アーカイブ

‘ポンコツ再生計画2’ カテゴリーのアーカイブ

もう少し熟成したらば人気がでるかも

2020 年 8 月 12 日 Comments off
2008121.jpg

暑さに滅法弱いポンコツバイクです。
最近は部活動で精いっぱいで、なかなか再生作業が進みません。
というより、暑くてやる気が出ないというのが本音ではありますが。
なので、ポンコツ2号の立ち位置の確認などをと思ったのです。

ざっくり調べると、35年前に発売されたホンダ初の2ストのトライアル車。
公道も走れるのですが、街中で見かける事は稀でした、。
とはいえ、おそらく諸先輩方の多くはこのバイクで練習をしたのでしょう。

2008122.jpg

で、今はどうかと言いますと。
これでまじめに練習している人は見かけた事がありません。
ならばビンテージ大会では大活躍かと思いきやさにあらず。
ビンテージの大会では、リヤサスが2本というのが多いのですが、このバイクは1本なのでその類の大会に出れないのです。
要するに中途半端に古いので、あまり人気はありません。

・・・あと10年くらい熟成したらば人気がでるかも?
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

交換すれば手っ取り早いけど

2020 年 6 月 17 日 Comments off
2006171.jpg

部活動を再開したとたん梅雨入り突入のポンコツバイクです。
今回はサイドスタンドの再生です。
御覧のようにへし曲がっており、バイクがかなり傾いていました。

2006172.jpg

先ずは曲がりの修正。

2006173.jpg

続いてお得意のペーパー攻撃で錆び取り。
だがしかし、傷が深すぎてぺーぺーでは錆が落としきれませんでした。

2006174.jpg

仕方ないので余っていたタンククリーナーを使用します。

2006175.jpg

24時間浸してなんとか錆び取り完了。

2006176.jpg

乾いたところで下塗り作業。
オークションで探して交換すれば手っ取り早いのですが。
手間を惜しまずお金を掛けない方針で再生です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

無心のペーパー掛け

2020 年 6 月 9 日 Comments off
2006091.jpg

自粛も終わり部活動も再開したポンコツバイクです。
後輪を支える重要なパーツである、スイングアームの再生に取り掛かりました。
剥離剤で塗膜を剥がし、錆をペーパーを使用して落します。
ペーパー掛けを行うと何故か心が落ち着きます。
もう病みつきです。

2006092.jpg

アルミのような輝きを放つようになったら下塗り作業へ。
マスクを付けての塗装作業ですが、暑さとシンナーで何度かめまいが・・・。

2006093.jpg

これでひと段落なので、次なるパーツの錆とりに掛かります。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

缶スプレーは侮れない

2020 年 5 月 21 日 Comments off
2005211.jpg

自粛で運動不足気味のポンコツバイクです。
フレームの下塗りが終わったので上塗りへ。
ホームセンターで購入した缶スプレーで塗装したのですが、割といい感じに仕上がりました。
缶スプレー侮れません。
後はウレタンクリアーを塗装してフレームは再生完了です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

すっぴんにウットリ

2020 年 5 月 7 日 Comments off
2005072.jpg

GW(ガマンウイーク)も終了したのでポンコツバイクです。
フレームの溶接補修が完了後、塗装の剥離を行いました。
市販の剥離剤を塗布してケレンで削って、ワイヤブラシとペーパーを併用して無心に塗膜と錆を除去します。
するとどうでしょう。
サビサビだったフレームが、光輝くメッキ仕上げのようにピカピカに。
思わずウットリです。

2005071.jpg

だがしかし。
すぐに酸化してサビだすので、涙を押し殺しててプラサフ(プライマーサーフェイサー)を塗装したのでした。
下塗りが終わったので仕上げ塗装に移るのですが。
イメージはこんな感じです。

2005073.jpg

「農道のフェラーリ」と呼ばれたホンダのアクティ、その限定車です。
途中で心変わりするかもしれませんが。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

フレームで暫く遊べる

2020 年 4 月 28 日 Comments off
2004281.jpg

部活動も自粛なのでポンコツバイクです。
先ずはフレームの再生から。

2004282.jpg

解体作業で見つけたフレームの不具合です。
サンダーで切断されたような跡がありましたので、

2004283.jpg

とあるお方に溶接で補強してもらいました。
んで、今回も書類が無いので公道は走れません。
折角なので、トライアルに特化した再生をする事にしました。

2004284.jpg

ポンコツ2号も2ストロークエンジンの分離給油で、フレーム内部がオイルタンクを兼ねる設計です。
ですが、公道走る訳じゃないので分離給油する必要もありません。

2004285.jpg

なので、男らしくばっさりカットして蓋をしました。
これで終わりかと思いきやさにあらず。
フレーム再生の目玉はステップ位置の変更です。

2004286.jpg

いまどきのバイクと較べてステップの位置が高くてハンドルが低いのです。
少し悩みましたが、コレもステップのブラケットをばっさりカットして新規のブラケットを低い位置に取り付けて貰いました。
もうここまでやったら後戻りできません。
暫くフレームで遊ぶことにします。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

ここから長丁場になりそう

2020 年 4 月 12 日 Comments off
2004121.jpg

世の中の情勢が変わっても再生計画は続くポンコツバイクです。
楽しいバラシ作業はあっという間に終わってしまいました。
次は各パーツの再生作業に掛かるのですが、その前に大物パーツの洗浄を。
綺麗にしないと部屋にしまい込む事もできません。

2004122.jpg

ということで。
洗浄作業も楽しく終了。
再生作業は先ずフレームから掛かる事にしましたが。
ここから長丁場になりそうです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

先ずは初見と解体から

2020 年 3 月 28 日 Comments off
2003284.jpg

愛馬3号機がまたも壊れてへこんでいるポンコツバイク2です。
ついに始まった「ポンコツ再生計画2」。
先ずは初見から。
見た目は年式相応、いたるところに錆と腐食の跡があります。
が、意外と綺麗かも?

2003283.jpg

特筆すべきは「動く」という事。
なんとエンジンはキック1発。
キャブレターからオーバーフローしてガソリンダダ洩れではありますが、アイドリングは安定しています。
おまけにエンジンからの異音もなし。
軽整備で済みそうですが、せっかくなので全バラにして「化粧直し」します。

2003282.jpg

バラシ中にフレームの不具合発見。
フレームに切断跡が・・・。
要補修です。

2003281.jpg

ともあれ、エンジンまで降ろして一旦終了。
バラシ作業は案外楽しいものです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ:

「ポンコツ再生計画2」爆誕!

2020 年 3 月 22 日 Comments off
2003221.jpg

一昨年頂いたポンコツ2号機。
「例の甥っ子」に再生を託し、昨年テスト走行まで出来ました。

2003222.jpg

だがしかし、
「例の甥っ子」、次第にモトクロスに夢中になったようで、ポンコツ2号機を返しに来たのです。
うん。
興味があるものに猪突猛進すべし。
無理強いしません。

2003223.jpg

という訳で、
「ポンコツ再生計画2」、ここに爆誕と相成りました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画2 タグ: