アーカイブ

‘加子母PTA会長’ カテゴリーのアーカイブ

加中卒業生の卒業制作

2020 年 4 月 3 日 Comments off
2020年4月3日(金)

昨年開催された「加子母教育の日」の中学三年生のクラスで加子母をPRする看板を制作しようということになりまして、この度完成し、昨日加子母総合事務所の前に掲げました。

200402-WELCOME TO KASHIMO

本来ならば卒業式の前に完成させる予定で桧製の看板を用意していましたが、新型コロナウイルスの影響で卒業式が前倒しになりプロジェクトが宙に浮いていました。それを卒業式後に有志が集って完成させました。たくさんの木、トマト、滝、その他諸々が描かれています。よくできました。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

「Message…」

2020 年 4 月 2 日 Comments off
2020年4月2日(木)  

先日、Message...と題された動画を観ました。小熊(シャオション、倅のこと)の学年の卒業に合わせて、PTA学年委員さんが中心になり、関係者の協力の下制作されました。保育園・小学校・中学校の合計12年間を、たくさんの写真や動画、当時の担任の先生のコメントで振り返るという壮大な作品です。大作のオオトリは、担任の杉野先生。生徒と年齢も近くアニキのような先生で、小熊を初めたくさんの生徒に慕われていたことと思います。

200329-message

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

「加子母PTA」第3号に「胎動の元年」

2020 年 3 月 28 日 Comments off
2020年3月28日(土) ◯  

加子母小中PTAの広報加子母PTAの第3号に最後のあいさつを寄稿しました。原稿は1ヵ月ほど前に書いていましたが、広報が3月末の発行ということでこれがPTA会長としての最後のお役目となりました。

200327-胎動の元年

胎動の元年

令和元年度の加子母小中PTA会長を務めて参りました中島大地でございます。加子母の皆さん、そしてPTAの皆さんにはPTA活動に多大なご協力を頂きました。おかげさまで一年を無事に終えることができました。

年度の初めに、従前のPTA活動テーマを「子供とともに、育もう加子母の心、つなごうPTAの輪」に刷新し、PTA活動を通じて私達保護者も成長しようと呼びかけました。PTA会長の職を通じて、私は加子母の現状や成り立ち、学校と地域の連携等を知ることができました。一番成長できたのは、特等席を与えてもらった私かもしれません。

先人の築いた伝統に導かれ、また加子母の皆さんに支えられ数々のPTA活動を行う傍ら、加子母が直面している少子化への具体的な対策も進みました。昨年度に検討を始めた選挙管理規定の改訂が今年度の臨時総会で可決され、新しい規定の下で役員選挙を実施しました。これからも、時々の状況に適したPTAの形や運営方法を模索して頂きたいと思います。

もう一つの実績として、かしもむらづくり協議会の教育分科会(教育協議会)が中心となりこの数年取り組んできた「義務教育学校」の検討を、PTAを交えて前進させることができました。PTAとの懇談会を3回実施し、「加子母教育の日」では実際に義務教育学校の設立を主導された水川和彦先生の講演を拝聴しました。これらを受けて、かしもむらづくり協議会が中津川市へ陳情し、中津川市教育委員会と教育協議会が合同で検討委員会を設置するに至りました。「義務教育学校」の検討は次の段階に進みます。

加子母の現状と教育の在り方を広く見渡し、加子母の将来像を具体的にイメージしながら、加子母が必要とする教育の形を継続的に議論することが必要です。これからも少子化他の諸問題に積極的に向き合いながら、加子母小中PTAのバトンを力強く繋いで行って頂きたいと思います。

一年間ありがとうございました。

令和元年度 加子母小中PTA会長 中島大地
カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

「胎動の元年」

2020 年 3 月 28 日 Comments off
2020年3月28日(土) ◯  

加子母小中PTAの広報加子母PTAの第3号に最後のあいさつを寄稿しました。原稿は1ヵ月ほど前に書いていましたが、広報が3月末の発行ということでこれがPTA会長としての最後のお役目となりました。

200327-胎動の元年

胎動の元年

令和元年度の加子母小中PTA会長を務めて参りました中島大地でございます。加子母の皆さん、そしてPTAの皆さんにはPTA活動に多大なご協力を頂きました。おかげさまで一年を無事に終えることができました。

年度の初めに、従前のPTA活動テーマを「子供とともに、育もう加子母の心、つなごうPTAの輪」に刷新し、PTA活動を通じて私達保護者も成長しようと呼びかけました。PTA会長の職を通じて、私は加子母の現状や成り立ち、学校と地域の連携等を知ることができました。一番成長できたのは、特等席を与えてもらった私かもしれません。

先人の築いた伝統に導かれ、また加子母の皆さんに支えられ数々のPTA活動を行う傍ら、加子母が直面している少子化への具体的な対策も進みました。昨年度に検討を始めた選挙管理規定の改訂が今年度の臨時総会で可決され、新しい規定の下で役員選挙を実施しました。これからも、時々の状況に適したPTAの形や運営方法を模索して頂きたいと思います。

もう一つの実績として、かしもむらづくり協議会の教育分科会(教育協議会)が中心となりこの数年取り組んできた「義務教育学校」の検討を、PTAを交えて前進させることができました。PTAとの懇談会を3回実施し、「加子母教育の日」では実際に義務教育学校の設立を主導された水川和彦先生の講演を拝聴しました。これらを受けて、かしもむらづくり協議会が中津川市へ陳情し、中津川市教育委員会と教育協議会が合同で検討委員会を設置するに至りました。「義務教育学校」の検討は次の段階に進みます。

加子母の現状と教育の在り方を広く見渡し、加子母の将来像を具体的にイメージしながら、加子母が必要とする教育の形を継続的に議論することが必要です。これからも少子化他の諸問題に積極的に向き合いながら、加子母小中PTAのバトンを力強く繋いで行って頂きたいと思います。

一年間ありがとうございました。

令和元年度 加子母小中PTA会長 中島大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和元年度教職員送別会

2020 年 3 月 27 日 Comments off
2020年3月27日(金)  

昨日、かしもむらづくり協議会の教育分科会(教育協議会)の主催で教職員送別会を開催しました。加子母小・中学校、及び保育園から今年度転出する13名の先生方に、加子母を代表して感謝の気持ちをお伝えする会です。世間の自粛の風潮を受けて送別会の中止も検討しました。

中止すれば責めを受けることはなくなりますが、同時に加子母で勤めて下さった先生方へ感謝を表す機会もなくなります。100か0かの選択ではなく、会のもともとの趣旨を踏まえた上でできる形で開催しようということになりました。

200326-転出教職員送別会

本来ならば送別会はお茶を飲みながら談笑という形式ですが、今回はゆったりと広い小学校のランチルームで、参加者を減らし、マスクを着用し、飲食は割愛し、花束をお渡しするだけの簡素な送別会にしました。それでも私達の気持ちは伝わったと思います。自粛ムードで安全側に振ってよしではなく、私達なりの送別会を持てたことに自己満足を覚えます。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

思い出の黒板アート

2020 年 3 月 4 日 Comments off
2020年3月4日(水) ◯  

2日前の加子母中学校の卒業式は、新型コロナウイルス対策の一環で保護者の参列が叶いませんでした。例年に比べ少し寂しい卒業式だったことは否めませんが、代わりに誰も予想しなかったサプライズがありました。卒業生の保護者で、加子母在住の画家さんが3年A組の仲間の絵を夜を徹して黒板に制作してくれました。子供達にとって一生忘れられないであろう思い出になったと思います。

200302-黒板の絵

ちなみに、写真右上に見える壁掛け時計に落下防止のワイヤーを取り付けたのは、私です。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

自分が主役の自分の人生を

2020 年 3 月 2 日 Comments off
2020年3月2日(月)  

新型コロナウイルス感染拡大への対策として、今週金曜日に予定されていた加子母中学校の卒業証書授与式が本日に繰り上がり、卒業生・在校生・学校関係者のみの参列で開催されることとなりました。国の方針を受けて、学校関係者は断腸の思いで決断したことと思います。式への参列が叶わないのは個人的には残念ですが、この決断を尊重できる自分でありたいと思います。同時に加子母小中PTA会長の最後の大役、卒業式での祝辞がなくなり、安堵感と寂しさが入り混じったアンビバレントな心境です。実は祝辞はすでにほとんどできていましたので、この場で祝辞を贈りたいと思います。

200301-加子母中学校卒業証書授与式の案内

加子母小中PTA会長の中島大地です。加子母中学校3年生の皆様、ご卒業おめでとうございます。そして保護者の皆様、お子様のご卒業をお慶び申し上げます。また、今日まで子供達を守り育てて下さった学校関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

今日、3年生は中学校を卒業し、義務教育を終えます。進学、就職と、それぞれの進路がありますが、これからの選択は“義務”ではなく“権利”です。権利には必ず責任が伴います。自らの行為が招くかもしれない結果をしっかりと予測しながら、自信を持って行動して下さい。

若さは特権です。自分の可能性に蓋をすることなく、未知なることにドシドシ挑戦して下さい。そして経験を単なる思い出に終わらせるのではなく、経験を通じて何かが自分の中に残って行くのを実感して下さい。良い癖を意識し蓄積する中で自分のこだわりや流儀ができ、それがきっとこれからの可能性を広げて行くことでしょう。

時にはこの世の終わりかと思うほどの苦しみや悲しみに直面するかも知れません。それは決してこの世の終わりではありません。目の前のハードルを乗り越え、振り返ってみればハードルはさほど高くなかったと気付くことでしょう。この繰り返しが成長であり、この成長の軌跡が人生です。苦しみや悲しみのその先の成長を思い描き、じっくりと乗り越えて下さい。

忙しさが増すばかりの毎日の中で、自分が楽しいと思うことを何か一つでも続けて下さい。スポーツ、音楽、絵画、読書、日記、映画鑑賞、将棋、釣り、料理、木工、菜園、ペット、外国語、なんでもいいと思います。継続と蓄積が必ずやこれからの人生を豊かにすることでしょう。

どうぞ、自分が主役の自分の人生を、大切に力強く生きて下さい。

最後に、保護者の皆様、学校関係者の皆様、この1年のPTA活動にご協力頂きましてありがとうございました。おかげさまで私は大きな失態もなく、先人から受け継ぐPTAの伝統を繋ぎ、無事会長職を終えることができそうです。今年度は義務教育学校の勉強会や選挙管理規定の改正等を通じ、これからの加子母、これからの加子母小中PTAの在り様に向き合うことができました。ありがとうございました。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小中PTA最後の本部役員会

2020 年 2 月 29 日 Comments off
2020年2月29日(土) ◯  

昨晩、加子母小中PTAの最後の本部役員会で新旧本部役員の引継ぎを行いました。始まりのあの日から早くも1年が経つんですね。前例に倣い手探りで会長業をこなしてきた私とは違って、次期会長はPTAの諸々の役職を歴任し勝手知ったりの手練れです。加子母小中PTAの更なる飛躍の年となることを期待しています。

引継ぎ会の後は恒例の懇親会。新型コロナウイルスの影響もあり参加者が少なめで残念でした。この騒動がひと段落したら改めて催しましょう!

200228-加子母小中PTA新旧本部役員懇親会

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小学校の第4回「命を守る訓練」不審者侵入編

2020 年 2 月 21 日 Comments off
2020年2月21日(金)  

加子母小学校では、「命を守る訓練」を年に4回実施していまして、昨日はその4回目である不審者の侵入を想定した訓練でした。不審者等を通報しても、警察が到着するまで30分程度が掛かる場合があり、その間限られた職員だけで児童の安全を確保するには限界があります。そこで昨年末に、中島工務店を含む加子母の数団体が「加子母小学校防犯協力者」として小学校から委嘱を受け、今回の訓練は協力者も参加しての実施でした。中島工務店からは小学校OBの総務部フミユキ先輩と私が参加しました。

実際の手順としては、不審者等を確認したらまず村内広報で知らせ、児童を避難させる。広報を聞いた協力者が駆け付け、職員と協力して不審者に対応する。不審者の制圧はあくまでも警察の仕事で、その警察が到着するまでの時間稼ぎが職員と私達協力者の仕事です。

不審者役を演じた60代の元警察官は大声を出して武器を振り回し、その迫真の演技たるや私も分かっていても身の危険を感じました。フミユキ先輩が長さ1.5mほどの手摺材を2本持参してくれて私もそれを使いましたが、私が持参した剣道の竹刀では距離を保つ目的には不十分です。

200220-命を守る訓練(不審者侵入)01

訓練の最後は防犯に関する講習。学校に限らず、不審者を見かけた場合は、どこにいるのか、どんな武器を所持しているか等の詳細情報が役に立つとのこと。同様の防犯訓練は、例えば企業にも出張して実施して下さるそうです。また、最近はサイバーテロが横行しているので、こまめにパスワードを変更すべきだそうです。

200220-命を守る訓練(不審者侵入)02

今回の訓練にはたくさんの協力者が集いました。加子母の心強さを実感しました。学校と地域が一丸となって児童を見守る加子母の強みが、今回の防犯訓練にも色濃く表れています。また、この加子母の取り組みをメディア等で広く知らしめることで、他校への刺激にもなりますし、不審者を寄せ付けない抑止力にもなるかも知れません。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和元年度第2回加子母小中学校関係者評価委員会

2020 年 2 月 14 日 Comments off
2020年2月14日(金)  

昨日行われた令和元年度第2回加子母小中学校関係者評価委員会に出席しました。9学年から選抜された数クラスの授業風景を少しずつ見学し、その後小・中学校からの報告。年度末が近付き、報告内容はこの1年の総括でした。加子母小学校のゆるキャラ「かしもん」が大きな話題の一つでしたし、小学校が先日取り組んだマスク作りがちょうど昨日の中日新聞に載り、夕方のニュースでも取り上げられていました。2月には小学校で不審者侵入を想定した防犯訓練も予定されており、こちらもメディア取材がありそうです。その他にも色々と取り上げてもらい、今年度はメディア露出で賑わった一年だったと言えます。

200213-関係者評価委員会02

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

中日新聞東濃版「未来はぐくむ」、今度は左義長について

2020 年 2 月 13 日 Comments off
2020年2月13日(木)  

中日新聞東濃版の「未来はぐくむ」というコーナーに、加子母小中PTA会長として記事を投稿しました。11月に続いて2回目の今回は加子母の伝統行事・左義長についてです。良いの悪いのという話ではなく、ありのままをドキュメンタリータッチで綴ってみました。

200213-未来はぐくむ

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母地区の義務教育学校の検討委員会が設置へ

2020 年 2 月 1 日 Comments off
2020年2月1日(土)  

加子母むらづくり協議会の教育分科会・加子母教育協議会がここ数年検討して来ました義務教育学校は、今年度に入り加子母小中PTAとの数回の懇談会を経て、その検討をむらづくり協議会に上げ、昨年末にいよいよ中津川市に要望書を提出しました。要望内容は「義務教育学校検討会の設置」です。

昨年9月の市政懇談会や、それ以前からも加子母の教育への姿勢にご理解下さっていた青山市長は要望をとても好意的に受け入れて下さり、早速検討委員会の設置が決まりました。この3月で加子母小中PTA会長をお役御免になる私も、検討委員会の一員として選抜されるようです。まだまだ勉強不足の私に務まるかは甚だ不安ですが、委員会の大切な一枠が無駄にならないよう踏ん張りたいと思います。

200127-義務教育学校を提案

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小中PTA選挙

2020 年 1 月 17 日 Comments off
2020年1月17日(金) ◯  

加子母小中PTAでは、少子化の現状を受けてこの1年で選挙管理規定を改訂し、本日いよいよ本部役員選挙の投開票が行われました。経緯を振り返ればなかなか大変な1年でしたが、これからも少子化が進み選挙規定の更なる改訂が見込まれます。個人的には、まずは立候補制にすることを提案します。

200117-加子母小中PTA選挙

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母教育協議会の忘年会

2019 年 12 月 26 日 Comments off
2019年12月26日(木)  

昨晩は加子母教育協議会の今年最後の会合、忘年会でした。私は私用のため大幅に遅刻し、さしずめ締め担当としての参加でした。

191225ー教育協議会忘年会

私の教育協議会との関わりはこの3月からでそれ以前のことはよく知りませんが、諸先輩方は曰く今年は躍進の年だったそうです。主には、ここ数年研究してきた義務教育学校に関して。数回開催した現役PTAとの懇談会、義務教育学校の実例・白川郷学園の視察市政懇談会での要望教育の日の基調講演を経て、かしもむらづくり協議会が中津川市へ検討委員会の設置を陳情しました。義務教育学校設置までの道のりは長いと思いますが、それでもまずは一歩前進が形になった令和元年でした。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母中学校の立志式と合唱祭

2019 年 12 月 7 日 Comments off
2019年12月7日(土)  

令和元年度中津川市加子母立志式に出席しました。中学3年生が自分の夢を語る、40年前から続く加子母の伝統行事です。具体的な目標を語る子、夢や憧れを語る子、目下模索中の子と様々でした。その中で小熊(シャオション、倅のこと)は、「見えてるだけがすべてじゃない」というテーマで発表しました。つまりは将来の夢を模索中だということです。

191207-立志式

私も自分が中学3年生の頃を思い返してみましたが、自分の将来をどれだけ具体的に考えていたかは思い出せません。しかし一つ言えることは、今でも人生に迷うことがしばしばあります。加子母小中PTA会長として、「若さは特権。自分の可能性に蓋をすることなく、世間を広く見渡して、色んな自分を想像して下さい」と励ましの言葉を贈りました。

立志式に続いて合唱祭。各学年が2曲ずつ合唱し、最後に全校で合唱でした。どの曲も練習の成果がよく表れ、鳥肌が立ちました。小熊は中学3年生の課題曲「大地讃頌」のピアノ伴奏を務めました。難易度の高い曲でしたが、熊(ション、家内のこと)との特訓の甲斐もありよく弾けました。

191207-合唱祭02

小熊の中学校生活も残すところあと4ヶ月。当の本人よりも私達夫妻の方が感慨に浸っています。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第2回加子母青少年育成拡大会議

2019 年 12 月 5 日 Comments off
2019年12月5日(木)  

昨晩、加子母青少年育成拡大会議に出席しました。青少年育成委員とPTA役員の合同会議です。7月以来の2回目です。保育園・小学校・中学校からの近況報告と冬休みに向けての保護者の心構え、そして各区の年末年始の行事の確認が主な議題でした。

191204-青少年育成拡大会議

特に印象に残っているのが、駐在さんが強く訴えていた“危険な場所”です。“入りやすくて見えにくい”場所が危険な場所になるとのことですが、最近ではインターネットがまさにそれです。ネットの知識はあっても人生経験の乏しい子供は危険予知ができずネット上の問題に発展することがよくあります。

我が家でも時折妻子のバトルが勃発します。小熊(シャオション、倅のこと)にスマホを渡せば際限なく使ってしまうし、熊(ション、家内のこと)の目を盗んでスマホを使っていることもしばしば。それを熊が発見し激怒。今のところ妻子のバトル程度で済んでいますが、この先深刻な問題に発展しそうな嫌な予感が。どうやらどの家庭でも共通の課題があるようです。

昨晩の会議で配布された、(公社)岐阜県青少年育成県民大会が出しているチラシがとても良い目安になるので、この場で共有したいと思います。時間が戻せるならば、我が家もやり直したいものです。

かしこいネットの使い方01

かしこいネットの使い方02

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

中日新聞東濃版「未来はぐくむ」に投稿

2019 年 12 月 3 日 Comments off
2019年12月3日(火) ◯  

加子母の新聞屋さんから11月28日の中日新聞を頂きました。加子母小中PTA会長として、東濃版の「未来はぐくむ」というコーナーに文章を寄せました。PTA主催の「みんなの学校」上映会に関して書きましたが、実はこのブログで書いた内容を下敷きにしてたりして。

191128-未来はぐくむ

次はの投稿は1月。さて何について書こうかな。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和元年度加子母教育の日

2019 年 11 月 24 日 Comments off
2019年11月24日(日) ◯  

加子母教育協議会が主催する加子母教育の日を開催しました。かつて文部科学大臣賞を受賞したこの取り組みは、今年で16年目を迎える加子母の伝統です。今回のスケジュールは2部構成で、前半は貴重講演、後半は参加型授業参観です。

191124-加子母教育の日01

前半の基調講演は、岐阜聖徳学園大学の水川和彦教授による「学校に未来の風が吹いている」。ご自身が立ち上げに関わった務教育学校白川郷学園の特徴をご紹介頂きました。白川郷学園は教育協議会による視察に私も同行し、たくさんのヒントを得ました。加子母でもPTAを対象に義務教育学校の説明会を3回開催しましたが、水川教授の説得力あるお話のおかげで私達の理解が画期的に深まったと思います。

191124-加子母教育の日02

続いて後半は、小学校1年生から中学校3年生までの9学年にそれぞれのテーマを設け、村民がゲストティーチャーとなり進める参加型授業参観。私は教育協議会の理事として中学校3年生の授業をお手伝いしました。お題は「中学生が地域でできること」。中学校3年生は事前に日本福祉大学と実施した2回のワークショップの中で加子母の課題を5つ挙げていて、今回はその課題に対する提案を各区長さんを交えて話し合いました。

191124-加子母教育の日04

小熊(シャオション、倅のこと)の班の提案は、加子母を紹介する動画を制作しYOUTUBEで公開することでした。発想、積極的な議論、発表、さすが中学3年生でした。今日発表された5案の内から1案を今年度中に実行するそうです。

191124-加子母教育の日05

実は「教育の日」の前には選挙規定改正のための加子母小中PTAの臨時総会も開催し、とても忙しい一日でした。水川教授、ゲストティーチャーの皆さん、お忙しい中ありがとうございました。PTA会員をはじめ来場下さった皆さん、ありがとうございました。そして教育協議会の皆さん、この半年間お疲れ様でした。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第65回岐阜県PTA研究大会 in 西濃

2019 年 11 月 17 日 Comments off
3019年11月17日(日) ◯  

大垣市にあるソフトピアジャパンで開催された第65回岐阜県PTA研究大会in西濃に参加しました。岐阜県下のPTA会長他が集う恒例行事で、今回の参加者はなんと1,200人、ソピアホールがほぼ満席でした。今年の大会主題は「全ての子どもたちの輝く未来のために」~今できることを始めよう、いっせいのうで!!~と、驚きのダジャレまじり。

191117-岐阜県PTA研究大会in西濃

午前の部は開会式と記念講演、そして午後の部は2つの分科会に分かれて実戦事例の発表。第1分科会を選択した私は、瑞浪市立稲津小学校PTA、岐阜市立梅林中学校PTA、養老町立東部中学校PTAの発表を拝聴しました。中でも、同じ東濃の瑞浪市立稲津小学校PTAの発表が特に参考になりました。

まずは役員の選出方法。これは加子母の課題でもありますが、稲津小学校では代々厄年の男性が就くことになっているそうです。つまり役員は小学校時代の同級生である場合が多く、業務にあたるにも団結しやすいそうです。しかし近年の少子化や晩婚の状況から対象者が減っているそうで、この辺りはどこの地域にも共通の問題です。

もう一つ参考になったのがアンケートの実施です。アンケートは現状を把握するためには効率の良い方法ですが、その案が私にはありませんでした。稲津小学校ではアンケートを通じて保護者の参加意識や協力的な姿勢を確認し、行事内容への提案や活動に対する好意的な感想を得られたそうです。その上、PTAの具体的な活動内容を周知するのにも役に立ったそうです。

同年代のPTAの仲間の事例発表は実に参考になりました。任期の半分以上を終えた今であるのが少し残念でした。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

秋の資源回収

2019 年 11 月 10 日 Comments off
2019年11月10日(日)  

加子母小中PTAと保護者会による秋の資源回収を実施しました。小学生と中学生が各戸から資源を集めてくれて、その後中学生が福崎公園へ集合してトラックへの積み込みを手伝ってくれました。最高の秋晴れに恵まれ作業も捗りました。前回の資源回収を通常より1ヵ月遅らせたこともあってか、今回は例年よりも回収量が少なめだったような気がします。PTAの一大事業がまた一つ済みました。

191110-秋の資源回収

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小中PTA主催「みんなの学校」上映会

2019 年 10 月 11 日 Comments off
2019年10月11日(金) ◯  

加子母小中PTAの母親委員(a.k.a.家庭教育委員)が中心となり計画してきた「みんなの家」上映会が昨日開催されました。対象は小学校5・6年生、中学生、そして保護者の皆さんです。平日開催のせいか保護者の参観が少なめだったことが少しだけ残念でした。

191010-「みんなの学校」上映会

「みんなの学校」は、関西にある公立・大空小学校の1年間を追ったドキュメンタリーです。ともすると不登校や特別支援学級の対象となるような個性ある生徒を積極的に受け入れ分け隔てなく向き合う方針の中で、生徒同士が学び合い、先生や保護者が生徒から学び、お互い成長して行く。校長先生を始めとする教職員の忍耐強さやひたむきさに心打たれ、最後の卒業式では自分のことのように感動しました。私の子供との向き合い方のヒントを頂きました。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小学校で“ロボカー操作加速中”

2019 年 10 月 10 日 Comments off
2019年10月10日(木)  

今朝の中日新聞で、加子母小学校の取り組みが紹介されていました。来年義務化されるプログラミング教育がいかに実用できるかを学ぶことで、プログラミングへの興味が更に沸くことでしょう。素晴らしい取り組みですね。

“ロボカー操作加速中 加子母小で研究授業”(中日新聞191010)

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

「みんなの学校」上映会は10月10日

2019 年 10 月 1 日 Comments off
2019年10月1日(火)  

ここしばらくヘクティクしている内にすっかり緊急告知になってしまいました。加子母小中学校PTAが主催する「みんなの学校」上映会を、来る10月10日(木)1:00pm過ぎより加子母中学校体育館で開催します。当初加子母のPTA会員に案内していましたが、現在多少空席がありますので、この折にドドンと全世界に向けて案内したいと思います。とは言え、現実的には加子母周辺にお住まいの皆さんへのお声掛けです。但しPTA会員に限定しません、どなたでも結構です。また、ビラに〆切9月20日とありますが、ギリギリまで結構です。

「みんなの学校」上映会

この「みんなの学校」は、文化庁芸術賞大賞、日本民間放送連盟賞報道番組部門優秀賞、日本放送文化対象準グランプリ等、数々の賞に輝いたドキュメンタリーです。主催者側ではありますが、私も参観を楽しみにしています。奮ってご参加下さい!

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小学校の運動会

2019 年 9 月 28 日 Comments off
2019年9月28日(土) ◯  

加子母小学校の運動会を観覧しました。小学校には自分の子供はいませんが、小中PTA会長としてお招き頂きまして。雨が懸念されていましたが結局終日曇り空で、絶好の運動会日和になりました。

190928-加子母小学校運動会

先日観覧した中学生は凛々しく、今日の小学生には初々しさがありました。子供達の一生懸命な姿を見て、もう一人子供が欲しくなりました。

そして話題沸騰中の「かしもん」の登場が大会に花を添えました。諸事情により長居はしませんでしたが。

190928-かしもん

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

3回目の「加子母の教育についての懇談会」は車座で

2019 年 9 月 25 日 Comments off
2019年9月25日(水)  

昨晩、加子母教育協議会が主催する加子母の教育についての懇談会を開催しました。主な内容は教育協議会が研究を続けている義務教育学校の説明で、主な対象はPTAです。同様の懇談会を過去2回開催しましたが、そのたびに教育協議会で反省会をしてはより良い伝え方を模索して来ました。義務教育学校の話となると、PTAの中には押し付けられるという印象があるということで、今回は義務教育学校の説明は控えめにして、参加者による意見交換を中心に懇談会を構成にしました。

190924-教育協議会とPTAの懇談会

説明の後いくつかの小グループに分かれ、そこに教育協議会メンバーがファシリテーターとして加わり、30分間を目安としてディスカッションを行いました。義務教育学校に対する意見や質問に限ることなく、加子母の教育全般等話題は多岐にわたりました。前2回の懇談会ではなかったほどの活気で、最初は聴き側のつもりでいた私も、地域ぐるみで取り組む教育が加子母を子供達の故郷にするんじゃないかと持論を語ってしまいました。

ディスカッションの後にはそれぞれのグループの代表者が発表し、忌憚のない意見を伺うことができました。今回の懇談会の目的は概ね果たせたと思います。ただ、30分のディスカッションでは時間が全然足らなかったことが心残りでした。

新しい一歩を踏み出そうとする時は賛否が付き物です。現状維持で守られる価値と、新しい変化がもたらすかもしれない価値をフラットに比べることは容易ではありませんが、食わず嫌いにならず新しい可能性に目を向けようとすることが議論の第一歩であり、そして一人でも多くの皆さんが議論を経験することで、その結論がどうであっても加子母の将来は更に良くなると思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小中PTA第3回支部長会

2019 年 9 月 13 日 Comments off
2019年9月13日(木) ◯  

昨晩は加子母小中PTAの第3回支部長会を開催しました。3回目ともなると議事の進行にも慣れて来まして、テキパキと短時間で済ませることができました。思えば今年度も早や折り返しに差し掛かっています。引き続き一つ一つの寄り合い、一つ一つの出番を大切に務めたいと思います。

190912-PTA支部長会

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和頑年度加子母中学校体育大会

2019 年 9 月 7 日 Comments off
2019年9月7日(土)  

令和元年度の加子母中学校体育大会を観覧しました。PTA会長としてご招待頂きまして、応援合戦とソーラン節の審査員の大役も仰せつかりました。

最高の行楽日和に恵まれ...と言いたいところですが、それが運動会日和とは言えない今日この頃。適宜休憩し、水分補給し、必要のないときは日陰にいるようにと頻繁に指示がありましたが、残念ながら生徒さん一人が熱中症で搬送されました。温暖化の難儀な時代です。

190907-加中体育大会 (4)

全校生徒87名、全員がほぼ全ての種目に出場するというなかなか過酷なスケジュールですが、その分保護者の皆さんにとっては見所満載です。種目紹介や選手紹介等ウィットに富んだMCにも楽しませてもらいました。

私は興信所の調査か、はたまたストーカーかといった勢いで小熊(シャオション、倅のこと)の写真を撮りまくりました。良い写真も数枚ありますが、昨今の個人情報の都合上差しさわりのない写真はこれぐらいしかありません。なんとも世知辛い世の中になりました。

190907-加中体育大会 (3)

大会の結果は僅差で白軍が勝利。一進一退の白熱した戦いでした。紅軍の中には結果発表で涙する子供達もいて、私も感動しました。一応小熊の白軍を応援していましたが、中学生が力を尽くす姿を見れたのは勝敗以上の価値があります。これもPTA会長へのご褒美だと思います。

190907-加中体育大会 (5)

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小のゆるキャラ「かしもん」

2019 年 8 月 28 日 Comments off
2019年8月28日(水)  

夕方のNHKニュースで、加子母小学校のゆるキャラが紹介されました。その名もかしもんです。昨年子供達がデザインしました。体は加子母の特産品のトマト、頭にはヒノキが生えています。そして衣装には「加子母明治座」が描かれています。噂には聞いていましたが、そのビジュアルを見るのは今日が初めて。学校や地域のPRがその任だそうです。

90828-かしもん

個人的には、“かしもん”の“か”を強調する抑揚にどうしても違和感が...

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母の教育についての懇談会

2019 年 8 月 19 日 Comments off
2019年8月19日(月)  

加子母教育協議会が主催する加子母の教育についての懇談会を開催しました。教育協議会がここ数年研究している「義務教育学校」の研究成果をPTAに報告し意見を交換する会で、特に今回は先日の白川郷学園視察の報告が中心でした。6月にも同様の会を開催しましたが、今回は更にたくさんの皆さんに参加して頂きました。

190819-教育協議会×PTA

“義務教育学校”というネーミングには些か硬さがあり、誤解を招いたり敬遠されたりしがちですが、その価値を私なりに表現するならば、地域の教育方針の自由を地域が手にするということです。「義務教育学校で加子母がどうなるか」ではなく、「義務教育学校で加子母をどうしたいか」です。

加子母の屋台骨とも言える「加子母むらづくり協議会」が掲げる中心的な方針「日本一子育てしやすい『かしもむら』」にも表現されている通り、加子母は教育に熱心な地域です。その地域柄を反映した教育方針が実現できるのが義務教育学校の制度です。具体的には、「加子母教育の日」、域学連携各区の行事、その他たくさんの取り組みをより深く学校教育と結び付けることができます。

この手の懇談会で活発な意見が飛び交う...というのはなかなか難しいですが、より多くの参加者の皆さんに加子母教育協議会の活動と義務教育学校について知ってもらったことがまずは成果です。地道な取り組みは続きます。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母中3の環境整備作業

2019 年 8 月 18 日 Comments off
2019年8月18日(日) ◯  

今朝、加子母中学3年生と関連するPTAの皆さんで環境整備作業を行いました。秋の運動会/体育祭に向けて、中学校の周りの草刈りや朽ちている用具の解体・処分です。

190818-PTA環境整備 (1)

草刈り機を持参した私は自動的に草刈り担当。中学校へ向かう道沿いを一番遠くから攻め返りました。ここはちょうど私のジョギングコースでもあり、PTA関連の作業の一端で、実は個人的な仕事をしていたようなものです。ある意味一石二鳥でした。

190818-PTA環境整備 (2)

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

教育協議会の教職員研修会

2019 年 8 月 8 日 Comments off
2019年8月8日(木) ◯  

昨日、加子母教育協議会が主催する「教職員研修会」に参加しました。今年度の新規転入職員を対象にした加子母の文化・伝承、産業を知ってもらうためのツアーです。

研修は大杉地蔵尊と文覚上人の墓からスタート。ちなみに今年の奇祭「なめくじ祭り」は8月9日開催です。

190807-教職員研修会 (1)

続いて木曽檜備林へ。斧入れ式の会場で備林の意義や位置づけを学びました。

190807-教職員研修会 (2)

二代目大ひのきに向かって、旧森林鉄道の線路跡を散策。この素晴らしい石積みは何度見ても惚れ惚れします。

190807-教職員研修会 (3)

木曽檜備林から下山途中で高樽の滝に立ち寄りました。こちらは大河ドラマ「おんな城主直虎」のロケに使われました。

190807-教職員研修会 (4)

かしも明治座。スタッフの皆さんの説明は毎回アップグレードされています。

190807-教職員研修会 (5)

山守内木家でご当主のお話。山守の歴史やこの地域の林業を学びました。

190807-教職員研修会 (6)

最後は、加子母の一大産業トマトの選果場。思えば私が小さな頃ここでアルバイトしていました。

190807-教職員研修会 (7)

190807-教職員研修会 (8)

190807-教職員研修会 (9)

新規転入教職員が対象の研修会でしたが、私にとっても知っているつもりで実はあまり知らないことを知るための有意義な機会でした。教職員の皆さんにはこれを機により加子母を知って頂き、そして加子母を愛して頂き、加子母教育の糧にして頂ければと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

緊急告知!教育協議会「加子母の教育(今後)について」は8月19日に開催

2019 年 8 月 1 日 Comments off
2019年8月1日(木) ◯  

加子母教育協議会(中島千秋会長)が主催する加子母の教育(今後)についてが、来る8月19日(月)7:30pmより加子母総合事務所2階で開催されます。そのタイトルからは会の趣旨が分かりにくいですが、具体的には、教育協議会がここ数年を掛けてを続けてきた「義務教育学校」の説明です。決して「義務教育学校」の押し付けるための会ではなく、まずはその存在を知ってもらいたいということで企画されました。

190731-加子母の教育今後について

今回は、会の規模の都合からまずは加子母小中PTAの役員を対象としています。これから同様の会を数回開催しながら最終的には村民全員に知って頂きたいと考えていまして、PTA役員以外でも今回の会に参加ご希望の方は飛び入り大歓迎です。実際に私もこの説明を数回聴き、その上実例を視察に行き、少しずつ「義務教育学校」の理解が進んでいます。

加子母の今後を大きく左右するかも知れない子供の教育に直結する大切な課題です。数ある選択肢をしっかりと理解した上で積極的に議論して行きたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

あたたかい心で

2019 年 7 月 27 日 Comments off
2019年7月27日(土) ◯  

加子母の川遊びのベストスポットは、鮎の友釣り(鮎掛け)のベストスポットでもあります。

190726-PTA立て看板 (2)

昨年、川で遊ぶ学生と鮎掛けの人が少々もめたそうで、今年は看板を立てました。根本的な解決とはいきませんが、思いやる気持ちがあれば大きな問題にはなりません。ぜひともあたたかい心で見守ってください。

190726-PTA立て看板 (1)

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和元年度移動教育委員会

2019 年 7 月 26 日 Comments off
2019年7月26日(金)  

昨晩加子母公民館(ささゆり会館)で開催された令和元年度移動教育委員会に出席しました。中津川市教育委員会が市内の各地区を回り懇談するもので、今回の加子母会場が6か所目、対象は加子母と付知町の小中学校と保育園・幼稚園でした。前半は教育委員会が取り組んでいる「学力アッププログラム」の紹介、後半はグループに分かれての懇談会でした。

190725-移動教育委員会 (6)

中津川市の「教育大網」や「学力アッププログラム」の紹介や懇談会を通じて一番印象に残っているのが、子供に「勉強しなさい」や「早くしなさい」と言わない方がテストの点が上がるという衝撃的な統計です。我が家では熊(ション、家内のこと)はこれらを日々連呼しています。それを批判するつもりは毛頭なく、むしろそう言わずに小熊(シャオション、倅のこと)に勉強を促す方法が思いつきません。

そこで思うのは、「勉強しなさい」と言わないから子供の学力が上がるわけではなく、もともと自主的に勉強する子供だから「勉強しなさい」と言う必要がない、ということじゃないかと思います。いや、そうに違いない。ということで、我が家では引き続き「勉強しなさい」や「早くしなさい」が日常会話の大部分を占めそうです。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

白川郷学園視察を受けて

2019 年 7 月 24 日 Comments off
2019年7月24日(水) ◯  

昨晩開催された加子母教育協議会の理事会に出席しました。主な議題は、先般の白川郷学園の視察を受けて。加子母の子供にどう育って欲しいかを根本として、その手段としての子育て、子育ての手段としての学校教育、学校教育の手段の一つとしての義務教育学校、という順で向き合う必要があり、義務教育学校ありきではありません。義務教育学校の下で加子母の教育が“どうなるのか”ではなく加子母の教育を“どうしたいのか”を、一人でも多くの村民と話し合い、共有することが次なるステップだと思います。それが何より難しいのですが。

190723-教育協議会

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

「けんぱちくん」

2019 年 7 月 13 日 Comments off
2019年7月13日(土) ◯  

「けんぱちくん」。最近このキャラをちょくちょく目にします。市役所や社会福祉協議会の職員がこのキャラの入ったポロシャツを着ています。先日の市P連会長会で紹介がありまして、ステッカーも頂きました。

190711-第3回市P連会長会議 (2)

健康づくりの「けん」と中津川市の人口8万人の「はち」を合わせてた名前で、全ての市民が健康で幸せに暮らせるまちづくりを目指すために生まれたイメージキャラだそうです。お見知り置きのほど。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第2回中津川市PTA連合会会長会

2019 年 7 月 12 日 Comments off
2019年7月12日(土)  

昨晩開催された第2回中津川市PTA連合会会長会に出席しました。主な議題は、10月26日に開催される市P連大会の通達と動員のお願い、先日岐阜市で発生した転落事故を受けての中津川市校長会の報告、そして各委員会と各単会からの近況報告でした。

190711-第3回市P連会長会議 (1)

複数の単会から熊出没に伴う登下校の対策が報告されました。加子母でも年に数回熊の目撃情報がありますが、その際は保護者による子供の送迎等を検討する必要があるかも知れません。また、他の単会でもこの時期に危険個所の確認を行っているそうで、加子母と同様に通学時の横断歩道での危険が各地にあるようです。

それにしても、中津川市内で7:30pmから始まる会議が1時間半もかかると、帰宅するとすでに10:00pm過ぎです。これはちとキツイ。各支部からの近況報告の際に要望も求められたので、開始時間をもう少し早めて、会議自体を1時間程度にして、あわよくば開催地をもう少し北の方にしてもらえればとお願いしました。どれも叶わないことは承知の上で、ですが。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

教育協議会で白川郷学園を視察

2019 年 7 月 9 日 Comments off
2019年7月9日(火) ◯  

かしもむらづくり協議会の教育分科会である教育協議会の一団で、今日白川村立白川郷学園を視察に行きました。白川郷学園は、平成28年に施行された教育制度義務教育学校を2年前より実践しています。

190709ー白川郷学園01

「義務教育学校」とは、一言で言えば小学校と中学校の計9年間の一貫教育制度です。岐阜県でもすでに2校の事例があり、採用を具体的に検討している学校がいくつもあります。「義務教育学校」の他にも、「小中連携教育」や「小中一貫教育」の制度がありまして、加子母では現在「小中連携教育」を取り入れています。

190709ー白川郷学園02

白川郷学園は全校生徒116名と、規模は加子母小・中学校と似ています。白川村の学校は地理的条件より他校との統合ができず「義務教育学校」を採用したそうです。また白川村には高校がないので、子供は15歳で一度地元を離れなければなりません。そこへ向けて、白川郷学園の9年間共通の教育目標は「ひとりだち」です。これは白川村の教育目標「心豊かで たくましく ひとりだちする子」と呼応しています。

190709-白川郷学園07

白川郷学園は、9年一貫の連続的で系統的な教育を、1~4年生の低ブロック、5・6年生の中ブロック、7~9年生の高ブロックに分け、学級担任制、一部教科担任制、教科担任制と3段階で移行します。また、7年生(中学校1年生)の授業を前倒しして6年生の内から徐々に始めることで、通常GW明けから本格化する授業が4月からしっかりと始めることができます。

中でも特に力を入れているのがグローバル人材の育成です。1年生から英語教育が始まり、9年生は海外研修でオーストラリアでホームステイをします。また、白川郷を訪れる外国人観光客への英語の観光案内を実践しています。

白川郷学園の独自の授業「村民学」では、民間のふるさとアドバイザー(F・A)を講師とした、水源、合掌造り、合掌大橋、どぶろくづくり等、白川村をより深く理解する授業が継続的にあります。この辺りは加子母でもある程度実践されてますが、義務教育学校ではより充実していると言えます。

190709ー白川郷学園03

授業風景も見学しました。元気で積極的な子供達が目立ちましたが、加子母の子供達も負けてはいません。目を引いたのは、図書館にあった「スター・ウォーズ」の特設コーナー。校長先生が直々に要望したそうです。これも義務教育学校のメリット?

190709ー白川郷学園04

白川郷学園を昼過ぎにおいとまし、近くの道の駅で昼食。白川郷学園の生徒さんが企画したという「白川郷いなり」に、にしんそばを添えて。「白川郷いなり」は1日限定30食ということで、教育協議会の9名の内ありつけたのは2人でした。人気のご様子で。

190709ー白川郷学園05

白川郷学園の教職員の皆さん、そして学生の皆さん、今日は貴重なお時間をありがとうございました。今年3月に初めて知った「義務教育学校」という制度を、ここ数ヵ月で少しずつ勉強して来て、今日いよいよその実例を見ることができました。具体的なヒントもたくさんあり、最初は半信半疑だったその成果がある程度イメージできるようになりました。

教育はあくまでも手段であり、目的は子供の成長です。その観点から加子母の教育目的を具体的に見直す中で、「義務教育学校」とさらに向き合いたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母の危険個所を確認

2019 年 7 月 5 日 Comments off
2019年7月5日(金) ◯  

先日開催された加子母青少年育成拡大会議で報告された加子母の危険個所のいくつかを、本日確認して回りました。ガードレールな必要な個所、道路の白線が薄くなっている箇所、側溝に蓋が必要な個所等々、危険個所はいくつもありますが、これらは物理的な解決策があります。しかしそれよりも危険度が高いのが信号です。赤に変わりそうな信号をスピードを上げて通り抜ける事例がいくつも報告されています。加子母には合計7台の信号がありますが、その全てを小中学生が利用します。是非とも歩行者優先でお願い致します。

190705-危険個所確認01

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母青少年育成拡大会議

2019 年 7 月 3 日 Comments off
2019年7月3日(水) ◯  

昨晩開催されました、加子母支部の青少年育成拡大会議に出席しました。加子母に10ある各区(各支部)の育成委員とPTA支部長の合同会議です。

1908702-青少年育成拡大会議

小学校・中学校からの近況報告、夏休みの活動計画、あいさつ運動のお願い等の議題の中で、中心的な議題は各支部で洗い出した危険個所の報告です。報告された危険個所の中から主だった数ヵ所をピックアップしてこの金曜日にPTA本部役員で視察します。

青少年育成委員とPTAのネットワークが加子母中を網羅し、これだけの危険個所が認識できる。加子母には他にも教育協議会を始めとするむらづくり協議会の各分科会があり、それぞれが加子母の子育ての一翼を担っています。これらの団体の協力体制が加子母愛を育み、加子母の連帯感になっているんだと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

令和元年度 加子母小中PTA広報 第1号

2019 年 6 月 28 日 Comments off
2019年6月28日(金)  

令和元年度の加子母小中PTA広報第1号に、PTA会長としてあいさつを寄せました。ついでに提供した写真も採用して頂きました。

1906228-PTA広報

あいさつは以下の通りです。生意気なことを申しますが、よろしければ読んで下さい。

令和元年度の加子母小中PTA会長を務めます中島大地でございます。加子母の皆様には日頃よりPTA活動にご協力を賜りまして、心より感謝申し上げます。

正直なところ、私は今まで子供の学校のことは家内に任せ切りでした。そのためPTA会長を拝命したものの会長職の何たるやは皆目見当がつかず、更には会う人会う人に「ご苦労さんだねぇ」と声を掛けられ、不安が募るばかりでした。しかし実際に職務が始まると、会長職は先人が築いた伝統と役員の皆さんとの協働体制に支えられていることを知り、それまでの不安が俄然やる気に変わりました。今ではPTA会長として出席する様々な会議は、加子母の成り立ちを学ぶための特等席だと感じています。PTA会長職を通じて、まずは加子母住民として成長できればと思います。

さて、今年度は、長く受け継がれて来ましたPTA活動テーマを一新し、「子供とともに、育もう加子母の心、つなごうPTAの輪」としました。資源回収、「加子母教育の日」、各区の行事、その他数々の活動を通じて、保護者・学校・地域が連携する“オール加子母”を子供達に感じてもらいながら、私達保護者もまた“加子母の心”を再認識して行きたいと思います。また、子供の成長を見守るPTA活動は、同時に私達保護者の成長の場でもあります。PTA活動を通じて連帯を強め、しっかりと加子母の担い手に成長して行ければと思います。

加子母にとって少子化は避けて通れない現実です。PTA組織の再構築や、学校教育の在り方を慮る過渡期を迎えています。加子母小・中学校が取り組んでいる小中連携もその対策の一つの形であり、さらにはその先の教育の形の模索も始まっています。今年度の内に成果を出せることは限られていますが、加子母の現在と未来を鑑み、昨年度のPTAから託された課題にしっかりと向き合い、また今年度の検討事項をしっかりと後進に託し、加子母小中PTAのバトンを力強く繋いでいきたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

防災安全分科会の家具転倒防止作業

2019 年 6 月 23 日 Comments off
2019年6月23日(日) ◯  

むらづくり協議会の防災安全分科会が主催する家具転倒防止作業に参加しました。NPO法人防災士なかつがわ会の指導の下、加子母中学校の家具の転倒防止や壁掛け時計の落下防止の作業です。ちなみに昨年は加子母小学校でした。

190623-家具転倒防止作業 (1)

190623-家具転倒防止作業 (7)

190623-家具転倒防止作業 (9)

私は落合在住の防災士・原さんとペアを組んで、加子母中学校中の壁掛け時計に落下防止のワイヤーを取り付けました。

190623-家具転倒防止作業 (3)

時計の近くに木材がある場合はそこにワイヤーを取り付けて、ない場合はコンクリートにカールプラグをもみ込んでワイヤーを取り付ける。作業は順調に進み、午前中に全27台にワイヤーを付け終わりました。これで一安心。

190623-家具転倒防止作業 (6)

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第40回岐阜県PTA連合会定期大会

2019 年 6 月 13 日 Comments off
2019年6月13日(木) ◯  

長良川国際会議場メインホールで開催されました第40回岐阜県PTA連合会定期大会に出席しました。その名の通り、大きな会でした。

190613-岐阜県PTA連合会定期大会

大会後半の基調講演は、こころ元気研究所の鎌田敏氏による「こころ元気な大人が子どもの未来を築く~豊かな心を育むコミュニケーション~」。タイトルに違わず元気で陽気な観客参加型のご講演でした。その中で心に残った言葉を綴ります。

・ 続けていくことか大切。冷静になることが大切。少し立ち止まることが大切。
・ いい空気は小さなことの積み重ね。挨拶一つでも。
・ 声掛けと声の掛けられ易さが大切。
・ まず正そうとするな、分かろうとしよう。
・ コミュニケーションの本質は、思い込みを減らし、理解を増やす。
・ 心のサポーターは、理解してくれる、共感してくれる、話を聴いてくれる人。
・ 傷語を減らし、愛語を増やす。
・ 所属しているだけでなく、そこに心の居場所があることが大切。

家族や子供に対してのコミュニケーションだけでなく、仲間の間、地域、そして会社にも共通するお話で、グサグサと心に刺さりました。日頃の何気ない私の行動や発言を考えさせられました。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

朝の挨拶運動

2019 年 6 月 12 日 Comments off
2019年6月12日(水) ◯  

加子母小学校が行なっている「朝の挨拶運動」に参加しました。学校の先生、保護者、中学生、加子母の皆さんが、登校する小学生と挨拶とハイタッチを交わすという運動です。

190612-朝の挨拶運動

元気に挨拶してくれる子、はにかみながらの子、力いっぱいハイタッチする子、お淑やかな子。挨拶には個性やその時の気持ちがよく表れています。自分が小学生の頃はどうだったかなと考えました。小学生との挨拶で逆に私の方が元気をもらった気がします。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母教育協議会とPTAとの懇談会

2019 年 6 月 10 日 Comments off
2019年6月10日(月)  

加子母教育協議会とPTAの懇談会に参加しました。この懇談会は教育協議会が主催しPTAを招いたわけですが、両方の団体に所属している私は立ち位置が複雑です。

190610-加子母教育協議会とPTAの懇談会

懇談会の主な目的は、教育協議会の成り立ちと役割、そして地域による教育の一つの形「義務教育学校」の紹介でした。教育協議会が長く検討して来た義務教育学校への考えを広く知ってもらおうと昨年辺りから動き出し、3月には新旧PTA本部役員との懇談会を開催し、今回はその枠を広げてPTA役員(本部役員+PTA支部長)との懇談会となりました。PTA役員からの参加は少し寂しく残念でしたが、その輪は少しずつ広まっています。

意見交換会でPTA役員の参加者が口を揃えて言うのは、教育協議会の存在意義、取り組みの素晴らしさが分かったということでした。「義務教育学校」の議論だけを切り取って推し進めることは難しく、加子母教育の全体を広く見渡し、加子母の未来を見越し、その中で加子母が必要とする教育の形を多くの加子母住民と一緒に模索し、検討を重ねて行くことが重要だと感じます。残念ながら今回の参加者は限定的でしたが、こんな機会を頻繁にもてると良いと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母中学校「保護者会長・外部指導者・部活動顧問」三者連携会議

2019 年 6 月 8 日 Comments off
2019年6月8日(土)  

昨晩開催された加子母中学校の「保護者会長・外部指導者・部活動顧問」三者連携会議を傍聴しました。まさに“傍聴”なんです。議題がPTA活動と直接関係あるわけでもなければ、私が部活動に関わる役をやっているわけでもなく、ただ加子母を取り巻くスポーツ活動の仕組みがちょっと複雑なために保護者間で誤解が生じているようで、今回は原因となった加子母のスポーツ活動の仕組みを学びに行きました。

190607-保護者会長・外部指導者・部活動顧問三社連携会議01

加子母中学校のスポーツ活動には、中学校の“部活”、保護者が実施する“保護者クラブ”、そして“地域クラブ”の3種類があります。部活は基本的には5:00pmまで、保護者クラブは平日の5:00pm以降と土日祝日、地域クラブは学校活動以外の時間と、しっかりと区別されています。また、中津川市のガイドラインで、全学生が“部活”に所属することが定められています。

なるほど。私も見事に勘違いしてました。私がお世話になっている水曜日の夜バスケットは、“部活”ではなく“保護者クラブ”でした。保護者クラブのバスケットは部活と同じ学校職員が指導してくれているので部活の延長と勘違いしていましたが、それはあくまでもボランティアであり、実はそこには明確な区別がありました。

ことに卓球においては、部活、保護者クラブ、地域クラブが存在し、すべて同じ指導者なので、その別が特に分かりにくくなっているようです。一方、小熊(シャオション、倅のこと)が水曜日と金曜日の夜に通う剣道は、スポーツ少年団、つまり“地域クラブ”という位置づけで、確かに指導者も部活の剣道とは異なります。その上加子母以外の生徒も参加しています。

私の中のもやもやが一つ晴れました。今回の誤解は、加子母中学校が中津川市立として足並みを揃える部分と、少子化の現実に向き合うためのローカル・ルールとの挟間で起こったことであり、もし保護者に不安を与えたならばそらは保護者が子供の教育に真剣に取り組んでいる証明でもあるように思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

加子母小中学校PTA懇親会

2019 年 6 月 6 日 Comments off
2019年6月6日(水) ◯  

昨晩、加子母小中学校PTAの懇親会を開催しました。参加者数は例年並みとは言え、やや寂しかったことが残念でした。行事の多いこの時期の平日開催なので仕方ないといえばそうですが、やはり懇親会は賑やかな方がいいですね。年度初めは同様の懇親会がいくつかあるので、例えば教育協議会が主催する教職員・保育士転入職員歓迎会と合同開催にしても良いかとも思います。もちろん教育協議会が了解してくれれば、ですが。

190605-PTA懇親会

収穫と言えば、小中学校の教職員の皆さんにはたくさんご参加頂き、名前と顔をほぼ覚えることができました。そして懇親会の最後には締め役を仰せつかったことをいいことに、中津川北商工会青年部に古くから伝わる「座布団の上に立たない、畳の縁を踏まない」という一本締めの作法を参加者に伝授しました。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。PTA本部役員の皆さん、運営お疲れ様でした。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第1回加子母小中学校関係者評価委員会

2019 年 6 月 5 日 Comments off
2019年6月5日(木)  

第1回加子母小中学校関係者評価委員会に参加しました。10名で構成する委員の内の一枠がPTA会長ということで、私にとってはこれまた絶好の加子母研修です。小・中学校それぞれの教育や経営における方針を拝聴した後、9学年全ての授業を駆け足で見て回りました。その後は意見交換会でしたが、全てが新鮮な私には取り立てて意見もなく、委員の皆さんのご意見を拝聴するばかりでした。それでも勇気を出し、他校との交流を提案しました。10月11日に開催予定の「舞台峠うまいもん祭」のボランティアとか。

190605-学校関係者評価委員会

そして給食。私は給食を食べるのはこれで3回目でして、麺、パン、ご飯の全種類を制覇しました。そして今回は朴葉餅のオマケ付きと、ちょっと得した気分でした。

190605-学校関係者評価委員会給食

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

第35回加子母少年の主張大会

2019 年 6 月 4 日 Comments off
2019年6月4日(火)  

中津川市青少年健全育成推進市民会議加子母支部が主催する第35回加子母少年の主張大会が本日開催されました。私は審査員の一人として出席しました。これもPTA会長の特権です。加子母中学校の各学年2名ずつの合計6名、それぞれ5分の主張を拝聴しました。

190605-加子母少年の主張大会

いやぁ、審査というのは実に難しい。主張内容はどれも素晴らしく共感できるものばかりで、なんとも甲乙付け難い。1年生は1年生なりの、3年生は3年生なりの良さがり、それらを私如きが評価するなどとんでもない。不安いっぱいで蓋を開けてみれば、私の採点は6名の審査員の総合と同じでほっとしました。

まずもって代表としてこの場に立った発表者の皆さんに敬意を表したいと思います。こんな経験一つ一つが人生の糧になって行くことでしょう。そして最優秀賞の受賞者、おめでとうございます。7月の中津川大会に向けて今回荒削りだった部分をほんの少し調整して、今回同様に堂々と発表して欲しいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ:

電子ピアノの嫁入り

2019 年 5 月 31 日 Comments off
2019年5月31日(金) ◯  

現在お住まいの大規模改修をお手伝いさせて頂いているお客様が、改修のこの折に使わなくなった電子ピアノを処分されるというので、宛てはなくともとにかく貰い受けることにしました。先日の加子母小中PTA本部役員会で両校長先生に働きかけると、小学校で貰い受けて頂けることになりまして、本日搬入しました。私の仕事とPTAの役がきっかけでご縁が繋がり、電子ピアノが再び活躍の場を得る。密かに自己満足を覚えます。

150931-電子ピアノ

中島 大地

カテゴリー: 加子母PTA会長 タグ: