アーカイブ

‘ポンコツ再生計画’ カテゴリーのアーカイブ

準備開始

2017 年 6 月 21 日 Comments off
1706211.jpg

業務の変化についていけないポンコツバイクです。
今年も夏の大会にポンコツバイクで参加予定。
ということで、時間のあるうちに準備に取り掛かりました。
ライトを始めとする保安部品を取外し、オイルの量をチェック。
次回オイル交換をしておしまい。
今年はもう少し成績を上げたいものです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

たまには虫干しに

2017 年 4 月 11 日 Comments off
resize8378.jpg

次なる現場で途方にくれつつあるポンコツバイクです。
先日ポンコツバイクを引っ張り出して、とあるお山にお出かけしました。
昨年の8月以来、全く乗っていなかったポンコツバイク。
エンジン掛かるかよと思いつつ、数回のキックであっさり火が入りました。
久しぶりに乗ってみた印象は、やたら重いし動きが鈍い!。
愛馬3号機に比べて10キロ以上重いので、当然といえば当然ですが。

resize8379.jpg

とにもかくにも、
不具合箇所の確認をする事も目的なので、
キャブレターを調整しながら走行を繰り返していると、若者二人組が興味深そうに近寄ってきました。
彼らが生まれる前、40年以上前のバイクです。
バイク談話に花を咲かせつつ、モトクロスをしている彼らに場所を明け渡して帰宅したのでした。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

保安部品をつけてみた

2017 年 1 月 10 日 Comments off
1701101.jpg

完了検査まで1ヶ月という事実に身震いするポンコツバイクです。
昨年の夏の大会から放置していたポンコツバイクですが、久しぶりにいじってみました。
テーマは保安部品の再生です。
保安部品といいつつも、ナンバー取れない車輌なので必要ないといえばそれまでなのですが。

1701115.jpg

ヘッドライトは再生しているのでリヤのテールランプから。
手元に来た時にはレンズカバーは欠品・・・。
転倒して粉砕したのでしょう。
鉄製のパーツも結構変形してました。

1701112.jpg

鉄製なので適当に叩いて直して、レンズカバーはオークションで購入。
取り敢えずつけてみました。

1701113.jpg

スピードメーターも取り敢えず磨いて付けてみます。
ケーブルもこれまた欠品・・・。
他車流用を検討中。

1701114.jpg

ウインカーを新設(元々付いていません)してナンバーを取ってみたくなってきました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツバイク、雑誌に載る

2016 年 4 月 28 日 Comments off
16042801.jpg

年度末の洗礼から開放されたポンコツバイクです。
ある夜、道楽の師のお友達(アゴスリーニさん)から連絡あり。
「今度発売される雑誌にポンコツバイクが載るみたいだよ」と。
クルマやバイク、カメラなどなどの古いものに特化した、いわゆる「ビンテージもの」の雑誌に昨年の大会の様子が紹介されたとの事。
早速購入し、ドキドキしながらページをめくるとポンコツバイクの写真が載っていました。
切手サイズですが。
ポンコツバイクのコメントも掲載されていました。
1行ですが。
それでも自分のバイクが雑誌に載っていることに感動したのです。

ちなみに
昨年発売されたトライアルの専門誌ではありますが。
16042802.jpg

道楽の師、なんと見開きを含め6ページで紹介されました。
流石であります。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

鬼キック卒業

2016 年 3 月 18 日 Comments off
16030801.jpg

年度末の洗礼に卒倒しそうなポンコツバイクです。
休日に、ポンコツバイクを引っ張りだしてオイルポンプの調整を行いました。
で、懸案事項だった始動性の悪さなのですが、
今まではキック百連発でなんとかエンジンが掛かっていたものが、
今回はキック数発であっさり始動・・・。
陽気のせいか、こちらが慣れたのか。
原因ははっきりしませんが、これで鬼キックと卒業できそうです。

16031802.jpg

ここまで来れば、しめたもの。
次なる計画の妄想で暫く楽しめます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

オイルポンプの作動確認

2016 年 1 月 11 日 Comments off
1601111.jpg

今年もボチボチつづくポンコツバイクです。
今回は2ストエンジンの命、オイルポンプの作動確認を行いました。
競技車といいつつ何故か分離給油式のポンコツバイク。
ウインカー以外の保安部品が付いている事から、海外ではこのまま公道走っていたかもしれません。

1601112.jpg

それはそれとして、ガソリンとオイルを燃焼させる2サイクルエンジン。
オイルポンプがなくてもガソリンタンクに直接混合ガソリンを給油すれば問題ないので、ポンプの再生は先送りにしていました。

1601113.jpg

ようやくこの再生ができる余裕が出来たという事で、オイルタンクにオイルを入れてエンジン始動。
ポンプからオイルが・・・排出できました。
空気抜きやら排出量の調整は時間の都合で次回へ持ち越し。
ポンプが不調だとエンジンが焼きつくので、落ち着いて作業をする予定です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

これからどうする?

2015 年 12 月 26 日 Comments off
1512261.jpg

年末は何かと慌ただしいポンコツバイクです。
今年の夏に、再生を初めて6年目にして走る事ができました。
成績は相変わらずの低空飛行ではありましたが、トラブルはあれど走りきった事に感動したのです。
なにせぶっつけ本番。
どこかに持ち出してテストする事も出来ませんでした。
ある意味、「今年復活したマクラーレン・ホンダより優秀じゃん!」と、自分を褒めてあげたものです。

1512262.jpg

だがしかし、
まさかここまで長い時間を費やすとは思いもしませんでしたが。
ポンコツバイクの正式な名称は、カワサキのKT250といいます。
1975年製で排気量は250cc。
当時は見たことも聞いたこともありませんでした。
調べてみると、競技専用車で生産された期間はわずか2年。
主に海外に輸出され、国内販売はごくわずかだったようです。

1512264.jpg

必然、あまりにどマイナーすぎて、交換しようにもパーツも無いし情報も無い。
知識も経験も工具もない。
おまけに資金も無いと。
ひとつひとつ問題を解決し、よく諦めずにここまできたもんだと我ながら感心してしまうのです。

これにてポンコツ再生計画も、まずはひと区切りです。
今後はあまりにも悪い始動性を改善して、それからそれから・・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

不具合その1解消?

2015 年 9 月 22 日 Comments off
1509221.jpg

「大型連休ってどこの国のおはなしですか?」と言いたくなるよなポンコツバイクです。
大会終了後、休日の度にポンコツバイクの不具合解消を行いました。
一番の不具合はフロントフォーク。
フロントを持ち上げると、フロントフォークが伸びきってカコンと大きな音がします。
オイルの量を間違えたとか、
組み方を間違えたのかなどなどと、原因を探ってみましたが回答がでません。
それでも分解と組立を繰り返しているうちに、なんとなく直ったようです。
キリがないのでこの問題はこれにて終了し、次なる不具合の解消に乗り出します。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

無事完走できました

2015 年 8 月 11 日 Comments off
1508111.jpg

「遂にこの日がやってきた」のポンコツバイクです。
週末にポンコツバイクで奥長良トライアル大会に参加しました。
ぶっつけ本番での参加ではありましたが無事完走。
転倒もなく、目標であった怪我もなし。
今までで一番楽しめたかもしれません(筋肉痛は相変わらずですが)。
僕の中では十分上出来です。
ただやっぱり不具合はありまして、こちらは単に整備不良でした。
これから少しづつ潰していくつもりです。

1508112.jpg

今回も「道楽の師」と郡上トライアルクラブの方々に助けて頂きただ感謝。
「綺麗に仕上げすぎているから壊さんように」とアドバイスをもらいながら楽しめました。
また来年もポンコツバイクで参加したいと思います。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今回の目標は

2015 年 8 月 5 日 Comments off
150805.jpg

久しぶりのポンコツバイクです。
今年も夏がきました。
昨年は台風直撃で大会の参加を取りやめましたが今年はポンコツバイクで参加の予定です。
ろくにテストもしていませんが、今年の目標は怪我をしない事と決めました。
まわりの方々に迷惑かけないように楽しむつもりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

リヤサス換装

2014 年 11 月 3 日 Comments off
オリジナルのロヤサス

現実逃避が加速するポンコツバイクです。
組み立ててはみたものの、何ともならんと思っていたパーツがリヤサスペンションです。
リヤに負荷を掛けるとリヤサスより「ブシュー」と音が。
ちゃんと仕事をしていないようです。
で、悩みましたが社外品に変更する事に決めました。

舶来品です

英国製のトライアル専用との事。
妄想文化財であるこのポンコツバイク。
なるべく当初のパーツを利用して再生しようと試みましたが誘惑に負けました。
このサスの能力を発揮する腕はありませんが、運転が楽になる事は間違いないでしょう。

取替え完了

このモデル専用のサスではないので、取付けには若干不安も感じますが。

チェーンとのクリアランスがない

少しづつ不具合を潰していく他ありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ご対面

2014 年 10 月 18 日 Comments off
5年前の最後のお別れ

なかなかバイクに乗れずに欲求不満気味のポンコツバイクです。
先日、ひょんな事から前オーナーである専務が我が家にやってきました。
愛娘のように大切にしていたポンコツバイクを手放しはや5年・・・。
遂に涙のご対面と相なりました。

感動のご対面

シートカバーをめくると「おおー!」と驚きの一声。
前から横から後ろから、
雄叫びを上げながら眺めつつ、ポツリとひとこと。
「あのまま家にあっても腐らすだけだったからなぁ。此処に来てよかった」
最高の殺し文句であります。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

コカす前に

2014 年 9 月 9 日 Comments off
再生後側面
再生前側面

青空を見ると遠出したくなるポンコツバイクです。
ポンコツバイクが綺麗なうちに、真面目に写真を撮ろうと思いつきました。
せっかくなので、再生前と比較しながらです。

再生後エンジン
再生前エンジン

エンジンは、外見はともかく中身の再生に四苦八苦。
ピストン交換とシリンダーのボーリング。

再生後エンジン2
再生前エンジン2

ボーリングの依頼へ埼玉県に行きました。
点火系のトラブルには最後まで手を焼き、ケッチンも経験。

再生後フロント
再生前フロント
サビサビのフロントフォークの再メッキは九州の業者に依頼。
純正新品より品質が良いかも。

再生後ライト廻り
再生前ライト廻り

よく、「ポンコツバイクは完成ですか?」と聞かれますが。
まだです。
まだ組立がほぼ終わっただけなのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

2度目の動態試験

2014 年 7 月 21 日 Comments off
凛々しくなりました
夏の暑さに負けそうなポンコツバイクです。
今年は業務の都合上、毎年恒例の大会に参加できるか微妙な雰囲気となりました。
それはそれとして、
もし参加できれば念願のポンコツバイクのデビュー戦。
せめて準備だけはと休日に取り掛かったのです。
ライトを外して自作のゼッケンプレートを取り付けて、
保安部品・・・は無いのでこれでお終い。
不具合の確認の為、エンジンに火を入れ各部の調整。
2度目の動態試験を実施したのです。
色々細かな問題はあるけれど、たぶんこれで走行出来るでしょう。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

先ずは組立完了です

2014 年 7 月 7 日 Comments off
ほぼ完成

現実逃避のポンコツバイクです。
ガソリンが漏れたタンクも復活したので、外装を全て取り付けました。
これにて走行可能な状態まで再生作業は完了したのです。
気がつけば、再生を始めてから4年半が経過。
ここまで来たらエンジンに火を入れぬ訳にはいきません。
ガソリンは以前ホームセンターで購入した農機具用混合ガソリンをタンクに注ぎ、
乾坤一擲の鬼キック・・・するまでもなく、拍子抜けするほどあっさりエンジンに火が入りました。
一体今までの苦労は何だったのやら・・・。
再生作業も次なる段階にはいります。
自宅の廻りをグルグル走りながら不具合箇所の確認へ。
いざ動かすといろいろ問題が出てきます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

泥沼タンク顛末記

2014 年 6 月 22 日 Comments off
これを再生するのだから・・・

忘れた頃のポンコツバイクです。
タンクの再生の顛末です。
最初はこんな感じからスタートだったのでした。
これ見て諦めれば、延々と続く泥沼にハマる事もなかっただろうに・・・。
先ずは下地の再生は鍛冶屋の安藤さんに依頼して、

プロのお仕事

塗装はいつも業務でお世話になっている宮川さんにお願いして完成。
の筈だったのですが、ガソリン漏れが発覚。

ここで漏れました

ここで一度心がポッキリ折れました。
暫く再生をお休みしている時に、とある方に相談したらばご覧の図を送って頂いたのです。

プロの作業ですね

これが出来れば完璧ではありますが、当然そんなスキルも設備も持ち合わせていないので内部の再コーティングとハンダで対応。

ハンダ作業も結構大変

そして先日宮川さんに依頼した塗装の補修も遂に完成。

さすがプロのお仕事

もう不具合が無い事を祈るばかりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ジャンクがまたひとつ

2014 年 4 月 30 日 Comments off
ワークスのKT

細々とポンコツバイクです。
以前ポンコツバイクと同じモデルに乗っている方に、タンクは他メーカーの物を流用しているとお聞きしました。
それがご覧の写真です。
なかなか格好よいと思ったのです。

で、
試してみました。
ポンコツバイクに。

仮合わせ

オークションにて落札したホンダのFRP製です。ご覧の一体のタンクシートと別に、樹脂製のタンクが内部にあります。
先ずはこの自家製塗装を落とす事から始めました。

オリジナル塗装が現れた

するとオリジナルの塗装が現れました。
この塗装を剥がす事は厄介なのでこのまま次の作業へ進むつもりだったのですが。
別体の樹脂製タンクがフレームに納まりません。
なのでこの作業、FRPタンク計画は先送りへ。

このようなジャンクパーツが我が家に溢れかえっているのです。

ちなみに。
オリジナルのタンクは無事漏水テストをクリアしました。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンクのテスト

2014 年 3 月 26 日 Comments off
ホームセンターで購入

先日、「疲労とストレスが原因ですね~。療養してくださいね~。」と医者に言われてショックを受けたポンコツバイクです。

休日に、内部を再コーティングしたタンクの漏水テストを実験しました。
ホームセンターで農機具用のガソリンを1リッター購入してタンクに注ぎ込み、様子見をみます。

いよいよシェイクダウン

とりあえず、1日経過しても漏れは確認できませんでした。
1週間様子をみて、問題なければいよいよシェイクダウンです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ハンダでジュ

2014 年 2 月 23 日 Comments off
ここから漏れました

真新しいクルマに乗り換えて、気分ルンルンのポンコツバイクです。
前回タンク内部のコーティングがひと通り完了。
乾燥期間中は部屋で養生していたのですが、実はこのコーティング材、
体にはあまり宜しく無いらしく、おまけに匂いも強烈。
我が家で異臭騒ぎが起きたのでした(当然ヨメにこっぴどく叱られました)。

それはそれとして
外部から補修に取りくみます。
今回は素人でも出来そうなハンダによる補修に挑戦しました。
正直ハンダは小学生の時に手の甲を焼き大やけどをして以来、苦手意識は強いのですがポンコツバイクの為ならなんとかなるでしょう。

プラモと同じ感覚ですな

で、なんとかハンダを下地廻りに充填してヤスリで気長に削っていきます。
平地で天気が良いとはいえ、寒いものは寒い。
継続時間はせいぜい1時間程度が限界で次回へ続くのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンク再び

2014 年 1 月 26 日 Comments off
噂のタンクシーラー

今年も忙しそうなポンコツバイクです。
ガソリン入れて放置したらば底から漏れてしまったタンクですが。
ようやく気を取り直して補修再開です。
で、先ずは内部のコーティングから。
実は鍛冶屋の安藤さんに一度やってもらったのですが、うまくいかず剥がれていたのでした。

今度こそうまくいきますように

コーティング材をタンクに注ぎ込み、右に左にと傾けて、最後は下から排出します。
当然青空ガレージでの作業でしたが、あまりの強風に溶剤が飛び散り、最後はクルマの中での作業となったのです。
ちなみに完全乾燥には丸4日必要だとか。
暫くは様子見です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツ、遂に走る!

2014 年 1 月 4 日 Comments off
遂に走った

正月そうそうポンコツバイクです。
中古エンジンから移植したステーターコイルを取り付け、エンジン始動を試みました。
数ヶ月ぶりの火入れに手こずりましたがエンジンに火が入り、
恐る恐るクラッチをつなぐと、
前進!。
喜び勇んで初乗りとなったのです。
ポンコツの再生作業が始まって丸々4年経過。
やっとここまで復元できました。

だがしかし
約40年前のこのエンジン。
とてもうるさい。
気軽にエンジンを掛ける事はできそうにありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

「大丈夫ですか?騙されていませんか?」

2013 年 12 月 27 日 Comments off
エンジンゲット

今年最後のポンコツバイクです。
エンジン逆回転から再生が滞っていたのです。
電気系というのは理解できるけど、
原因が分からずお手上げ状態でした。
で、
エンジンを丸ごと1基購入。
興味の無い方から見れば、ただの鉄クズ粗大ゴミ。
僕から見ればダイヤの原石か金塊に見えるのですが。

貴重な休日に時間をつくり、目指すパーツを剥ぎ取ります↓。

コレが欲しかった

このコイルが巻いてあるパーツ。
ジェネレーターとかステーターコイルと呼ばれるパーツが欲しかったのです。

ボロボロの鉄クズを
大枚はたいて購入し
嬉々としてイジる作業を傍から眺めるヨメ曰く。
「大丈夫ですか?騙されていませんか?」
おかげでこのエンジン。
いまだ家の中に入れてもらえず。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

何かが違う

2013 年 8 月 21 日 Comments off
ワークスマシン?

あまりの慌しさに現実逃避もままならないポンコツバイクです。
先日の大会で、道楽の師から紹介されたのがご覧の写真のオーナーさん。
エンジン逆回転の原因を相談をと、わざわざ気を利かしてくれたのです(師に感謝)。
だがしかし、
ポンコツバイクと似てはいるけど何かが違った。
オーナーさんが仰るにはこのマシンはメーカーの特別製との事。

パッと見一番の違いはクラッチカバーか

フレームやクラッチは当時のモトクロッサーのパーツを流用し加工したらしいとか。
チェンジペダルも当時のライダーに合わせて右側に配置されていた痕跡があったりとか。
点火形式も元々はポイント式であったなどなど。
自分のポンコツバイクのプロトタイプのようなマシンでありました。

で、肝心要の逆回転の件なのですが。
修理した点火コイルの辺りを重点的に確認してみては?とのアドバイスを頂きました。
貴重なご意見、全くありがたい限りです。
気を取り直して確認作業のからはじめます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンクも・・・

2013 年 7 月 8 日 Comments off
嫌な予感・・・

あまりの暑さに名古屋から掛川へ避難したポンコツバイクです。
先日タンクの底面を見るとなんだか不自然な亀裂を発見。
予感的中でガソリンが漏れてました。

めくってみました

クラックだとは思いますが、腰を据えて補修にあたろうかと。
とは言いつつも、予備のタンクも再生しよかと思います。

2つを比較

こちらは使えればいいので先ずは錆び取りから。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

切り札となるか?

2013 年 7 月 1 日 Comments off
虎の子の純正新品

今年はクルマのクーラーが効いて快適なポンコツバイクです。
エンジン逆回転の切り札として、CDIの純正新品をゲットしました。
コレでダメなら心が折れてしまいそうです。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

なんとなく分かってきた

2013 年 6 月 26 日 Comments off
この状態で押し掛けを繰り返す

「太ったね?」と以前にも増してよく言われるポンコツバイクです。
ようやく足も落ち着いてきたので再生作業を再開しました。
最も豪快な不具合が、エンジンを掛けるとバックしてしまう事なのですが。
色々調べてみると、どうもエンジンが逆回転する事があるらしい(2サイクルでは)。
その原因は点火時期が狂っている事が多いとの事。
ポンコツバイクは古式ゆかしいポイント式ではなくCDIを搭載しているので、点火時期の調整ができないのではとも思いましたが、サービスマニュアルを見ると多少の調整は可能でした。
少しずつ点火時期を遅らせてはエンジン掛けてを繰り返し、結局調整可能な限界まで点火時期を遅らせてもエンジンは逆回転します。
ご覧の状態で押し掛けもしたけれど、途中で体力が尽きこの日は時間切れ(ご近所の視線が痛かったです)。
なんとなく怪しいパーツが分かってきました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

混合ガソリン

2013 年 6 月 12 日 Comments off
キャブレター

現場間の移動で1日が終わるポンコツバイクです。
まだキックできる程調子が戻っていないので、タンクとキャブレターに残ったガソリンを抜く事にしました。
残ったガソリンを見ると真っ黒。
ポンコツバイクは絶滅種の2ストロークエンジンで、ガソリンにオイルを混合するタイプなのですが。
混合ガソリンの経験は当然僕にはありません。
道楽の師曰く「1ヶ月くらいはほったらかしでも大丈夫」との事。
しかしながら、あのドス黒いガソリンを見ると1ヶ月もほったらかしにする勇気はありませんでした。
混合ガソリン、結構面倒です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ケッチンマシーン

2013 年 6 月 4 日 Comments off
以前見かけた同モデル

お天道様に翻弄されるポンコツバイクです。
ここ一月くらい、右足首の調子が宜しくありません。
何かの拍子に激痛が走ることも間々有り・・・。
原因はやっぱりポンコツバイクでした。
鬼キックとケッチンを何度か食らったのが原因でしょう(ケッチン食らうととても痛いです)。
骨折しなくてよかったです。
なので右足首の傷みがなくなるまで、再生作業はお休みです。
ご覧の写真は以前大会に参加していたポンコツバイクと同じモデル。
一体何時になったらここまでなるのやら・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

びっくり仰天

2013 年 5 月 22 日 Comments off
セガレとのふれあいの場と化す

相変わらずバタバタのポンコツバイクです。
シェイクダウンの前に各部のチェックを行いました。
タンクにガソリンを注入し漏れがないかを確認後エンジン始動。
で、クラッチの動作を確認してギヤを落とします。
恐る恐るクラッチを繫いでみたならば、
なんとバックしました。
何かの冗談かと思いましたがやっぱりバックします。
どうもエンジンが逆回転しているようですが、はっきりしません(途中でエンジン掛からなくなりました)。
なかなか豪快な不具合ですが、めったに体験出来る物ではありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

そろそろ走り出します

2013 年 5 月 13 日 Comments off
ガソリン入れれば走ります

連休で充電したパワーも底をつきかけてるポンコツバイクです。
不具合のあったキャブレターもフロートを調整してガソリンが落ちるようになりました。
エアフィルターも市販品を加工して取り付け、排気漏れが甚だしいエキゾースト廻りも液状ガスケットで補修。
と、
此処までが連休中の話です。
今回はチェーン、タンクなどなどを取り付け、組立はほぼ完了しました。
ここまでくると、
いよいよシェイクダウンです。
問題は公道走れないので河原などで走る事になりますが・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

火入れ式

2013 年 4 月 15 日 Comments off
エンジン復活!

我が家からもコタツは無くなったポンコツバイクです。
前回の反省を踏まえ、キャブレターの分解と点検から。
どうもガソリンがチャンバー内(ガソリンを溜めるところ)に落ちてこない事が判明。
フロート廻りをイジくりまわし、オーバーフローを繰り返しながらも試行錯誤していると、
エンジンがあっけなく掛かりました。
おそらく10~20年ぶりにエンジンに火が入ったのでしょう。
思わず涙が出るほど感動したのです。
とはいえ。
40年前(正確には38年)のバイクです。
今時のバイクと較べると、とにかくやかましい。
ご近所からの苦情が来ないかとヒヤヒヤしたのですが、先ずは「火入れ式」無事完了した次第です。

問題もいろいろ発覚。
キャブレターにガソリンが落ちてこない事は完全には解決しませんでした。
エキゾーストからの排気漏れも甚だしい。おかげでフロントフェンダーが汚れまくり。
まだまだ問題山積みですが、足掛け4年。
再生完了まであと一歩というところまでやってきたようです。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

3秒・・・

2013 年 4 月 8 日 Comments off
組んではバラシの繰り返し

体が壊れる前にクルマが過労(過走行?)で壊れたポンコツバイクです。
点火コイルがはるばる仙台より帰ってきました。
で、
早速組み付けて、
点火試験をするならば、
ビリリと火花がプラグに飛びました!。
喜び勇んで「火入式」とばかりにガソリン注入。
渾身の鬼キックを連発すると「ボロロン」とエンジンに火が入りました!。
けれども3秒だけ・・・。
吸気系の調整が必要なようです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

コイルも旅立つ

2013 年 3 月 27 日 Comments off
真ん中のパーツです

桜も咲き出したのでポンコツバイクです。
ようやく点火コイルの修理を業者へ依頼しました。
さすがにこのパーツ。
オークションでも出品は皆無(海外では見かけますが)。
点火コイルの修理を引き受けてくれそうな業者を色々調べてたどり着いたのが仙台の電装屋さんでした。
順調に行けば来週中には戻ってくるかもしれません。

ちなみに。
白い物で巻かれているコイルは灯火類を受け持つコイル。
左下がバッテリーのような役割を受け持つコイル。
右奥が件の点火コイル。
だと思います。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

犯人は

2013 年 2 月 25 日 Comments off
アゴスリーニさんのKT

夢の中でも業務に追われるポンコツバイクです。
休日に「道楽の師」のお友達であるアゴスリーニさん宅にお邪魔しました。
火花が飛ばないポンコツバイクの原因究明の為、アゴスリーニさん所有のモデルを調べさせてもらいました(感謝!)。
テスター片手に調べてみると、やはり点火コイルに不具合あり。
これで再生に一歩前進です。

病み上がりで体調が万全ではないのに協力して頂いたアゴスリーニさんと道楽の師にはただ感謝です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

電気に泥沼

2013 年 2 月 20 日 Comments off
あれから3年・・・

「もう完成したの?」とよく聞かれるポンコツバイクです。
はい、まだです。
・・・・。

相変わらずプラグに火花が飛びません。
既にこの状態から3ヶ月・・・。
なんとなく怪しいパーツはあるのですが、情報が乏しい(知識もないけど)ので原因を決定しかねているのです。
この状況を打破すべく道楽の師に相談。
来週には方針がたつでしょう。


再生を始めてから4年目に突入してました。
改めて考えると、とんでもない事をしています。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ぼちぼちとはじめます

2013 年 1 月 19 日 Comments off
外装仮組み

年始そうそう何かと慌しいポンコツバイクです(多方面にご迷惑を掛けてます)。
正月休みに外装を取り付けてみました。
タンクのKの文字が反転しているのはご愛嬌としてなかなかいい感じです。
これでエンジン掛かれば完成と言えるのですが・・・なかなかに手ごわいのです。

ポンコツ単体での撮影は芸がないのでセガレに皮ジャンとオワンヘルつけてパチリと。
なかなかサマになっていると思うのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

毎年恒例のアレ

2012 年 12 月 27 日 Comments off
インナーチューブ復活!

ポンコツバイクの総集編です。
今年はフロントフォークの再生から取り掛かりました。
懸案のインナーチューブの再メッキは福岡の東洋硬化さんに依頼。
見事復活を果たしました。

ありがとうございました

どうせならと、アウターチューブの塗装を豊田のパウダーコーティング・カトーさんに相談。
快く承諾してもらったのです。

今年最大の遠征は、川越の井上ボーリングさんへの依頼でした。

ブルタコのシェルパ

シリンダーを持ち込みボーリングを依頼。

シリンダーの復活も感動的でした
この組立は失敗は許されない

オーバーサイズピストンを取り付け、宿願のエンジン腰上の再生が完了したのです。

夏までの限られた時間(資金も)は前回紹介したトライアル大会への参加の為、愛馬1号機の換装に集中し、
大会終了後に本格的なパーツの組立を開始しました。

とにかく暑くてはかどらない

何とか年内復活をと目論んだのですが。
どうも点火系に不具合があるようです。
早い話がプラグに火が飛びません。

セガレのオモチャと化す

テスターで確認したのですが。
配線・・・正常。
イグニッション・・・正常。
キルスイッチ・・・正常。
どうも点火コイルが怪しいのです。
来年は不具合の発見からの作業となりそうです。

やはりコレかも


カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ビリビリきません

2012 年 12 月 17 日 Comments off
プラグも新調したのだけれど

西へ東へと、師走は何かと慌しいポンコツバイクです。
プラグを新調して点火の確認を行いました。
ご覧の状態で鬼キック。
本来ならプラグの火花を確認して火入れ式と進むのですが。
プラグに火花・・・きませんでした。
仕方ないので電装パーツをイチから点検です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

完成寸前ぽくみえなくもないけど

2012 年 12 月 10 日 Comments off
ステーターコイルを取り付けて

現場は雪とは無縁のポンコツバイクです。
再生したステーターコイルをエンジンに取り付けました。
そろそろプラグやオイルなどを準備して火入れ式の準備に掛かろうかと思います。

フライホイールは仮付け

その前にちゃんと発電するかを確認しなければなりませんが。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

W=V×A

2012 年 12 月 7 日 Comments off
細かな作業です

遠州の空っ風に辟易気味のポンコツバイクです。
ステーターコイルの再生も終盤へ。
前回巻きなおしたコイルも巻き方が気に入らなかったので再度巻きなおし。
電力(W)=電圧(V)×電流(A)の関係から銅線の径が細くなった分、コイルの巻き数を多少増やしました。
逆効果かもしれませんが何事も経験です。

ほぼ完成

これでエンジンの火入れ式が現実味を帯びてきたのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

コイル巻きは力技で

2012 年 11 月 26 日 Comments off
バラした直後

そろそろコタツが恋しいポンコツバイクです。
コイルの修理です。
破損した銅線をほぐします。
ワニスで銅線を固めてあるので手にチクチク刺さりますが気合で分解。
巻数は180巻きでした。

コレで良しとする

で、いきなり完成。
この作業は難しいというよりも面倒。
ある程度の力もいります。
ところで。
実は購入した銅線の径が違っていました。
どうも0.1㎜細いもので巻き直したようです。
能力的には3割程度低下かもしれませんが、コツは掴んだのでダメならまた挑戦です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

冬が来る前に

2012 年 11 月 19 日 Comments off
風が強かったです

早起きするのがつらいポンコツバイクです。
休日に愛馬1号機から外したタイヤをポンコツバイクへ。
寒くなるとタイヤも硬くなり作業しづらいとか、
コタツでタイヤを温めてタイヤ交換するなどと、
道楽の師が話していたので冬が来る前に交換です。
なのですが、古いタイヤは硬化していてなかなか外れません。
おかげで本日筋肉痛。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

勇気を出してバラしましょう

2012 年 11 月 14 日 Comments off
これが問題のコイル

今朝はクルマのパンクで右往左往のポンコツバイクです。
問題のステーターコイルをいろいろ勉強したところ、やらかしたコイルはライティングコイルと判明。
つまりヘッドライトとテールライトを受け持つコイルです(点火コイルはたぶん大丈夫ぽい)。
別に公道デビューするつもりは無いので(今のところ)必要ないといえば必要ないのですが。
折角なのでバラして直す事にしました。


ご覧の写真はバラした直後のライティングコイル。
ぐるぐる巻きの銅線に横に一筋傷が入っているのが分かると思います。
先ずはこの銅線の解体から挑戦です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

気の迷いと勢いで・・・つい

2012 年 11 月 2 日 Comments off
程度は中の下

上棟式も終わったのでポンコツバイクです。
重圧から逃れる為に(上棟式の)。
一時の気の迷いから。
思わずオークションで落札してしまいました(上棟式前に)。
ご覧のタンクです。
程度もそれなり。
サビもヘコミもありますが。
再生したタンクに較べれば上物。
国内はもとより、eBay(海外のネットオークション)ですらめったに出てこない一品です(たぶん)。
再生したタンクの予備として、落ち着いたら直していこかと思います。

その前に。
ステーターコイルの再生を。
ぼちぼち取り掛からねばなりません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

こっちも電気で頭が痛い

2012 年 10 月 12 日 Comments off
ヤラレちゃったステーターコイル

今月はやたら忙しいポンコツバイクです。
今のところの頭痛のタネは、ご覧の写真のパーツ。
ステーターコイルと呼ばれる電気を発電するパーツです。
所詮素人、コレを取り外す際に誤ってコイル(銅線でグルグル巻きのやつ)を傷つけてしまいました。
当然市場にこのパーツは出回っていないので簡単に取替えも出来ず。
自分で巻きなおすか電装屋にお願いするか、お財布と気力を天秤にかけながら検討中。
コレが直らないとエンジンに火が入りません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツバイクで妄想中

2012 年 9 月 28 日 Comments off
先ずはオリジナルに近づけましょう

現場がにぎやかになりつつあるポンコツバイクです。
前回清掃したキャブレターと自作したメインハーネス(電線)を取り付けました。
今更とも思うのですがホーンやライトなど、一般道路走れないのに保安部品用の配線まで自作したのです。
オリジナルのハーネスを復元したので仕方ないといえば仕方なし。
だがしかし
ヘッドライトは再生していたのです。
折角なので取り付けてみました。
なんとなく男前になったような気がします。

海外からフレーム輸入→ナンバー取得→公道デビュー
なんて荒技もアリかも。
もっとも
今はそんな気力はありませんが。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

これも絶滅危惧種

2012 年 9 月 21 日 Comments off
バラすとこうなる

建方前にこんな事してる場合じゃないだろと思いながらもポンコツバイクです。
鍛冶屋の安藤さんに組んでもらったキャブレターですが、再度バラしました。
クリーナ液で清掃、フロートバルブとガスケットを新品に交換。
火入れ式までの道のりはまだ遠いです。

ちなみに
今ではスーパーカブですらキャブレターが付いていないご時勢ですが(インジェクション仕様)、インジェクションのバイク乗った事がありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ツバつけた!

2012 年 9 月 10 日 Comments off
セガレの遊具と化す

雨にたたられバイクに乗れないポンコツバイクです。
ワイヤー類とマフラーを取り付けました。
だいぶバイクらしいカタチになってきたと思うのです。
セガレが跨り「僕のバイクだ!」とアピール中。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツバイクで筋肉痛

2012 年 9 月 3 日 Comments off
進展箇所が分かりづらいかも

チビッ子達も今日から新学期を向かえたポンコツバイクです。
細かなパーツを取り付けます。
エアクリーナボックス、CDIユニット、イグニッションコイルなどなど。
記録写真で確認しながらの作業なのでちっとも進みません。
半日の作業でしたが結構疲れます。
本日心地よい筋肉痛が全身を刺激中。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

知恵の輪みたいな

2012 年 8 月 29 日 Comments off
知恵の輪状態

ご近所様から奇異な目で見られつつあるポンコツバイクです。
リヤサスを取り付けました。
で、ブレーキペダルを取り付けようと思ったら・・・
なんとスイングアーム(後輪からフレームへつなぐパイプ)を外さないと付かない事が判明(たぶん)。
車輌の性格上、なるべくスリムに仕上げる為に内側へ追い込んだのかもしれません。


なので取り付けたリヤサス外して
取り付けたリヤタイヤ外して
取り付けたスイングアーム外して
エンジンも無いほうが楽そうなのでエンジン降ろして
ブレーキペダル取り付けました。
これでこの日は終了。

何やってんだか・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ: