アーカイブ

2016 年 12 月 のアーカイブ

Just The Two Of Us

2016 年 12 月 31 日 Comments off
2016年12月31日(土) 〇  

今日の台北は、朝方少し雨が降ったもののほぼ終日20℃を超える暑い一日でした。遅めの起床、遅めのジョギング、遅めの朝食を済ませ、小熊(シャオション、倅のこと)をお出掛けに誘うも昨日歩き過ぎたから今日は家でゆっくりすると断られ、仕方なく一人で出掛けました。街中をブラブラした後、近くのモールで映画Assassin's Creedを観ました。何の前情報もなくただバナーのデザインが気に入ったので入りましたが、ウトウトすることなく最後まで楽しみました。日本では2017年3月の公開だとか。

161231-assassins creed

夕方帰宅すると、熊(ション、家内のこと)に「IKEAに行こう」と誘われたので、今度は二人で出掛けました。実は今朝のジョギングでIKEAの前を通った際に、IKEAの近くにゴードン・ビアーシュ(Gordon Biersch)というレストランを見付け、その内来たいと思っていたのでこれを機会にとIKEAに入る前にGBに立ち寄りました。

161231-Gordon biersch01

実はGBには思い出がありまして。熊と私が20年程前に通っていたカリフォルニア州立大学サンノゼ校(San José State University、SJSU)のキャンパスの隣にもGBがありました。6種類のビールを飲み比べながら遠い昔を思い出しました。とは言え熊は完全に忘れていましたが。

161231-Gordon biersch02

軽い食事の後IKEAに立ち寄りお目当てのバスマットを購入し岐路に着きましたが、行きに見掛けて気になっていたSaladayなるレストランに立ち寄り二度目の夕食をとりました。完全に酔った勢いです。

161231-Saladay01.jpg

サラダ専門店かと思いきや、自然志向の食事を提供するレストランでした。店員さんのお勧めのサラダピザが思いの他大きかったんですがほぼ一人で完食しました。完全に酔った勢いです。

161231-Saladay02.jpg

夫婦水入らずの午後。日本でも滅多にない貴重な機会でした。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2016-2017 タグ:

小熊と二人で、西門町~台北101~ローグワン

2016 年 12 月 30 日 Comments off
2016年12月30日(金) 〇  

台湾帰省二日目。熊(ション、家内のこと)が冬休みを利用して台湾に遊びに来ている同僚とお出掛けしたので、私と小熊(シャオション、倅のこと)は午前中は家でゆっくりし、昼食を済ませた後二人連れ立って台北発見の旅に出掛けました。MRT(台北の地下鉄)に乗って最初に向かった先は"台湾の原宿"こと西門町。若者が集う繁華街をしばし散策。

161230-Ximen01.jpg

161230-Ximen02.jpg

161230-Ximen03.jpg

西門町からMRTで台北101へ移動。特に目的があったわけではないですが、台北101の周りをぶらっと歩いて、記念写真を撮り、迷い迷いながら家まで帰りました。

161230-taipei101.jpg

161230-taipei101-2.jpg

帰り道で家の近くのモールに立ち寄り、あまり乗り気ではない小熊を説得して映画ローグワンを観ました。ちなみに偶然にも昨年の今日エピソード7を観ました。私は途中でウツラウツラしてしまいましたが、小熊は最後まで観入っていました。感想を聞いてみると「切なかった」と。そうか、最後は切ない映画なんだ...

161230-rogueone.jpg

親子水入らずの二人旅。日本でも中々ない貴重な機会でした。

中島大地

カテゴリー: 台湾旅行記2016-2017 タグ:

台湾帰省Day1

2016 年 12 月 29 日 Comments off
2016年12月29日(木) 〇  

台湾帰省の初日は少しお仕事を。10月に加子母にお越し下さった張さんと鄭さんを訪ねて桃園縣へ行ってきました。とある現場を視察しましたが、その詳細は時期尚早につきまたの機会に報告したいと思います。昼食は蒋介石がこよなく愛したという石門ダムで獲れた草魚(そうぎょ)のコース。4人では食べきれないほど注文する、これが台式のオモテナシ。

161229-石門水庫草魚

夕方に台北に戻りその足でマッサージ店へ。ここ数週間どうも左腕の付け根の調子が悪かったので、今日は足裏マッサージ+全身マッサージをみっちり105分。マッサージの後は決まって体がだるくなりましが、果たして効果のほどは?

161229-マッサージ

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2016-2017 タグ:

2016 住まいづくり総集編!

2016 年 12 月 29 日 Comments off
2016.12.29


お仕事は今日でおしまい(^^)
今日は早朝から加子母へ出向いて仕事納め!

その帰り、東濃方面~瀬戸~尾張旭のお客様への挨拶まわりをして帰って来ました。
年に一度、この年末にしかお会い出来ない客様もいらっしゃいますが、

年末だけですが・・・年末ぐらいはご挨拶しないとね!

生まれたばかりだったお子様が、来春から小学生だったり・・・
新婚ピチピチだった若奥様が、もうすっかりお母さんだったり・・・
おばあさんの部屋を増築したお客様が、今度は水廻りをリフォームしたいと・・・

年に一度でも顔を合わせることによって、す~っと繋がっていけますよね!(^^)!

と言うことで・・・
今年もやって来ました! 2016年の住まいづくり総集編!!

まずは2月にお引渡しをした 尾張旭市:「緑ヶ丘の家」 です。
1094-①緑ヶ丘の家(外観)
【外観】

1095-①緑ヶ丘の家(内観)
【内観】

ご主人は僕と同い年で寿司職人、奥さまは芸大卒のセンスある方。
マンション住まいでしたが中古住宅付きの土地を購入されてすぐに建て替えました。
シンプルな外観とシンプルな間取りは奥様のセンスにぴったりとハマり・・・
トントン拍子に住まいづくりを進めることが出来ました(^^)
今夜は我が家の忘年会なのでご主人のお寿司をいただいて帰ろうと思います。
末永くよろしくお願いいたします。


こちらは3月にお引き渡しをした 名古屋市守山区:「ふるさとと繋がる家」 です!
1096-②ふるさとと繋がる家(外観)
【外観】

1097-②ふるさとと繋がる家(内観)
【内観】

現場リポートでご紹介していたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
土地探しから始まって、土地決定直後のご主人の海外転勤のため3年間の海外移住。
足掛け6年、そんなご家族の様々な想いを込めて素晴らしい家になりました。
ご挨拶に伺うたびに「いいお家でしょ!」と、いつも自慢げな奥さま!
この家を設計した僕に向かってそんな・・・僕はいつも「そうですね~」と言いますが(^^)
中島工務店2017年のカレンダーの7月にも採用されました!
今後ともよろしくお願いいたします。


こちらは6月にお引渡しをした いなべ市:「朴の木と共に育む家」 です。
1098-③朴の木と共に育む家(外観)
【外観】

1099-③朴の木と共に育む家(内観)
【内観】

こちらも土地購入からの住まいづくり、広い土地を活かして畑も作り朴の木を植えました。
キーワードは「深い軒」「軒下の濡れ縁」「LDKから見通せる庭」「朴の木」。
明確なご要望は最後までブレることなく、こだわり抜いた住まいになりました。
でありながら、身の丈に合った住まいづくりを心掛け、身の丈に合った生活を送る。
子育て世代のお手本のようなご家族は、いつお会いしても幸せたっぷりです(^^)
いなべに行ったら寄りますね。


こちらは8月にお引渡しをした 名古屋市千種区:「Familia-Domus~高見の家」 です。
1100-④Familia Domus~高見の家(外観)
【外観】

1101-④Familia Domus~高見の家(内観1)
【内観・親世帯】

1102-④Familia Domus~高見の家(内観2)
【内観・子世帯】

80代の親世帯と50代の子世帯の完全二世帯住宅です。
敷地広いのですが、変形していて一部東側が奥に細長く伸びた難しい形でした。
それぞれの世帯の生活スタイルに合わせて間取りや仕様を検討しました。
住まいの設計に合わせて外構も計画したので、お金を掛けた分素敵なお庭になりました。
大きいお家なのでお掃除が大変かもしれませんが大切にお住まいください。
ありがとうございました。


次はリノベーションで9月にお引き渡しをした 名古屋市名東区:N様のお家 です。
1104-⑤名東区N様邸(Before)
【Before】

1103-⑤名東区N様邸(After)
【After】

個人事業主である娘さんのために自宅の応接間を仕事部屋に改築しました。
他にも、サンルームを撤去したり、浴室をユニットバスにしたり、パントリーを造ったり。
外回りも、車庫の土間を打ち直したり、お庭の砂利を撤去して犬走りを打ったり。
やればやるだけお金が掛かってしまうので、やっぱりリノベーションは難しいですね。
そんな中、使えるものは再利用するなどして工夫しながら施工しました。
生活しながらの工事でしたが、ご理解をご協力をいただき、ありがとうございました。


こちらはリフォームで10月にお引渡しをした 名古屋市名東区:K様のお家 です。
1106-⑥名東区K様邸(Before)
【Before】

1105-⑥名東区K様邸(After)
【After】

こちらのお客様は、中島工務店でに20年近く前に建てられたOB様宅を購入され、
キッチンの入れ替えとダイニングと書斎の改装をさせていただきました。
キッチンは奥さまこだわりのTOTO・ザ、クラッソ・クリスタルカウンターです!
内装はLIXILのインテリアタイルを張り、天井は白くして全体を明るくしました。
造り付けの背面収納も全てご要望のサイズに合わせて使いやすくなっています。
次は浴室のご用命をお待ちしております。


こちらは増改築で10月にお引渡しをした 一宮市:N様のお家 です。
1108-⑦一宮市N様邸(Before)
【Before】

1107-⑦一宮市N様邸(After)
【After】

こちらは僕の前の会社のお客様で、息子さん家族が離れを増改築したいとのご要望。
キッチンを増築して、その他の水廻りは全て新しくリフォームするといった内容でした。
母家の設計図は僕が30年前に描いた図面でとても懐かしかったのですが、
将来、親世帯と子世帯が母家と離れを入れ替わる時はまた工事をお願いしたいとのこと。
とってもありがたい話です。末永くよろしくお願いいたします。
同じ一宮ですのでチョクチョク寄らさせていただきますね(^^)


最後はつい先日お引き渡しをした 岐阜県○市:「恩ある家」 です。
1109-⑧恩ある家(外観)
【外観】

1110-⑧恩ある家(内観)
【内観】

なんと言っても、このお住まいの特徴は“蔵”のような外観です。
当初は既存住宅のリノベーションで計画してきたのですが、思い切って建替えました。
ご予算を掛けても思うような住まいにならないことに悩んだあげくの決断。
結果、思いもよらない素晴らしいお住まいになり感激されていました。
奥さまは弊社協力会社の瓦職人です!
既存住宅の瓦はしっかりと大屋根の瓦として蘇えっていますね。
末永くお付き合いください。

このように、今年もたくさんのお客様に支えられ、楽しくお仕事が出来ました!
本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

また来年もいい仕事をしますよ(^^)

皆さん、良いお年を!

カテゴリー: 仕事 タグ:

【Mr.Dの蕎麦放浪記2016】総集編

2016 年 12 月 28 日 Comments off
2016年12月28日(水)  

今年一年それなりに良い子にしていたということで、妻子の里帰りに連れて行ってもらえることとなりました。本日28日より来年5日までちょっと長めの冬休みを台湾で過ごしてきます。この間は電話連絡が取れませんので、御用の方はメール/メッセージにてご連絡頂きますようよろしくお願い致します。

さて、"年越し蕎麦月間"も残すところあと数日となりましたが、これから台湾へ旅立つ私にとっては今日がその最終日となります。今年の蕎麦の締めは、恒例の「紗羅餐(サラザン)中部国際空港店」で蕎麦ほうとうの味噌煮込み(合鴨)と天ぷらの盛り合わせを頂きました。妻子は「お前の蕎麦には付き合っとれん」とばかりに別行動でハンバーガーを食べに行ってしまい、今回は私一人で至福の時を満喫しました。

161228ー蕎麦ほうとうの味噌煮込み@紗羅餐

今年は昨年の倍以上、112食の蕎麦を食しました。その上今年は食べるに留まらず蕎麦打ちの真似事も始め、本当に充実した蕎麦イヤーとなりました。それではDr.Dの蕎麦放浪記2016のハイライトをお届けします。

其の5、今年の食べ初めは加子母の隠れた名店「天照庵」のこおろしそばを、メニューにない蕎麦を頼む優越感と共に。

160126-其の5このこおろしそば@天照庵s

其の6、出張先の札幌で入った蕎麦店「盤渓そば」で初体験の山菜そばがき。蕎麦とは違った食感が面白い。フキノトウも味わい深い。

160127-其の7山菜そばがき@盤渓そばs

其の7、出張先の神奈川県寒川町で蕎麦店「東風園」で三昧そば。左から、十割、更科、二八。

160203-其の7三味そば@東風園s

其の9、多治見市での上棟式の後、人気の蕎麦店「井ざわ」へ。5:00pmの開店を待って一番乗りです。一日15食限定の石臼粗挽きそばを頂きました。豊かな香りと歯応え、私の好みど真ん中です。そしてお値段も別格。

160212-其の9石臼粗挽きそば@井ざわs

其の11、今年初の「あお木」。「もりの小を」と注文すると、「はい?」と聞き返されました。物足らなさは蕎麦湯で補う。

160217-其の11もり小@あお木s

其の13、韓国出張の折に、中部国際空港でちょっと早めの昼食を。「紗羅餐」で十割とそばがき、そしてビールを少々。

160223-其の13十割とそばがき@紗羅餐s

其の20、"水の都"大垣で珈琲屋さんのやる蕎麦店を発見。いや、蕎麦店のやる珈琲屋さんかも。名前につられて「養老山麓豚のつけそば」を注文。焦がしネギの香ばしさと豚の脂身の濃厚な甘みを絡めて食べる歯応えある細いそば、そして食後には珈琲店のコーヒー。これは良い。

160305-其の20@養老山麓豚のつけそばはなのき珈琲大垣店s

其の28、オーストラリアからお越しのトテンホファーご夫妻と共に、「すや西木」の隣の「甘味処榧」へ。餡を添えたそばがきを。結構なお点前で。

160428-其の28そばがき@甘味処榧s

其の34、長久手で晩御飯を済ませ加子母への帰路をボチボチ北上していると、なぜか無性に蕎麦が食べたくなり、瑞浪IC近くの「手打そばみずき」へ。「夜やってる蕎麦屋さんには要注意」とよく言う私が、夜やってるみずきさんに感謝です。

160524-其の34もりそば@手打ちそばみずきs

其の39、訪れた蕎麦のメッカ長野県は伊那市で、偶然入った蕎麦店「こやぶ」。狭い駐車場の奥にポツンとある門を潜るとその奥に趣ある古民家風の店舗が。人気店とお見受けした。蕎麦は香り豊富な十割で、歯応えも良い。二枚目では焦した味噌をつゆに入れて、少し味を変えて。

160602-其の39十割@こやぶ竹聲庵s

其の40、いなべ市での仕事の帰り道の桑名市で、「桑名志満や」に立ち寄りました。中々の繁盛店のようです。玄蕎麦を丸ごと挽いたという蕎麦「挽きぐるみ」を頂きました。1日限定10食。歯ごたえ抜群、ネギの風味も良く、蕎麦湯も私好みでした。

160605-其の40挽きぐるみ@志満やs

其の45、本日の相棒加トさんに連れられて昼食は本巣市にある「茶寮如庵」でせいろの大盛。蕎麦好し、趣ある建物も好し。

160623-其の40せいろ大盛@茶寮如庵s

其の54、家族旅行で訪れた札幌で、しっかり夕食を食べ後に"蕎麦"の看板に導かれて入った「居酒屋福よし」。看板メニューのもつそばのハーフを注文。小熊(シャオション、倅のこと)に大半食べられてしまいましたが。

160808-其の54もつそばハーフ@居酒屋福よしs

其の61、加子母出身であり両親の同級生のサカイさんにお誘い頂きまして、豊島区長崎の「そば七」で昼食に蕎麦を。美味しい蕎麦と大きな海老天を頂きながら、加子母話に花が咲きました。

160906-其の61てんぷらそば@そば七s

其の63、SNSで拝見した関市の「そばきり萬屋町助六」で、きせつの天ざるを頂きました。豊富なそばの香りと心地よい歯触り。
きせつの天ぷらも私好み。繁盛店も頷けます。

160915-其の65きせつのてんざる@そばきり萬屋町助六s

其の69、可児市の飲み屋さん魚と蕎麦の店「肴家」で蕎麦がき。蕎麦を肴に酒。オトナの真似事です。

161020-其の69蕎麦がき@魚と蕎麦の店『肴家』s

其の69、同じく魚と蕎麦の店「肴家」で、締めに「玄挽きの二八蕎麦」。この噛み応え、私好みです。

161020-其の70玄挽きの二八蕎麦@魚と蕎麦の店『肴家』s

其の72、知り合いお勧めの、中津川駅前のレジストロ通り沿いにある「手打蕎麦わくり」へ。広くなくも雰囲気のある店内。10食限定の「粗挽せいろ」と女将さんお勧めの「にしん煮」を頂きました。粗挽せいろは蕎麦の香り豊富で歯応えも十分。塩が付いて来るのが嬉しい。にしん煮も程よい味付けでした。専用駐車場はなく、駅前の有料駐車場代まで含むとちょっと割高感はですが、それでもまた来たいお店です。

161027-其の72@粗びきせいろ@手打蕎麦わくりs

其の76、岐阜県垂井町にある「郷亭」にて、天ぷら盛り蕎麦、一皿増し。幌加内と大町の高級そば粉にこだわって使用しているそうです。蕎麦もさることながら、郷鉄工所の迎賓館を改修した建物は一見の価値あり。少々お高いのは入館料ということで。

161107-其の76天ぷら盛り蕎麦@郷亭s

其の84、美濃市での用事のついでに、昼食に蕎麦を。図らずも今週は毎日蕎麦と相成りました。道の駅の隣にある「蕎麦茶屋まきぼう」で板そば。蕎麦の風味も良く、歯応えも十分で私好み。美濃にまた一つ良いお店を見付けました。

161113-其の84板そば@蕎麦茶屋 まきぼうs

其の95、久しぶりに訪れた飛騨高山で、「飛騨牛、飛騨牛」と思いながら引力に引かれて「ざる蕎麦せと」へ。野麦、大野、白川郷、清見の蕎麦を食べ比べ。なるほど違いが分かります。なんとなく。

161127-其の95もりそば@ざる蕎麦せとs

其の102、数か月前に始めた蕎麦打ちの真似事。少し格好が付いて来たいので、今日は満を持して家族に蕎麦を振舞いました。犠牲者との見方も。お店で買った天ぷらを添えて、天もりなぞ。家族の評判はまずまず。同時に次なる課題も見えました。

161211-其の102蕎麦打ちの真似事s

其の105、蕎麦打ちの真似事は続きます。勢い余って天ぷらを揚げてみました。

161219-其の105手打ち蕎麦s

其の107、"年越し蕎麦月間"の12月は蕎麦比率が上がりますが、その中でも「天照庵」比率が特に高くなっている今日この頃。天ぷらそばの美味いことなんのって。

161221-其の107天ざる@天照庵

こうして振り返ってみると、今年も蕎麦をよく食べたものです。訪れた先々の蕎麦店にも積極的に入ってみました。私の体の大部分は蕎麦でできているのかも知れません。本当に充実した一年だったと思います。

それでは、【Mr.Dの蕎麦放浪記2017】でお目にかかりましょう。

中島 大地

カテゴリー: 蕎麦 タグ:

GSWがクリスマス・ゲームで惜敗

2016 年 12 月 27 日 Comments off
2016年12月27日(火) 〇  

我らがゴールデンステイト・ウォリアーズの今年のクリスマス・ゲーム(現地25日)は、昨シーズンのNBAファイナルで3勝1敗から歴史的アップセットを許した強敵クリーブランド・キャバリアーズとの初戦。ファイナル第7戦の熱気そのままに一進一退の好ゲームで、その終盤にGSWが最大14点差をつけてそのまま逃げ切りというGSWらしい勝ちパターン...かと思いきやキャブスが怒涛の追い上げを見せ、若き司令塔カイリー・アービングがファイナル第7戦を決したショットを思い出させるフェイドアウェイで逆転し、GSWが最後のプレイをモノにできずキャブスが接戦をものにしました。

*写真はSNSより拝借
161226-GSWvsCLC

審判の笛が始終キャブス寄りだったとか、試合を決するプレイで誤審があったとか、色々後味の悪さはありますが、所詮アウェイで接戦を許したGSWの負けです。キャブスとの次の対戦は来年1月、今度こそキャブスを完膚なきまでに叩きのめし、昨シーズンのファイナルの雪辱を晴らし、後半戦、そして今シーズンのファイナルに向けて弾みをつけて欲しいと思います。Go Warriors!

中島 大地

カテゴリー: NBA タグ:

今回はいつもと違う

2016 年 12 月 26 日 Comments off
1612261.jpg

岐阜市の現場です。
先日より足場解体作業が行われています。
すこしづつ
日を追うごとに
建物の全容が現れる様子は、なかなか壮観です。


・・・・・・ただの見物であれば。
頭の中は不安でいっぱい。
はやく終わって欲しいというのが本音です。
嗚呼、現実逃避に拍車がかかる。
カテゴリー: 建築 タグ:

我が家のお披露目会

2016 年 12 月 26 日 Comments off
2016年12月26日(月) 〇  

ここ数年の懸案事項だった我が家の増改築工事が先日完了したので、お祝いをもらっている両親を招いてのお披露目を催しました。時季的にはクリスマス会大掃除後の慰労会、そして以前から計画していた年越し蕎麦会と、数々の趣旨を一度に済ませる絶好の会になりました。まずは私の仕事部屋、改め小熊(シャオション、倅のこと)の勉強部屋で記念写真。

161225-竣工パーティ01

以前は5人が集うことなどできなかった狭いリビングも、2坪増床したことで非常にゆったりしました。壁いっぱいの大きなソファも食後のまったりタイムには特に重宝しました。もちろんペレットストーブも最高です(写真には写ってませんが)。

161225-竣工パーティ02

招待客が両親とは言え頂いたお祝いに対するお礼を形にする宴でして、献立を何にしようかと2週間ほど前から悩んでいましたが、母親のアドバイスであまり手間が掛からないすき焼きをメインに据えることにしました。そこで現在現場施工中の精肉の整地養老町から数日前に肉を買って帰りこの日に臨みました。

161225-竣工パーティ03

宴の趣旨の一つが年越し蕎麦会でして、すでにお腹いっぱいの両親に手打ち蕎麦を無理矢理振る舞いました。蕎麦打ちの道は歩み始めたばかりですが、評判はまずまずで一安心。

161225-竣工パーティ04

但し、蕎麦添える予定だった天ぷらはさすがに割愛。まだクォリティがそのレベルではなかったのでそれはそれで好都合でしたが。さて、我が家ではここ数日は天丼が続くかな。

161225-竣工パーティ05

このような食事会を我が家で催すのはこれが初めてでした。もちろん手打ち蕎麦を妻子以外の人に振る舞うのも初めて。時間配分など予定通りにいかないことばかりでスッタモンダしましたが、それでも大きな失態もなく無事終了しました。当初の趣旨も果たせて、初めての試みとしては上出来だと思います。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

人は悲しみ重ねて大人になる

2016 年 12 月 26 日 Comments off
2016年12月26日(月) 〇  

現在の我が家に移り住んでもうすぐ13年になりますが、今年初めて年末の大掃除をしました。基本的には熊(ション、家内のこと)が日頃からマメに掃除をしているため取り立てて大掃除をする必要はありませんが、小熊(シャオション、倅のこと)に日本の風習を示すべく今年は実行してみました。

161225-大掃除

大掃除における私の課題はガンダムエースの処分です。過去に約4年間購読してたガンダムエースが数十冊あり、小さな家の大切な収納スペースを占領しているので、紐で縛って外物置に移しました。熊は完全に処分してしまいたいようですが、それではあまりにも寂し過ぎるので熊に頼み込んで何とか回避しました。

161225-大掃除2016

中島 大地 

カテゴリー: ガンダム タグ:

一期一会 in 加子母

2016 年 12 月 25 日 Comments off
2016年12月25日(日) 〇  

12月上旬に韓国仁川で開催されたIWCC&Fでご一緒し意気投合したDaishiさんとChinamiさんと、昨晩加子母で再会しました。名古屋工業大学の卒業生である二人は、同じく名工大の卒業生で現在加子母在住のSano君を尋ねて24・25日に加子母を訪れているということで、飲み会にお招き頂きました。お二人の他にも、同じく名工大の卒業生で岐阜市在住のSakaiさん、そして武蔵野美術大学の卒業生で現在明治座の道具係兼案内人を務めるYusaさんが加わり、実に賑やかな飲み会となりました。肝心のマルワイマンは先約を終え、日付が変わる頃に合流しました。

161224-クリスマス会01

たくさん食べてたくさん飲んだ会を更に盛り上げたのが卓球大会でした。二間続きの和室に鎮座する卓球台は、Sano君とYusaさんがこの日のために合板3枚を繋いで塗装をして作り上げた手作り品。南米経由で入手したネット・ラケット・ボール・得点板を添えて、その完成度たるや紛れもなく卓球台です。

161224-クリスマス会03

気楽なレクリエーションが総当たり戦の真剣勝負に発展し、酔っ払い6人が汗だくになりながら卓球に興じました。実は私、遠い遠い昔の学生の頃にちょくちょく卓球をしてまして、全くの初心者と比べると少し分(ぶ)がありまして、"まだまだ若いモンには負けんぞい"的アピールを楽しみました。そうなんです、参加者の中では私が最年長者でした。若いパワーに圧倒されながらも何とかついて行こうと背伸びしながら、夜は更けて行きました。

161224-クリスマス会02

そして今日は昼食をご一緒しました。この地域のソウル・フードをご紹介しようと、炭火焼肉大臣で鶏ちゃんと飛騨牛のランチ。ご紹介したいものがたくさんあり過ぎて、ちょっと食べ過ぎました。

161225-炭火焼肉大臣にて

一つのご縁が次のご縁へと繋がり、人の輪が広がって行く。今年のクリスマスはそんな不思議な巡り合わせを実感した、本当に楽しい時間でした。皆さん、また何か企てましょうよ。

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ:

師匠との想い出ぽろぽろ

2016 年 12 月 25 日 Comments off

10年前に神戸で木造建築に携わっていた頃の師匠の訃報をきいた朝。今日は一日カレンダーを配り。運転する車の中で、師匠との想い出がポツリポツリと頭を巡り、目頭が熱くなりました。 RC(鉄筋コンクリート造)のエキスパートで、とある現場がご縁で私の教育係としてマンツーマンでご一緒するようになりました。20代半ばで木造建築に携わったばかりの私。経験が少ないながらも気持ちと責任感だけは一人前に張り...

カテゴリー: 暮らし タグ:

Wonderful Christmastime

2016 年 12 月 24 日 Comments off
2016年12月24日(土) 〇  

今日はクリスマス・イブ。主役たる小熊(シャオション、倅のこと)が数年前に"世の中の理"(ことわり)を知って以来プレゼント授受の醍醐味が減ってしまい寂しさを覚えます。それでも今年は過去最高・最大のプレゼントがあります。この勉強部屋です。私のブログ執筆のための籠り部屋として計画した仕事部屋でしたが、結局は熊(ション、家内のこと)の思惑通り小熊の勉強部屋になりました。

161224ー仕事部屋にて

3帖間のちほどよい広さに壁一面の収納棚。杉板張りの設えと加子母の山々が臨める南向きの窓。気に入ってくれているようで何よりです。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

今年の漢字は「変」

2016 年 12 月 23 日 Comments off
2016年12月23日(金) 〇  

毎年年末になると今年の漢字の話題が世間を賑わせます。今年の漢字は、オリンピック・イヤーを象徴する漢字となりました。思えば4年前も同じく「金」だったような気がします。その年の世相をたった1文字で表すというお題がそもそも難しいですね。

ちなみにSNSで見付けた「あなたの2016年を漢字1文字で表したら?」という遊びをやってみたら、でした。10問そこそこの問いに答えただけでその人の何が分かるのかと思いながらも、出てきた答えには妙に納得してしまいました。

自分でも「今年の漢字」を考えてみました。です。漢字2文字が許されるならば変態です。"変態"とは、ウィキベテアによると"正常な生育過程において形態を変えること"だそうです。英語では"metamorphosis"。蛹(さなぎ)が蝶になることですね。決して"変な性癖"のことではありません。

ここ数年、いやここ10数年、年始には減量を目標に掲げながらも実行できずにいましたが、1年程前にダメな私を後押ししてくれる出来事がありました。当初は、それまで私の代名詞とも言える暴飲暴食を控えるようにしていましたが、具体的な目標を持とうと思い摂取カロリーを管理するようにしました。結果、食生活が野菜中心になり、間食が減り、食べる時はよく噛むようになりました。

すると今度は摂取量を制限するだけでなくカロリーを積極的に消費しようと思い立ち、ジョギングを始めました。始めた頃は家の周りの坂道を下るだけで息が上がっていましたが、続ける内に少しずつペースが上がり、立ち止まらず走れる距離も延びました。走る頻度も当初は3日に1回ぐらいを目標にしていましたが、最近ではジョギングしない日は罪を犯したような気持ちにさえなります。又、旅行先や出張先ではジョギングが楽しみの一つとなり、その土地をより身近に感じることができるようになりました。

そんなこんなで1年が経ちました。成果は6月の健康診断の測定で体重約20kg減・胴回り約20cm減。健康診断でも健康体のお墨付きを頂き、続いて9月に受診した人間ドック精密検査でも問題なしでした(多少遠回りはしましたが)。短期間で風貌が変わったせいでまずは大病を疑われます。久しぶりに会う人には私と気付いてもらえないこともしばしば。「別人と話しているみたい」ともよく言われます。それはそれで悪い気はしません。1歳上の私の兄貴を知る人は私を兄貴と間違えたりします。こちらはちょっと悪い気がします(冗談です)。

日本人男性の平均寿命は約80歳ということなので、四十二の私はほぼ折り返し地点に差し掛かったことになります。自分に与えられた天命に言い分けなく、ぶれることなく向き合わなければならない時期を迎えました。その意味で、年始の抱負に掲げた私のモットー「継続と蓄積は力なり」と「Stay Hungry, Stay Healthy」が少しだけ実を結び、後半戦のスタートラインに立つことができた年となりました。

中島大地

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

ユージさんに後光

2016 年 12 月 22 日 Comments off
2016年12月22日(木) 〇  

昨日の話。午後から中津川市内で一仕事済ませ、その足で年末のご挨拶で東濃・中濃地方のお客様宅を回りました。予定通り用事を終え、8:00pm頃加子母に向かって下呂の舞台峠を上っているといきなり車の勢いが弱まり、坂を上り切った所で止まってしまいました。ガス欠です。実に人生2回目。確かに給油ランプは点灯していましたが、普段から給油の目安を650kmでまだ余裕があると思っていましたが、見誤りました。

161221-ガス欠 (1)

助けを求めようと思い当たる同僚数名に電話するも、昨日に限って皆残業を早めに切り上げ帰宅していました。そこで最後の手段、恐れ多くも大先輩のユージさんに電話すると、すぐさま助けに来てくれました。二人で下呂のガソリンスタンドへ行ってガソリン10リットルを購入して返り、給油し、無事帰路に着きました。

161221-ガス欠 (2)

事故をしたわけでもなければ、車中泊したわけでもなく、ホンの少しの足止めで済みました。全てユージさんのお助けのおかげです。いつにも増してユージさんに後光が射して見えたのは言うまでもありません。ユージさん、本当にありがとうございました。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

ひょうたんランプができるまで、、、

2016 年 12 月 21 日 Comments off

01

amazonでひょうたんの種を買ってからようやくここまでたどりついた。 蒔いたのは5月末だったのに、7月中旬でこの大きさだった。遅っ。 ここからは1日10cm以上伸びる日もあった。 穴を開けて腐らす作業。 収穫が10月に […]
カテゴリー: ひょうたん, 植物, 薪ストーブ タグ:

柏木工の家具

2016 年 12 月 20 日 Comments off
2016年12月21日(水) 〇

先日引き渡しを終えた我が家の増改築計画の最後のピースである家具が、満を持して昨晩届きました。11月末に飛騨高山の柏木工で選んだソファ・TVボード・チェアです。

161220-柏木工01

特にこだわったのがこのソファの長さ2.3mです。身長175cmの私がゆったりと横になれるこのサイズ、もちろん家族3人が横に並んでもゆったり座れます。張地の色は熊(ション、家内のこと)が決めました。小熊(シャオション、倅のこと)は"赤"を望んでいまして私もその案に乗っかってましたが、最後は家長たる熊の一存に従いました。これはこれで「ザクとは違うのだよ、ザクとは!!」的で良い色だと思います。

161220-柏木工02

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

Ace Up My Sleeve

2016 年 12 月 20 日 Comments off
2016年12月20日(火) 〇  

現在工事中のCome On A-Yoro Houseのある養老郡養老町は、日射しはあり寒すぎないものの、伊吹おろしの冷たい風が吹き外部での作業には酷な時期を迎えています。屋根の上では瓦工事が最終段階を迎え、外壁は左官塗りの下塗りの工程が終わりました。一方室内は、太陽の光がふんだんに差し込みとても暖かい中で作業をしています。

161215-Yoro House

さて、ここ数ヵ月構想を練ってきたリビングの一部を飾るアクセント壁のアイデアがある程度まとまったので、次はそれをいかに形にするかの相談を造作工場のリーダー駒田君、通称Komaちゃんに持ちかけています。"困った時のKomaちゃん頼み"です。

161217-既存ケヤキ再利用02

概ねの作戦としては、先般解体した旧家で使われていたケヤキ材を再加工してモザイク風に仕上げようと思っています。一級品の素材の存在感、そして旧家へのオマージュが込められたストーリーと、象徴的なワン&オンリーのアクセント壁になるものと今からワクワクしています。

161217-既存ケヤキ再利用01

中島 大地

カテゴリー: Come On A-Yoro House タグ:

その若さが悔しい羨ましい妬ましい

2016 年 12 月 19 日 Comments off
1612191.jpg

先日、知多で開催されたトライアルのスクールに参加しました。
このスクールも4回目になります。
ちっとも上達してませんが。
で、
今回は例の甥っ子も参加。
最近は、毎週のように林道を走っているようで、上達した様子を見せたがっている様子。
このスクールに参加させて、コテンパンにする腹積もりだったのですが・・・。

1612192.jpg

いやはや、上達が早いのなんの。
こちらが何日も練習して出来たスキルを数時間でマスター。
こっちがコテンパンに打ちのめされました。
若い奴らは上達が早い・・・などとオトナなセリフを吐くつもりはサラサラなし。
・・・・無茶苦茶悔しい。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

12月19日(月) 岐阜公園三重塔

2016 年 12 月 19 日 Comments off

今日は日本晴。金華山も岐阜城もとてもきれい!

resize0052

三重塔修復工事も良く見える。

resize0053

いよいよ仮設建物の解体が始まった。

resize0061

初重の塗装も大詰め。

resize0062

初重の鬼瓦と二重の小屋組み。

resize0055

角のあるのは初重。

resize0054

初重の瓦と二重の建屋。

resize0056

角の無いのは二重。

resize0057

三重の建屋。

resize0058

とてもしっかりときれいに上がりました。

resize0059

三重の屋根と相輪。

resize0050

相輪。

resize0051

相輪。

resize0063

相輪から工事現場と信長の館の発掘現場と岐阜市街を見る。

resize0060

いよいよ仮設建物の解体が始まった。
大型クレーンが入って40mの物を順番に外して吊り下げる。下から見上げると真青な空の中に黄色のクレーンの手が延びて一ヶづつ、ゆっくりと部材が吊り下げられてくる。ああ、やっとお仕舞いになるのだなぁと感無量だ。
 一昨年の暮れから段取りを始め、昨年の春から仮設を始め、昨年、今年と丸二年かけて解体、搬出、修理、搬入、組立てをした。その間大きな台風を一番心配した。大きな仮設の建物だからだ。古い建物だから傷みも酷く気の遠くなるほどの手間がかかった。宮大工さんは小川啓二棟梁の元へ全国から馳せ参じてくれた。塗装屋さんは古い塗料を落として塗り直し、瓦屋さんは古い瓦を大切に扱い乍ら葺き上げた。建具屋さん、板金屋さんも古い物を大切に補修した。鉄の補強も良くやった。鳶職人も率なく熟した。役所の方々も設計事務所の方々も本当に根気にやって下さった。栗原一幸所長は計画から片付けまで冷静に気長に良くやった。
 これだけの手間の掛かる仕事は他にはそんなに無いと思う。こうして立派に出来上がった姿をお正月には見てもらえると思うと体の芯から嬉しさが込み上げて来る。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

平成28年度自民党恵北支部懇談会

2016 年 12 月 19 日 Comments off
2016年12月19日(月) 〇  

昨日は自由民主党恵北支部懇談会に出席しました。本来は年始の互礼会が恒例ですが、来年早々に岐阜県知事選を控えているということで今回は忘年会となりました。

161218-自民党恵北支部懇談会

今年は、青山節児中津川市長の再選、渡辺猛之参議院議員の再選と順調な一年でした。岐阜県知事選もこの勢いそのままに古田肇知事の再選となりますよう、私も微力ながらお手伝いする所存です。

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ:

夢の途中

2016 年 12 月 18 日 Comments off
2016年12月18日(日) 〇  

来週日曜日に我が家で予定している大掃除と年越し蕎麦の夕食に向けて、今日の昼食は天ぷら蕎麦を練習しました。心の赴くままに天ぷらを作り過ぎまして、結果"天ぷら蕎麦"ではなく"蕎麦天ぷら"になってしまいました。

161218-蕎麦天ぷら01

海老、さつまいも、かぼちゃ、なめこ、アボカド、とうもろこしと枝豆のかき揚げをセレクト。素材の美味しさはありますが、衣のサクサク感がイマイチな上、蕎麦を茹でている内に冷めてしまいました。熊(ション、家内のこと)が手伝ってくれましたが、我が家の狭いキッチンでは手際にも限度があります。

161218-蕎麦天ぷら02

Dデイまであと一週間。果たして年越し蕎麦の夕食は形になるのでしょうか。試行錯誤は続きます。

中島 大地

カテゴリー: 蕎麦 タグ:

中島家増改築工事、完了

2016 年 12 月 17 日 Comments off
2016年12月17日(土) 〇  

数年前から構想を膨らませ、やっと10月上旬に着工した我が家の増改築工事が、本日のお引渡しをもって一区切りしました。とは言え日々そこに住んでいますので名目的な区切りですが。工事関係者の皆様、そして現場監督のマサオ君には本当にお世話になりました。

161217-増改築完了

元々は壁は卵色、木部は古色という外観でしたが、この度全てを黒色にしました。熊(ション、家内のこと)は「なんだか蕎麦屋さんみたい」と。それもまた良し。内部はまだまだ片付けが必要ですので、お披露目はまたの機会としたいと思います。

2.5ヵ月の工事の中で、そこに住みながらの工事の難しさ、住まい手としてのストレス、そして予想以上に掛かる費用を実感することができました。本当に貴重で有意義な経験です。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

第15回中部住宅部全体会議

2016 年 12 月 16 日 Comments off
2016年12月16日(金) 〇  

今日は午後から、半期に一度の中部住宅部全体会議を開催しました。積み重ねること15回、7年目に突入です。企画・営業・設計・施工・メンテナンスの各課からの報告、現場からの技術情報や外部研修等の発表、そして住まいづくりフォトコンテストの投票。岐阜県と愛知県に広がる中部住宅部員23名が同じ目標に向って前進するための重要な機会です。

161216-第15回中部住宅全体会議

夕方からは忘年会。今年は加子母の中華菜館鈴鈴(りんりん)にて。こちらもまた仲間意識高揚には欠かせない機会です。何を申し合わせるわけでもなく若手による余興が始まったりして。来年の研修旅行の方向性も概ね決まりました。

161216-忘年会01

とにかくたくさん食べてたくさん飲みました。どの料理もとても美味しくて一同大満足。数あるメニューの中からとりトマ丼を紹介します。中津川市内25店舗が提供する、中津川産の鶏肉とトマトを使ったご当地グルメです。同じ"とりトマ丼"の名前の元、各店舗がそれぞれオリジナルのとりトマ丼を提供しています。

161216-とりトマ丼

そして今回の住まいづくりフォトコンテストでは、開催9回目にして初めて賞を頂きました。それもなんとグランプリ。作品名水の音です。この受賞は私に機材を与えてくれた熊(ション、家内のこと)に捧げたいと思います。

水の音

2016年も残すところあとわずかです。年末のご挨拶や何かと年内に済ませておきたい用事が目白押しです。時間と気持ちに余裕を持って行動し、安全運転で今年を無事に終えたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

天ぷらに初挑戦

2016 年 12 月 15 日 Comments off
2016年12月15日(木) 〇  

我が家は12月25日に大掃除を予定していますが、その後の夕食に一足早い年越し蕎麦を計画しています。年越し蕎麦を自分で打って、それに天ぷらなぞ添えようなどと欲が出て来まして、今宵は天ぷらに初挑戦しました。手始めに定番の海老てんと、この夏ハマりにハマったとうもろこしと枝豆のかき揚げ。ズブの素人には同時に2種類なんて手に負えませんので、熊(ション、家内のこと)に手伝ってもらいました。経緯はさて置きオシドリ夫婦に見えなくもない。

161215-天ぷらの練習

手際は最悪、味も微妙ですが、色々と改善点が見えて来ました。何よりもまずは第一歩が踏み出せたことが最大の収穫です。25日の年越し蕎麦には天ぷらをもう数種類用意したいと思っていますが、果たしてどうなることやら。

中島 大地

カテゴリー: 蕎麦 タグ:

つみき設計施工社@オフィスびらき

2016 年 12 月 15 日 Comments off

11月14日はつみき設計施工社さんのオフィス・オープンにお邪魔して来ました。昼間はインターンのオコノギ君と共に、墨田の家や新規物件の設計に勤しみ、夕方早めに仕事を切り上げて京葉線で市川大野へ。 「暮らしの一つ一つを、丁寧に「いちいち」手にかけること」から1/1(イチイチ)と名付けられた新オフィス。「自分の手で作りつづける日常」をコンセプトにしたショップ+ワークショップスペース+シェアオ...

カテゴリー: 趣味 タグ:

せんねん灸デビュー

2016 年 12 月 14 日 Comments off
2016年12月14日(水) 〇  

先週末からどうも左胸が痛みます。心臓の少し上で、骨でも折れているかのように深呼吸するだけで傷みます。20代の頃に左肩甲骨の周りの筋を違えたのがきっかけで以来違和感があり、疲れがたまるとその部分が凝って怠くなりますが、この胸の痛みはそれが原因のような症状にも思えます。今月に入ってから続いた出張のせいなのか、はたまた日頃から重い仕事カバンを持ち歩いているせいなのか、ひょっとして麺棒で力を入れ過ぎたせいか。

昨日の相棒で人生の先輩である加トさんにその話をすると、せんねん灸を勧めてくれたので昨晩早速試してみました。せんねん灸と言えば、私が小学生の頃お祖母ちゃんが使っているものを興味本位で試してみたのが最初で最後でしたが、それをいよいよ自分が使う番になったのかと思うと何とも切ない気持ちになります。

161213-千年灸

せんねん灸は一度使っただけで効果を実感できるものではなさそうです。地道に続けたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

千年灸デビュー

2016 年 12 月 14 日 Comments off
2016年12月14日(水) 〇  

先週末からどうも左胸が痛みます。心臓の少し上で、骨でも折れているかのように深呼吸するだけで傷みます。20代の頃に左肩甲骨の周りの筋を違えたのがきっかけで以来違和感があり、疲れがたまるとその部分が凝って怠くなりますが、この胸の痛みはそれが原因のような症状にも思えます。今月に入ってから続いた出張のせいなのか、はたまた日頃から重い仕事カバンを持ち歩いているせいなのか、ひょっとして麺棒で力を入れ過ぎたせいか。

昨日の相棒で人生の先輩である加トさんにその話をすると、千年灸を勧めてくれたので昨晩早速試してみました。千年灸と言えば、私が小学生の頃お祖母ちゃんが使っているものを興味本位で試してみたのが最初で最後でしたが、それをいよいよ自分が使う番になったのかと思うと何とも切ない気持ちになります。

161213-千年灸

千年灸は一度使っただけでは効果を実感できませんので、地道に続けたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

岐阜公園三重塔修復はいよいよ最終段階

2016 年 12 月 13 日 Comments off
2016年12月13日(火)  

2年前に始まった岐阜公園にある三重塔の修復工事が、来年2月末の完成に向けて今週外部足場の撤去作業が始まります。これが最後のチャンスとばかりに、今日は岐阜方面に出掛けたついでに今日の相棒加トさんと現場にお邪魔しました。分刻みの予定がある中、現場監督のkuriguriさんは文字通り"お邪魔"の私達を昼休み返上で快く案内して頂きました。本当にありがとうございました。このお礼は飛騨牛で果たしたいと思います。

161213-三重塔 (10)

161213-三重塔 (3)

161213-三重塔 (2)

161213-三重塔 (4)

161213-三重塔 (7)

161213-三重塔 (8)

161213-三重塔 (9)

これだけの工事をやってのける逸材ぞろいの社寺部を心強く思う一方で、私達住宅部もますます頑張らねばと気持ちを新たにする刺激的な見学でした。

中島 大地

カテゴリー: 社寺建築 タグ:

第3回エコハウス研究会全国大会2日目:犬山散策

2016 年 12 月 12 日 Comments off
2016年12月12日(月)  

7日と8日に名古屋市で開催された第3回エコハウス研究会の2日目は、愛知県内の建築物視察でした。常滑市と犬山市の選択肢があり、迷いに迷った末に犬山市を散策しました。

齢四十二で初めての国宝犬山城。現存する数少ない木造の城で、国宝5城の一つです。

161208-犬山散策 (1)

紅葉のピークは過ぎていましたが、秋の桜が咲いていました。

161208-犬山散策 (2)

上段の間。

161208-犬山散策 (3)

恐る恐る廻縁に出て愛知県方面を一望。

161208-犬山散策 (4)

廻縁を回って岐阜方面を一望。遠くに冠雪の御嶽山が見えます。下腹部がゾクゾクします。

161208-犬山散策 (5)

続いて犬山城の城下町を散策。

161208-犬山散策 (8)

文化財旧磯部家住宅。起(むく)り屋根が象徴的です。

161208-犬山散策 (9)

昭和横丁。

161208-犬山散策 (10)

161208-犬山散策 (11)

名鉄犬山ホテルの敷地内にある日本庭園・有楽苑が散策のクライマックス。国宝茶室・如庵は、幹事さんの顔で特別に中も見学させて頂きました。

161208-犬山散策 (14)

参加者の皆さんと如庵の前で記念写真。師走の忙(せわ)しい時期に、少し後ろめたさを感じながらもゆったりと犬山を散策することができました。参加者の皆さん、ありがとうございました。

161208-犬山散策s

中島 大地

カテゴリー: 講習 タグ:

20年後の目標は

2016 年 12 月 12 日 Comments off
161212.jpg

休日に可児市のトライアルパークへ練習に。
ここへ来るのは1ヶ月ぶりですが、かなりの頻度で練習はしています。
なかなか上手くは乗れませんが、現実逃避には最高の手段かも。
それはそれとして、
ここの常連さんたちの年齢層ですが、60代以上の方々が割と多いようで。
このお三方々も60代。
とんでもないところを登って行きます。
ちなみに「道楽の師」も60代。
20年後の目標ができたのでした。
先は長いようで短い・・・かもしれません。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

続・食べるを楽しむ

2016 年 12 月 12 日 Comments off

2016年も残り3週間をきりました。1日1日と2016年のカウントダウンが進む中、今年のうちに出来ることはやっておこうと、時間を大切にしながら仕事をこなしていきます。設計業務・イベント・年末のご挨拶など、忙しなくとも充実した日々。 日頃食べているものが、毎日の原動力になっています。10日(土)に開催したクリスマスお菓子教室を終え、少しだけゆったりとした日曜日。ここ最近の週末の日課で、朝...

カテゴリー: 暮らし タグ:

お歳暮商品 出荷も 本格的に。

2016 年 12 月 12 日 Comments off
トマト栽培のひよっこたちは 寄せ植えもつくります。
カテゴリー: お中元・お歳暮 タグ:

12月は"年越し蕎麦月間"

2016 年 12 月 11 日 Comments off
2016年12月11日(日) 〇  

年末年始は熊(ション、家内のこと)の故郷である台湾に帰省するため、もう何年も大晦日に年越し蕎麦を食べていません。そこで数年前に12月を"年越し蕎麦月間"と称し、普段にも増して蕎麦を食べています。今年はこれまですでに100食を超える蕎麦を食べていますが、この所特に蕎麦比率が高くなっているのは、数か月前から蕎麦打ちの真似事を始めたからです。

今日はちょっと早めに帰宅したので、お出掛けしていた妻子の居ぬ間に蕎麦を打ってみました。二八を300g。始めた頃は全然繋がらなかった麺も、行き付けの蕎麦屋さん天照庵の大将から頂いたアドバイスを実践すると繋がるようになりました。

1612111-自家製蕎麦 (1)

ほんの少し上達したことで俄然気を良くして、今日はお店屋さんで買ってきた天ぷらを添えて天もりにしてみました。蕎麦屋さんで頂くものとは雲泥の差ですが、細やかな充実感に満たされました。

1612111-自家製蕎麦 (2)

そこで妻子にも半ば強制的に食べてもらうと、玉砕した前回よりも少々評価が上りホッとしました。いや、単に天ぷらが良かっただけなのかも...

1612111-自家製蕎麦 (4)

当面の目標は、12月下旬に予定している我が家の大掃除の後に年越し蕎麦を振る舞うことです。今年の"年越し蕎麦月間"は充実しています。

中島 大地

カテゴリー: 蕎麦 タグ:

クリスマスお菓子教室

2016 年 12 月 11 日 Comments off
12月10日にクリスマスお菓子教室を開催しました。定員を超えるご予約を頂き、急遽テーブル・イスを増設してスタート。今回は季節にちなんでクリスマスを楽しむスノーマン。 粉糖が主原料で粘土状になったシュガーペースト(水色)を、丸棒で丸くのばしてカップケーキの上に載せて、その周辺部分に雪をイメージしたデコレーション。同じようにスノーマンも作って顔をいれたら、マフラーも作って着せてあげました。...
カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

ちきゅうつうしん

2016 年 12 月 10 日 Comments off

中島工務店及びNPSグループの給料明細に同封される「ちきゅうつうしん」。見学会・セミナーなどNPSグループのイベントから、会社での工事表彰やお祝い事、社員さんの誕生日に、明治座クラッシックコンサート・地歌舞伎や村民体育祭など、加子母(かしも)で行われる地域の行事に至るまでが分かりやすくまとめられています。 土木・建築(公共・住宅・社寺仏閣)から鉄工・コンクリート・ダイヤモンドカッターに...

カテゴリー: あれこれ タグ:

干し柿プロジェクト1年目の完結

2016 年 12 月 10 日 Comments off
2016年12月10日(土)  

「庭先になっているこの資源を使わない手はない」と、11月上旬に始めた我が家の干し柿プロジェクト。食べ頃が分からないまま長期出張に出掛けまして、帰ってきて見るとこんな感じに仕上がっていました。

161210-干し柿

完成検査でお邪魔したお客様宅で振る舞ってもらった自家製干し柿と比べてみると、どうやら時期を逸していたようです。

161210-干し柿02

「干し柿プロジェクト」1年目は、とにかく始めたことが成果でしょうか。来年に続く。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

梅干しが、美味しく出来上がりました。香りも味もよい塩梅です。

2016 年 12 月 10 日 Comments off
今年の当社梅干し出来上がりました。 今年からは当社の梅、赤しそを使って漬けてあります。(さすがに海なし県なので塩は製造できませんでした。) かしも産直市にて販売しています。 是非かしもの梅と、赤しその味と香りを堪能くださ … 続きを読む 梅干しが、美味しく出来上がりました。香りも味もよい塩梅です。
カテゴリー: 加工品 タグ:

Shimotani Concord Alcott

2016 年 12 月 9 日 Comments off
2016年12月9日(金) 〇  

重い重い腰を上げてようやく始まった我が家の増築プロジェクトも、いよいよ終盤に差し掛かりました。数日の出張から帰宅すると、リビングの増築部分にペレットストーブが鎮座していました。2014年4月の消費増税の際に駆け込みで購入していたペレットストーブを満を持して取り付けてもらいました。岐阜県下呂市萩原町にあるシモタニさんのコンコード・オルコットです。

161209-ペレットストーブ01

と、その横で、今まで使っていた石油ファンヒーターにあたる小熊(シャオション、倅のこと)。ま、そんな年頃ですよ。

161209-ペレットストーブ02

中島 大地


カテゴリー: ガジェット タグ:

TOCORO COFFEE

2016 年 12 月 9 日 Comments off

FaceBookを始めて5年が経過しました。その間、仕事の関係でお世話になっている方・住まい手さんはもちろん、地元加子母(かしも)の同級生から、明徳義塾中学時代に全寮制で同じ釜の飯を食べた仲間に、高校の仲間まで、本当に沢山の人と繋がり、森林文化アカデミーの仲間・先輩とも繋がることが出来ました。 そんな中で繋がったTOCOROさん。アカデミー1期生の先輩(私は10期生)で、登山シーズンに...

カテゴリー: 食べ物 タグ:

親子で楽しむチェンバロコンサート

2016 年 12 月 9 日 Comments off

ものづくりに触れる空間として、さまざまなイベント・セミナーを開催しているTOKYOSTYLE。来週末17.18日はハルさんのクリスマス・チェンバロコンサートを開催します。 18日の午後2時からは『親子で楽しむクリスマスチェンバロコンサート』小学生以下のお子さんもご参加可能で、薪ストーブにあたりながら、ハルさんの奏でるチェンバロのしらべに耳を傾け、クリスマスのお話も楽しめます。演奏後には...

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

第3回エコハウス研究会全国大会1日目

2016 年 12 月 8 日 Comments off
2016年12月8日(木) 〇  

お付き合いのあるメーカーさんよりお声掛け頂き、昨日と今日開催された第3回エコハウス研究会全国大会に出席しました。第1回・2回は東京での開催でしたが、第3回は名古屋市千種区にあるザ・ナンザンハウスが会場となり、私もご縁を頂きました。参加者の中には福島や福岡からお越しの方もいらっしゃいました。

161207-第3回エコハウス研究会全国大会in名古屋

エコハウス研究会は、建築家の丸谷博男先生が主催する勉強会で、その形体はフランチャイズでなければ資材購入のネットワークでもなく、丸谷先生の"日本の素晴らしい木造建築を昔ながらの王道に戻したい"との想いに集まった門下生の集まりです。丸谷先生の開発された、太陽熱利用と調湿性能を持つそらどまの家の設計者を育成する講座が毎年開催され、修了者はエコマイスターに認定されます。

昨日の全国大会1日目は多数の事例発表や推奨部材の展示があり、「そらどまの家」の概要を知ることができました(もちろん出版物も事前に目を通していましたし)。推奨部材の展示の中には「中島とつくる家」でも標準採用しているものもあり、「そらどまの家」に親近感を覚えると同時に私達の家づくりの方向性の妥当性も再確認しました。

丸谷先生のみならず門下生の皆さんが事例発表の中で"空気感"という言葉をよく使っていました。暑さ寒さだけではない総合的な快適さを表す言葉だと思いますが、丸谷先生のおおらかなお人柄が表れた良い言葉だと思いました。又、懇親会の締めに丸谷先生が「家並みをつくるのは建築家ではなくて地場工務店」とご挨拶されました。地場工務店の矜持をしかと認めエールを送って下さっている気がしました。そんなこんなで収穫の多い全国大会1日目でした。

今日の全国大会2日目は愛知県周辺の建築物見学。常滑と犬山の選択しの内、私は人生初の犬山散策を選びました。その模様は次回にでも。

中島 大地 

カテゴリー: 講習 タグ:

Klay on Fire!

2016 年 12 月 7 日 Comments off
2016年12月7日(水)  

我らがゴールデンステイト・ウォリアーズクレイ・トンプソンが、昨日のインディアナ・ペイサーズとの一戦でキャリアハイとなる60得点を上げました!

*写真はSNSより拝借
161206-Klay!

クレイ・トンプソンと言えば、2シーズン前に1クォーター37得点のNBA記録を樹立し、昨年のオールスターではスリーポイント・コンテストで兄弟分でディフェンディング・チャンピオンのステフィン・カリーを破って優勝したりと、とにかくストリーキーなシューターとして有名ですが、残念ながら昨年のプレイオフでは大切なところで揮わず優勝を逃しました。今シーズンもここまでは良すぎず悪すぎずでしたが、その惚れ惚れするほどしなやかなシューティング・モーションからはいつ爆発してもおかしくないポテンシャルを感じていました。

記憶に新しい60得点と言えば、昨シーズンの最終戦、コービー・ブライアント引退試合で上げた60得点ですが、ほぼフル出場して、とにかくコービーの花道を飾ろうという雰囲気の中で達成された記録です。一方昨日のクレイは、3クォーターのみの出場で60得点。第4クォーターまで出場していたら80得点近くなったんじゃないかとの憶測もありますが、序盤からワンサイドの勝ち試合でそんあリスクを冒さないのが慎重なスティーブ・カー監督でもあります。とどのつまり、王座奪還が今シーズンのGSWの命題ですから。

さて、次はカリフォルニアのライバル、因縁浅からぬロサンゼルス・クリッパーズとの一戦です。何かとヒートアップするマッチアップでGSWがLAクリッパーズを完膚なきまでに叩きのめすのが楽しみです。Go Warriors!

中島 大地

カテゴリー: NBA タグ:

完成内覧会「にあいの家」は12月10・11日

2016 年 12 月 6 日 Comments off
2016年12月6日(火)  

昨年12月に地鎮祭を執り行ってから早1年、愛知県日進市のにあいの家が1か月の工期延長を経ていよいよ完成を迎えます。そこで12月10日(土)と11日(日)の二日間で完成内覧会「にあいの家」を開催致します。今年最後の完成内覧会です。

完成内覧会「にあいの家」

両日共に午前中の予約が込み合っていますので、午後からの内覧をお勧めします。内覧をご希望の方は中島工務店HPよりご予約をお願い致します。完成内覧会の機会開催のお願いにご快諾下さった住まい手様には心より感謝申し上げます。

にあいの家。似合いの家?ニ・アイの家?ニア・イの家?住まい手様×中島工務店がその愛称に込めた想いを、是非とも完成内覧会で感じてみて下さい。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

IWCC&Fを終えて

2016 年 12 月 5 日 Comments off
2016年12月5日(月) 〇  

12月1日に韓国入りし、2日・3日で開催したInternational Woodism-city & Festivalを無事終え(4日はオプションの仁川市ツアー)、本日帰国しました。5日間に渡る出張のしわ寄せを優しく受け止めて下さった関係者の皆さんには心より感謝申し上げます。明日から通常勤務に戻りたいと思います。

161205-IWCCFを終えて

さて、今回のIWCC&Fで感じたことをまとめておきたいと思います。

まずは中島工務店の出展に関して。今回が1回目のIWCC&Fがどんな会になり、どんな方々が来場するのかなどあまり具体的に想像できておらず、ブースの展示物や資料には改善の余地が多分にありました。唯一具体的に期待していた韓国の工務店とのマッチングは、大統領機密漏洩問題の影響もあってか韓国側の出展工務店はポスター展示のみとなり、来場者の中でも工務店関係者はほんの数人だったのが実に残念でした。

次に、韓国におけるビジネスチャンスに関して。中島工務店のブースを訪れた韓国木構造技術人協会の金憲中(キム・ハンチュン)会長より直々に頂いたアドバイスが本当に具体的で有益でした。韓国の木造建築は、洋風の設えのツーバイフォーか、国が推し進める伝統的な韓屋(ハンオク)がほとんどで、日本人が慣れ親しんでいる木造軸組構法が、ましてや中島工務店が大切にしている真壁づくりが受け入れらることは中々難しいそうです。又、10月の日韓交流会議in韓国で見た通り、韓国の森林には尺角もあろうかという韓屋の柱が取れるほどの径の松がすでに備蓄されていて、日本に木材のみを求めるというよりは加工技術を求める上で木材が付いて来るといった感じだと思います。いずれにせよ、アメリカ・カナダ・ロシア等との価格競争も覚悟しなければなりません。木材の需要があるとすれば、韓国ではその香りが子供の発育に良いとされているヒノキの板材でしょうか。

もちろん収穫もありました。名古屋大学の佐々木教授による都市の木質化プロジェクト、日本文理大学の井上教授の「中・大型木造建築」のお話、錦二丁目(長者町)の滝会長らの町興しのお話いは心に残りました。Woodismという共通項を持つ出展者やスタッフの皆さんと知り合うことができたのも大きな収穫です。

最後に、イベントの企画・運営に関して。石橋を叩きすぎるほど慎重な日本人と、行動力やパワーのある韓国人との文化・風習・気性の違いから来る企画・運営におけるアプローチの違いを垣間見ました。もちろん出展者の一人に過ぎない私が感じたのはほんの一部でしかなくコア・メンバーの本当の苦労は計り知れません。日本と韓国の主催者の皆さん、そしてリエゾンのとして活躍した学生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

さて、第2回IWCC&Fは来年10月に日本で開催する予定です。会場はポートメッセなごやで開催される木工機械展の会場の一角です。早速次回への構想や検討が始まっているようです。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

クリスマスチェンバロコンサート開催します!

2016 年 12 月 5 日 Comments off

いよいよ12月に入り、年末に向けて慌ただしくなってきました。
東京はここのところポカポカ陽気で、12月とは思えない暖かさです。

さて、そんな12月の始まりですが、今年を締めくくる一大イベントとして、
TOKYOSTYLEではチェンバロコンサートを開催致します。

みなさん、チェンバロってどんな楽器かご存知ですか?

チェンバロは14世紀頃に誕生した古楽器で、鍵盤があり、その見た目から
ピアノの祖先とも言われていますが、実際は爪で弦を弾くことで音が出る
撥弦楽器のひとつで、ギターと同じ仲間になります。

格式高く優雅な音色が特徴で、ひとつひとつきらびやかに装飾されており、
奥ゆかしさを感じる楽器です。

私は今年入社するまで知りませんでしたが、本社のある加子母には
手づくりでチェンバロを作り、全国各地で演奏活動をされている
古楽器奏者のharuさんという方がいらしゃいます。

今回、クリスマスに合わせ、東京のモデルハウスTOKYOSTYLEで
haruさんにコンサートを開催していただくことになりました。

小さなお子様連れにもお楽しみいただける内容となっております。
この機会に、ぜひ生のチェンバロとharuさんのクリスマスのお話を聴きに
いらしてください。


日時:2016年12月18日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
場所:㈱中島工務店 TOKYOSTYLEモデルハウス
    江東区新木場1-6-25
定員:30名 先着順(乳幼児可)
料金:小学生以下 無料、中学生以上 500円
お申込み:㈱中島工務店 TOKYOSTYLEモデルハウス
     TEL 03-3522-0333

f0073301_1346461.jpg


12月17日に小学生以上が対象の公演も開催致します。
会社HPイベント情報よりご覧ください。


東京支店 渡瀬景子

カテゴリー: 東京支店 タグ:

仁川松島国際都市

2016 年 12 月 4 日 Comments off
2016年12月4日(日) 〇  

一昨日と昨日で開催したInternational Woodism-city Conference & Festivalを無事に終えた今日は、オプションツアーで松島(ソンド)国際都市にある松島セントラルパークを散策しました。松島国際都市は仁川(インチョン)市が経済自由地区(IFEZ)に指定している区画で、仁川国際空港にほど近く、情報インフラが整備され、コンベンション用の建物もあり、ショッピングセンターもあります。シンガポールや香港のような国際都市を目指して国際企業を誘致しています。セントラルパークは高層ビルが立ち並ぶ近未来商業都市の中心に位置し、環境との調和を表現しているようです。

161204-松島新都市 (8)

セントラルパークの中心には、海水が引き込まれている水路があり、ボートに乗ったりすることができます。水路の周りでは鹿やウサギ等も飼育されています。

161204-松島新都市 (1)

向かって左側に見えるのが「トライボウル」。内部には入りませんでしたが、イベントホールや展示スペースがあるそうです。

161204-松島新都市 (4)

パーク周辺には韓国の伝統的な木造建築である韓屋(ハンオク)も。伝統的な建物と前衛的な建物が。混在する多様性の表現でしょうか。

161204-松島新都市 (3)

水上タクシーで水路を遊覧。

161204-松島新都市 (5)

161204-松島新都市 (6)

161204-松島新都市 (7)

経済自由区の情報インフラをPRするGタワーの最上階から見下ろした松島セントラルパーク。

161204-松島新都市 (9)

パークを後にし昼食へ。韓国を代表する伝統的な料理である参鶏湯(サンゲタン)を頂きました。もち米や漢方と共に小ぶりの鶏肉をほぼ丸ごと煮込んであります。これ自体は比較的薄味でして塩で味付けしたりキムチ等と食べたりします。今年の2月に韓国に来た時に食べた参鶏湯よりもクリーミーな印象です。

161204-参鶏湯

食後にはお土産を買い込んで、ホテルに戻りしばしゆっくりしました。夕方頃「韓国で最後の夕食にはやり焼肉を」と思い立ちホテルのフロントでお勧めの焼肉屋を訪ねてみると、松島国際都市にある焼肉屋さんを勧めてくれました。名古屋大学の佐々木先生と山﨑先生が合流してマルワイマンと4名で松島国際都市の三枚肉 (サムギョブサル)の専門店に行きました。その名の通り豚の三枚肉ですが、五枚肉の場合はは"オギョプサル"と呼ぶそうです。

161204-三枚肉01

161204-三枚肉02

161204-三枚肉03

肉、海鮮、野菜、そして締めのチャーハンにビールを添えて約2,500円/人。店員さんもとても親切で、火をつけるパフォーマンスもあり、お腹もいっぱい。フロントのお兄さんのおかげで韓国で最後の夕食はとても充実しました。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

2016IWCC&F、2日目ブース展示&基調講演

2016 年 12 月 3 日 Comments off
2016年12月3日(土) 〇  

韓国仁川(インチョン)市松島(ソンド)で昨日と今日開催中の2016 International Woodism-city Conference & Festivalは今日が最終日。今日は参加者によるブース展示と午後からの日本文理大学の井上正文教授の基調講演でした。

161213-IWCCF (1)

ブース展示では、Woodismの思想を構成する分野であるエネルギー・文化・材料・建設・教育における日本と韓国の発表者が同じブースに展示し、来場者へPRしながら日韓間でマッチングするというものです。韓国山林組合と豊田森林組合は活発な情報交換が行われていました。

161213-IWCCF (10)

10月の日韓交流会議で訪れたINART

161213-IWCCF (4)

日韓のアーティストさん達の作品展示。

161213-IWCCF (5)

木工体験は大盛況。

161213-IWCCF (6)

子供達向け木工体験も大人気。

161213-IWCCF (9)

こちらが建設の分野のブース。中島工務店は、加子母が育む"完結型林業"の読み物のポスターとチラシ、継手・仕口・床材等のサンプルを展示し、2017年カレンダーを進呈しました。カレンダーは特に好評で、用意した50部が全てなくなりました。

161213-IWCCF (7)

161213-IWCCF (8)

161213-IWCCF (2)

それぞれのブースには通訳者がつき、来場者とも少しお話しが出来ました。

161213-IWCCF (11)

161213-IWCCF (12)

キム・ハンチュン会長がブースにご来場下さり、韓国の木造住宅事情や韓国における日本の建設業者に関する厳しいほどのアドバイスもたくさん頂きました。ブースを共有するはずだった韓国側の工務店1社は結局ポスター展示のみでマッチングには現れず残念でしたが、その分会長との時間をたくさん頂くことができました。今回のIWCC&Fで最も有意義な時間だったと言えます。

161213-IWCCF (13)

午後から日本文理大学の井上正文教授に、日本の国産木材を使用した最近の大型木造建築物についてご講演頂きました。井上教授は30年間九州産のスギ材の利用研究をし、GIR(Glued-in Rod)工法という汎用的接合技術を開発されました。

161213-IWCCF (14)

井上教授が2013年まで工学部の学部長を務め、この3月に退官した大分大学の学生食堂建設の経緯を拝聴しました。当初鉄骨造で計画が始まっていた建物を、木材利用促進法、地域自治体との良好な共生関係、木造による癒し空間の妥当性等の理由から木造化を当局に申し入れるも却下され、大分県や県知事にも働きかけながら最終的には木造化への方針変更に成功しました。

中・大型木造建築物建設における課題は、発注者の木材利用に関する啓蒙、木材調達、構造設計や防耐火設計、そして技術者の養成です。その中でも技術者育成のために井上教授は木造技術者担い手事業にもご尽力されています。加子母の地域・行政・工務店等が一丸となって取り組んでいる加子母木匠塾にも通ずるものがあると感じました。

2016 IWCC&Fは、現場での軽微な変更は相次いだものの大きな問題もなく、無事終了しました。WOOD EXPO 2016の来場者が少なかったこともあり、2日目のブース展示にはあまりたくさんの来場者はありませんでしたが、それでも私自身がWOOD EXPO見学で色々知ることができたのは予定外の収穫でした。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

墨田の家と干し柿

2016 年 12 月 3 日 Comments off

2016年も残り1ヶ月になりました。30代になってからは「光陰矢の如し」と身を持って体感していますが、TOKYOSTYLEオープンから沢山の人との出会いの日々が続いた今年。この数年にも増してあっという間に月日が流れていきます。 そんな中、師走の初日は墨田の家のお打ち合わせ。この日はこれまで積み重ねた実施設計から、建築全体の見積りを提出しました。まずは、これまでのお打ち合わせの集大成が形...

カテゴリー: 家造り タグ:

2016IWCC&F、1日目オープニングセレモニー&バンケット

2016 年 12 月 2 日 Comments off
2016年12月2日(金)

今日と明日の2日間、韓国仁川(インチョン)市松島(ソンド)にあるコンベンシアにて2016 International Woodism-city Conference & Festival (IWCC&F)が開催されています。中島工務店も協力・出展していまして、昨日より私とマルワイ製材所の日下部章氏(a.k.a.マルワイマン)の二人で韓国入りしています。初日の今日は150名を超える参加者が集うオープニングセレモニー。韓国忠南大学の姜(カン)会長のご挨拶でカンファレンスが開幕しました。

161202-IWCCF01

Woodismとは、"単純に木構造住宅を普及するための建築構造材としての木材利用だけでなく、森がくれた貴重な贈り物である木材の高付加価値利用と順次資源の活用を木材需要者中心に活性化して都市が快適な休む所と生活する所、そして仕事がある職場になるようにする、適切な木材利用の実践方法を意味するもの"であり、その範囲は、"都市の建築材料としての利用、インテリアに適用され、教育と文化と生活環境など様々な分野に渡って木材を使用して都市の健全なLife Styleを営むためのすべて"です。

数名の来賓の方々からの祝辞の後、3名の方より学術発表がありました。最初は、名古屋大学の佐々木教授による森林と都市部の継続的調和のための木材利用について。戦後の拡大造林で日本の森林資源は日本国内の木材需要を賄えるだけの量を確保しているにも関わらずその自給率は30%程度。木材利用の意義を理解し、豊かな森林資源を都市部で上手に利用することが現代の日本には必要であり、その目的で「都市の木質化プロジェクト」を始め、錦二丁目(長者町)での取り組みはその事例の一つです。

161202-IWCCF02

続いて、韓国忠北大学の李教授による「Woodism-city」プロジェクトの事例発表。前述の「都市の木質化プロジェクト」とよく似た取り組みがすでに韓国でも起こっていて、こちらは建築が切り口の事例です。International Woodism-city Association (IWCA)によって国際規模の協力が始まろうとしています。

161202-IWCCF03

そして最後は、名古屋市錦二丁目(長者町)の滝一之さんより「まちづくり活動」について。衰退する長者町の再生を目指して、木材資源を都市部で安定的に需要する仕組みをつくることで、有機物のもたらす心地よさに都市生活者が気付き、地域から地球規模に至るまでの環境に対する知見や対応を考えるきっかけになればと「都市の木質化プロジェクト」の実践の場として長者町を結び付けました。その他にも、「アート木質化」、ストリート・ウッドデッキ、「あいちトリエンナーレ」への参加等々、まちづくりの軸足から木質化に取り組んでいます。

161202-IWCCF04

その後、ラマダ・ホテル・スンドに移動して150名の大懇親会。日韓の行政、教育機関、森林関係、建築関係の幅広い分野の皆さんと知り合うことができました。素晴らしい食事を食べ、韓流のおもてなしを満喫しました。ついつい食べ過ぎてしましました。懇親会の最後には、第2回IWCC&Fが来年10月29・30日にポートメッセなごやで開催されることも告知されました。

161202-IWCCF05

さて、明日は2日目、企業や行政によるブース出展・ポスター発表、私達の出番です。現在開催中のWOODEXPO2016の一角に出展しています。お時間がある方は是非ともお立ち寄り下さい。なんてね。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

中島工務店はIWCC&Fに出展します

2016 年 12 月 1 日 Comments off
2016年12月1日(木) ○

韓国忠南大学の姜教授が中心となり、12月2・3日に韓国仁川市で開催される第1回International Woodism-City Conference & Festival(IWCC&F)に、中島工務店は協力・出展します。加子母が育む"完結型林業"と"産直住宅"の取り組みを軸とした「中島とつくる家」をPRし、韓国でのビジネスチャンスを模索したいと思います。

Nakashima Construction Co

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ: