アーカイブ

‘ガンダム’ カテゴリーのアーカイブ

「機動戦士MOONガンダム」連載開始

2017 年 9 月 27 日 Comments off
2017年9月27日(水)  

熊(シャオション、家内のこと)が布いた"禁漫令"によりここ数年自粛してきた業界誌月刊ガンダムエースを購入しました。ガンダムシリーズの超大作機動戦士ガンダムユニコーンの原作者にして"ポスト富野"を期待されている(私に)福井晴敏先生の新作機動戦士MOONガンダムがお目当てです。

170927-ガンダムエース

宇宙世紀の本流に寄り添いながらも今までに見たことのない世界観、そこに登場する往年のキャラやメカ、「UC」を彷彿とするチラリズムのストーリーテリング。第1話を拝読しだけですでに福井先生の術中にハマり始めています。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突ルウム会戦」

2017 年 9 月 5 日 Comments off
2017年9月5日 〇  

昨日はお暇を頂き、機動戦士ガンダム THE ORIGINの第5話激突 ルウム会戦の先行上映を観て来ました。

170905-激突ルウム会戦

良かったです。とても良かったです。ストーリーの地力、アニメーション技術、申し分ありません。フルCGのモビルスーツにも慣れました。しかしながら、演出には少々疑問があります。ドズル閣下が涙を流す下りなど、少々やりすぎかと。安彦良和先生の原作漫画に忠実ではあるのですが、やはり漫画とアニメーションには表現の違いがあり、アニメーションの演出としてはちょっとやりすぎかと思います。あくまでも個人的な見解ですが。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

祈りと呪い

2017 年 8 月 17 日 Comments off
2017年8月17日(木) 〇  

数週間前、懲りずにまた"ツミ"を犯してしまいました。3年前に購入したPGに手も付けていないのに、RGユニコーンが出るや否や購入してしまいました。

170810-UCRG

ダイバーシティの実物大ガンダムの後に建設されている実物大ユニコーンとどちらが先に出来上がるでしょうか。間違いなくあちらでしょう。だってこのRGは作りたかったわけではなく、ただ買いたかっただけですから。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

INTO THE SKY

2017 年 7 月 14 日 Comments off
2017年7月14日(金) 〇  

1年程前にTVで放送した機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の主題歌「INTO THE SKYを思い立ったように先月購入し、以来ヘビーに聴いています。作曲は「ユニコーン」本編に続き澤野弘之氏。彼のサウンドは聴けばそれと分かる独自性がありますが、その中に新鮮さも持ち合わせています。何よりもしばらく頭の中をグルグルと巡ってしまう常習性があります。澤野弘之氏、ジーニアスだと思います。

170603-Into the Sky

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

赤いシューズ

2017 年 3 月 10 日 Comments off
2017年3月10日(金) 〇  

1年前に半ば衝動的に購入したリーボックの限定シューズを、そろそろ履いてみようと思います。

170310-赤い彗星

見せてもらおうか、限定シューズの履き心地とやらを。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

最後の巡礼

2017 年 2 月 1 日 Comments off
2017年2月1日(水) 〇  

お台場の人気観光スポットRG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT、いわゆる"実物大ガンダム"の展示が3月5日に終了します。今日は東京ビッグサイトで開催中の展示会「LIFE × DESIGN」を見学した後に、ほんの少しだけ足を延ばして恐らく最後になるであろう"巡礼"に行って来ました。春節中ということもありたくさんの中国人観光客で賑わっていました。

170201-Statue of G

ガンダムの次なる移設先が気になるところです。是非とも"アニメの聖地"岐阜県に!

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

人は悲しみ重ねて大人になる

2016 年 12 月 26 日 Comments off
2016年12月26日(月) 〇  

現在の我が家に移り住んでもうすぐ13年になりますが、今年初めて年末の大掃除をしました。基本的には熊(ション、家内のこと)が日頃からマメに掃除をしているため取り立てて大掃除をする必要はありませんが、小熊(シャオション、倅のこと)に日本の風習を示すべく今年は実行してみました。

161225-大掃除

大掃除における私の課題はガンダムエースの処分です。過去に約4年間購読してたガンダムエースが数十冊あり、小さな家の大切な収納スペースを占領しているので、紐で縛って外物置に移しました。熊は完全に処分してしまいたいようですが、それではあまりにも寂し過ぎるので熊に頼み込んで何とか回避しました。

161225-大掃除2016

中島 大地 

カテゴリー: ガンダム タグ:

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』

2016 年 11 月 19 日 Comments off
2016年11月19日(土)

OVA機動戦士ガンダムTHE ORIGINの第4話運命の前夜が今日から2週間限定で先行劇場公開しています。私は"偶然"スケジュールが合ったので朝一9:30amの上映を観てきました。開始時間の40分ほど前に劇場入りしましたが、限定グッズの中で欲しそうな物はすでに完売していました。さすがに上には上がいますが、辛うじて限定ガンプラは手に入ったのでヨシとします。

161119-運命の前夜

あと2週間待てばBDで観ることができますが、それでも超満員の劇場で味わう"同志"との一体感には代えられません。「この風、この肌触りこそ戦争よ」ならぬ、「このポップコーンの匂い、この一体感こそ劇場よ」と言った気分です。

基本的には「THE ORIGIN」は原作漫画であらすじはすでに知っているのでユニコーンの時ほどのドキドキ・ワクワクはありませんが、物語のテンポや作画の美しさ等作品としてはかなりハイクオリティです。但し前3作同様、演出に関してはちょっとコミカルにやり過ぎている感じもします。やはり「ユニコーン」「サンボル」のようなシリアス路線が個人的には性に合っています。

さて、第5話は来秋、そして第6話は再来秋の公開予定です。いよいよルウム編です。待てよ国民よ!

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

虹の彼方に

2016 年 9 月 11 日 Comments off
2016年9月11日(日) 〇

毎週日曜日朝の楽しみ機動戦士ガンダムUC RE:0096が最終回を迎えました。もちろん全編何度も観ましたが、それでもコロニーレーザーの中で訪れるマリーダさんのお言葉には再び感動しました。

160911-UC0096

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

2016 年 9 月 8 日 Comments off
2016年9月8日(木)

しばらく前の話ですが、機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYを観ました。7月上旬の2週間限定の映画館先行上映は予定が合わず、結局BDでの視聴となりました。

160815-MSGTBDS

他のガンダム作品とは明らかに毛色の違う原作漫画の作風が、映像でも見事に表現されています。私がこよなく愛する「ユニコーン」ですら褒めないほど辛口の兄貴が「サンボル」を私に勧めるために電話してきました。気分が悪くなるほどの戦争の生々しさをベタ褒めでした。確かに小熊(シャオション、倅のこと)とは一緒に観るには少々抵抗があります。「ユニコーン」にしかり、「鉄血のオルフェンズ」にしかり、最近のガンダム作品は残酷な表現が増えているような気がします。"大人のガンダム"として、「サンボル」はお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

汎用手帳型スマートフォンカバー

2016 年 6 月 25 日 Comments off
2016年6月25日(土)

この4月に新調したiPhone6Sを地面に落とした拍子に液晶が割れていしまい、使い始めてほんの数日の内に二代目に交換しました。が、二代目の液晶も知らぬ間に縁の部分が割れていました。使用はできたのでそのまま使用し続けていましたが、徐々にひび割れが広がりガラスが指にチクチク刺さるようになりましたので、この度三代目に交換します。同じ轍を踏まないように、今回はスマートフォンカバーを装着してみようと思います。スマートフォンの薄さやシンプルさが損なわれて残念ですが、背に腹は代えられません。

160625-汎用手帳型スマートフォンカバー

中島 大地 

カテゴリー: ガンダム タグ:

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』

2016 年 5 月 23 日 Comments off
2016年5月23日(月)

昨日、今話題のOVA機動戦士ガンダムTHE ORIGINの第3話暁の蜂起の先行上映を小熊(シャオション、倅のこと)と二人で観に行きました。恒例のごとく限定BDを購入し、恒例のごとく熊(ション、家内のこと)にお小言を言われました。

160522-暁の蜂起

第2話では若造りのシャア・アズナブル(a.k.a.エドワウ・マス)に少々違和感がありましたが、第3話では数歳成長して晴れて馴染みのあるシャアに近付きました。やっぱりシャアはイイ!そして池田秀一さんはイイ!又、原作漫画にはなかったキャラクターとエピソードも追加されて、いかなるリスクも見逃さない、孤高の復讐の男が際立っていてとても良かったと思います。ネタバレを警戒して感想はこれぐらいにしておきます。

いよいよ次回第4話でシャア・セイラ編が完結しますが、引き続きルウム編の映像化が発表されました!これであと10年は戦えそうです。立てよ、国民よ!

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

中年ゆえの過ち?

2016 年 5 月 14 日 Comments off
2016年5月14日(土)

認めたくないものだな、自分自身の中年ゆえの過ちというものを。書店で見るや否や"パブロフの犬"の如く購入してしまいました。

160514-シャア・アズナブル

いえ、決して"過ち"ではありません。しっかり学びたいと思います、人生を。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

君の中の可能性が、目を覚ます

2016 年 5 月 1 日 Comments off
2016年5月1日(日)

機動戦士ガンダムユニコーンのTV版RE:0096が毎週日曜日朝7:00amに絶賛放映中です。現在第5話ですが全7話のOVAの第2話の終盤辺りのお話です。この調子で進んで行くと全24~25話になりそうです。先日第一期が完結した「鉄血のオルフェンズ」も全25話でしたのでちょうどそんな感じになるかと。

160501-MSGUCRE0096

それにしても「ユニコーン」は何度観ても面白い。ストーリーの地力、メカデザイン、アニメーション、音楽と、どれをとっても一級品です。「ユニコーン」への私の愛はことあるごとに語っている通りですが、このTV版には少々苦言もあります。

まずは最大の謎である"ラプラスの箱って何?"の扱いが非常にダダクサです。オープニングテーマとエンディングテーマではネタバレに近いの場面が出てきますし、「ラプラスの箱」なるペンスタンドのCMも無防備に流れます(商売なんで仕方ないのは分かりますが)。もちろんOVAを繰り返し観ている同志諸君はすでにその答えが分かっていますが、「ユニコーン」をTVで初めて観る人達にもあの興奮を味わって欲しいと切に願います。

次に、第4話には「謎の少女オードリーの正体は実は○○」という件(くだり)がありますが、直前の"前回までのあらすじ"ですでに正体を明かしてしまいます。OVAとTV版の尺の違いの都合なのは分かりますが、当時OVAの第2話「赤い彗星」を何の予習もなく観た私の身震いを、TVで初めて「ユニコーン」を観る同志諸君は味わえないというのは実に残念です。

最後に、毎回のタイトルにOVAのタイトルほどのセンスを感じません。第1話「96年目の出発(たびだち)」や 第2話「最初の血」 はまずまずですが、第3話「それはガンダムと呼ばれた」、第4話「フル・フロンタル追撃」、第5話「激突・赤い彗星」にはどうも奥ゆかしさを感じません。折角の宇宙世紀最高傑作をチープに見せるようなタイトルはいかがなものかと。今後の改善に期待します。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「UC11巻」と「RE:0096」

2016 年 3 月 31 日 Comments off
2016年3月31日(木)

「ボクの中ではガンダムは逆襲のシャアで完結」と高を括っている同世代の皆さんと会うことがありますが、私はそんな皆さんに決まって宇宙世紀の最高傑作機動戦士ガンダムUCの魅力の"入口"を諭します。その壮大な一大叙事詩を語り尽せるはずもなく、ただその"入口"を紹介するのみです。内容はこちらをご覧下さい。

そんなUCが完結して早や2年が経とうとしていますが、"同志"諸君が抱いているであろう空虚感を埋めてくれるかもしれない続編が小説で登場しました。第11巻不死鳥狩りです。作者はもちろん福井晴敏氏。実のところ原作小説はほとんど読んでいませんが、この11巻は買ってしまいました。

160326-UC熱再燃

そして帯にもう一つの番宣が。この度放送を開始するUCのTV版RE:0096です。4月3日より毎週日曜日7:00amの30分枠です。OVAの全7話を30分枠で割ると、恐らく15~16話になると思います。新たなシーンが加えられたという噂を聞きますし、トレーラーでは主題歌らしき新しい曲が流れます。

「逆シャア」で立ち止まっている皆さん、この機会を逃してはなりません。日曜日の朝は早起きしましょう。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

赤いジョギングシューズ

2016 年 3 月 9 日 Comments off
2016年3月9日(水)

昨年末に始めた新習慣のジョギングが何とか4ヶ月目に突入しました。三日坊主で終わらなかった自分に対するご褒美とばかりにジョギングシューズを新調しました。いや、本当は欲しいシューズありきで口実をでっち上げました。すでに若くはない私の"若さ故の過ち"です。

160309-Char Use

特殊な色が故に少々値が張りましたし、特殊な色が故にそもそも履くべきなのか迷っています。ララァ、私を導いてくれ。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』

2015 年 11 月 1 日 Comments off
2015年11月1日(日)

原作漫画の作者安彦良和先生が総監督を務めるOVA機動戦士ガンダム THE ORIGINの第2話哀しみのアルテイシアの2週間期間限定の先行劇場上映が昨日始まりました。公開初日に劇場限定で先行発売されるBDを入手するのが我が家の恒例行事ですが、今回は大切な用事があり私は行けず、妻子にミッションを託しました。小熊(シャオション、倅のこと)は体調不良を押して名古屋まで出掛けてくれて、見事ミッションをコンプリートしました。

151031-THE ORIGIN II

第2話で15歳になったキャスバル(a.k.a.エドワウ・マス)を演じるのはレジェンド池田秀一さん。そう、シャア・アズナブルその人です。36年の時を経て、更に若い15歳を違和感なく見事に演じるのは既に神の領域です。

THE ORIGIN III 暁の蜂起は来年2月の公開。そしてもう一つ重大ニュースが。「機動戦士ガンダムサンダーボルト」のアニメ化計画が立ち上がりました。主流のガンダムとはちょっと毛色の違う"サンボル"のアニメ化、これも楽しみですね。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

初めてのFG

2015 年 10 月 22 日 Comments off
2015年10月22日(木)

数年前私がコンビニで衝動買いしたガンプラの常識なる本を小熊(シャオション、倅のこと)が読みながら、「昔の人は羨ましいなぁ。ガンプラがすごく安かった」とポツリ。

151021-ガンプラ01

そこでとばかりに昔のガンプラを"南米経由"(ジャブローではありません、念のため)で密輸しました。FG(ファースト・グレード)です。1/144スケールのガンプラ2台が送料込みで1,000円ちょっとと、とてもリーズナブルです。但し"密輸"は失敗し、発見した熊(ション、家内のこと)に「こんなガラクタ買って...」と謂れ無きバッシングを受けました。

151021-ガンプラ02

小熊はボックスを見るや否や熊の制止を振り切りガンプラをつくり始めました。FGは旧キットと同様単色成型ですが接着剤不要で、その名の通り初心者向けです。関節も旧キットよりは可動します。

151021-ガンプラ03

さすがFG、つくり始めてモノの30分で完成。ご満悦の小熊は以前つくった旧キットのザクIIと並べ「恰好良くなってる」と感慨深げです。

151021-ガンプラ05

さぁ次はFGガンダム。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

ニッケイヨクヨム

2015 年 10 月 10 日 Comments off
2015年10月10日(土)

会社の同僚が日経ビジネスNo.1811をプレゼントしてくれました。実に20ページに渡るガンダム特集です。ガンダム人気に肖ろうとする意図を感じざるを得ませんが、それにしっかり乗っかって私は日経ビジネスデビューします。

151010-日経ビジネス

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

鉄血?

2015 年 10 月 7 日 Comments off
2015年10月7日(水)

先週日曜日にガンダムの新シリーズが始まりました。その名も機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ。録画しておいた第1話を昨晩観ました。まだまだ舞台設定等は未知ですが、演出等は個人的には好きな感じでホッとしました。

151006-鉄血

と言うのも、富野先生肝いりの作品であった「Gのレコンギスタ」は、数話を観たもののあまりにも興味が湧かなくて結局途中で挫折しました。この「鉄血」もそれに似た雰囲気を感じていましたが、滑り出しはまずまずの印象です。これからの「鉄血」の展開に期待します。

それともう一つ。宇宙世紀を舞台としない作品は、ガンダムの冠でやって欲しくありません。ガンダムがガンプラやゲームと言った市場が約束された一大ブランドなのは理解できますが、そんな"大人の事情"でガンダムのなんたるやが薄まってしまうのは一愛好者として本意ではありません。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

グフとも違うのだよ、グフとも

2015 年 9 月 29 日 Comments off
2015年9月29日(火)

昨晩、ウダウダと中々エレクトーンの練習をしない小熊(シャオション、倅のこと)を説教し、今日は一日罪悪感に苛まれました。罪滅ぼしとばかりに、いつも嬉しい3割引きのジョーシンに寄ってガンプラを買って帰りました。10月31日公開の機動戦士ガンダム THE ORIGN II 哀しみおアルテイシアよりHGプロトタイプグフ戦術実証機です。

150929-プロトタイプグフ

子供を口実に、積(ツミ)を重ねるダメな親父です。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「大河原邦男Walker」

2015 年 8 月 26 日 Comments off
2015年8月26日(水)

大河原邦男Walkerを南米経由で入手しました。夏休み最終日と言うことで遠方に出掛けていた妻子よりも先に帰宅した私が見付け、密輸成功です。

150825-大河原邦男ウォーカー

私の幼少期の思い出の大部分を占める大河原邦男先生デザインのロボット達。値段は張りますが、その価値アリです。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

ガンプラ 35th Revive

2015 年 8 月 11 日 Comments off
2015年8月11日(火)

家電量販店Joshinの奥の方にあるプラモデルコーナーでは、ガンプラが常に三割引きです。昨日マウスパッドを求めてJoshinに立ち寄ったのですが、プラモデルコーナーの引力に引かれ、新シリーズ35th Reviveの第2弾、HGUCガンダムを購入しました。元々1,000円とお求めやすい定価からの三割引きで700円と、これには"同志"ならば誰も抵抗できないでしょう。

150811-HGREVIVE

とは言え、まずは作りかけの「ガンダム トライン3」を完成させねば。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

36年目の経済効果

2015 年 8 月 5 日 Comments off
2015年8月5日(水)

愛知県一宮市発祥のカレーチェーンカレーハウスCoCo壱番屋、通称ココイチに最近よく行きます。特にカレーが好きというわけではなく、7月18日からやっているココイチガンダムキャンペーンが目当てです。そして昨日、4回目の挑戦で待望のオリジナルマルチクロスが当りました。勝手にランチョンマットを想像していましたが、そのサイズやテクスチャーは眼鏡拭きのような感じです。

150804-CoCo壱番屋

全8種類ある絵柄の内「ザクとは違うのだよ。ザクとは!!」が当りました。言わずと知れたランバ・ラルの名言です。36年前のコンテンツの使いまわしだけでカレーが飛ぶように売れるとは、ガンダムの経済効果には改めて感心します。

中島 大地
カテゴリー: ガンダム タグ:

ライリー・ライリー・ライリー・リラー

2015 年 7 月 23 日 Comments off
2015年7月23日(木)

隣町の付知町に住む兄貴分早川泰輔さんより"かいがし"での催し物のお誘いが届きました。ハガキに貼られたその切手、四十の魂擽る粋な計らいに、小熊(シャオション、倅のこと)の心も鷲掴みです。

150723-かいがし

折角のお誘いですが、25日(土)は先約がございましてお邪魔することはできませんが。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「トライオン3」制作開始

2015 年 7 月 12 日 Comments off
2015年7月12日(日)

久しぶりの全休、録画した映画を数本観たりして大半をダラダラと過ごしました。夕方頃、思い立って小熊(シャオション、倅のこと)と二人でガンプラを作り始めました。先週入手したHGBFガンダム トライオン3です。

150712-親子でガンプラ (3)

≪トライオン3≫は≪ZZ≫がベースになっているだけにパーツ数も多く中々マッシブです。二人掛りで約2時間、やっとここまで出来ました。あと2時間も掛ければ完成するでしょう。

150712-親子でガンプラ (6)

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「トライオン3」

2015 年 7 月 5 日 Comments off
2015年7月5日(日)

今日は一応仕事という態(てい)で朝から都会に出掛けました。午前中に仕事を終わらせ、午後からは小熊(シャオション、倅のこと)とオトコ水入らずでショッピングに行き、約束していたガンプラを買ってあげました。ガンダムトライオン3です。

150705-トライオン3

このガンプラは小熊が欲しがったわけではなく、実は私が気になっていました。私にとっては宇宙世紀がガンダムであり、この《トライオン3》が登場する「ガンダムビルドファイターズ」シリーズにはほとんど興味がありませんでした。しかしガンダムの歴史とバリエーションを引っ提げ、アニメの原点回帰とも言うべき動物をモチーフにしたヒーロー物。ある意味この画期的な組み合わせに魅了されたのでしょう。そこで小熊を口実にして購入したと言うわけです。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

小熊の立ち読み。

2015 年 6 月 3 日 Comments off
2015年6月3日(水)

小熊(シャオション、倅のこと)が立ち読みしてました。

150603-立ち読み

視力のためにも、席に座って読んだ方がいいんですが、敢えてそっとしておきました。読んでるのがTHE ORIGINでしたし。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

勇気を出して初めてのテラリウム。

2015 年 5 月 6 日 Comments off
2015年5月6日(水)

先日FMラジオで、巷では今テラリウムなるものが流行っていると聴き、密かに興味を抱いていました。「テラリウム」(terrarium)とは、"陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術"だそうです(ウィキペディアによる)。プラモデルで作るジオラマに興じた幼少期を思い出して、GWの余暇を利用して挑戦してみました。

特別に購入したのはガラス容器と活性炭。

150506-テラリウム部材

所要時間約10分、こんな感じになりました。ガラス容器の中に砂利・活性炭・土を敷いて、その上に家の周りに生えている杉苔をただ載せただけです。作品名はJaburoでお願いします。

150506-初めてのテラリウム

なんの創意工夫もないテラリウムですが、近頃妙に萌える苔を玄関先で鑑賞できるということが成果と言えます。杉苔がこのまま根付いてくれればいいなと思います。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

HGBF「クロスボーンガンダム魔王」。

2015 年 5 月 5 日 Comments off
2015年5月5日(火)

先日訪れたガンダムワールド2015で小熊(シャオション、倅のこと)が購入したガンプラHGBFクロスボーンガンダム魔王を小熊が自分で作りました。二日間ぐらい掛けてコツコツ作ってました。

150505-クロスボーン魔王

宇宙世紀以外のガンダムに疎い私には「お仕置きだべぇ」にしか見えません。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

ガンダムワールド2015 in 日本モンキーパーク。

2015 年 5 月 3 日 Comments off
2015年5月3日(日)

大型連休を利用して、家族で日本モンキーパーク(愛知県犬山市)に行ってきました。

150503-若い太陽の塔

とは言え、お猿さん達に会いに行ったわけではなく、現在開催されているガンダムワールド2015に巡礼へ。小熊(シャオション、倅のこと)は以前私が誘った時には乗り気ではありませんでしたが、学校で"恩師"とその話をして俄然行く気になったようです。見て下さい、この気合いの入ったTシャツを。5年前に購入したTシャツがちょうど着られるサイズになりました。

150503-ガンダムワールド2015 (1)

入場するとまずは等身大ガンダムヘッドがお出迎え。

150503-ガンダムワールド2015 (2)

ガンダム関連玩具の陳列も。「昔の人は羨ましいなぁ」と小熊。現代の方が羨ましいと思いますが。

150503-ガンダムワールド2015 (3)

150503-ガンダムワールド2015 (4)

150503-ガンダムワールド2015 (5)

150503-ガンダムワールド2015 (6)

シャア専用のセクションもありまして、まずは等身大シャアザクヘッド。

150503-ガンダムワールド2015 (7)

小熊から説明を受け、熊(ション、家内のこと)が「ええ、このお面の人、妹がいるの!?」と。あなたはもう黙ってなさい。

150503-ガンダムワールド2015 (8)

150503-ガンダムワールド2015 (10)

150503-ガンダムワールド2015 (9)

150503-ガンダムワールド2015 (11)

シャアの名言特集には大人が群がって離れません。全盛期の富野先生の台詞のキレは今でも確かにキレています。

150503-ガンダムワールド2015 (12)

150503-ガンダムワールド2015 (13)

ガンダムクイズもありました。これが中々難しい。

150503-ガンダムワールド2015 (14)

150503-ガンダムワールド2015 (15)

出口付近のショップにて、小熊はずっと欲しかったガンプラを購入。

150503-ガンダムワールド2015 (18)

陳列されていたこれらのフィギュアが私は欲しかったんですが、売り物ではなく。

150503-ガンダムワールド2015 (16)

「ガンダムワールド2015」は展示品も豊富で中々楽しめました。もちろん日本モンキーパークの遊園地でも遊びましたが、尺の都合上リポートは割愛します。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

“À mon seul désir”

2015 年 4 月 23 日 Comments off
2015年4月23日(木)

2010年から2014年にかけて全7話が公開されたアニメ界の金字塔機動戦士ガンダムユニコーンのスピンオフ企画とも呼ぶべきFILM & LIVE the FINAL "À mon seul désir"のBDを入手しました。「hand in hand」に続くライブ企画で、行きたくて行きたくて仕方なかったんですが行くことは叶わず、その分楽しみにしていたBDです。

150423-私のたった一つの望み

オリジナルサウンドトラック3」と「オリジナルサウンドトラック4」を中心に構成された総集編で、懐かしい「ユニコーン」の映像と共にオーケストラが演奏します。薄れかけていた「ユニコーン」の興奮と感動を呼び覚ます、同窓会にも似た、媚薬の如き作品です。

近くに住む"同志"諸君、貸し出しますよ!そして熱く語りましょうぞ!

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「ネーム印スタンド」のプレゼント第二弾と第三弾。

2015 年 3 月 26 日 Comments off
2015年3月26日(木)

私の母親のお友達で、私ともFB等でお友達のマダムSさんが、ガンダムのネーム印スタンドをプレゼントしてくれました。昨年は≪ガンダム≫を下さり、今回は≪ザクII≫しかも二つです。

150325-ネーム印スタンドs

Sさん、いつも気に掛けて下さりありがとうございます。できれば、私の母親を経由せず直接渡して頂けると大変助かります、ハイ。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「THE ORIGIN」24巻。

2015 年 3 月 18 日 Comments off
2015年3月18日(水)

南米経由で機動戦士ガンダムTHE ORIGINの24巻を入手しました。スピンオフの短編集です。「THE ORIGIN」の本チャンが終わってからは安彦先生の作品がとても貴重です。

150318-THEORIGIN24

明日からの出張のお伴に。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』

2015 年 2 月 28 日 Comments off
2015年2月28日(日)

「我々は3年待ったのだ。」

待望の新作OVAの先行上映機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルを公開初日に観ました。2011年のプロジェクト始動の発表以来実に3年待ちました。空前の大ヒットとなった機動戦士ガンダムUCが昨年6月に完結し心にポッカリ穴が空いていました。その穴を埋めてくれるかと期待したGのレコンギスタはどうも肌に合わずすでに観なくなっていまして、『THE ORIGIN』のこのタイミングでの公開は私にとっては絶妙です。

どうしても公開初日に観たくて、先日先行予約開始直後にネット予約を試みましたが、開始早々から回線が混雑し数十分後に回復した時には残りすでに数席。端っこの方の席でしたが辛うじて10:00am上映のチケットが取れました。そして今日、恒例の限定グッズをゲットすべく9:00pm頃に映画館に到着するもすでに数百人の長蛇の列。上映開始ギリギリにグッズを購入できましたが、人気のTシャツやタオル、トートバック等はすでに売り切れていました。そして劇場はもちろん満員と、不動のガンダム人気を再確認した次第。

150228-THE ORIGIN I

さて、作品について。もちろん良かったです。そもそも原作が安彦良和先生による大ヒット漫画であれば良くないわけがない。しかし原作を知っていても良い意味で裏切られる部分もあります。キャスバルとアルテイシアが母アストライアと離別する件(くだり)は漫画で読んで知っていても悲しくなります。最後の夜を過ごす「思索の塔」の皮肉な美しさ、メランコリックな音楽、優しくアルテイシアに語り掛ける母アストライアと、それを見てグッと堪えるキャスバル。自分のことのように悲しくなりました。

他にも、葬儀でのガルマのチラ見、アルテイシアを前にしてドギマギするランバ・ラル、父デギンに諭されるギレン等、安彦先生が漫画の中で表現していたちょっとした表情の変化や小ネタまでも上手く再現されていました。これは『ファースト』の頃にはアニメ技術的に困難だったと思います。そして今回の主演女優ハモンさんは実に色っぽかった。安彦先生特有の大きな腰周りや太めの二の腕も忠実に再現されていました。

もちろんアニメならではの醍醐味もあります。冒頭5分程度のメカアクションは"板野サーカス"で知られる伝説的アニメーター板野一郎氏が手掛けたフルCG。当初CGに半信半疑だった安彦先生も出来栄えを観て納得したそうですが、もちろん私もシビれました。まさに"新しいガンダム"の宣戦布告です。

声優陣も豪華です。シャアとギレン役以外の声優は全て『ファースト』から交代していると思いますが、どれも違和感なく入って来ました。キャスバルを担当する田中真弓さんがどうしても『天空の城ラピュタ』のパズーに聞こえて最初は抵抗がありましたが、この配役は安彦先生からの数少ないリクエストの一つだったと聞き納得しました。しばらく聴いてる内に慣れてしまいましたし。

『THE ORIGIN』は全4話の予定だそうですが、このペースで行くと原作漫画9巻~14巻の『シャア・セイラ編』から『ルウム編』までのオリジナルストーリーの部分が網羅されそうです。自慢じゃないですが、これはまさに2011年当時に私が望んだ通りの展開です。だから自慢じゃないですったら。

次なるTHE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアは今秋公開の予定。これであと数年は戦えそうです。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

機動戰士鋼彈UCの逸品。

2015 年 1 月 8 日 Comments off
2015年1月8日(木)

台湾での"巡礼"で入手した逸品達をご紹介します。≪シナンジュ≫の水筒と≪ユニコーン≫のマグカップ。どちらも台湾限定品だそうです。

150107-鋼弾UC

"台湾限定"とは"ガンダム熱"の余韻を感じます。昨年の大河原先生の訪台の恩恵でしょうか。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

私の望みは叶ったよ、アンナ。

2014 年 12 月 15 日 Comments off
2014年12月15日(月)

"南米経由"で密輸したはずのガンプラPG(パーフェクト・グレード)RX-0ユニコーンが、イキナリ熊(ション、家内のこと)の検問に引っかかってしまいました。完成すると30cmを超えるガンプラは、その箱もデカい。熊が怒るのも無理はありません。が、実はそれでは終わりません。

141214-PGRX-0 02

次の日、予定通りLEDユニットが届きました。すでに熊はよどよく呆れてくれています。

141214-PGRX-0LED

大きな箱の内容物をサラッと見ましたが、MG(1/100)を敬遠して来た私にはまさにブラックホールです。恐らくしばらく作ることはないでしょう。今回の"積み"(罪)はとても大きいです。それでも発売日に入手したということで、ひとまず私の望みは叶いました。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

若さゆえの大罪。

2014 年 10 月 31 日 Comments off
2014年10月31日(金)

セブンイレブンで11月1日より始まるガンダム35周年キャンペーンの情報をキャッチしました。が、今日すでに始まっていました。今回の一番くじはなんと620円。年々価格が上がっています。セブンイレブンめ、若さゆえの過ちにつけ込みやがって。見事な戦略だ。

141031-前夜祭01

心の中で色々文句を言いながらもパブロフ的に購入、結果はH賞のタオル。あ~あ、また熊(ション、家内のこと)に叱られる。叱られついでにもう一つ、限定ゴールドインジェクションカラーのガンプラも購入しました。買うだけで当面作らないんですけどね。こういう行為を"同志"の間では"積み"(罪)と呼ぶそうです。ま、いいのさ。老後の楽しみさ。

141031-前夜祭02

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

君は生き延びることができるか?

2014 年 10 月 27 日 Comments off
2014年10月27日(月)

昨日、小熊(シャオション、倅のこと)と二人で久しぶりに隣町の温泉おんぽいの湯に行きました。小熊とはこの頃あまり会話の機会がなく、とても良い時間となりました。

何かのきっかけで会話がガンダムクイズに発展しました。私からの「シャアが乗ったモビルスーツは?」という問いに、小熊は「ザクIIのS型、ズゴック、ゲルググ、ジオング」と立て板に水を流すように答えた後、「あ、それとビット」と付け加えました。

141027-ビット

少し考えてその意味が分かった私は人目を憚らず爆笑してしまいました。小熊は明らかに機動戦士ガンダムさん(大和田秀樹著)の読み過ぎです。私にとっては微笑ましい限りですが。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

私のたった一つの望み。

2014 年 10 月 21 日 Comments off
2014年10月21日(火)

先日名古屋へ行った際に、通り掛かったおもちゃ屋さんで機動戦士ガンダムUCの主役機RX-0ユニコーンのガンプラPG(パーフェクト・グレード)のポスターを頂いて来ました。

141019-PGUC

年末に発売するこれを、実は先日"南米経由"で密輸する算段を取りました。その旨を小熊(シャオション、倅のこと)に内緒で伝えると、いきなり「お母さん!お父さんがこれ注文したってよ!」と。こ、この裏切者。小熊は"同志"である以前に生粋の"お母さんっ子"でした。ま、妻子がどう言おうと、私の計画は粛々と遂行されますが。

敬遠してきた1/100のMGを飛び越えて、1/60のPG。さて、どうなることやら。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

「機動戦士ガンダムUCコンプリートベスト」

2014 年 10 月 16 日 Comments off
2014年10月16日(木)

新しいCDを購入しました。機動戦士ガンダムUCコンプリートベストです。熊(ション、家内のこと)から迫害の目で見られました。が、私はメゲません。

141015-MSGUCCB

今更ですが、UCサントラやテーマソングはとにかく素晴らしいんです。アニソンの域を遥かに超えています。とにかく聴いてみるべし!

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

Reconguista in G

2014 年 10 月 5 日 Comments off
2014年10月5日(日)

「機動戦士ガンダム」の生みの親富野由悠季監督の待望の新作ガンダムGのレコンギスタのTV放送がいよいよ始まりました。私は深夜放送を録画し昨夜観ました。まずは最初の2話のみ。

141004-Reconguista in G

感想は、まだ分かりません。ただ言えることは、宇宙世紀シリーズとは全く違った世界観と、「逆シャア」までのそれを微塵も感じさせない富野監督の演出に戸惑っています。いずれにせよ、大作「機動戦士ガンダムUC」の後となれば、どんな作品でも見劣りしてしまうのは仕方ないことでしょう。「Gのレコンギスタ」の今後に期待します。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

遅れて来た誕生日プレゼント、と言うとこで。

2014 年 9 月 30 日 Comments off
2014年9月30日(火)

10日前に四十(しじゅう)の誕生日を迎えた折にはたくさんの方々より温かいお言葉を頂きました。唯一頂いていなかったのが、熊(ション、家内のこと)からの誕生日プレゼント。案ずることなかれ。本日無事届きました。

140930-G-SHOCK×GUNDAM

熊よ、じゃ、そういうことで。

中島 大地 〇

追伸
ちなみに今日9月30日は実兄の誕生日です。つがたさん、お誕生日おめでとさん。

カテゴリー: ガンダム タグ:

それは夢、夢。

2014 年 7 月 14 日 Comments off
2014年7月14日(月)

宮城県のフェロー工務店サカモトさんのHさんからSNSで連絡がありました。昔々入手したガンダムのポスターがあるがいるか、と言うものでした。もちろん答えは一つです。

それからわずか4日、サカモトさんに見学でお邪魔させて頂いた神戸支店の面々を経由してポスターが届きました。

140714-G20th

な、な、なんと20周年記念ポスター(非売品)!実は15年前は、私はまだ目覚めていない頃なんです。そんな私のブランクを埋めるかのようなギフト。四十間近にもなってガンダム好きを公言している甲斐がありました。Hさん、ありがとうございました!

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

明日への活力、第二弾。

2014 年 7 月 11 日 Comments off
2014年7月11日(金)

久しぶりに小熊(シャオション、倅のこと)に会うと、「ガウ見た?」と聞かれました。「何のこと?」と聞き返すと、「これこれ」と見せてくれました。昨日の作品と二枚セットで描いたそうです。

140711-図ったな

効果音を巧みに配したこの構図。細かく描き込んだガウとほぼシルエットのみのホワイトベース。そして決め台詞「はかったなシャア」。いやはや、親バカが止まりませんよ、マッタク。

中島 大地 〇


カテゴリー: ガンダム タグ:

明日への活力。

2014 年 7 月 10 日 Comments off
2014年7月10日(木)

夜遅く帰宅、机の上に置かれた小熊(シャオション、倅のこと)からの置手紙を見てほっこり。

140710-明日への活力

明日への活力をもらった気がします。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

燃え上がれガンダム熱、再び。

2014 年 7 月 7 日 Comments off
2014年7月7日(月)

夜帰宅すると、夜更かし中の小熊(シャオション、倅のこと)が「ザクできたよ」と見せてくれました。私が残しておいたビンテージガンプラを勝手に作っていました。それはそれで微笑ましいです。「(今のガンプラと違って)メッチャ難しかった」と小熊。今のガンプラには必要ない接着剤の扱いに戸惑ったようです。

140707-ザク01

ザクの右腕を少し動かそうとしたら、根本からボキッと折れてしまいました。ガーン。これまた今のガンプラと違って可動範囲は狭くもろいものです。私の若かりし頃の苦い思い出が甦ります。

140707-ザク02

と言うことで、右腕は現在接着中。私の経験からすると、一度折れてしまった部材は接着してもまた折れます。

140707-ザク03

さて、いろんな先輩方からの影響が重なって小熊は現在"ガンダム熱"再発中。この夏休みの工作の課題には、ガンダムの何かを作ろうと模索中。横から熊(ション、家内のこと)があぁだこぉだと意見しますが、どうやら小熊の気持ちが概ね決まっているようです。

140707-ザク04

見せて貰おうか。年頃になった小熊の本気とやらを。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

親の背中を見て。

2014 年 6 月 26 日 Comments off
2014年6月26日(木)

ここ数年購読している"同志"のバイブル月刊ガンダムエースは、最近は専ら小熊(シャオション、倅のこと)が熟読しています。

140625-GA

先日の木工教室で作った飾り棚(?)の上は、早速小熊がガンダムグッズで占拠しています。

140626-趣味棚

そして小熊の最近の作品がこちら。私の仕事である建設業をモチーフにオリジナルのユニコーンを描きました。

140622-UC

色んな意味で、小熊は親の背中を見て順調に育っているようです(今のところ)。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

「UnChild」

2014 年 6 月 25 日 Comments off
2014年6月25日(水)

OVA機動戦士ガンダムユニコーンは完結してしいましたが、私の中では一向に熱が冷める気配がありません。そんな私を慮ってか(んなわけないですが)、新たなCDが発売になりました。エピソード6と7の主題歌を歌うAimer(エメ)のソロアルバムUnChildです。「UC」関連のアルバムとしては実に5枚目です。

140625-Unchild

これはイイ。強烈にイイ。澤野弘之氏によるUC主題歌や挿入歌の新アレンジをAimerがハスキーヴォイスで歌い上げます。それも全曲英語で。日本人であることを忘れるほど上手い。"力強いスザンヌ・ヴェガ"といった印象です。

先日購入した「サントラ4」と共に、この「UnChild」もしばらくは毎日聴くでしょう。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ:

ザク襲撃。

2014 年 6 月 18 日 Comments off
2014年6月19日(水)

帰宅すると、小熊(シャオション、倅のこと)が「ユニコーン」のサントラ1の2曲目「UNICORN」を鼻歌で歌いながらガンダムグッズで遊んでいました。

140618-ザク01

しばらくすると「お父さん、写真撮って」と言われ、見てみるとこんな感じになっています。小熊曰く「ザク襲撃」だそうです。

140618-ザク02

挙句の果てはこんな感じに。「ガリバー旅行記」を彷彿とさせます。

140618-ザク0344

OVAの「ユニコーン」は遂に完結してしまいましたが、我が家はまだまだ熱いです。

中島 大地 〇

カテゴリー: ガンダム タグ: