アーカイブ

‘旅行記’ カテゴリーのアーカイブ

熊本のヒッチハイカー

2018 年 3 月 1 日 Comments off
2018年3月1日(木) 〇  

昨日、設計事務所との打合せで京都市へ行きました。同行者のkominiさんと共に8:00am頃長久手スタジオを出発し、名古屋ICから高速に乗り関西方面へ。途中で尾張一宮SAに寄り、スターバックスでコーヒーを買い、再び高速に戻ろうとすると、前方の路肩に「京都方面」と書かれた段ボールを持った青年が。ヒッチハイカーです。

京都での打合せは2:00pmの予定でしたが、折角関西に出掛けるのならばついでに建築の計画がある大津市の敷地を確認し、どこかの有名建築でも見に行こうかということで早めに出発したため時間には余裕がありました。そんな矢先のヒッチハイカーです。車をヒッチハイカーに近付け軽く挨拶すると、はきはきした好青年の様子。ということで乗せてあげることにしました。

180228-しお君

青年の名前はしお君、23歳の大学生。色々と話しを聞かせてくれました。知り合いを訪ねてオーストラリアに行ったものの都合が合わず一人で帰国し、成田空港から熊本の実家へヒッチハイクで帰る途中であること、成田から尾張一宮SAに辿り着くのに1週間で、前日の晩は浜松まで乗せてもらったトラック運転手の家に泊めてもらったこと、シンガポールとフィンランドに留学していたこと。熊本の震災を体験して人生観が変わったこと。その他にも音楽の話、スポーツの話、映画の話、学業の話、大失恋の話等々、道中会話が途切れる瞬間がありませんでした。

大津SAでしばし休憩してから大津ICで高速を降り、琵琶湖が一望できる建築予定地を確認し、京都へ向けて山を越えて行きました。途中で「比叡山延暦寺」の看板があり、引き寄せられるように立ち寄ることにしました。駆け足で延暦寺を見学し、その後京都市に到着、設計事務所の場所を確認した後昼食へ。食事の後、しお君を最寄の駅に送り、私達はそこでお別れしました。

TVの企画さながらのヒッチハイカー。相当の変わり者か、あるいは深刻な事情があるか、はたまたその両方かというのは容易に想像がつきますが、しお君の場合は3番目でした。思いもよらぬ同乗者でしたが、"近頃の若者"との会話はとても新鮮で楽しい半日でした。乗せてあげて良かったと思いました。

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

一族旅行二日目@横浜・築地

2018 年 2 月 12 日 Comments off
2018年2月12日(月) 〇  

この三連休を利用して、5年振りに開催された一族旅行。二日目の昨日は横浜へ行きました。まずは中華街へ。三連休の中日ということもあって途轍もない人出です。

180211-中華街01

180211-中華街02

180211-中華街03

中華街をしばし散策した後「均元楼」」で早めの昼食。円卓一つではちょっと足りず円卓二つ。妙なバランスです。

180211-均元楼

その後横浜みなとみらい21に移動し、「カップヌードルミュージアム」でマイ・カップヌードル作り。

180211-CNM01

180211-CNM02

180211-CNM04

安藤百福の足跡を辿り、挑戦を続けた生涯に感動。展示では分かりませんでしたが、実は安藤百福は台湾に所縁があるそうです。

180211-CNM03

その後「東京スタイル」に戻り、車を置いて地下鉄で築地へ移動。夕食はお待ちかねの寿司。とにかく食べました。

180211-築地01

180211-築地02

180211-築地03

3日目の今日は、10:30am頃加子母へ向けて東京を出発。

180212-TOKYOSTYLE

中央道を走り、駒ヶ根インター付近の「明治亭」で遅めの昼食。言わずと知れたソースかつの名店です。ロース&ヒレかつ丼の大盛を頂きました。

180212-明治亭

大きな問題もなく(?)、3日間の一族旅行が無事終わりました。インフルエンザが蔓延するこの時期に誰一人欠けることなく開催できたことがまずもって成果です。とは言え、12名の大所帯での移動の大変さも実感したので、次回は7月頃に加子母で集うことになりました。紀和姉、企画をよろしくお願いします。個人的にはリミッターを解除し、暴飲暴食に明け暮れた3日間でした。明日から節制します。

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

17年振りの江ノ島

2017 年 5 月 3 日 Comments off
2017年5月3日(水) 〇  

絶好の行楽日和の昨日、仕事で江ノ島に行って来ました。東京に住んでいた2000年当時、秋葉原で知り合ったバスケット仲間に誘ってもらい、結婚前の熊(シャオション、家内のこと)と共に訪れて以来、実に17年振りです。当時の記憶がよみがえってくるかと思いきや、あたかも初めて訪れたように何も思い出せず、逆に17年の時の長さを実感しました。

170502-江ノ島

「江ノ島に行ったらしらす丼」と知人に勧めてもらい、列に並んでWしらす丼を食べました。個人的には、名物だということ以外別段感想はありません。悪しからず。

170502-Wしらす丼

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

こどもの日に博物館明治村へ

2016 年 5 月 5 日 Comments off
2016年5月5日(木)

こどもの日の今日はゴールデンウィークの最終日。と言うことで、家族で愛知県犬山市にある博物館明治村で遊んできました。妻子にとって初めての明治村は、私にとっては実に15年振り。建築業界で駆け出しだった当時に比べ今回は非常に勉強にもなりました。加子母から車で2時間圏内にこのクオリティのアトラクションがあるのは、まさに灯台下暗しです。

160505-明治座

期間限定で開催中の「明治探偵GAME」に挑戦。これが中々難しい。結局謎は解けませんでしたが、答えだけ偶然発見してしまいました。

160505-明治座 (1)

160505-明治座 (2)

160505-明治座 (3)

160505-明治座 (4)

160505-明治座 (6)

160505-明治座 (7)

160505-明治座 (8)

160505-明治座 (9)

160505-明治座 (10)

160505-明治座 (11)

160505-明治座 (12)

160505-明治座 (13)

160505-明治座 (14)

160505-明治座 (15)

160505-明治座 (16)

160505-明治座 (17)

160505-明治座 (18)

時折強い風が吹くも終日絶好の行楽日和で、滑り込みでゴールデンウィークの体裁がなんとか整ったかな?さぁて、明日から仕事再開です。

中島 大地 〇

カテゴリー: 旅行記 タグ:

謝さん林さんの中島工務店ツアー

2016 年 2 月 11 日 Comments off
2016年2月11日(木)

春節を利用して台湾から謝さんと林さんが日本に遊びに来てくれました。謝さんとは2014年の国立台湾科技大学大工技術ワークショップで知り合って以来SNS等で交流を続け、この度二泊三日で中島工務店加子母を巡るツアーとあいなりました。弾丸ツアーの模様をハイライトでご紹介します。

7日(日)、午後に中津川市鉱物博物館で落ち合って、まずは尾張旭市で開催中の「緑ヶ丘の家」完成見学会へ。

160207-台湾的朋友01

そのまま足を延ばして中島工務店長久手スタジオへ。

160207-台湾的朋友02

加子母へ帰り私の家族と合流し、夕食は下呂市で寿司を。

160207-台湾的朋友03

締めのラーメンを行き付けのミキハウスで。

160207-台湾的朋友04

8日(月)、最初の見学先は養老の家。大工技術ワークショップでご一緒した松棟梁が合流。

160208-台湾的朋友01

続いて岐阜公園にある三重塔の大規模改修現場。西田の潤君のガイドが素晴らし過ぎます。

160208-台湾的朋友02

バーミヤンで昼食を。ほんの洒落です。

160208-台湾的朋友03

午後の部は、岐阜市の端(はずれ)にある波雲彫刻さんから。

160208-台湾的朋友04

中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」へ。

160208-台湾的朋友05

夕食は、味わい処いろはで焼肉。

160208-台湾的朋友06

9日(火)、下呂の端にある喫茶ジョーダンでモーニング。コーヒーには定評があります。

160209-台湾的朋友01

社寺工場加納棟梁によるプチセミナー。加納棟梁のお話は何度拝聴しても惚れ惚れします。謝さんと林さんも興味津々。

160209-台湾的朋友02

雪の加子母森林組合

160209-台湾的朋友03

もくもくセンターでお買い物。

160209-台湾的朋友04

昨年大規模改修を終えた明治座にて。

160209-台湾的朋友05

行き付けの天照庵で旨い蕎麦を。

160209-台湾的朋友06

中規模木造のコミュニティ施設ふれあいのやかたかしも。私が最初の結婚式をした会場です。

160209-台湾的朋友07

豊田昭和町の家の完成検査に同行し、その後懐かしお好み焼きだいじろうで最後の晩餐。

160209-台湾的朋友08

そして夜遅くに馬籠宿のお宿へ。これで私達の二泊三日は無事終了。

160209-台湾的朋友09

時間の都合で元々計画に含めなかった見学先や、時間が押して途中で割愛してしまった見学先、食べられなかった名物も数々あります。是非共次回を計画しましょう。気候の良い時期に、山歩きへも行きましょう。

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

SAKURA HOTEL 幡ヶ谷

2016 年 2 月 4 日 Comments off
2016年2月4日(木)

東京出張に合わせて、兄貴が現在勤めているサクラホテル幡ヶ谷に宿泊することにしました。但し兄貴には伝えず"お忍び"気分で。渋谷区幡ヶ谷の裏通りのような静かな場所にある、主に外国人に人気のホテルです。スタッフは全員英語堪能だとか。

160203-SAKURA CAFE01

ロビーにはサクラカフェが併設されています。ホテルに到着した昨晩9:00pm過ぎには利用者はほんの数名でしたが、今朝の朝食タイムには外国からのお客様でとても賑わっていました(但し写真は撮り忘れ)。

160203-SAKURA CAFE02

カフェの売りの一つが外国のビールの豊富な品揃えだそうです。確かに迷ってしまいます。

160203-SAKURA CAFE03

スタッフさんに食事とビールを勧めてもらい、キーマカレーとオーストリアビールが私のレイト・ディナーとなりました。

160203-SAKURA CAFE04

翌朝、出発前にカフェでコーヒーを頂いていると、会うつもりのなかった兄貴と会ってしまい、少しだけ話をしました。「おい、フロントの人が、「中島さんとよく似た中島さんがいるんだけど」って言うから見てみると、お前か!こういうことをするなよ!」云々。

*写真はサクラホテルのスタッフブログから拝借
taiyo@hatagaya.jpg

兄貴お手製の「プリンセット」を振舞ってくれました。「舌の上でジュワァっと広がる濃厚な甘みが...」とプリンに込めた熱き想いを語る兄貴に、「ボクはザラザラしている焼きプリンの方が好きかな」と私。ま、こんな兄弟です。

160203-SAKURA CAFE05

「サクラホテル」では、外国からの宿泊客を対象とした様々なカルチャー・イベントを催しているそうです。機会があれば私も参加してみたいな。

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

研修旅行2012、富山へ。

2012 年 11 月 29 日 Comments off
2012年11月29日(木)

昨日と今日で研修旅行に行って来ました。今回は富山県、前回の石川県に続いての北陸旅行です。この時期に2日間空けるのは至難の業で、脱落者も出て結局5名、自家用車でユッタリと。

28日8:00am、加子母を出発し、高山から北陸道で富山へ。適度な雪景色。

121128研修旅行01

11:00am、高岡市に到着。まずは軽く昼食を。共同幹事の加トさんが見付けてくれた蕎麦屋「そば蕎文」さんへ。

121128研修旅行02

建築的にも美味しい蕎麦屋さんです。

121128研修旅行03

白くて細くてコシのある蕎麦でした。

121128研修旅行04

食後に金屋町本通を散歩。

121128研修旅行05

高岡市のゆるキャラ「利長くん」と遭遇。快く記念写真に応じてくれました。このゆるキャラ、普通にしゃべるんです。

121128研修旅行06

1:00pm、研修旅行初日の目的地「ミヤワキホーム」さんへ。ミヤワキさんには昨年の地球の会BM勉強会でお邪魔させて頂いたんですが、今回は先日完成したモデルハウス「新・高岡の家」を見学させて頂きました。

121128研修旅行07

121128研修旅行08

121128研修旅行09

121128研修旅行10

121128研修旅行11

外観のプロポーション、間取り、仕上げ材、庭、ディテール、全てにおいて見応えのあるモデルハウスでした。約2時間ジックリ見学させて頂きました。先の三連休の見学会は大成功だったそうですが、納得です。ミヤワキさん、お忙しい中お相手頂きましてありがとうございました。

ミヤワキさんを後にし、宿泊予定地の氷見市へ。ビジネスホテルにチェックインし、夕食会場まで食前の散歩。こちら夕暮れ時の富山湾。

121128研修旅行12

「氷見番屋街」にある居酒屋で夕食。もちろん海の幸尽くし。

121128研修旅行13

刺身美味しい!

121128研修旅行14

ぶりかま美味しい!

121128研修旅行15

その他にもたくさん食べましたが、写真は割愛させて頂きます。

研修旅行2日目、8:30amにホテルを出発、一路黒部市へ。「YKKセンターパーク」を見学しました。施設は撮影不可で写真はこれだけ。しかし内容の濃い見学でした。世界に誇る日本の技術を見せつけられました。

121129研修旅行01

昼食は黒部市の魚の駅「生地」にて。

121129研修旅行02

「これでもか」とばかりに海鮮丼。さすがにしばらくは魚はいいかな。

121129研修旅行03

黒部市から富山市へ移動。現在建築させて頂いている「永く富む家」に表敬訪問。年内完成を目指し仕上げ工事中。

121129研修旅行04

121129研修旅行05

最後の食事は高山市のはずれの「国八食堂」さんで豆腐定食を。意外と知られた名店です。

121129研修旅行06

適度に研修、贅沢に海の幸と、良い研修旅行でした。が、実はくすぶっていた風邪の影響で声が枯れてしまってカラオケが歌えず、木三学以来右足を痛めていて歩き難く、不自由な旅行でした。

中島 大地

追伸
移動の車内ではすでに次回の研修旅行先の算段が。候補地は、北海道、沖縄、仙台、日光東照宮、等々。俄然楽しみになってきました。



カテゴリー: 旅行記 タグ:

約1,000kmの弾丸ツアー。

2012 年 11 月 17 日 Comments off
2012年11月17日(土)

昨日、東京ビッグサイトで開催のジャパンホームショー2012を見に行きました。我らが中島工務店も岐阜県木連とのコラボで出展しました。先日同行者を募りましたが、社内では悉く断られ、現在LK+をお手伝い頂いている神谷建築スタジオ神谷さん(愛知県高浜市)を恐る恐る誘ってみると、快い二つ返事。

と言うことで、8:00am、神谷さんと刈谷SAで待ち合わせ、出発。ハイ、車です。伊勢湾岸道から東名高速へ、そして最近開通した新東名へ。途中で、新名所の浜松SAで休憩。

121116浜松SA01

展望台からの眺めをしばし楽しみまして。それにしてもこの晴天には感謝すら覚えます。

121116浜松SA02

途中、富士山を拝んで、日本人の誇りを再確認して。

121116富士山

首都高速で約1時間捉まりましたが、会場東京ビッグサイトに無事到着。

121116TBS01.jpg

東京ビッグサイト、建築的にも見所満載の建物です。渡り廊下の天井の低さったら、ある意味さすがです。

121116TBS02.jpg

この辺りは駅みたいですね。

121116TBS03.jpg

「ジャパンホームショー」の会場内は撮影禁止で、唯一モグリで撮った写真がこちら。社長引きいるスタッフの皆さん、3日間お疲れ様でした!

121116県木連×中島工務店

桁違いの会場の広さに驚きながらも、約2時間歩き回りました。知り合いの工務店さんや顔馴染みのメーカーさんとも会えました。いくつか新しい出会いや発見もあり、まずまずの収穫でした。しかし最大の収穫は、神谷さんとの情報交換だったかも知れません。ざっと10時間ぐらい。神谷さん、その節は大変お世話になりました。

中島 大地

追伸
東名高速上りの神奈川県内で、神谷さんとの話に夢中になっていてちょっとスピードを出し過ぎていたようで、覆面パトカーに"注意"されました。へぇ、"注意"なんてものがあるんですね。しかし冷や汗モンでした。
カテゴリー: 旅行記 タグ:

研修旅行2011、金沢へ(後編)。

2011 年 9 月 26 日 Comments off
2011年9月26日(月)

研修旅行2011の2日目。8:00amにホテルをチェックアウト、車に乗り込み能登有料道路で能登半島を北上。とにかく良く晴れた清々しい秋の日です。

110924能登有料道路

向かった先は「千里浜」。そう言えばここ、以前来たことがある・・・。

110924千里浜

千里浜の「海の家」で貝尽くしの朝食を。

110924千里浜で朝食を

それから一行は一路「和倉温泉」へ。温泉には入らず、「湯っ足りパーク」にある「妻恋舟の湯」で足湯に浸かりに。

110924妻恋舟の湯01

記念写真撮影中の3人組を撮影。少々マヌケ?

110924妻恋舟の湯02

秋晴れの海を臨む贅沢な足湯でまさに"湯っ足り"と。

110924妻恋舟の湯03

その後、少々迷いながらも道の駅「能登食祭市場」に到着。その中にある「能登生鮮市場」でちょっと早めの昼食を。

110924能登生鮮市場01

定番、浜焼きバーベキュー!

110924能登生鮮市場02

カメラを向けると必ず何かしてくれる、サービス精神の塊sogachapinさん。しかし蟹とジャンケンとは少々ベタか・・・。それにしても散らかし過ぎ。

110924蟹とジャンケン

食後はお土産を買い込み、次の目的地「能登島」へ。

110924能登島へ

能登島では「能登島ガラス美術館」へ。小高い丘を有意義に活用した建物で、美術館の床も坂になってます。こちらは「金沢21世紀美術館」よりももう少し理解できたような気が。

110924ガラス博物館

っと、ここの辺りで私達の充電もほぼ底を尽き、そのまま岐路に着きました。帰り道も約3時間。寝たり、食べたり、おしゃべりしたりして加子母に到着したのが6:30pm。めでたし、めでたし。

研修あり、食べ歩きあり、懇親ありの楽しい研修旅行になりました!さぁ、来年はいよいよ韓国か?!

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ:

研修旅行2011、金沢へ(前編)。

2011 年 9 月 25 日 Comments off
2011年9月25日(日)

中部の建築関連部署の今年の研修旅行は金沢と奈良。個人的には今年奈良へ行ったので、金沢を選択。金沢は松本清張の差サスペンスにしばしば登場することもあって、以前から行ってみたい場所の一つでした。

当初10名程度だった金沢組も諸々の事情で生き残ったのは結局4名。加トさん、コーシさん、sogachapinさん、そして私。ま、少人数には少人数の楽しみ方もあるってことで。

23日、7:00amに加子母を出発。東海北陸自動車道を北上、途中の道の駅で朝ごはんを食べ、順調に金沢まで約3時間。思ってより近いものです。

金沢でまず最初に目に入るのは「金沢駅」。建築的にも見所タップリ。

110923金沢駅01

ファサードは隣国にありそうな特徴的な門。

110923金沢駅02

金沢駅から500円で乗り放題の周遊バスに乗車。最初に向かった先は「ひがし茶屋街」。

110923金沢駅03

「ひがし茶屋街」では、醤油・味噌屋さんのつくっているご当地ソフトクリームを発見。注文してからソフトクリームが出てくる間にカメラを準備していると、お姉さんがすでにポーズを決めていましたので、写真を撮らないわけにはいかない。さすがに場慣れしてますね。

110923ソフト01

このソフトクリーム、味噌が練りこんであり、醤油と味噌のシロップを掛けながら食べるんです。味?個人的には加子母のトマトソフトに軍配かな。

110923ソフト02

最初の見学場所は茶屋の「志摩」。国の重要文化財で築191年だそうです。1階部分の階高を低くし、客室のある2階部分を高くするのを「茶屋建築」と呼ぶそうです。

110923茶屋01

玄関からすぐのところが番頭さんの席。すかさず座る3人組。

110923茶屋

2階が客室。格式高い造りと、ベンガラの奇抜な色使い。当時の商人の最高の遊びが「茶屋遊び」だったそうです。

110923茶屋03

次に向かったのが「金沢21世紀美術館」。金沢の城下町では一際目立つ近未来的な建物です。

110923金沢21世紀美術館01

撮影が許可されている数少ない展示物の一つ、ピーターマクドナルド氏の「HOME DISCO」。アートと言うよりは趣味って感じかな。美術館全体の感想と言えば、「私は場違い」。

110923金沢21世紀美術館02

その後は「近江町市場」でちょっと遅めの昼食。石川と言えば海の幸、早速楽しんじゃいました。昼間っからビールを頂いちゃったりして。

110923大江町で昼食

その後は「長町武家屋敷跡」へ。背の高い土塗りの塀の間の路地、「これぞ金沢情緒」と言った感じでしょうか。

110923長町武家屋敷跡02

向かった先は加賀千二百石の「野村家」。日本でも有数の庭が見所です。

110923野村家01

離れの2階には茶室。広くなく、天井も低く、庭を見下ろせて心地いい空間。細かい細工も面白い。

110923野村家02

その次は「足軽資料館」。「足軽」と言えどその住まいは中々のもの。どうやら誇り高き人々で、痩せ我慢してでも立派な屋敷を構えたそうです。

110923足軽資料館

「武家屋敷跡」の見学を終え4:00pm。ホテルへチェックインして一休み。6:00pmにロビーに集合し、金沢の繁華街「片町」へ。20分ぐらいの食前散歩の道中で見つけた、古い建物の粋なお店達。

110923古民家再利用02

110923金沢の古民家利用01

「片町」でも海の幸を中心とした夕食を楽しみ、その後はカラオケを少々。盛りだくさんの研修旅行第1日目はこんな感じでした。

後編は次回!

中島 大地

カテゴリー: 旅行記 タグ: