アーカイブ

‘台湾旅行記2017-2018’ カテゴリーのアーカイブ

Business As Unusual

2018 年 1 月 4 日 Comments off
2018年1月4日(木)  

中6日の台湾帰省から本日帰国しました。何の影響なのか「飛行機落ちたらどうしよう」と心配する小熊(シャオション、倅のこと)を他所に、フライトは極めて順調でした。常滑は7℃と決しては寒くはないですが、20℃前後の台湾から帰ってくるとひんやりとします。気温のおかげもあって、日本に帰って来たこと、そして正月休みが終わったことを実感します。

さて、今回の帰省からの帰りの便はビジネス・クラスでした。航空券予約の都合でエコノミー・クラスとほぼ同等でビジネス・クラスになったそうです。個人的にはビジネス・クラスは過去に一度だけ体験したことがあり、「ビジネス・クラス?足がちょっと余分に伸ばせて、食事が少し上等なんでしょ」と思っていたら、大間違いでした。なんと搭乗前に航空会社のラウンジが使えるのです。ゆったりしたラウンジでの飲食は全て無料。それを知らなかった我が家は、モスバーガーで朝食を済ませてしまうという大失態。それでも私は負けじと写真の食事を2ラウンドこなしました。人生で最後のビジネス・クラスかもしれないと思いながら。

180114ーCXラウンジ01

180114ーCXラウンジ02

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

私の食べ正月

2018 年 1 月 3 日 Comments off
2018年1月3日(水) 〇  

航空券予約の都合で今年は台湾帰省から例年よりも1日早く明日帰ります。名残惜しさもありますが、十数年振りに味わう日本のお正月の余韻も楽しみです。私の年末年始を振り返ると、朝起きて、ジョギングに出掛けて、TVでNBAを観て、散歩に出掛ける日々でした。別段遠出するわけでもありませんでしたが、時間を有意義に使うことができ充実していたと思います。特筆すべきはよく食べたことでしょうか。ダメだダメだと思いながらも異国情緒に身を任せ食べてしまいました。ブログネタにすることでなんとなく罪悪感が軽減するので、その一部をご紹介します。

まずは昨日の午後、小熊(シャオション、倅のこと)と二人で行った「アイス・モンスター」。日本人観光客の定番、ふわふわかき氷のお店です。初体験の小熊は、一番人気の「マンゴー・センセーション」はシーズンオフだったので、代わりメロンを注文。12月中旬の台湾視察で訪れた際にはマンゴーがあったんですが。これで約900円と決して安くはないですが、HPによると日本では1,550円。

180102-ICEMONSTER01

小熊のかき氷が先に出てきたので私もつついていましたが、私が注文したかき氷が中々出でこない。そうこうしている内に小熊がほぼ完食し、私も満たされたので、私の注文をキャンセルしてもらい、代わりに「手作りゴマ白玉ピーナッツスープ」を注文しました。この時季には二人でかき氷一杯がちょうど良いかも。

180102-ICEMONSTER02

続いて、今日の昼食の鼎泰豐(ディンタイフォン)。こちらも日本人観光客の定番です。看板メニューの小龍包が超有名ですのが、その他にも日本人の味覚に合う繊細でマイルドな料理がたくさんあります。

まずは前菜。

180103-鼎泰豐01

豚肉の小龍包。種類は他にも多数ありますが、こちらが熊(ション、家内のこと)のお勧め。

180103-鼎泰豐02

牛肉麺。牛肉自体は入っていません。多少クセがありちょっとスパイシー。

180103-鼎泰豐03

酸辣湯。酸味が少々足りないような。

180103-鼎泰豐04

炒飯。王道です。

180103-鼎泰豐05

通常品の4倍の値段のトリュフ入り小龍包を、熊の反対を押し切って食べてみました。芳醇な...バターの味?「なるほど」感はありましたが、話のネタで一度食べれば十分でしょう。

180103-鼎泰豐06

他にも毎食たらふく食べましたが、語り始めたら切りがないのでこの辺で。節制は帰国してからっと。

中島 1大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

私の"食べ正月"

2018 年 1 月 3 日 Comments off
2018年1月3日(水) 〇  

航空券予約の都合で今年は台湾帰省から例年よりも1日早く明日帰ります。名残惜しさもありますが、十数年振りに味わう日本のお正月の余韻も楽しみです。私の年末年始を振り返ると、朝起きて、ジョギングに出掛けて、TVでNBAを観て、散歩に出掛ける日々でした。別段遠出するわけでもありませんでしたが、一日を有意義に使うことができ充実していたと思います。特筆すべきはよく食べたことでしょうか。ダメだダメだと思いながらも異国情緒に身を任せ食べてしまいました。ブログネタにすることでなんとなく罪悪感が軽減するので、その一部をご紹介します。

まずは昨日の午後、小熊(シャオション、倅のこと)と二人で行った「アイス・モンスター」。日本人観光客の定番、ふわふわかき氷のお店です。初体験の小熊は、一番人気の「マンゴー・センセーション」はシーズンオフだったので、代わりメロンを注文。12月中旬の台湾視察で訪れた際にはマンゴーがあったんですが。これで約900円と決して安くはないですが、HPによると日本では1,550円。

180102-ICEMONSTER01

小熊のかき氷が先に出てきたので私もつついていましたが、私が注文したかき氷が中々出でこない。そうこうしている内に小熊がほぼ完食し、私も満たされたので、私の注文をキャンセルしてもらい、代わりに「手作りゴマ白玉ピーナッツスープ」を注文しました。この時季には二人でかき氷一杯がちょうど良いかも。

180102-ICEMONSTER02

続いて、今日の昼食の鼎泰豐(ディンタイフォン)。こちらも日本人観光客の定番です。看板メニューの小龍包が超有名ですのが、その他にも日本人の味覚に合う繊細でマイルドな料理がたくさんあります。

まずは前菜。

180103-鼎泰豐01

豚肉の小龍包。種類は他にも多数ありますが、こちらが熊(ション、家内のこと)のお勧め。

180103-鼎泰豐02

牛肉麺。牛肉自体は入っていません。多少クセがありちょっとスパイシー。

180103-鼎泰豐03

酸辣湯。酸味が少々足りないような。

180103-鼎泰豐04

炒飯。王道です。

180103-鼎泰豐05

通常品の4倍の値段のトリュフ入り小龍包を、熊の反対を押し切って食べてみました。芳醇な...バターの味?「なるほど」感はありましたが、話のネタで一度食べれば十分でしょう。

180103-鼎泰豐06

他にも毎食たらふく食べましたが、語り始めたら切りがないのでこの辺で。節制は帰国してからっと。

中島 1大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

私の

2018 年 1 月 3 日 Comments off
2018年1月3日(水) 〇  

航空券予約の都合で今年は台湾帰省から例年よりも1日早く明日帰ります。名残惜しさもありますが、十数年振りに味わう日本のお正月の余韻も楽しみです。私の年末年始を振り返ると、朝起きて、ジョギングに出掛けて、TVでNBAを観て、散歩に出掛ける日々でした。別段遠出するわけでもありませんでしたが、時間を有意義に使うことができ充実していたと思います。特筆すべきはよく食べたことでしょうか。ダメだダメだと思いながらも異国情緒に身を任せ食べてしまいました。ブログネタにすることでなんとなく罪悪感が軽減するので、その一部をご紹介します。

まずは昨日の午後、小熊(シャオション、倅のこと)と二人で行った「アイス・モンスター」。日本人観光客の定番、ふわふわかき氷のお店です。初体験の小熊は、一番人気の「マンゴー・センセーション」はシーズンオフだったので、代わりメロンを注文。12月中旬の台湾視察で訪れた際にはマンゴーがあったんですが。これで約900円と決して安くはないですが、HPによると日本では1,550円。

180102-ICEMONSTER01

小熊のかき氷が先に出てきたので私もつついていましたが、私が注文したかき氷が中々出でこない。そうこうしている内に小熊がほぼ完食し、私も満たされたので、私の注文をキャンセルしてもらい、代わりに「手作りゴマ白玉ピーナッツスープ」を注文しました。この時季には二人でかき氷一杯がちょうど良いかも。

180102-ICEMONSTER02

続いて、今日の昼食の鼎泰豐(ディンタイフォン)。こちらも日本人観光客の定番です。看板メニューの小龍包が超有名ですのが、その他にも日本人の味覚に合う繊細でマイルドな料理がたくさんあります。

まずは前菜。

180103-鼎泰豐01

豚肉の小龍包。種類は他にも多数ありますが、こちらが熊(ション、家内のこと)のお勧め。

180103-鼎泰豐02

牛肉麺。牛肉自体は入っていません。多少クセがありちょっとスパイシー。

180103-鼎泰豐03

酸辣湯。酸味が少々足りないような。

180103-鼎泰豐04

炒飯。王道です。

180103-鼎泰豐05

通常品の4倍の値段のトリュフ入り小龍包を、熊の反対を押し切って食べてみました。芳醇な...バターの味?「なるほど」感はありましたが、話のネタで一度食べれば十分でしょう。

180103-鼎泰豐06

他にも毎食たらふく食べましたが、語り始めたら切りがないのでこの辺で。節制は帰国してからっと。

中島 1大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

熊夫妻の48回目の結婚記念日

2018 年 1 月 2 日 Comments off
2018年1月2日(火) 〇  

昨日1月1日は義理の両親の結婚記念日。今年で48回目です。お義兄さんの家族、義妹、私達家族に、お義父さんの竹馬の友の林さんご夫妻とお招きし、恒例のお祝いをしました。林さんご夫妻とは、義理の両親が昨年旅行先の岩手県でばったり会うというご縁があります。

180101-48回目の結婚記念日

今回の会場は、松山駅の近くにある海鮮料理のお店「新東南海鮮料理」。三峡出身で海鮮料理がお好きなお義母さんのチョイスです。ひょっとしてと思いましたが、コースの半分ぐらいは蟹尽くし。残念ながら蟹アレルギー持ちの私は味わえず。その分他の料理を優先的に頂きましたでかえって優遇されていました。

180101-蟹尽くし (1)

180101-蟹尽くし (2)

180101-蟹尽くし (3)

180101-蟹尽くし (4)

ゆっくりと約3時間、高級料理に舌鼓を打ちながら会話を楽しみました。もっぱら林さんとお義兄さんが熱く語って、それを皆で聞いている、という構図でしたが。この1年、家族それぞれに色々とあったことと思いますが、こうして恒例行事の折にまた元気に集うことができました。次回はいよいよ新メンバーも?とは言え、恐らく次回は年末年始に帰省しない私達家族は不参加だと思いますが。

180101-結婚記念日集合写真

中島大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

2018新年快樂!

2018 年 1 月 1 日 Comments off
2018年1月1日(月) 〇  

皆様、新年明けましておめでとうございます。連日霧雨の台北より新年のお慶びを申し上げます。すっかり元旦ブログの恒例となりました台北101の年越し花火の模様をお届けします。数々の恒例を無事に済ませるたびに細やかな達成感と安堵感を覚える今日この頃、これが加齢なんですね。

180101ー2018新年快楽

さてここ数年、元日のブログでこの1年を振り返るのが恒例となっています。細やかな達成感と安堵感を求めて今年も恒例を果たしたいと思います。まずはこのブログに関して。数年前に自らに課した「ブログ一日一話」の義務を辛うじて継続しているのは、ともすると"辞め癖"が発症する私にとっては大きな成果だと思います。専ら質より量で勝負のこのブログを「読んでるよ」なんて声を掛けてもらうと幸せな気持ちになります。この先画期的に質が向上することはないでしょうが、日々のよしなしごとをそこはかとなく書き綴ることを引き続き目標にしたいと思います。そして今年はいよいよ連載3,000回の大台へ。

次に家族に関して。小熊(シャオション、倅のこと)が中学校に上がり、身長もググッと伸びました。衣服は私のものと変わらないサイズに、靴にあっては私よりも大きくなりました。私の背丈を追い越すのも時間の問題でしょう。と、ここまでは微笑ましいんですが、小熊が中学生になって勉強嫌いが顕著になってきました。どう考えても私の血ですね。熊(ション、家内のこと)が凄まじい小熊を勢いで叱るたびに、私も一緒に叱られているような気になります。中学校から全寮制の私立に送られた私にはこの年頃に親元で過ごす子供の気持ちが分からず、果たして学業に対してこれだけ厳しい熊の方針が良いのかどうか見当がつきません。暗中模索の子育てに拍車が掛かる今日この頃です。

続いて健康に関して。健康志向に目覚め食生活を見直し、それだけでは足りないとジョギングを始めたのが約2年前。一昨年に比べこの1年はジョギングが日課として板に付きました。一方で一昨年に比べ明らかに暴飲暴食の頻度も増しています。食べ過ぎると体重が2kgぐらい簡単に増量しますが、数日節制すれば順調に元通りになることが分かり、それをいいことに元々大食漢の欲求に甘んじてしまうことがしばしばありました。実は健康体重を目指してもう数kg減量するつもりでしたが、結局現状維持で1年が終わってしまいました。今年も引き続き健康体重を目指し、昨年総合評価Cとなった健康診断で巻き返しを図りたいと思います。昨年再開するも3年生の引退と共に足が遠のいてしまったバスケットボールの再々開も目指します。

住まいづくりに関して。仕事の話題を最初に持ってこないのがこのブログのあり方を象徴しているようですが、決して仕事を軽んじているわけではありません。数々の講習やセミナー、商品説明会等に参加し、継続的に「中島とつくる家」の価値向上を模索して来ました。ベタ基礎一体打ち工法木材のホウ酸処理等をここ数年で採用しました。しかし住宅産業のパラダイム・シフトと共に「中島とつくる家」は更なるターニング・ポイントを迎えています。お客様の住まいづくりへの"実感"と住まいへの"愛着"を相変わらず旗印とし、間取り、デザイン、素材、コスト等(順不同)に耐震性能と断熱性能を加えた建物価値の総合バランスを求めて、今年は一つの結論を形作りたいと思います。

海外での木造建築事情にも引き続きアンテナを伸ばして行きたいと思います。一昨年は韓国へ3回行きましたが、昨年は年末年始の里帰り、5月の中部住宅部の研修旅行、そして12月の岐阜県林政部の主催する台湾木材産業調査と、3回台湾へ行きました。微量ではありますが台湾とのビジネスが昨年始まりました。今年は更なる海外事業と繋がることができればと期待しています。今年はどの国へ行くんでしょうか?満を持して豪州かな?

忘れていけないのが、我らがゴールデンステイト・ウォリアーズ王座奪還です。ケビン・デュラントの大型補強を経て制覇が最低条件だった昨シーズンでしたが、2016プレイオフの歴史的大逆転負けがまだ記憶に新しく、最後まで気が抜けませんでしたが、そんな心配は他所に見事王座を奪還しました。そして今シーズンは出だしこそ多少つまづきましたが、37試合を終えた現在は西地区首位と定位置に落ち着いています。捻挫でしばらく戦列を離れていたステフィン・カリーが昨日の試合で復帰し、いきなり存在感を見せ付けました。スターターに大きな負傷がなければGSWの連覇は堅いでしょう。Go Warriors!

最後に。小熊の中学校の行事の都合もあり、年末年始の台湾帰省は今回が最後の予定です。その代わりに夏休みでも帰省しようと思っています。春のような陽気の冬休みも良いですが、汗だくの夏休みもまた良いものです。そんなこんなで、今年もまた一年優しい気持ちで私と、私のブログにお付き合い頂ければと思います。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

四獸山市民森林の疾走

2017 年 12 月 31 日 Comments off
2017年12月31日(日) 〇  

2017年も残すところあとわずかとなりました。よく走った今年の締め括りとして、今朝は少し早めに起きてジョギングに出掛けました。先日知り合いから勧めてもらったカリスマ市民ランナー本間俊之さんの著書「40代から最短で速くなるマラソン上達法」で紹介されていた「ニコニコペース」を実践すべく、距離でもペースでもなく、走行時間を目標にして走ることにしました。この本自体はまだ半分ぐらいしか読んでませんので、本の紹介はまた後日ということで。

171227-40代から最速で速くなるマラソン上達法

台湾では10km程度を約1時間で走っているので、今日は90分を目安に走ることにしました。方角もいつもとは違う東に向かって走り出し、とにかく最初の45分間は熊家(家内の実家)から遠ざかろうと思いました。街中へ向かう西方向、台北101のある南方向、松山空港のある北方向とは違い、山に向かう東方向は程なくして町並みが寂れて行きました。しばらく走ると、以前訪れたことのある四獸山市民森林にたどり着きました。ここの頂上付近に大きなお宮があったと思い、折角だからそこまで行ってみることにしました。

171231ー四獣山市民森林

しかし5年前の記憶とは実に曖昧なもので、入り口付近のトレッキングコースを越えたところでいきなり道に迷ってしまいました。その上あちらこちらに小さなお宮が点在していて、どれが私の目指すお宮なのか分からないまま、ただ単に高いところを目指して進みました。

舗装してある道路をしばらく上って行くと参詣者の姿もなくなり、霧雨も強くなり少し不安になってきました。するとどこからか犬の鳴き声が。明らかに不審者に対する吠え方です。イヤホンで音楽を聴いていた私は(増してやX JAPANを)、それがどこから聞こえてくるのか分からないまま進み、道路から参道を思わせる細い石畳に入りました。するとほんの数十m先に、狂ったように吠える黒い野良犬が3~4匹。台北市内で見掛ける人間慣れした穏やかな野良犬とは違い、敵意丸出しの狂犬そのものです。

私と目が合うや否やその内の2匹ぐらいが私めがけて走って来ました。恐れ慄く私は雨に濡れ滑りやすくなっている石畳の上を構わず一目散に逃げました。もちろん犬より速く走れるわけもなく、ほんの数m後方まで野良犬が近付いてくるのを感じ、野良犬と格闘する覚悟すら固めていました(もちろん勝てるイメージは全くありませんでしたが)。そのまま無我夢中で300mは走ったと思います。野良犬の鳴き声が少しずつ遠ざかり、恐る恐る振り返ると野良犬は私を追うのを止めていました。

今から思えば、あの黒い犬の一団はあの辺りを守っていただけなのかも知れません。ひょっとすると飼い主がいてそう仕込まれていたのかも知れません。いずれにしても、無事に犬から逃げ切れた上に、幸運にも転んで大怪我なんてことにもならず、こうやってブログネタにできるのは思わぬ収穫です。そんなこんなで、今年最後のジョギングは実に思い出深いものとなりました。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

「緑逗薏人」

2017 年 12 月 30 日 Comments off
2017年12月30日(土) 〇  

昨日の話。リビングモールで映画「オリエント急行殺人事件」を観終えて、一度家に帰ることにしました。そこで熊(ション、家内のこと)の言い付けを守って勉強中(のはず)の小熊(シャオション、倅のこと)にお土産でもと思い、リビングモールの真向かいにあるお店緑逗薏人に立ち寄りました。台湾の定番スイーツのお店で、「不加冰、低熱量、最健康」を売り文句としています。

171229ー緑逗薏人01

メニューもちゃんと日本語が記されていて、指を差せば注文ができます。私は二種類買いました。

171229ー緑逗薏人03

「五穀雜糧粥」(五穀雑炊)、65元。

171229ー緑逗薏人04

「紅豆芋圓」(あずき汁芋だんご入り)、65元。

171229ー緑逗薏人05

程よい甘さで、ボリュームもなかなかです。その上二つ合わせても500円程度。他にも蒟蒻や海草、豆や豆腐を使った物と、バリエーション多数です。ここはお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

「 綠逗薏人」

2017 年 12 月 30 日 Comments off
2017年12月30日(土) 〇  

昨日の話。リビングモールで映画「オリエント急行殺人事件」を観終えて、一度家に帰ることにしました。そこで熊(ション、家内のこと)の言い付けを守って勉強中(のはず)の小熊(シャオション、倅のこと)にお土産でもと思い、リビングモールの真向かいにあるお店 綠逗薏人に立ち寄りました。台湾の定番スイーツのお店で、「不加冰、低熱量、最健康」を売り文句としています。

171229ー緑逗薏人01

メニューもちゃんと日本語が記されていて、指を差せば注文ができます。私は二種類買いました。

171229ー緑逗薏人03

「五穀雜糧粥」(五穀雑炊)、65元。

171229ー緑逗薏人04

「紅豆芋圓」(あずき汁芋だんご入り)、65元。

171229ー緑逗薏人05

程よい甘さで、ボリュームもなかなかです。その上二つ合わせても500円程度。他にも蒟蒻や海草、豆や豆腐を使った物と、バリエーション多数です。ここはお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

綠逗薏人

2017 年 12 月 30 日 Comments off
2017年12月30日(土) 〇  

昨日の話。リビングモールで映画「オリエント急行殺人事件」を観終えて、一度家に帰ることにしました。そこで熊(ション、家内のこと)の言い付けを守って勉強中(のはず)の小熊(シャオション、倅のこと)にお土産でもと思い、リビングモールの真向かいにあるお店 綠逗薏人に立ち寄りました。台湾の定番スイーツのお店で、「不加冰、低熱量、最健康」を売り文句としています。

171229ー緑逗薏人01

メニューもちゃんと日本語が記されていて、指を差せば注文ができます。私は二種類買いました。

171229ー緑逗薏人03

「五穀雜糧粥」(五穀雑炊)、65元。

171229ー緑逗薏人04

「紅豆芋圓」(あずき汁芋だんご入り)、65元。

171229ー緑逗薏人05

程よい甘さで、ボリュームもなかなかです。その上二つ合わせても500円程度。他にも蒟蒻や海草、豆や豆腐を使った物と、バリエーション多数です。ここはお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

「東方快車謀殺案」

2017 年 12 月 30 日 Comments off
2017年12月30日(土) 〇  

昨日の話。マッサージ店「6星集足體養身會館」を後にして、向かった先はリビングモール(中国語では"京華城")。買い物が目的ではなく、時間が合えば映画でもと思いまして。するとほんの数分後に始まる映画がありました。「東方快車謀殺案」、オリエント急行殺人事件(原題「Murder on the Orient Express」)です。

リドリー・スコットが製作総指揮、名探偵ポアロ役に監督も務めるケネス・ブラナー、そして出演者のほとんどが有名俳優と、以前から興味がある映画でした。それでもこの手の映画は恐らくWOWOWまで待つんだろうなと思っていましたが、ここは台湾、日本の半額で映画が観られますし、時間もありましたのでそのまま飛び込みました。

171229-東方快車謀殺案

とても良かったです。原作の地力はさすがです。原作は有名過ぎますが、私は運よく(?)アガサ・クリスティと名探偵ポアロぐらいしか知識がなく、サスペンスにドキドキしながら観ることができました。ケネス・ブラナーのコミカル且つシリアスな演技に役者としての彼を見直しましたし、12人の実力派俳優の絡み合いも見所です。メアリ役の女優に見覚えがあると思ったら、「スター・ウォーズ」の新シリーズのレイ役で乗りに乗っているデイジー・リドリーでした。そして久しぶりに見たミシェル・ファイファーの加齢っぷりには驚きました。

エンディングで続編が示唆された時は観客から期待の笑いが沸きました。今作は興行収入でも成功しているようですし、ケネス・ブラナーも次回作に意欲満々のようです。終わってみればケネス・ブラナーの代表シリーズとなるかも知れませんね。次回作に期待大です。

中島大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ:

6星集足體養身會館

2017 年 12 月 30 日 Comments off
2017年12月30日(土) 〇  

台湾帰省初日の昨日。熊(ション、家内のこと)は台湾に遊びに来ている仕事仲間とランチにお出掛け、小熊(シャオション、倅のこと)は熊の言い付けに従って家で宿題(のはず)。ということで私は一人ふらっと散歩に出掛けました。実家から歩いて数分のところにあるマッサージ店6星集足體養身會館に立ち寄りました。

171229ー六星集01

1階はフットマッサージ専用。オルゴールで奏でる優しいBGMが流れています。日本の曲ばかりです。上階は全身マッサージ用のブースがあります。

171229ー六星集02

数あるマッサージ店の中でも、こちらのお店は中々の有名店のようです。渡辺直美やAKB48が来店したとHPにありましたが、私はこの人だけで十分です。

171229ー六星集03

今回は肩と背中のみのコースを選択。フットマッサージのオイルでベタベタする感覚が私はどうも苦手でして。二十代の頃から患っている四十肩の左肩を重点的にケアしてもらいました。

171229ー六星集05

10分で250元+10%のサービスチャージを20分間、日本円で約2,000円。日本でも3,000円を切るマッサージが主流の昨今、2,000円は決して安くはないでしょう。台湾の物価が上がっていること、そして日本円が弱くなっていることを実感します。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2017-2018 タグ: