アーカイブ

‘台湾TDMC常設展示’ カテゴリーのアーカイブ

2019日本岐阜縣建材商談會

2019 年 1 月 24 日 Comments off
2019年1月24日(木) 〇  

岐阜県林政部が主催する台湾TDMC常設展示に伴う企業マッチング2019日本岐阜縣建材商談會に参加しました。中島工務店を含め、常設展示に出展している5社が参加しました。

190124-日本岐阜縣建材商談會01

10:00amから4:00pmまで、昼食を挟んでほぼ休みなく設計士、工務店、材木業者等、合計7社と面談しました。予約以外にも飛び込みが数社ありました。通訳の方も日本語が本当に流暢で、私が時折挟むジョークも上手く訳してくれたと思います(相手がちゃんと笑ってくれたんで)。

190124-日本岐阜縣建材商談會02

しかし一つ根本的な問題がありまして。それは私達のPRポイントが“工務店”であることです。板材や家具等の木製品の販売は分かりやすいんですが、木造建築や文化財修復の技術力の紹介はあくまでも紹介で、具体的な物件があって初めて具体的に理解してもらうことができます。結果的にはPRの中心が「とにかく加子母に来て見て下さい」になりました。まずは種蒔きの前の耕しの段階です。

大工インターンの受け入れはとても好評でした。台湾は木造建築を大切にしていますが、それに見合う技術者がいないのが目下の問題です。私達の大工育成の実績を皆さんとても熱心に聴いてくれました。

TDMCは発行している業界雑誌「台灣室内設計dspace」に岐阜県の取り組みが紹介されまして、中島工務店の提供した写真が大々的に使われていました。密かに自己満足に浸っています。

190124-日本岐阜縣建材商談會03

台湾TDMC常設展示はひとまず3月末までです。展示している木製品もぼちぼち売れています。それ以外の工務店としての具体的な成果があるとすれば、それはもう少し先の話になりそうです。

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ:

TDMC企業商談に参加します

2019 年 1 月 23 日 Comments off
2019年1月23日(水) ◯  

今日から二泊三日の行程で台湾出張に行ってきます。昨年から参加している岐阜県林政部主催の台湾TDMC常設展示の一環で、台湾企業と商談して来ます。現在すでに5社との商談が予定されていると企画会社から聞いています。他にも面接が一つ。実りある出張にしたいと思います。

190122-いざ台湾へ

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ:

TDMC企業商談へ

2019 年 1 月 23 日 Comments off
2019年1月23日(水) ◯  

今日から二泊三日の行程で台湾出張に行って来ます。昨年から参加している岐阜県林政部主催の台湾TDMC常設展示の一環で、台湾企業と商談して来ます。現在すでに5社との商談が予定されていると企画会社から聞いています。他にも面接が一つ。実りある出張にしたいと思います。

190122-いざ台湾へ

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ:

「誠活行旅 Eslite Hotel」

2018 年 12 月 18 日 Comments off
2018年12月18日(火) 〇  

台湾TDMC常設展示に伴う企業PRセミナーのオプションで、松山區にある松山文創園區を見学しました。松山文創園區は、日本統治時代に建てられたタバコ工場をリノベーションして展示やイベント等で文化を発信する施設です。熊家(家内の実家)から歩いて10分ほどなので毎年里帰りの折には散歩がてら訪れています。

その松山文創園區の隣にヌッとそびえたつ鉄筋コンクリート造の建物がありまして、以前からオフィスビルかな、ショッピングセンターかなと思っていましたが、台湾の大手ブックストアー「誠活書店」が経営するホテル誠活行旅 Eslite Hotelでした。設計は台湾でも人気の日本人建築家・伊藤豊雄氏。こんなに身近にそんな著名な建築物があるとは。台湾に訪れるようになりすでに15年以上になりますが、まだまだ知らないことがたくさんあります。

181214-EsliteHotel

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ:

台湾TDMC常設展示の企業PRセミナー

2018 年 12 月 16 日 Comments off
2018年12月16日(日) 〇  

岐阜県林政部県産材流通課が主催する台湾TDMC常設展示に伴う出展社PRのセミナーが昨日TDMCで開催され、中島工務店から私と加納棟梁が参加しました。

181215-TDMCセミナー01

こちらがGIFU Taipei Wood Styleと銘打った岐阜県の展示。TDMCの4階にあります。このブースの中で岐阜県下の木材関連企業5社がそれぞれの取り組みや商品を紹介をしています。

181215-TDMCセミナー02

こちらが中島工務店のコーナー。造作工場KOMAちゃんデザインの桧の家具を展示の中心として、中島工務店の住宅づくりをPRしています。床材には敢えて桧ではなく杉を採用し、足触りの優しさを実感して頂きます。その他にも加子母界隈の木製品を販売しています。売れ行きは上々で、販売品の追加を今回スーツケースに入れて持って来ました。

181215-TDMCセミナー03

3:00pm、林政部の長沼次長のご挨拶でセミナー開始。日本でも有名な林産地としての岐阜県の紹介、東濃ひのきや長良すぎの良質木材の紹介、2020年のオリンピック・パラリンピックでの岐阜県産木材利用の紹介、等々。

181215-TDMCセミナー04

基調講演は、東京とスペインに拠点を置き活躍している家具デザイナー小林幹也氏のものづくりのお話。デザインを手伝ったいくつかの家具メーカーでは加工設備にはそれほど差はなく、そこで働く人達との会話の中で特徴を見付けイメージを組み立て、その地域の特性をデザインに活かすこと等、心に残るお話しでした。

181215-TDMCセミナー07

最後は出展企業5社による企業紹介。中島工務店の発表は、まずは私が中島工務店の概論を紹介し、続いて加納棟梁が社寺部の紹介、とりわけ文化財の修復や社寺仏閣の改修の事例を紹介しました。改修物件の小屋裏から出て来た100年前の棟札を紹介すると会場がどよめきました。

181215-TDMCセミナー05

中島工務店のアピールポイントは、東濃ひのきや長良すぎを活用した住宅づくり、自社工場による家具や板材のオーダー製作、台湾に現存する木造建築物の調査・修復の協力、そして大工技術者のインターン受け入れと盛りだくさんでした。観客は多くはありませんでしたが、それぞれの発表に熱心に耳を傾け質問もいくつかありました。台湾檜と東濃ひのきの違いはという問いには、35年程前に実際に台湾檜を扱っていた加納棟梁が、台湾檜は東濃ひのきよりも太く、東濃ひのきと同様に目が詰まったよい木材であると回答。実感に満ちた加納棟梁の言葉はとても説得力がありました。

最後は、TDMCを始めとする台湾の名だたる施設を設計された陳先生から総評を頂きました。日本では古い建造物の資料がしっかり残っていること等、日本企業の姿勢を大変高く評価して頂きながら、同時に台湾への激励でもありました。

181215-TDMCセミナー08

そんなこんなで二泊三日の企業PRセミナーは無事終了しました。具体的に何かが始まったわけではありませんが、日本と台湾の木造建築業界の皆さんと知り合い、中島工務店の取り組みをPRし、TDMCの展示状況を確認し、そして中島工務店カレンダー2019を進呈でき、参加した甲斐がありました。

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ:

二泊三日の台湾出張

2018 年 12 月 14 日 Comments off
2018年12月14日(金)  

昨年12月に岐阜県林政部県産材流通課が主催した台湾木材産業調査で台湾設計建材中心TDMC(Taiwan Design and Material Center)を訪れました。それ以来県産材流通課が岐阜県産木材のPR出展を計画し、県内の木材関連企業に声を掛け、中島工務店を含む5社が協力して11月上旬から来年3月の期間でPRコーナーを展示しています。

会期中のイベントの一つとして、台湾の業界関係者向けのPRセミナーが明日開催されまして、私と加納棟梁が登壇すべく二泊二日で台湾に行って来ます。いや、実情は加納棟梁が登壇し、私はその前説といったところです。中島工務店の木造建築と木材加工の技術、そして歴史的建造物修復の技術をPRして来ます。

181214-加納棟梁

中島 大地

カテゴリー: 台湾TDMC常設展示 タグ: