの演奏会が牧戸山荘で催されまして、私達家族はお隣さん特権(?)でお邪魔しました。

170826-Kashimo Cembalo

自作のチェンバロを奏でながらの素敵な歌と素敵なお話。あっという間の1.5時間でした。近頃エレクトーンの練習が嫌で嫌で仕方がない小熊(シャオション、倅のこと)の心にも何かが響いたことと思います。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

「何度でも新しく生まれる」

2017 年 6 月 27 日 Comments off
2017年6月27日(火) 〇  

我が家の「父の日」にはプレゼントもお祝いもなかったので、せめて自分へのご褒美にと、音楽プロデューサー大沢伸一氏のソロ・ユニットMONDO GROSSOのオリジナルアルバム何度でも新しく生まれるを購入し、ここ数週間毎日のように聴いています。

170620-何度でも新しく生まれる

ソウル・シンガーbirdのアルバム「マインドトラベル」(2000年)で大沢氏の虜になって以来17年。今作は前作「NEXT WAVE」から実に14年振りと、何とももったいない時間が過ぎてしまったような気がします。それでもbirdやUAといった旧友とのリユニオンや女優満島ひかりの歌と踊り等々内容は盛りだくさんでホッとしました。音楽性も以前のノリの良いクラブ・ミュージックから少し変化したような気もしますが(ま、私ごときが語れるわけではございませんが)、耳に残るメロディが一日中頭の中でグルグル回っているのは相変わらずです。そして何より、"何度でも新しく生まれる"というメッセージが私の心に語り掛けて来ます。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

WE ARE X

2017 年 4 月 5 日 Comments off
2017年4月5日(水) 〇  

X JAPANのドキュメンタリーWE ARE Xのサウンドトラックを南米経由で購入しました。ちょっと安めだった海外版を注文したら届くまでに3週間。なんとこのCD、UKロックチャートでNo.1を獲得してるんです。先日のウェンブリー・アリーナ公演にしかり、日本が誇るモンスターバンドが世界を席巻世界をしています。

170318-WE ARE X

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

EVER JAZZ

2017 年 3 月 9 日 Comments off
2017年3月9日(木) 〇  

先日小熊(シャオション、倅のこと)が「エヴァンゲリオンのCDとか持ってる?」と聞いてきました。何やらエヴァンゲリオンへの興味が再燃しているようです。私は「そうかそうか」と目を細め、早速中古CDショップへ行きエヴァンゲリオンのサントラを物色しました。結局入手したのがこちら。

170309-EVER JAZZ

エヴァンゲリオン×ジャズ。小熊の求めていたものとはちょっと違いますが、これはこれでなかなかの逸品です。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

X JAPAN LIVE 2017 at the WEMBLEY Arena in LONDON

2017 年 3 月 5 日 Comments off
2017年3月5日(日) 〇  

日本ロック界を牽引するロックバンドX JAPANウェンブリー・アリーナ公演をWOWOWで観ました。

170305-XJAPANatWEMBLEY

隆盛と挫折、メンバーの死、決別と和解、そして再結成。今やメンバーが7人となったX JAPANの更なる飛翔。新旧の楽曲をロンドンの地で観客が大合唱する様に心が震え、涙がこぼれました。

Yes, we are all X!

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

AMBITIONS by ONE OK ROCK

2017 年 2 月 10 日 Comments off
2017年2月10日(金) 〇  

ここ数週間、ジョギングしながらONE OK ROCKの最新アルバムAMBITIONSを聴いています。人気があるのは知っていましたが別段それ以上の興味はなく。しかし熱狂的なワンオク・ファンの女性社員に強く勧められ、ジョギングのお供にと聴き始めました。

170202-AMBITIONS

驚きました。これは文字通り"野心作"です。自分の食わず嫌いを改めて実感しました。ボーカルTakaの出自からか最近流行りのアイドルバンドかという先入観がありましたが、しっかり"ロック"しています。その上アップテンポでキャッチ―なメロディはジョギングのお供にモッテコイです。「英語が上手い」とは聞いていましたが、英語下手な"日本人"を微塵も感じさせない安定感とそれに似合う伸びやかで色気のあるボーカルには、サラブレッドだけでは片付けられない底知れぬ素質を感じます。日本のロック・シーンにおける一時代を予感します。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ:

「daydream」 By Aimer

2016 年 9 月 22 日 Comments off
2016年9月22日(木)

自らに贈る誕生日プレゼント第一弾が昨日"南米経由"で届きました。「機動戦士ガンダムユニコーン」エピソード6と7の主題歌でその存在感を遺憾なく発揮したAimer(エメ)のニューアルバムdaydreamです。豪華アーティスト陣が参加する豪華なアルバムです。

160921-aimerdaydream

早速スマートフォンにアップロードしてジョギングしながら聴いてみました。「ユニコーン」関連企画で澤野弘之氏がプロデュースしたUnchildと比べるとフェミニンな印象の曲ばかりでしたが、独特なハスキー・ヴォイスと圧倒的な歌唱力には相変わらず心が擽られます。しばらくはこのアルバムがジョギングのお供になりそうです。

中島 大地

カテゴリー: 音楽 タグ: