アーカイブ

‘ポンコツ再生計画’ カテゴリーのアーカイブ

ふたたび京都へ遠征

2019 年 11 月 26 日 Comments off
1911262.jpg

今年は道楽三昧のポンコツバイクです。
週末に京都で行われた大会にふたたび参加しました。
今回はステップアップして「中級」でエントリーです。

1911263.jpg

中級とはいえターンが主体で段差は無いと聞いていたのですが・・・。
初っ端から岩越えのセクション、転倒者続出で腰が引けました。
今回は難しくなっているらしいとの事。
急遽目標を「転倒するくらいなら5点をとる」に変更。
前回と同じく関西のチームに加えて頂きセクションをまわりました。

1911264.jpg

結果は目標達成。
転倒することなく終わる事ができました。
とはいえ久しぶりにグッタリです。

1911261.jpg

これで今年のポンコツバイクの遠征活動は終了となるでしょう。
大会やイベントを通じていろいろな方と知り合う事が出来て、普段雑誌ぐらいしか拝む事ができないバイクもナマで拝む事ができました。
そして最高のロケーションで走りを楽しむ事ができる。
最高であります。


カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

おシゴトとかぶる

2019 年 10 月 25 日 Comments off
1910251.jpg

今年はわりと出番の多いポンコツバイクです。
最近業務で古い物件に関わる機会が多いのです。
後世に残す為の保存修理工事がほとんどで、極力当初の仕様に復元する方針になります。
何も縛りがなければコストや機能、耐久性を秤にかけて工事が行われますが。

で、
ようやくポンコツバイクのお話しです。
ご覧の写真はオリジナルのリヤサスペンション。
上下の2つのスプリングを樹脂製のガイドで挟む構造で、理由はわかりませんが当時の流行りの仕様だったかもしれません。
ちなみにフロントサスペンションも同じ構造になっています。
独創的でカッコいいのですが・・・40年以上の歳月には勝てずヘタっていました。

1910252.jpg

オリジナルにこだわり、当初の性能を復活させる為にオーバーホールするのも手ではありますが。
所詮道楽、あっさり最近の仕様のサスペンションに交換してしまいました。
道楽の縛りは予算だけ。
後は全て自分の思いで再生をできるところが魅力でもあります。

とはいえ。
作業前に写真を撮って、解体したパーツに番号振って、メモしてと。
お仕事と道楽の作業がかぶってきて複雑な心境です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ダイヤの原石のはず

2019 年 9 月 4 日 Comments off
1909041.jpg

食いしばる奥歯がとうとう無くなったポンコツバイクです。
以前手に入れたスペアエンジンですが、少しずつバラしていく事にしました。
なのですが、ボルト類が錆び付いてなかなかパーツが外れません。
先日、特殊工具(ショックドライバー)を購入してようやく解体作業を再開しました。
で、難関だったカバーを外したのですが・・・。

1909042.jpg

何をどうすればこうなるのやら・・・。
何年も野ざらし放置されていたのでしょうか?
ヨメが以前このエンジンを見て言った言葉が頭の中に響きます。
「騙されていませんか?」と。

1909043.jpg

このエンジンを再生するのは大変ですが部品取りとしてみれば、やはり「ダイヤの原石」のはず。
見る人がみればですが。
たぶん・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今年も暑かった。楽しかった。

2019 年 8 月 6 日 Comments off
1908061.jpg

暑さに滅法弱いポンコツバイクです。
週末に毎年恒例の大会にポンコツバイクで参加しました。
「例の甥っ子」は結局バイクの調整が出来ずじまいで今年は不参加。

1908062.jpg

相変わらず「コケない、壊さない、絶対に怪我をしない」の3ナイ運動が目標で、今年は京都の大会で知り合った関西の方々とセクションをまわりました。
関東、関西、北陸といろいろな方たちと知り合いになる事ができるのも楽しみのひとつです。

1908063.jpg

参加したのはビンテージクラスで「お遊び」なのですが、最後にお立ち台にも上げて貰いました。
嬉しいのですが、なんだか恥ずかしいような・・・もっと練習が必要です。
とはいえ、楽しかった事に変わりありません。
「道楽の師」をはじめとする運営の方々に感謝です。

1908065.jpg
1908066.jpg
1908067.jpg

最新のバイクも十分魅力的ですが、やはり古いバイクに目が釘付け。
特にホンダの4スト。
いつか手に入れたいものです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツバイク、再び雑誌に載る

2019 年 7 月 1 日 Comments off
1907011.jpg

梅雨にも負けないポンコツバイクです。
先日の京都での大会の模様が雑誌に掲載されました。
えらくオシャレな雑誌で普通に書店に並んでいます。
恐る恐るページをめくると、ちょいワルおやじのファッションのページに混じって、件の大会の特集へ。
そしてポンコツバイクも写真が載っておりました。
今回も切手サイズですが。
だがしかし、プロフィールはしっかり載っけて頂きました。
わずか数行ですが。
それでも素直に嬉しいのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

テスト走行完了

2019 年 6 月 18 日 Comments off
1906170.jpg

以前紹介したポンコツ番外編のつづきです。
昨年頂いたポンコツ2号機を例の甥っ子に託して数ヶ月。
先日、再生が完了したとの連絡がありました。

1906171.jpg

ということで、週末にいつもの練習場でテスト走行につきあう事に。
エンジンはキック1発。
見た目は年式を考えれば綺麗な方にみえます。
何より再生費用が1万掛かっていないことが素晴らしい。

テスト走行は、お約束のトラブルの連発。
とはいえ、原因がある程度特定できたので、最初のテスト走行としては上出来です。

1906172.jpg

例の甥っ子、ここの常連の方々とも林道ツーリングなどで交流があるそうで。
走り方の指導から始まって、なんとタイヤまで頂きその場でタイヤ交換が始まりました。
タイヤ交換の技術は完全に抜かれたようです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

レジェンド再び

2019 年 6 月 7 日 Comments off
1906071.jpg

先日の京都での大会での事ですが。
再びレジェンドとお会いする事ができました。
この御方は全日本モトクロスのチャンピオンで、なんといってもポンコツバイクの開発に携わった方でもあります。
で、レジェンドのバイクはポンコツバイクのワークス仕様。
世界に3台のみの、国宝級バイクです。
形はポンコツバイクになんとなく似ていますが、同じパーツを使っているのは泥除けフェンダーくらい?
今回御厚意で、少しだけ触らせて貰いました。

1906072.jpg

ハンドル握って押し引きしてみると、驚くほど軽い!
ポンコツバイクとは比較になりません。
アルミより軽いマグネシウムをふんだんに使用している恩恵でしょうか?
これで排気量は、ポンコツバイクより大きいのだから驚きです。
レジェンドからポンコツバイクにまつわる貴重なお話も聞くことが出来て、お腹いっぱいの1日となったのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

京都へ遠征

2019 年 5 月 16 日 Comments off
1905161.jpg

令和になってもポンコツバイクです。
落慶式の翌日にポンコツバイクでビンテージバイクの大会に参加しました。
今回は京都に遠征です。

1905162.jpg

このイベント、以前から参加してみたかったのです。
なにせ参加するバイクの凄いことスゴイこと。

1905153.jpg

トライアンフ、BSA、ノートン、マチレス、AJSなどなどの英国車が平気で集まっています。
他では絶対お目にかかれません。
まるで雑誌の中の世界みたいで、もう・・・ポンコツバイクが最新鋭に見えてくるのです。

1905154.jpg

それはそれとして。
今回初めての場所でもあり、難度もよく分からないので初級クラスでエントリー。

1905155.jpg

結果は・・・2位でした。
嬉しいけど正直悔しい。
もっと練習しなければなりません。

1905156.jpg

とにもかくにも、素晴らしいイベントでした。
運営の方々にまたまた感謝。
次に来る時は中級クラスで参加です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

最高のイベントにただ感謝

2019 年 4 月 29 日 Comments off
1904301.jpg

週末に鷲ヶ岳で開催されたビンテージバイクのミーティングに、ポンコツバイクで参加しました。
全国から60台あまりが参加したこのイベント、トライアルバイクでこれだけの規模は日本初かも。

1904302.jpg

セクションはあれど、大会ではないので採点はなし。
各々走りを楽しむのも良し、貴重なバイクの走りを眺めるのも良しの、まさに「我が意を得たり」といった感じ。
特に凄かったのがコレ↓。

1904303.jpg

およそ70年前の英国車。
リヤサスペンションがありません!。
果敢に攻める姿にシビれます。

1904304.jpg

後半は、レジェンドたちのバイク開発秘話や海外大会の裏話。
その後みんなで標高1000m超の山頂までお散歩。

1904305.jpg

最後に額入りの写真まで頂きました。
このイベントを主催した郡上トライアルクラブの方々にただ感謝しかありません。
願わくは、毎年の恒例行事になって欲しいと思うのでした。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツとたわむれる

2019 年 4 月 15 日 Comments off
1904151.jpg

年度末から開放されたポンコツバイクです。
先週はまとめてお休みを頂き、バイクの部活動ならぬ強化合宿を敢行。
最終日はポンコツバイクの調整とあいなりました。
先日の大会での課題であった、始動性の悪さなのですが。
なんとキック2発であっけなく始動。
・・・キャブかプラグか・・・よくわかりません。

1904152.jpg

で、いざコースインなのですが。
愛馬3号機と同じ事はやっぱり出来ません。
ポンコツバイクは愛馬3号機と比較して、20kg以上重いので当たり前と言えばあたりまえ。
でも楽しいのです。
動作がゆっくりなので操作も楽。
気負って走らなければ、こんなにも楽しいとは思いもしませんでした。
夢中で走って登って、めまいと太ももがピクピクしだしたところで走行終了。
ポンコツバイクの新たな魅力が発見できました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツ開幕戦

2019 年 1 月 14 日 Comments off
1901141.jpg

週末に鈴鹿サーキットで行われた大会に、ポンコツバイクで参加しました。
ここで行われるのは今年で最後ということで、勇気を振り絞って行ってきたのです。
やはり皆様考えることは同じで、過去最大の190台以上の参加との事。

だがしかし、
ポンコツバイクが順調にスタートできるはずもなく、
全くエンジンが掛かりません。
鬼キックで右足が痙攣しだしたところで、ようやくお目覚めです。

1901142.jpg

無理なところは行かない。
絶対にケガはしない。
なるべくコケない、壊さない。
この自己目標で守りのラインに徹しました。

1901143.jpg

結果は、自己目標はクリア。
但し、鬼キックの影響で右足が痛い事このうえない。
始動性の改善が今後の課題です。
おまけにご覧の盾まで頂き望外の喜びではありますが、果敢にチャレンジしていた諸先輩方に申し訳ない気持ちも・・・。


なにはともあれ楽しかったです。
今年はあと何回かはポンコツバイクを引っ張り出して行くつもりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

次なる再生計画は

2018 年 11 月 12 日 Comments off
1811121.jpg

つらいこと、悲しいことは敢えて書かないポンコツバイクです。
怒涛の3ヶ月が過ぎ、少しづつではありますが、いつもの現実逃避をボチボチと。
今回は、ポンコツバイク再生計画の番外編。
ちょいと前に、ポンコツバイクの前オーナー様(と御子息)より新たなバイクを譲っていただきました。
ホンダのTLM200Rという30年くらい前のトライアルバイクです。

1811124.jpg

ずいぶん前から引取りに伺うと話しはしていたのですが。
いろいろ環境が整い、ようやく引取りに行くことができたのです。
で、現況把握です。

1811122.jpg

当然、ゴム類は経年変化で要即交換。
このあたりはお約束。

1811125.jpg

フロントフォークは結構ダメージ受けてます。
再生するよりごっそり中古パーツと交換したほうが安上がりかも?。

1811123.jpg

タンクの中は・・・奇跡的にサビが見当たらない。
ラッキー!。

ボロくはみえますが、酷使された痕跡もなく、状態はよさそう。
パーツも結構流通しているので、単純に走るようにするにはハードルは低そうです。

だがしかし、
ポンコツバイクの番外編というのは訳があり。
今回は「例の甥っ子」に再生を全て任せました。
このバイクで来年の夏の大会に参加するのが彼の目標です。

・・・無理なら僕がこっそりコツコツ再生していきます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今年はポンコツで参加できました

2018 年 8 月 9 日 Comments off
1808091.jpg

週末に鷲ヶ岳で開催された大会に参加しました。
昨年は、前日のトラブルで持ってこれなかったポンコツバイクでの参加です。
例の甥っ子も無事社会人となったので、一緒に連れてきました。

1808092.jpg

大会前日に会場に到着し、バイクを下ろした途端に予期せぬトラブル発生。
今年もポンコツバイクでの参戦は無理かと思われましたが、ベテランライダーのアドバイスで無事復活。
ただ感謝。
心の中でそのお背中に、そっと手を合わさせていただきました。

で、大会当日。
高原で行われるこの大会。
一見涼しげにみえますが、暑いものは暑い。
途中でバテて棄権することだだけは避けようと思いつつも、走り出せば嬉しくて楽しくて。
結局、最後はヘロヘロになってしまったのです。
成績発表では、お立ち台にあげてもらい、参加賞の盾までいただきました。
毎年この大会を運営される、「郡上トライアルクラブ」の方々にひたすら感謝。

1808093.jpg

ポンコツバイクの再生作業が始まって、早8年経過。
やっとここまでたどり着きました。
次なる目標に向かって準備開始です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今年こそ

2018 年 4 月 16 日 Comments off
1804161.jpg

忘れた頃のポンコツバイクです。
昨年、夏の大会に出場するつもりでいたのですが、大会前日の整備中にいじり壊してしまったのです。
内容は、ドレンボルトを舐めてしまったというもの。
アンダーガードが干渉して垂直に工具が使用できなかったのです。
もう、素人には手に負えないので、しばらく放置の状態が続いていたのですが、やっと時間を見つけてバイク屋さんに持ち込む事ができました。

1804162.jpg

いろいろ手法があるようですが、穴をひと回り大きくする修理をしてもらいました。
ついでに、工具が使用し易いようにアンダーガードも削ってもらったのです。
急な飛び込みでも、快く作業してくれた店主に感謝。
なかなか出来る事ではありません。

ところで、
ふと店内を見渡すと

1804163.jpg

「道楽の師」がレストア中のバイクのアルミタンクが。
燃料漏れを修理しているとのこと。

なにわともあれ、今年こそポンコツバイクで夏の大会に参戦です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

準備開始

2017 年 6 月 21 日 Comments off
1706211.jpg

業務の変化についていけないポンコツバイクです。
今年も夏の大会にポンコツバイクで参加予定。
ということで、時間のあるうちに準備に取り掛かりました。
ライトを始めとする保安部品を取外し、オイルの量をチェック。
次回オイル交換をしておしまい。
今年はもう少し成績を上げたいものです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

たまには虫干しに

2017 年 4 月 11 日 Comments off
resize8378.jpg

次なる現場で途方にくれつつあるポンコツバイクです。
先日ポンコツバイクを引っ張り出して、とあるお山にお出かけしました。
昨年の8月以来、全く乗っていなかったポンコツバイク。
エンジン掛かるかよと思いつつ、数回のキックであっさり火が入りました。
久しぶりに乗ってみた印象は、やたら重いし動きが鈍い!。
愛馬3号機に比べて10キロ以上重いので、当然といえば当然ですが。

resize8379.jpg

とにもかくにも、
不具合箇所の確認をする事も目的なので、
キャブレターを調整しながら走行を繰り返していると、若者二人組が興味深そうに近寄ってきました。
彼らが生まれる前、40年以上前のバイクです。
バイク談話に花を咲かせつつ、モトクロスをしている彼らに場所を明け渡して帰宅したのでした。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

保安部品をつけてみた

2017 年 1 月 10 日 Comments off
1701101.jpg

完了検査まで1ヶ月という事実に身震いするポンコツバイクです。
昨年の夏の大会から放置していたポンコツバイクですが、久しぶりにいじってみました。
テーマは保安部品の再生です。
保安部品といいつつも、ナンバー取れない車輌なので必要ないといえばそれまでなのですが。

1701115.jpg

ヘッドライトは再生しているのでリヤのテールランプから。
手元に来た時にはレンズカバーは欠品・・・。
転倒して粉砕したのでしょう。
鉄製のパーツも結構変形してました。

1701112.jpg

鉄製なので適当に叩いて直して、レンズカバーはオークションで購入。
取り敢えずつけてみました。

1701113.jpg

スピードメーターも取り敢えず磨いて付けてみます。
ケーブルもこれまた欠品・・・。
他車流用を検討中。

1701114.jpg

ウインカーを新設(元々付いていません)してナンバーを取ってみたくなってきました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツバイク、雑誌に載る

2016 年 4 月 28 日 Comments off
16042801.jpg

年度末の洗礼から開放されたポンコツバイクです。
ある夜、道楽の師のお友達(アゴスリーニさん)から連絡あり。
「今度発売される雑誌にポンコツバイクが載るみたいだよ」と。
クルマやバイク、カメラなどなどの古いものに特化した、いわゆる「ビンテージもの」の雑誌に昨年の大会の様子が紹介されたとの事。
早速購入し、ドキドキしながらページをめくるとポンコツバイクの写真が載っていました。
切手サイズですが。
ポンコツバイクのコメントも掲載されていました。
1行ですが。
それでも自分のバイクが雑誌に載っていることに感動したのです。

ちなみに
昨年発売されたトライアルの専門誌ではありますが。
16042802.jpg

道楽の師、なんと見開きを含め6ページで紹介されました。
流石であります。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

鬼キック卒業

2016 年 3 月 18 日 Comments off
16030801.jpg

年度末の洗礼に卒倒しそうなポンコツバイクです。
休日に、ポンコツバイクを引っ張りだしてオイルポンプの調整を行いました。
で、懸案事項だった始動性の悪さなのですが、
今まではキック百連発でなんとかエンジンが掛かっていたものが、
今回はキック数発であっさり始動・・・。
陽気のせいか、こちらが慣れたのか。
原因ははっきりしませんが、これで鬼キックと卒業できそうです。

16031802.jpg

ここまで来れば、しめたもの。
次なる計画の妄想で暫く楽しめます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

オイルポンプの作動確認

2016 年 1 月 11 日 Comments off
1601111.jpg

今年もボチボチつづくポンコツバイクです。
今回は2ストエンジンの命、オイルポンプの作動確認を行いました。
競技車といいつつ何故か分離給油式のポンコツバイク。
ウインカー以外の保安部品が付いている事から、海外ではこのまま公道走っていたかもしれません。

1601112.jpg

それはそれとして、ガソリンとオイルを燃焼させる2サイクルエンジン。
オイルポンプがなくてもガソリンタンクに直接混合ガソリンを給油すれば問題ないので、ポンプの再生は先送りにしていました。

1601113.jpg

ようやくこの再生ができる余裕が出来たという事で、オイルタンクにオイルを入れてエンジン始動。
ポンプからオイルが・・・排出できました。
空気抜きやら排出量の調整は時間の都合で次回へ持ち越し。
ポンプが不調だとエンジンが焼きつくので、落ち着いて作業をする予定です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

これからどうする?

2015 年 12 月 26 日 Comments off
1512261.jpg

年末は何かと慌ただしいポンコツバイクです。
今年の夏に、再生を初めて6年目にして走る事ができました。
成績は相変わらずの低空飛行ではありましたが、トラブルはあれど走りきった事に感動したのです。
なにせぶっつけ本番。
どこかに持ち出してテストする事も出来ませんでした。
ある意味、「今年復活したマクラーレン・ホンダより優秀じゃん!」と、自分を褒めてあげたものです。

1512262.jpg

だがしかし、
まさかここまで長い時間を費やすとは思いもしませんでしたが。
ポンコツバイクの正式な名称は、カワサキのKT250といいます。
1975年製で排気量は250cc。
当時は見たことも聞いたこともありませんでした。
調べてみると、競技専用車で生産された期間はわずか2年。
主に海外に輸出され、国内販売はごくわずかだったようです。

1512264.jpg

必然、あまりにどマイナーすぎて、交換しようにもパーツも無いし情報も無い。
知識も経験も工具もない。
おまけに資金も無いと。
ひとつひとつ問題を解決し、よく諦めずにここまできたもんだと我ながら感心してしまうのです。

これにてポンコツ再生計画も、まずはひと区切りです。
今後はあまりにも悪い始動性を改善して、それからそれから・・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

不具合その1解消?

2015 年 9 月 22 日 Comments off
1509221.jpg

「大型連休ってどこの国のおはなしですか?」と言いたくなるよなポンコツバイクです。
大会終了後、休日の度にポンコツバイクの不具合解消を行いました。
一番の不具合はフロントフォーク。
フロントを持ち上げると、フロントフォークが伸びきってカコンと大きな音がします。
オイルの量を間違えたとか、
組み方を間違えたのかなどなどと、原因を探ってみましたが回答がでません。
それでも分解と組立を繰り返しているうちに、なんとなく直ったようです。
キリがないのでこの問題はこれにて終了し、次なる不具合の解消に乗り出します。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

無事完走できました

2015 年 8 月 11 日 Comments off
1508111.jpg

「遂にこの日がやってきた」のポンコツバイクです。
週末にポンコツバイクで奥長良トライアル大会に参加しました。
ぶっつけ本番での参加ではありましたが無事完走。
転倒もなく、目標であった怪我もなし。
今までで一番楽しめたかもしれません(筋肉痛は相変わらずですが)。
僕の中では十分上出来です。
ただやっぱり不具合はありまして、こちらは単に整備不良でした。
これから少しづつ潰していくつもりです。

1508112.jpg

今回も「道楽の師」と郡上トライアルクラブの方々に助けて頂きただ感謝。
「綺麗に仕上げすぎているから壊さんように」とアドバイスをもらいながら楽しめました。
また来年もポンコツバイクで参加したいと思います。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今回の目標は

2015 年 8 月 5 日 Comments off
150805.jpg

久しぶりのポンコツバイクです。
今年も夏がきました。
昨年は台風直撃で大会の参加を取りやめましたが今年はポンコツバイクで参加の予定です。
ろくにテストもしていませんが、今年の目標は怪我をしない事と決めました。
まわりの方々に迷惑かけないように楽しむつもりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

リヤサス換装

2014 年 11 月 3 日 Comments off
オリジナルのロヤサス

現実逃避が加速するポンコツバイクです。
組み立ててはみたものの、何ともならんと思っていたパーツがリヤサスペンションです。
リヤに負荷を掛けるとリヤサスより「ブシュー」と音が。
ちゃんと仕事をしていないようです。
で、悩みましたが社外品に変更する事に決めました。

舶来品です

英国製のトライアル専用との事。
妄想文化財であるこのポンコツバイク。
なるべく当初のパーツを利用して再生しようと試みましたが誘惑に負けました。
このサスの能力を発揮する腕はありませんが、運転が楽になる事は間違いないでしょう。

取替え完了

このモデル専用のサスではないので、取付けには若干不安も感じますが。

チェーンとのクリアランスがない

少しづつ不具合を潰していく他ありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ご対面

2014 年 10 月 18 日 Comments off
5年前の最後のお別れ

なかなかバイクに乗れずに欲求不満気味のポンコツバイクです。
先日、ひょんな事から前オーナーである専務が我が家にやってきました。
愛娘のように大切にしていたポンコツバイクを手放しはや5年・・・。
遂に涙のご対面と相なりました。

感動のご対面

シートカバーをめくると「おおー!」と驚きの一声。
前から横から後ろから、
雄叫びを上げながら眺めつつ、ポツリとひとこと。
「あのまま家にあっても腐らすだけだったからなぁ。此処に来てよかった」
最高の殺し文句であります。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

コカす前に

2014 年 9 月 9 日 Comments off
再生後側面
再生前側面

青空を見ると遠出したくなるポンコツバイクです。
ポンコツバイクが綺麗なうちに、真面目に写真を撮ろうと思いつきました。
せっかくなので、再生前と比較しながらです。

再生後エンジン
再生前エンジン

エンジンは、外見はともかく中身の再生に四苦八苦。
ピストン交換とシリンダーのボーリング。

再生後エンジン2
再生前エンジン2

ボーリングの依頼へ埼玉県に行きました。
点火系のトラブルには最後まで手を焼き、ケッチンも経験。

再生後フロント
再生前フロント
サビサビのフロントフォークの再メッキは九州の業者に依頼。
純正新品より品質が良いかも。

再生後ライト廻り
再生前ライト廻り

よく、「ポンコツバイクは完成ですか?」と聞かれますが。
まだです。
まだ組立がほぼ終わっただけなのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

2度目の動態試験

2014 年 7 月 21 日 Comments off
凛々しくなりました
夏の暑さに負けそうなポンコツバイクです。
今年は業務の都合上、毎年恒例の大会に参加できるか微妙な雰囲気となりました。
それはそれとして、
もし参加できれば念願のポンコツバイクのデビュー戦。
せめて準備だけはと休日に取り掛かったのです。
ライトを外して自作のゼッケンプレートを取り付けて、
保安部品・・・は無いのでこれでお終い。
不具合の確認の為、エンジンに火を入れ各部の調整。
2度目の動態試験を実施したのです。
色々細かな問題はあるけれど、たぶんこれで走行出来るでしょう。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

先ずは組立完了です

2014 年 7 月 7 日 Comments off
ほぼ完成

現実逃避のポンコツバイクです。
ガソリンが漏れたタンクも復活したので、外装を全て取り付けました。
これにて走行可能な状態まで再生作業は完了したのです。
気がつけば、再生を始めてから4年半が経過。
ここまで来たらエンジンに火を入れぬ訳にはいきません。
ガソリンは以前ホームセンターで購入した農機具用混合ガソリンをタンクに注ぎ、
乾坤一擲の鬼キック・・・するまでもなく、拍子抜けするほどあっさりエンジンに火が入りました。
一体今までの苦労は何だったのやら・・・。
再生作業も次なる段階にはいります。
自宅の廻りをグルグル走りながら不具合箇所の確認へ。
いざ動かすといろいろ問題が出てきます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

泥沼タンク顛末記

2014 年 6 月 22 日 Comments off
これを再生するのだから・・・

忘れた頃のポンコツバイクです。
タンクの再生の顛末です。
最初はこんな感じからスタートだったのでした。
これ見て諦めれば、延々と続く泥沼にハマる事もなかっただろうに・・・。
先ずは下地の再生は鍛冶屋の安藤さんに依頼して、

プロのお仕事

塗装はいつも業務でお世話になっている宮川さんにお願いして完成。
の筈だったのですが、ガソリン漏れが発覚。

ここで漏れました

ここで一度心がポッキリ折れました。
暫く再生をお休みしている時に、とある方に相談したらばご覧の図を送って頂いたのです。

プロの作業ですね

これが出来れば完璧ではありますが、当然そんなスキルも設備も持ち合わせていないので内部の再コーティングとハンダで対応。

ハンダ作業も結構大変

そして先日宮川さんに依頼した塗装の補修も遂に完成。

さすがプロのお仕事

もう不具合が無い事を祈るばかりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ジャンクがまたひとつ

2014 年 4 月 30 日 Comments off
ワークスのKT

細々とポンコツバイクです。
以前ポンコツバイクと同じモデルに乗っている方に、タンクは他メーカーの物を流用しているとお聞きしました。
それがご覧の写真です。
なかなか格好よいと思ったのです。

で、
試してみました。
ポンコツバイクに。

仮合わせ

オークションにて落札したホンダのFRP製です。ご覧の一体のタンクシートと別に、樹脂製のタンクが内部にあります。
先ずはこの自家製塗装を落とす事から始めました。

オリジナル塗装が現れた

するとオリジナルの塗装が現れました。
この塗装を剥がす事は厄介なのでこのまま次の作業へ進むつもりだったのですが。
別体の樹脂製タンクがフレームに納まりません。
なのでこの作業、FRPタンク計画は先送りへ。

このようなジャンクパーツが我が家に溢れかえっているのです。

ちなみに。
オリジナルのタンクは無事漏水テストをクリアしました。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンクのテスト

2014 年 3 月 26 日 Comments off
ホームセンターで購入

先日、「疲労とストレスが原因ですね~。療養してくださいね~。」と医者に言われてショックを受けたポンコツバイクです。

休日に、内部を再コーティングしたタンクの漏水テストを実験しました。
ホームセンターで農機具用のガソリンを1リッター購入してタンクに注ぎ込み、様子見をみます。

いよいよシェイクダウン

とりあえず、1日経過しても漏れは確認できませんでした。
1週間様子をみて、問題なければいよいよシェイクダウンです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ハンダでジュ

2014 年 2 月 23 日 Comments off
ここから漏れました

真新しいクルマに乗り換えて、気分ルンルンのポンコツバイクです。
前回タンク内部のコーティングがひと通り完了。
乾燥期間中は部屋で養生していたのですが、実はこのコーティング材、
体にはあまり宜しく無いらしく、おまけに匂いも強烈。
我が家で異臭騒ぎが起きたのでした(当然ヨメにこっぴどく叱られました)。

それはそれとして
外部から補修に取りくみます。
今回は素人でも出来そうなハンダによる補修に挑戦しました。
正直ハンダは小学生の時に手の甲を焼き大やけどをして以来、苦手意識は強いのですがポンコツバイクの為ならなんとかなるでしょう。

プラモと同じ感覚ですな

で、なんとかハンダを下地廻りに充填してヤスリで気長に削っていきます。
平地で天気が良いとはいえ、寒いものは寒い。
継続時間はせいぜい1時間程度が限界で次回へ続くのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンク再び

2014 年 1 月 26 日 Comments off
噂のタンクシーラー

今年も忙しそうなポンコツバイクです。
ガソリン入れて放置したらば底から漏れてしまったタンクですが。
ようやく気を取り直して補修再開です。
で、先ずは内部のコーティングから。
実は鍛冶屋の安藤さんに一度やってもらったのですが、うまくいかず剥がれていたのでした。

今度こそうまくいきますように

コーティング材をタンクに注ぎ込み、右に左にと傾けて、最後は下から排出します。
当然青空ガレージでの作業でしたが、あまりの強風に溶剤が飛び散り、最後はクルマの中での作業となったのです。
ちなみに完全乾燥には丸4日必要だとか。
暫くは様子見です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ポンコツ、遂に走る!

2014 年 1 月 4 日 Comments off
遂に走った

正月そうそうポンコツバイクです。
中古エンジンから移植したステーターコイルを取り付け、エンジン始動を試みました。
数ヶ月ぶりの火入れに手こずりましたがエンジンに火が入り、
恐る恐るクラッチをつなぐと、
前進!。
喜び勇んで初乗りとなったのです。
ポンコツの再生作業が始まって丸々4年経過。
やっとここまで復元できました。

だがしかし
約40年前のこのエンジン。
とてもうるさい。
気軽にエンジンを掛ける事はできそうにありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

「大丈夫ですか?騙されていませんか?」

2013 年 12 月 27 日 Comments off
エンジンゲット

今年最後のポンコツバイクです。
エンジン逆回転から再生が滞っていたのです。
電気系というのは理解できるけど、
原因が分からずお手上げ状態でした。
で、
エンジンを丸ごと1基購入。
興味の無い方から見れば、ただの鉄クズ粗大ゴミ。
僕から見ればダイヤの原石か金塊に見えるのですが。

貴重な休日に時間をつくり、目指すパーツを剥ぎ取ります↓。

コレが欲しかった

このコイルが巻いてあるパーツ。
ジェネレーターとかステーターコイルと呼ばれるパーツが欲しかったのです。

ボロボロの鉄クズを
大枚はたいて購入し
嬉々としてイジる作業を傍から眺めるヨメ曰く。
「大丈夫ですか?騙されていませんか?」
おかげでこのエンジン。
いまだ家の中に入れてもらえず。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

何かが違う

2013 年 8 月 21 日 Comments off
ワークスマシン?

あまりの慌しさに現実逃避もままならないポンコツバイクです。
先日の大会で、道楽の師から紹介されたのがご覧の写真のオーナーさん。
エンジン逆回転の原因を相談をと、わざわざ気を利かしてくれたのです(師に感謝)。
だがしかし、
ポンコツバイクと似てはいるけど何かが違った。
オーナーさんが仰るにはこのマシンはメーカーの特別製との事。

パッと見一番の違いはクラッチカバーか

フレームやクラッチは当時のモトクロッサーのパーツを流用し加工したらしいとか。
チェンジペダルも当時のライダーに合わせて右側に配置されていた痕跡があったりとか。
点火形式も元々はポイント式であったなどなど。
自分のポンコツバイクのプロトタイプのようなマシンでありました。

で、肝心要の逆回転の件なのですが。
修理した点火コイルの辺りを重点的に確認してみては?とのアドバイスを頂きました。
貴重なご意見、全くありがたい限りです。
気を取り直して確認作業のからはじめます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

タンクも・・・

2013 年 7 月 8 日 Comments off
嫌な予感・・・

あまりの暑さに名古屋から掛川へ避難したポンコツバイクです。
先日タンクの底面を見るとなんだか不自然な亀裂を発見。
予感的中でガソリンが漏れてました。

めくってみました

クラックだとは思いますが、腰を据えて補修にあたろうかと。
とは言いつつも、予備のタンクも再生しよかと思います。

2つを比較

こちらは使えればいいので先ずは錆び取りから。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

切り札となるか?

2013 年 7 月 1 日 Comments off
虎の子の純正新品

今年はクルマのクーラーが効いて快適なポンコツバイクです。
エンジン逆回転の切り札として、CDIの純正新品をゲットしました。
コレでダメなら心が折れてしまいそうです。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

なんとなく分かってきた

2013 年 6 月 26 日 Comments off
この状態で押し掛けを繰り返す

「太ったね?」と以前にも増してよく言われるポンコツバイクです。
ようやく足も落ち着いてきたので再生作業を再開しました。
最も豪快な不具合が、エンジンを掛けるとバックしてしまう事なのですが。
色々調べてみると、どうもエンジンが逆回転する事があるらしい(2サイクルでは)。
その原因は点火時期が狂っている事が多いとの事。
ポンコツバイクは古式ゆかしいポイント式ではなくCDIを搭載しているので、点火時期の調整ができないのではとも思いましたが、サービスマニュアルを見ると多少の調整は可能でした。
少しずつ点火時期を遅らせてはエンジン掛けてを繰り返し、結局調整可能な限界まで点火時期を遅らせてもエンジンは逆回転します。
ご覧の状態で押し掛けもしたけれど、途中で体力が尽きこの日は時間切れ(ご近所の視線が痛かったです)。
なんとなく怪しいパーツが分かってきました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

混合ガソリン

2013 年 6 月 12 日 Comments off
キャブレター

現場間の移動で1日が終わるポンコツバイクです。
まだキックできる程調子が戻っていないので、タンクとキャブレターに残ったガソリンを抜く事にしました。
残ったガソリンを見ると真っ黒。
ポンコツバイクは絶滅種の2ストロークエンジンで、ガソリンにオイルを混合するタイプなのですが。
混合ガソリンの経験は当然僕にはありません。
道楽の師曰く「1ヶ月くらいはほったらかしでも大丈夫」との事。
しかしながら、あのドス黒いガソリンを見ると1ヶ月もほったらかしにする勇気はありませんでした。
混合ガソリン、結構面倒です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ケッチンマシーン

2013 年 6 月 4 日 Comments off
以前見かけた同モデル

お天道様に翻弄されるポンコツバイクです。
ここ一月くらい、右足首の調子が宜しくありません。
何かの拍子に激痛が走ることも間々有り・・・。
原因はやっぱりポンコツバイクでした。
鬼キックとケッチンを何度か食らったのが原因でしょう(ケッチン食らうととても痛いです)。
骨折しなくてよかったです。
なので右足首の傷みがなくなるまで、再生作業はお休みです。
ご覧の写真は以前大会に参加していたポンコツバイクと同じモデル。
一体何時になったらここまでなるのやら・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

びっくり仰天

2013 年 5 月 22 日 Comments off
セガレとのふれあいの場と化す

相変わらずバタバタのポンコツバイクです。
シェイクダウンの前に各部のチェックを行いました。
タンクにガソリンを注入し漏れがないかを確認後エンジン始動。
で、クラッチの動作を確認してギヤを落とします。
恐る恐るクラッチを繫いでみたならば、
なんとバックしました。
何かの冗談かと思いましたがやっぱりバックします。
どうもエンジンが逆回転しているようですが、はっきりしません(途中でエンジン掛からなくなりました)。
なかなか豪快な不具合ですが、めったに体験出来る物ではありません。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

そろそろ走り出します

2013 年 5 月 13 日 Comments off
ガソリン入れれば走ります

連休で充電したパワーも底をつきかけてるポンコツバイクです。
不具合のあったキャブレターもフロートを調整してガソリンが落ちるようになりました。
エアフィルターも市販品を加工して取り付け、排気漏れが甚だしいエキゾースト廻りも液状ガスケットで補修。
と、
此処までが連休中の話です。
今回はチェーン、タンクなどなどを取り付け、組立はほぼ完了しました。
ここまでくると、
いよいよシェイクダウンです。
問題は公道走れないので河原などで走る事になりますが・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

火入れ式

2013 年 4 月 15 日 Comments off
エンジン復活!

我が家からもコタツは無くなったポンコツバイクです。
前回の反省を踏まえ、キャブレターの分解と点検から。
どうもガソリンがチャンバー内(ガソリンを溜めるところ)に落ちてこない事が判明。
フロート廻りをイジくりまわし、オーバーフローを繰り返しながらも試行錯誤していると、
エンジンがあっけなく掛かりました。
おそらく10~20年ぶりにエンジンに火が入ったのでしょう。
思わず涙が出るほど感動したのです。
とはいえ。
40年前(正確には38年)のバイクです。
今時のバイクと較べると、とにかくやかましい。
ご近所からの苦情が来ないかとヒヤヒヤしたのですが、先ずは「火入れ式」無事完了した次第です。

問題もいろいろ発覚。
キャブレターにガソリンが落ちてこない事は完全には解決しませんでした。
エキゾーストからの排気漏れも甚だしい。おかげでフロントフェンダーが汚れまくり。
まだまだ問題山積みですが、足掛け4年。
再生完了まであと一歩というところまでやってきたようです。

カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

3秒・・・

2013 年 4 月 8 日 Comments off
組んではバラシの繰り返し

体が壊れる前にクルマが過労(過走行?)で壊れたポンコツバイクです。
点火コイルがはるばる仙台より帰ってきました。
で、
早速組み付けて、
点火試験をするならば、
ビリリと火花がプラグに飛びました!。
喜び勇んで「火入式」とばかりにガソリン注入。
渾身の鬼キックを連発すると「ボロロン」とエンジンに火が入りました!。
けれども3秒だけ・・・。
吸気系の調整が必要なようです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

コイルも旅立つ

2013 年 3 月 27 日 Comments off
真ん中のパーツです

桜も咲き出したのでポンコツバイクです。
ようやく点火コイルの修理を業者へ依頼しました。
さすがにこのパーツ。
オークションでも出品は皆無(海外では見かけますが)。
点火コイルの修理を引き受けてくれそうな業者を色々調べてたどり着いたのが仙台の電装屋さんでした。
順調に行けば来週中には戻ってくるかもしれません。

ちなみに。
白い物で巻かれているコイルは灯火類を受け持つコイル。
左下がバッテリーのような役割を受け持つコイル。
右奥が件の点火コイル。
だと思います。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

犯人は

2013 年 2 月 25 日 Comments off
アゴスリーニさんのKT

夢の中でも業務に追われるポンコツバイクです。
休日に「道楽の師」のお友達であるアゴスリーニさん宅にお邪魔しました。
火花が飛ばないポンコツバイクの原因究明の為、アゴスリーニさん所有のモデルを調べさせてもらいました(感謝!)。
テスター片手に調べてみると、やはり点火コイルに不具合あり。
これで再生に一歩前進です。

病み上がりで体調が万全ではないのに協力して頂いたアゴスリーニさんと道楽の師にはただ感謝です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

電気に泥沼

2013 年 2 月 20 日 Comments off
あれから3年・・・

「もう完成したの?」とよく聞かれるポンコツバイクです。
はい、まだです。
・・・・。

相変わらずプラグに火花が飛びません。
既にこの状態から3ヶ月・・・。
なんとなく怪しいパーツはあるのですが、情報が乏しい(知識もないけど)ので原因を決定しかねているのです。
この状況を打破すべく道楽の師に相談。
来週には方針がたつでしょう。


再生を始めてから4年目に突入してました。
改めて考えると、とんでもない事をしています。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

ぼちぼちとはじめます

2013 年 1 月 19 日 Comments off
外装仮組み

年始そうそう何かと慌しいポンコツバイクです(多方面にご迷惑を掛けてます)。
正月休みに外装を取り付けてみました。
タンクのKの文字が反転しているのはご愛嬌としてなかなかいい感じです。
これでエンジン掛かれば完成と言えるのですが・・・なかなかに手ごわいのです。

ポンコツ単体での撮影は芸がないのでセガレに皮ジャンとオワンヘルつけてパチリと。
なかなかサマになっていると思うのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ: