アーカイブ

投稿者のアーカイブ

なんだかんだと10年突破

2020 年 1 月 5 日 Comments off
2001051.jpg

新年あけてもポンコツバイクです。
再生計画もなんだかんだと10年突破しました。
解体~パーツ再生・洗浄~組立までおよそ3年。

2001052.jpg

エンジン掛けるとバックしたり、タンクからのガソリン漏れなどなどの不具合を潰す作業にまた2年。
トライアンドエラーの繰り返し。
走りそうなのに走れない。
この作業は本当に堪えました。

2001054.jpg

そして、5年目にして遂に大会へ参加することができました。
とにかく楽しかったことだけ覚えています。
とはいえ、ぶっつけ本番の参加だったので、こまかなトラブルが発生。
そこから調整を数年かけて繰り返しました。

2001053.jpg

昨年は、イベント1回と4回も大会に参加することができました。
再生計画もほぼ終了と言ってもよいと思います。
公道仕様も考えましたが、なにせ45年前のバイク。
パーツの消耗が激しくなるので、年に数回のイベントや大会に参加する程度がちょうど良いのかもしれません。
ということで、今年もいろいろ遠征することになるでしょう。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

イメージが先行し過ぎているような・・・

2019 年 12 月 26 日 Comments off
1912261.jpg
1912262.jpg
1912263.jpg
1912264.jpg

名古屋市の現場です。
先日の事ですが、完成、お引渡しとなりました。
重厚感のある屋根の厚みと急勾配。
やはりお堂にみえませんが、これからこの建物で法要が行われる事でしょう。

1212265.jpg

ところ変わって、
数日前に豊田市の現場も完成、お引渡しとなりました。

1912266.jpg

こちらは極力若い力に任せて指導のみに徹するように努めました。

1912267.jpg

その分多方面に迷惑を掛けましたが、貴重な経験を積めたと思います。

・・・・・。
どちらの現場も同じですが。
というより今までの、ほとんど全ての現場では、
完成した後はいろいろな方々に感謝されます。
今のご時世、人に感謝される「お仕事」はなかなか少ないような・・・
やりがいのある生業ですが、若い担い手が減っていることをヒシヒシと実感しているのです。
やはり負のイメージが先行し過ぎている気がしてなりません。
カテゴリー: 建築 タグ:

久しぶりにスクールに参加

2019 年 12 月 24 日 Comments off
1912241.jpg

週末に、いつもの練習場で開催されたスクールに参加しました。
ここでのお初の試みということで楽しみにしていたのです。
中級クラスでの参加なのですが・・・なかなか過酷なコースが待ち受けていました。
普段は危なくて絶対に挑戦しないような段差超えですが、スタッフの方々が助けてくれるので安心して挑戦できました。
とはいえ、怖いものは怖い。
心臓バクバク、体ガチガチの刺激的なスクールでした。
年末年始は復習の反復練習です。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

新たなスキルを身につけた

2019 年 12 月 15 日 Comments off
1912151.jpg

部活動で活躍する愛馬3号機です。
少し前からエンジンからオイルが滲み出してきていたのですが、「見なかった事」を続けていました。
しかしやはり気になるということで、心の準備をしてからガバッと開けてみました、ご覧のカバーを。

1912152.jpg

ボルトを緩めた途端にドス黒い液体がドバっと溢れ出す。
嫌な予感はしますが、勢いに任せてドンドンバラします。

1912153.jpg
1912154.jpg

予感的中。
2ストロークバイクの宿命、クランクシャフトのオイルシールが抜けていました。
ドス黒い液体はガソリンだったようです。
こうなると、エンジンを全バラにしてオイルシールを挿入するか、バイクの寿命と割り切って廃車にするしかありません。
ありませんが、バイク屋に持ち込んで修理する費用も、ましてや買い換えるなんてこともできません。
なので壊す覚悟で自分でオイルシールの交換に挑戦しました。
エンジン全バラしない、「自己責任」の交換です。

1912155.jpg

抜けたオイルシールを外してみると、ものの見事にリップ部(可動部との接触面)がバラバラの状態に。
あとは無心で新品のオイルシールを挿入。

1912156.jpg

外したパーツを組み立て、練習場で走行テストをしたのですが、取り敢えず異常なし。
素人整備の新たなスキルを身につけました。

ちなみに。
このオイルシールは800円程度。
対してポンコツバイクのオイルシールは3倍以上します。
なんだか腑に落ちません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

次なる現場の手始めに

2019 年 12 月 11 日 Comments off
1912111.jpg

はじめましての豊川市の現場です。
現場の乗り込みはずいぶん先ではありますが。
見えないところで準備を着々と進めています。

1912112.jpg

先日のことではありますが、
「イメージを掴むため」ということで
加納工匠長とトモノリ棟梁とで福井県の曹洞宗大本山永平寺に訪れました。
あまりの巨大さに圧倒されますが、今回の工事はこの規模に匹敵するのです。

1912113.jpg

それはそれとして。
堂内でなにげに見つけたこの模型。
よくよく見ると、母校と恩師の名前が書かれていました。
岐阜公園三重塔でお世話になった恩師ではありますが、昨年急逝されました。
感慨深いものがあります。
カテゴリー: 建築 タグ:

ご無沙汰の虎渓山

2019 年 12 月 4 日 Comments off
1912041.jpg

多治見市虎渓山の現場です。
8年ぶりの虎渓山、今回は境内の一角にある建物の屋根の葺き替えです。

1912042.jpg

この建物、あまりに奥にありすぎて、人目に触れることはほとんどないようですが。
小振りながら、なかなか凝った造りをしているのです。

1912043.jpg

などといいつつも、
工事は数ヶ月で完成。
先日引渡しとなりました。

1912044.jpg

短期間ではありましたが、本堂再建工事の事を思い出しながら過ごす事ができました。
ふたたび工事に携われた事に感謝です。
カテゴリー: 建築 タグ:

ふたたび京都へ遠征

2019 年 11 月 26 日 Comments off
1911262.jpg

今年は道楽三昧のポンコツバイクです。
週末に京都で行われた大会にふたたび参加しました。
今回はステップアップして「中級」でエントリーです。

1911263.jpg

中級とはいえターンが主体で段差は無いと聞いていたのですが・・・。
初っ端から岩越えのセクション、転倒者続出で腰が引けました。
今回は難しくなっているらしいとの事。
急遽目標を「転倒するくらいなら5点をとる」に変更。
前回と同じく関西のチームに加えて頂きセクションをまわりました。

1911264.jpg

結果は目標達成。
転倒することなく終わる事ができました。
とはいえ久しぶりにグッタリです。

1911261.jpg

これで今年のポンコツバイクの遠征活動は終了となるでしょう。
大会やイベントを通じていろいろな方と知り合う事が出来て、普段雑誌ぐらいしか拝む事ができないバイクもナマで拝む事ができました。
そして最高のロケーションで走りを楽しむ事ができる。
最高であります。


カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

真田太平記と真田丸

2019 年 11 月 19 日 Comments off
1911191.jpg

松本城を訪れた後、せっかくなのでと上田城まで足を延ばしました。
上田城と言えば真田幸村。
学生時代に大河ドラマの「真田太平記」を夢中で観て、バイクで訪れたのは30年も前の事です。

1911192.jpg

30年前の小僧の時とオッサンとなった今とでは、城の見方が全く異なります。
歴史背景から建築の技法や地形などなど。
上田城は真田氏の遺構はほとんど残っていないので、地形で当時に思いを馳せるのです。

1911193.jpg

それはそれとして、
城内で見かけたゆるキャラ。
ゆきまるとぱぱまるって・・・
「真田丸」人気は健在のようです。
カテゴリー: 搦めとりて候 タグ:

お寺に見えないけど

2019 年 11 月 14 日 Comments off
1911141.jpg

名古屋市の現場です。
週末に足場を解体して建物の全貌が現れました。
行き交う人が立ち止まり、スマホで写真を撮ったり、
子供たちが歓声を上げたりとか、
なかなかインパクトのある建物です。

だがしかし、
なかなかお寺のお堂には見えません・・・。

カテゴリー: 建築 タグ:

悲願達成

2019 年 11 月 5 日 Comments off
1911051.jpg

休日に念願の松本城へ赴きました。
国宝五城で唯一登城していなかったのが松本城。
今回ようやく悲願が叶いました。
青空を背景に水辺に浮かぶ松本城。
素直に美しいと思うのです。

1911052.jpg

意外と知られていませんが、黒塗りの壁は全て漆塗り。
墨塗りであったものが、昭和の修理工事で漆塗りの痕跡が発見され、
漆に塗り替えられたとの事。
この面積の漆塗り・・・とんでもない労力です。

1911053.jpg

内部もなかなか見ごたえがあり、行った価値は十二分にありました。
とはいえ松本城の外観の美しさは別格です。
残るは現存十二天守となるのですが・・・青森も四国も生半可では行けません。
次なる悲願を達成するのはいつになる事やら・・・。
カテゴリー: 搦めとりて候 タグ:

おシゴトとかぶる

2019 年 10 月 25 日 Comments off
1910251.jpg

今年はわりと出番の多いポンコツバイクです。
最近業務で古い物件に関わる機会が多いのです。
後世に残す為の保存修理工事がほとんどで、極力当初の仕様に復元する方針になります。
何も縛りがなければコストや機能、耐久性を秤にかけて工事が行われますが。

で、
ようやくポンコツバイクのお話しです。
ご覧の写真はオリジナルのリヤサスペンション。
上下の2つのスプリングを樹脂製のガイドで挟む構造で、理由はわかりませんが当時の流行りの仕様だったかもしれません。
ちなみにフロントサスペンションも同じ構造になっています。
独創的でカッコいいのですが・・・40年以上の歳月には勝てずヘタっていました。

1910252.jpg

オリジナルにこだわり、当初の性能を復活させる為にオーバーホールするのも手ではありますが。
所詮道楽、あっさり最近の仕様のサスペンションに交換してしまいました。
道楽の縛りは予算だけ。
後は全て自分の思いで再生をできるところが魅力でもあります。

とはいえ。
作業前に写真を撮って、解体したパーツに番号振って、メモしてと。
お仕事と道楽の作業がかぶってきて複雑な心境です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

秋のお披露目会

2019 年 10 月 16 日 Comments off
1910161.jpg

週末に毎週恒例の部活動をしていると、久しぶりに「道楽の師」がやってきました。
ニューマシンを引っ提げての登場、早速お披露目会と相成りました。
スペイン製のマシンでとにかく綺麗。
これを刺激に師が頻繁に来てくれることを願わずにはいられません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

新たな道楽がまたひとつ?

2019 年 10 月 6 日 Comments off
1910061.jpg

週末に隣町で催された尾張津島秋まつりを見学に行きました。
津島祭りと言えば世界遺産にもなった夏の天王祭が有名ですが、今回故あって秋まつりの見学です。
早い話が業務の一環、お仕事です。

1910062.jpg

天王祭は町方(まちかた:今で言うセレブ?)の、秋まつりは地方(じかた:庶民)のまつりが由来との事。
地方のまつりとはいえ、形式の異なる山車や祭車の数の多いこと。
当時の津島の繁栄ぶりを窺い知る事ができるというものです。

1910063.jpg

1910064.jpg

山車の車切(しゃぎり)、石採祭車の腹に響く太鼓と鉦の大音量。
見ごたえ十分ですが、早々に切り上げ帰途に。

1910065.jpg

というのも。
渋滞と駐車場が不安だったので自転車で移動。
片道10キロありませんが、さすがに堪えました。
堪えましたが何かが開眼したような・・・。
新たな道楽がまたひとつ?
カテゴリー: 建築 タグ:

素通りするのは勿体無い

2019 年 10 月 2 日 Comments off
1910022.jpg

とある現場の渡り廊下です。
檜皮(ひわだ)葺きの屋根や、丸太の梁などなど雰囲気はバッチリです。
手入れも行き届いて大切にされている事がよくわかります。
渡り廊下はコストの都合もあり、なかなか凝った造りにはしづらいのですが。
境内が広大すぎてあまりに地味ですが、素通りするのはあまりに勿体無い。
資料用にと写真を撮らさせて頂きました。
カテゴリー: 建築 タグ:

ダイヤの原石のはず

2019 年 9 月 4 日 Comments off
1909041.jpg

食いしばる奥歯がとうとう無くなったポンコツバイクです。
以前手に入れたスペアエンジンですが、少しずつバラしていく事にしました。
なのですが、ボルト類が錆び付いてなかなかパーツが外れません。
先日、特殊工具(ショックドライバー)を購入してようやく解体作業を再開しました。
で、難関だったカバーを外したのですが・・・。

1909042.jpg

何をどうすればこうなるのやら・・・。
何年も野ざらし放置されていたのでしょうか?
ヨメが以前このエンジンを見て言った言葉が頭の中に響きます。
「騙されていませんか?」と。

1909043.jpg

このエンジンを再生するのは大変ですが部品取りとしてみれば、やはり「ダイヤの原石」のはず。
見る人がみればですが。
たぶん・・・。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

原点回帰

2019 年 8 月 28 日 Comments off
1908281.jpg

はじめましての名古屋市の現場です。
一風変わった建物ですが、お寺です。

1908283.jpg

最高気温を連発するなか、建て方が行われました。
炎天下の中での作業、大工さんたちに感謝です。

1908212.jpg

ようやく涼しくなって、体調が復活したのでアップできました。

1908284.jpg

この建物のモチーフは「合掌造り」
御住職曰く、日本人の心の原点回帰との事。
なかなか興味深い発想です。
カテゴリー: 建築 タグ:

今年も暑かった。楽しかった。

2019 年 8 月 6 日 Comments off
1908061.jpg

暑さに滅法弱いポンコツバイクです。
週末に毎年恒例の大会にポンコツバイクで参加しました。
「例の甥っ子」は結局バイクの調整が出来ずじまいで今年は不参加。

1908062.jpg

相変わらず「コケない、壊さない、絶対に怪我をしない」の3ナイ運動が目標で、今年は京都の大会で知り合った関西の方々とセクションをまわりました。
関東、関西、北陸といろいろな方たちと知り合いになる事ができるのも楽しみのひとつです。

1908063.jpg

参加したのはビンテージクラスで「お遊び」なのですが、最後にお立ち台にも上げて貰いました。
嬉しいのですが、なんだか恥ずかしいような・・・もっと練習が必要です。
とはいえ、楽しかった事に変わりありません。
「道楽の師」をはじめとする運営の方々に感謝です。

1908065.jpg
1908066.jpg
1908067.jpg

最新のバイクも十分魅力的ですが、やはり古いバイクに目が釘付け。
特にホンダの4スト。
いつか手に入れたいものです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

走りに行くのか?壊しに逝くのか?

2019 年 7 月 27 日 Comments off
1907271.jpg

最近はほぼ毎週乗っている愛馬3号機です。
なのですが、やたらと壊れまくっています。
先月はファンが回らずラジエターが吹きました(オーバーヒートです)。
以前より調子が悪かったのですが、ブシューと音がして煙のモクモクが頻発。
バイク屋さんに入院へ。
今月はレバーを握ってもクラッチが切れないトラブルが。
またまたバイク屋さんに入院。
愛馬3号機は自分でイジると時間が掛かり過ぎて乗る時間が割かれるので、極力プロの手を借りる方針です。
とはいえ、クラッチのトラブルは自分では修理できなかったでしょうが。
練習に行っているのかバイクを壊しに行っているかの状況が続いています。

1907272.jpg

ハナシを切り替えて、来月の大会へポンコツバイクで参加予定。
こちらのメンテもボチボチしないといけません。
ポンコツバイクは・・・壊せません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

ポンコツバイク、再び雑誌に載る

2019 年 7 月 1 日 Comments off
1907011.jpg

梅雨にも負けないポンコツバイクです。
先日の京都での大会の模様が雑誌に掲載されました。
えらくオシャレな雑誌で普通に書店に並んでいます。
恐る恐るページをめくると、ちょいワルおやじのファッションのページに混じって、件の大会の特集へ。
そしてポンコツバイクも写真が載っておりました。
今回も切手サイズですが。
だがしかし、プロフィールはしっかり載っけて頂きました。
わずか数行ですが。
それでも素直に嬉しいのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

テスト走行完了

2019 年 6 月 18 日 Comments off
1906170.jpg

以前紹介したポンコツ番外編のつづきです。
昨年頂いたポンコツ2号機を例の甥っ子に託して数ヶ月。
先日、再生が完了したとの連絡がありました。

1906171.jpg

ということで、週末にいつもの練習場でテスト走行につきあう事に。
エンジンはキック1発。
見た目は年式を考えれば綺麗な方にみえます。
何より再生費用が1万掛かっていないことが素晴らしい。

テスト走行は、お約束のトラブルの連発。
とはいえ、原因がある程度特定できたので、最初のテスト走行としては上出来です。

1906172.jpg

例の甥っ子、ここの常連の方々とも林道ツーリングなどで交流があるそうで。
走り方の指導から始まって、なんとタイヤまで頂きその場でタイヤ交換が始まりました。
タイヤ交換の技術は完全に抜かれたようです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

鈴鹿PA

2019 年 6 月 11 日 Comments off
1906111.jpg

先日の事ですが、新たに開通した新名神高速道路の鈴鹿PAに立ち寄りました。
お目当ては、ご覧の常設展示のF1マシン。
2007に活躍したスーパーアグリです。

1906112.jpg

オーナーは鈴木亜久里。
エンジンはホンダ。
タイヤはブリヂストン。
ドライバーは佐藤琢磨。
今となってはありえないようなオールジャパンのチームでした。
これを拝めるだけでも、この高速を通る価値があります。
カテゴリー: バイクネタ? タグ:

レジェンド再び

2019 年 6 月 7 日 Comments off
1906071.jpg

先日の京都での大会での事ですが。
再びレジェンドとお会いする事ができました。
この御方は全日本モトクロスのチャンピオンで、なんといってもポンコツバイクの開発に携わった方でもあります。
で、レジェンドのバイクはポンコツバイクのワークス仕様。
世界に3台のみの、国宝級バイクです。
形はポンコツバイクになんとなく似ていますが、同じパーツを使っているのは泥除けフェンダーくらい?
今回御厚意で、少しだけ触らせて貰いました。

1906072.jpg

ハンドル握って押し引きしてみると、驚くほど軽い!
ポンコツバイクとは比較になりません。
アルミより軽いマグネシウムをふんだんに使用している恩恵でしょうか?
これで排気量は、ポンコツバイクより大きいのだから驚きです。
レジェンドからポンコツバイクにまつわる貴重なお話も聞くことが出来て、お腹いっぱいの1日となったのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

埼玉での落慶式

2019 年 6 月 4 日 Comments off
1906041.jpg

埼玉県の現場です。
週末に落慶法要に参列しました。
2ヶ月ぶりに赴くと、境内も整備され以前にも増して立派になっていたのです。

1906042.jpg

この現場は短期のスポット参戦ではありましたが、いろいろな事がありました。
たぶん一生忘れることはないでしょう。
カテゴリー: 建築 タグ:

平城京の一般公開

2019 年 5 月 30 日 Comments off
1905301.jpg

休日に家族サービスを兼ねて奈良の平城京へ。
復元工事の一般公開が行われており見学に行ってきました。
今まで近くは通ることはあれど見学した事はなかったのですが、第一印象は「広くてデカイ」です。

1905302.jpg

お目当ての復元工事現場です。
メッシュシートに原寸大完成図を描くのがトレンドになるのでしょうか?。
視覚効果は絶大です。

1905303.jpg

工事の進捗は立柱式が終わって間もないところ。
立柱式の様子は動画がネットで配信されてます。
これから本格的に組み上がってくるのでしょう。

1905305.jpg

足場上のステージでは槍カンナの実演も行われていました。
装束を纏っての実演・・・・かなり見栄えがします。
機会があればやってみたいものです。

1905306.jpg

久々の見学会で楽しかったです。
おまけに家族サービスと8000歩以上歩いてメタボ対策も出来るという一石三鳥の日となりました。
やはり現場公開は、催す側より見学する方が楽しい。
カテゴリー: 建築 タグ:

5度目のユーザー車検

2019 年 5 月 27 日 Comments off
1905271.jpg

先週の平日にお休みを頂き、愛馬2号機のユーザー車検を行いました。
ユーザー車検も今回で5度目。
とはいえ、所詮2年に1回のイベントなので綺麗さっぱり手順を忘れているのですが。
おまけに今回は今までの名古屋から初めて小牧の陸運局へ変えたのです。
書類申請もドキドキ、ラインを通すのもハラハラは相変わらずですが、なんとか今回も無事車検に合格。
たまには愛馬2号機の活躍の場をつくってあげないといけません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

若さみなぎる上棟式

2019 年 5 月 21 日 Comments off
1905211.jpg

豊田市の現場です。
週末に上棟式が執り行われました。
心配していた天気も、文句の付けようがないくらいの晴れ。
絶好の上棟式日和となったのです。

1905212.jpg

今回の工事は、関わる大工さんがとにかく若い。
棟梁も20代。
「只今絶賛世代交代中」といったところでしょうか?。

1905213.jpg

相変わらず上棟式終了後はぐったりしたのですが、もう何年かすると楽をさせてもらえそうです。


カテゴリー: 建築 タグ:

京都へ遠征

2019 年 5 月 16 日 Comments off
1905161.jpg

令和になってもポンコツバイクです。
落慶式の翌日にポンコツバイクでビンテージバイクの大会に参加しました。
今回は京都に遠征です。

1905162.jpg

このイベント、以前から参加してみたかったのです。
なにせ参加するバイクの凄いことスゴイこと。

1905153.jpg

トライアンフ、BSA、ノートン、マチレス、AJSなどなどの英国車が平気で集まっています。
他では絶対お目にかかれません。
まるで雑誌の中の世界みたいで、もう・・・ポンコツバイクが最新鋭に見えてくるのです。

1905154.jpg

それはそれとして。
今回初めての場所でもあり、難度もよく分からないので初級クラスでエントリー。

1905155.jpg

結果は・・・2位でした。
嬉しいけど正直悔しい。
もっと練習しなければなりません。

1905156.jpg

とにもかくにも、素晴らしいイベントでした。
運営の方々にまたまた感謝。
次に来る時は中級クラスで参加です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

落慶式に出席しました

2019 年 5 月 13 日 Comments off
1905131.jpg

東浦町の現場です。
週末に落慶式が厳修されました。
当日は天気にも恵まれ大勢の方々が参加したのです。

1905132.jpg

御住職も建設委員の方々も皆晴れ晴れとした笑顔で式が執り行われました。
我々の業務はこれでおしまいですが、この地域の名刹としてこれから歴史を刻んで行くことになるでしょう。
カテゴリー: 建築 タグ:

最高のイベントにただ感謝

2019 年 4 月 29 日 Comments off
1904301.jpg

週末に鷲ヶ岳で開催されたビンテージバイクのミーティングに、ポンコツバイクで参加しました。
全国から60台あまりが参加したこのイベント、トライアルバイクでこれだけの規模は日本初かも。

1904302.jpg

セクションはあれど、大会ではないので採点はなし。
各々走りを楽しむのも良し、貴重なバイクの走りを眺めるのも良しの、まさに「我が意を得たり」といった感じ。
特に凄かったのがコレ↓。

1904303.jpg

およそ70年前の英国車。
リヤサスペンションがありません!。
果敢に攻める姿にシビれます。

1904304.jpg

後半は、レジェンドたちのバイク開発秘話や海外大会の裏話。
その後みんなで標高1000m超の山頂までお散歩。

1904305.jpg

最後に額入りの写真まで頂きました。
このイベントを主催した郡上トライアルクラブの方々にただ感謝しかありません。
願わくは、毎年の恒例行事になって欲しいと思うのでした。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

今回は若手中心で

2019 年 4 月 18 日 Comments off
1904181.jpg

はじめましての豊田市の現場です。
来週からの建て方に向けて、着々と工事は進んでいます。
今回は若手が中心です。

1904182.jpg

棟梁も補佐する大工も20代という、ちょっと前まで考えられない陣立となりました。
ちなみに現場監督もギリ20代。
この現場は、あまり手を出さない事が自己目標なのですが・・・・。

1904183.jpg

はなしを変えまして、
このお寺には樹齢390年、県指定天然記念物のしだれ桜があります。
先週、満開になりました。
見事!

1904184.jpg
カテゴリー: 建築 タグ:

ポンコツとたわむれる

2019 年 4 月 15 日 Comments off
1904151.jpg

年度末から開放されたポンコツバイクです。
先週はまとめてお休みを頂き、バイクの部活動ならぬ強化合宿を敢行。
最終日はポンコツバイクの調整とあいなりました。
先日の大会での課題であった、始動性の悪さなのですが。
なんとキック2発であっけなく始動。
・・・キャブかプラグか・・・よくわかりません。

1904152.jpg

で、いざコースインなのですが。
愛馬3号機と同じ事はやっぱり出来ません。
ポンコツバイクは愛馬3号機と比較して、20kg以上重いので当たり前と言えばあたりまえ。
でも楽しいのです。
動作がゆっくりなので操作も楽。
気負って走らなければ、こんなにも楽しいとは思いもしませんでした。
夢中で走って登って、めまいと太ももがピクピクしだしたところで走行終了。
ポンコツバイクの新たな魅力が発見できました。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

これでひとまず終了

2019 年 4 月 11 日 Comments off
1904101.jpg

週末に犬山祭りに出掛けました。
観光・・・なんてあるハズもなく、先日納めた車山(やま)に不具合がないか確認の為です。
一人で赴く勇気がないので工事を手がけた八野大工さんに同行して頂きました。
というのも、建築と違って車山は動いてナンボのもの。
特に車輪の修理ともなれば、コチラとしては祭りが最終検査のようなものです。
足取り重く、町内の方々に恐る恐る不具合の有無を確認して廻った結果は問題なし。
これで今日から熟睡出来ると思った矢先にお世話になった元町内会長が祭前夜に急逝したとの事。
迷惑を掛け、いろいろ助けて頂いた方だったので工事の安堵よりもショックのほうが大きく、祭りを後にしました。
せめて祭りを見届けて、安心して欲しかったというのが正直な思いでした。
ともあれ、
これにて無事工事完了。
足掛け5年、3輌の車山修復工事に携わってきましたが、これでひとまず終了。
来年こそ仕事抜きで犬山祭を楽しみたいものです。
カテゴリー: 建築 タグ:

再建できました

2019 年 4 月 8 日 Comments off
1904081.jpg

東浦町の現場です。
先週お引渡しが完了しました。
焼失から3年あまり。
無事再建がなりました。

1904082.jpg

木造の新築ではかなりの規模です。
滅多に出来るものではありません。

1904083.jpg

内部は古色塗装で仕上げました。
なかなか斬新ですが、これもアリです。

1904084.jpg

この地域の名刹で、訪れるたくさんの方々から期待の声を直接聞きました。
昔と全く同じではありませんが、これからも地元に愛される場所になって欲しいものです。
カテゴリー: 建築 タグ:

少しは恩返しが出来たかな?

2019 年 4 月 4 日 Comments off
1904041.jpg

昨年の8月から先週まで助っ人していた埼玉県の現場です。
昨日引渡しが完了したと「生業の先輩」より連絡がありました。
関係者の皆様、お疲れ様でした。

1904042.jpg

10年ぶりに「生業の師」の下で業務をする事になったのですが、この時初めて師より感謝の言葉を直接聞きました。
関東に居たころは怒られてばかりだったので、無茶苦茶嬉しかったのです。
また、何度も飯を食いに行こうと誘われていたのですが、現場が落ち着いたらと断っていたら、結局行けずじまいで終わってしまいました。
もっと話しがしたかった。
感謝の言葉を直接伝えたかった。
今更悔やんでも仕方ないのですが・・・。

1904043.jpg

などなどと。
なんだかんだと工事も完了。
心残りがあるとすれば、「故生業の師」と打ち上げがしたかった事でしょうか?。
カテゴリー: 建築 タグ:

4月になったらね

2019 年 3 月 30 日 Comments off
1903301.jpg

今月は業務が忙しくてバイクに乗る事ができませんでした。
それももうすぐおしまいです。

1903302.jpg

4月の末にビンテージバイクのミーティングが開催されるとの事で、ポンコツバイクで参加する予定です。
噂によると西から東からいろんな珍しいバイクが集合するのだとか。

1903303.jpg

4月になったら恥ずかしくないように、ポンコツバイクの整備をしなければなりません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

あっちもこっちも佳境です

2019 年 3 月 21 日 Comments off
1903211.jpg

東浦町の現場です。
もう、あっちもこっちもついでにあそこの現場も工事が佳境です。
世間さまが花見はまだかと浮かれておりますが、よその国の話しと割りきるしかありません。

1903212.jpg

とはいえ、
毎度のことなので今更ではありますが。
東浦町の現場もまもなく完成。
次なる現場へ向けて、心の準備をしているのです。



カテゴリー: 建築 タグ:

ひとつ肩の荷がおりました

2019 年 2 月 26 日 Comments off
1902261.jpg

週末に屋台(車山)の組立と検査に立会いました。
1年掛りの修復工事も今回をもって最後となります。

1902262.jpg

解体も組立も町内の方々の手によって行います。
これも伝統。
親から子へ受け継がれていきます。
不具合がない限り、こちらから手を出してはいけないとか。

1902263.jpg

組立て終わって試し曳き。
豪快に曳き廻すのがこの屋台の見所ではありますが・・・・。
こちらとしては冷や汗ものの瞬間です。

とにもかくにも、不具合もなく無事終了。
肩の荷がひとつおりました。
カテゴリー: 建築 タグ:

自分自身に腹が立つ

2019 年 2 月 11 日 Comments off
1902111.jpg

先日の朝練終了後、なにやら愛馬3号機に違和感が。
押し引きがやたら重い。
リヤブレーキになんとなく不具合があるのは分かったのですが詳細は分からずじまい。
で、自宅に戻ってバラしてみると

1902112.jpg

ブレーキパットが消耗しきって金属の部分も削られていました。
予兆はいろいろあったのに、後回しにしてしまいました。
もう、情けないやら自分自身に腹がたつやら。

1902113.jpg

ブレーキパットの交換だけで済むはずなのに、メンテをサボった代償は高いものに。

1902114.jpg

削れて使い物にならなくなったディスクローターです。
これも交換。
もっとも、
ブレーキパットはこの車体の専用設計で型式が古くて在庫がなく、ディスクローターとセットで交換しなければならなかったのですが。
・・・経験値が積めたと自分を慰めるほかありません。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

お披露目

2019 年 2 月 6 日 Comments off
1902051.jpg

昨年は一度も練習場に姿を現さなかった「道楽の師」。
週末の朝練で久しぶりに再開しました。
バイクはレストアしたてのホンダTL125。
今回お披露目と相成ったのです。

1902052.jpg

アルミタンクからフレームまで全て自分で塗装したとの事。
センスよくまとめた仕上がり具合に思わずため息が。

1902053.jpg

郡上トライアルクラブのアゴスリーニさんもヤマハのスペシャルなTY250を持ってきました。
なんでも当時のワークスマシンで、あらゆるパーツが市販車とは別物とか。
もう練習どころではなく、眺めて話して1日終わってしまったのです。

resize10006.jpg

今年は師のTLとポンコツバイクで走ってみたいものです。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

ポンコツ開幕戦

2019 年 1 月 14 日 Comments off
1901141.jpg

週末に鈴鹿サーキットで行われた大会に、ポンコツバイクで参加しました。
ここで行われるのは今年で最後ということで、勇気を振り絞って行ってきたのです。
やはり皆様考えることは同じで、過去最大の190台以上の参加との事。

だがしかし、
ポンコツバイクが順調にスタートできるはずもなく、
全くエンジンが掛かりません。
鬼キックで右足が痙攣しだしたところで、ようやくお目覚めです。

1901142.jpg

無理なところは行かない。
絶対にケガはしない。
なるべくコケない、壊さない。
この自己目標で守りのラインに徹しました。

1901143.jpg

結果は、自己目標はクリア。
但し、鬼キックの影響で右足が痛い事このうえない。
始動性の改善が今後の課題です。
おまけにご覧の盾まで頂き望外の喜びではありますが、果敢にチャレンジしていた諸先輩方に申し訳ない気持ちも・・・。


なにはともあれ楽しかったです。
今年はあと何回かはポンコツバイクを引っ張り出して行くつもりです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

これで見納め

2018 年 12 月 19 日 Comments off
1812191.jpg

屋台の修理の現場です。
先日、高山へ赴き車輪の輪締めに立ち会いました。
熱膨張を利用して、鉄輪を木製の車輪に固定する手法なのですが。
「言うは易し行うは難し」
細かな計算云々より経験が物言う手法に思えてなりません。
それはそれとして、
今年の工事でこの地域の車山(やま)の修理は完了。
このような作業を見ることはないでしょう。
貴重な経験をさせて頂いたと思うのです。
カテゴリー: 建築 タグ:

軽さは正義

2018 年 12 月 4 日 Comments off
1812041.jpg

週末に愛馬3号機で朝練をしていると、見慣れぬトランスポーターが現れました。
新車の試乗会をここで行うとの事。
バイクを買い替える余力はないやと、遠巻きに見ていたのですが。
誘惑には勝てず、乗ってみました。
250ccから乗ってみたのですが、エンジンがスムーズでパワーもあって、とにかく軽い。
愛馬3号機がビンテージバイクのように思えてなんだか複雑な気分に。

・・・この日この時、新たな目標が一つできました。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

至福のひととき

2018 年 11 月 27 日 Comments off
18112701.jpg

東浦町の現場です。
足場解体作業が始まりました。
むかしむかし、「故なりわいの師」が言いました。
「足場を解体して建物の全容が現れる時がたまらん!」と。
いまだにもって全く同感ではありますが。
最近は、あーしときゃ良かったとか。
こーしときゃ良かったとか。
事故が起きないようにとか、不安がいろいろ頭をよぎります。
ともあれ、この時この瞬間が、
このなりわいの「至福のひととき」であることは、
今も昔も変わりません。
カテゴリー: 建築 タグ:

次なる再生計画は

2018 年 11 月 12 日 Comments off
1811121.jpg

つらいこと、悲しいことは敢えて書かないポンコツバイクです。
怒涛の3ヶ月が過ぎ、少しづつではありますが、いつもの現実逃避をボチボチと。
今回は、ポンコツバイク再生計画の番外編。
ちょいと前に、ポンコツバイクの前オーナー様(と御子息)より新たなバイクを譲っていただきました。
ホンダのTLM200Rという30年くらい前のトライアルバイクです。

1811124.jpg

ずいぶん前から引取りに伺うと話しはしていたのですが。
いろいろ環境が整い、ようやく引取りに行くことができたのです。
で、現況把握です。

1811122.jpg

当然、ゴム類は経年変化で要即交換。
このあたりはお約束。

1811125.jpg

フロントフォークは結構ダメージ受けてます。
再生するよりごっそり中古パーツと交換したほうが安上がりかも?。

1811123.jpg

タンクの中は・・・奇跡的にサビが見当たらない。
ラッキー!。

ボロくはみえますが、酷使された痕跡もなく、状態はよさそう。
パーツも結構流通しているので、単純に走るようにするにはハードルは低そうです。

だがしかし、
ポンコツバイクの番外編というのは訳があり。
今回は「例の甥っ子」に再生を全て任せました。
このバイクで来年の夏の大会に参加するのが彼の目標です。

・・・無理なら僕がこっそりコツコツ再生していきます。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

修理完了

2018 年 9 月 18 日 Comments off
1809181.jpg

修理に出していた、ダイエットマシーンの愛馬3号機。
直ったとの事で、バイク屋さんに引取りに行きました。
「型は古いけど、まだまだ十分乗れますよ」とのバイク屋さんの頼もしいお言葉に励まされ、
喜び勇んでいつもの場所へ行ったのですが。
乗れてない、登れない。
愛馬3号機の調子が良いだけに、悔しさが募るばかりとなりました。
やはり日々の修練が必要のようです。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

またまた病院送り

2018 年 9 月 10 日 Comments off
1809101.jpg

メタボ対策マシーンの愛馬3号機。
最近やたらとクラッチが張り付いていたり、エンストが多いのです。
ミッションオイルを交換すれば治るだろうと、休日に作業をしていたのですが。

1809102.jpg

抜いたミッションオイルがなんと真っ白け。
おそらく冷却水が混入した模様。
自分で治すと恐ろしく時間が掛かりそうなので、キッパリ諦めバイク屋さんに預けました。
きっと、バッチリ調子が良くなって戻ってくる事でしょう。

1809103.jpg

エンジンの下から撮影したのですが。
ボルト接合部が溶接補修してあったり、クランクケースに何やら番号が刻んであったり。
今までどのように使われいたか、なんとなく想像できてしまったのです。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

彩の国からコンニチハ

2018 年 8 月 31 日 Comments off
180901.jpg

いきなりですが、埼玉県の現場です。
で、先日上棟式が執り行われました。
とにもかくにも、ベストを尽くすのみです。
カテゴリー: 建築 タグ:

今年はポンコツで参加できました

2018 年 8 月 9 日 Comments off
1808091.jpg

週末に鷲ヶ岳で開催された大会に参加しました。
昨年は、前日のトラブルで持ってこれなかったポンコツバイクでの参加です。
例の甥っ子も無事社会人となったので、一緒に連れてきました。

1808092.jpg

大会前日に会場に到着し、バイクを下ろした途端に予期せぬトラブル発生。
今年もポンコツバイクでの参戦は無理かと思われましたが、ベテランライダーのアドバイスで無事復活。
ただ感謝。
心の中でそのお背中に、そっと手を合わさせていただきました。

で、大会当日。
高原で行われるこの大会。
一見涼しげにみえますが、暑いものは暑い。
途中でバテて棄権することだだけは避けようと思いつつも、走り出せば嬉しくて楽しくて。
結局、最後はヘロヘロになってしまったのです。
成績発表では、お立ち台にあげてもらい、参加賞の盾までいただきました。
毎年この大会を運営される、「郡上トライアルクラブ」の方々にひたすら感謝。

1808093.jpg

ポンコツバイクの再生作業が始まって、早8年経過。
やっとここまでたどり着きました。
次なる目標に向かって準備開始です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

側溝はトモダチ

2018 年 7 月 4 日 Comments off
1807041.jpg

休日は少しでも時間と気力があれば、愛馬3号機で朝練に勤しんでおります。
最近のお気に入りはこの段差。

1807042.jpg

側溝本来の使い方を無視したこの段差。
土木部の諸先輩方が見たらば、罵詈雑言を浴びせられそうではありますが。
この段差超えをひたすら練習すると、側溝にえも言われぬ愛着が沸くというものです。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

横綱が現場にやってきた!

2018 年 6 月 25 日 Comments off
1806251.jpg

もうすぐ大相撲名古屋場所です。
東浦町の現場では境内に土俵があり、井筒部屋の朝稽古を毎年していたそうですが、ここ最近は別の場所に移ったとの事。
残念無念と思っていたのですが、横綱鶴竜が現場を見学に来てくれました。
もう工事中断でご案内です。
安全最優先で、大工一同でおもてなし。
といいつつ、
握手会と記念撮影会になりましたが。

1806252.jpg

気さくな横綱に感謝しつつ、来年の完成を楽しみにしているという言葉の重みを、ずしりと受け止めたのでした。
カテゴリー: つぶやき タグ: