アーカイブ

2016 年 10 月 のアーカイブ

江の島~鎌倉、江ノ電の旅

2016 年 10 月 31 日 Comments off
2016.10.31


今日で10月も終わり。。。

朝晩はすっかり寒くなってきましたが、
僕は一年の中でこの季節が一番好きです(^^)

読書をするのも良し!
身体を動かすのも良し!
美味いものを食べるのも良し!
そして・・・どこか旅に出るのも良し!

ということで・・・
10月16日の日曜日に『江の島~鎌倉、江ノ電の旅』に行って来ました!

何を思ったのか、先月のこと・・・
突然うちの女子たち(奥さんと娘)が旅の計画を立てたのです!

まるで遠足気分!
朝3時に起床して、4時に出発!
距離にして片道330キロ、新東名高速をひたすら車を走らせました。

ちょうど朝日が昇ってきたころに富士山登場!
1058-富士山
お天気も良さそうだから益々ハイテンション!(^^)!

ノリのいい音楽を聴きながら一気に目的地に向かいました!
1059-江の島
向かった先は・・・江の島~

予定より1時間も早く、午前8時に到着!
車で移動するのはここまでで、一旦パーキングに駐車。

ここからは江ノ島電鉄、通称“江ノ電”に乗って鎌倉へ行くのだとか・・・
女子たちが計画した「旅のノート」を見ながら江ノ電の旅が始まりました!

まずはここ! 江ノ島駅!
1060-江ノ島駅
情緒ある外観でかわいらしい駅ですね。

改札をくぐって中に入り、しばらく待つと鎌倉行の電車が入って来ました。
1061-江ノ電
木造の駅舎にグリーンの車両、雰囲気いいですね~(^^)
そして終点鎌倉へ~

鎌倉駅を降りてしばらく歩くと「小町通り」が見えてきました。
1062-小町通り
この通りは鶴岡八幡宮に向かうまでの近道で、たくさんのお店が立ち並ぶ小道です!

そして「小町通り」を抜けると鶴岡八幡宮前の大鳥居が出迎えてくれます。
1063-鶴岡八幡宮前
まだ早い時間なのに既に大勢の観光客が写真を撮っていました。
僕もしっかりその一人(^-^;

鳥居をくぐって中に入ると・・・
1064-鶴岡八幡宮参道
本宮までの長~い長~い参道が続きます!

ひたすら歩いた参道の先の石階段を昇りきると・・・
1065-鶴岡八幡宮本宮
鶴岡八幡宮の本宮です! 別称、鎌倉八幡宮とも呼ばれているそうです。
鎌倉初代将軍の源頼朝ゆかりの神社として知られており、
日本三大八幡宮ともされているそうです。

しっかりお参りをして参道を戻るとこんな光景が・・・
1066-結婚式
白無垢姿の花嫁さんがゆっくりと境内の方に進んで行きました。
ここで挙式をあげるカップルも多いらしく、この時間だけで2組も見かけました(^^)

こうして鶴岡八幡宮をあとにして再び「小町通り」へ・・・
1067-鎌倉ビールと鎌倉ソーセージ
地ビールの「鎌倉ビール」と「鎌倉ソーセージ」
旅先ならではの逸品ですね(^_-)-☆

そして鎌倉駅まで戻って江ノ電に乗車し、長谷駅で途中下車。
向かった先は・・・鎌倉の大仏様~
1068-鎌倉の大仏(遠)
山手に向かって歩いて行くと突然見えてきました!
神秘的な光景に、思わず・・・「わぁ~」

近くに行くとさらにその迫力は増します!
1069-鎌倉の大仏(近)
750年も前にどのようにしてこの大仏が造られたのか。
その当時の高い鋳造技術にはただただ感心させられます!

でも、よく比較される奈良の大仏殿よりは3メートルほど小さいそうです。

そしてその足で長谷寺へ~
1071-長谷寺
境内の入口にある“山門”でパシャッ! 通りがかりの方ありがとうございました(^^)

奥に入って行くと・・・まぁ~観音堂まで遠いこと・・・
1070-長谷観音堂
ようやく阿弥陀堂と観音堂に到着!
白と黒の無彩色に塗装された建物は、少し地味な光景でした。

こうしてまた来た道を下り、長谷駅からまたまた江ノ電に乗り込みました。
そして江の島に戻って来ました!
1072-しらす丼
江の島と言えば“しらす”ということで“しらす丼”

たっぷり食べたあとはもうひと歩き(^-^;
1073-名勝の史跡江の島
江の島へ~
「旅のノート」によると、ここまで予定通り!
もう半日以上歩いているんですが、ラストスパートです!

江の島の海岸は若者ばかり(^^♪
1074-江の島海岸
色とりどりのヨットや波乗りサーファー!
自然にサザンの歌を口ずさんでしまうような風景ですね~♬
カテゴリー: 家族 タグ:

石橋は急いで渡れ?

2016 年 10 月 31 日 Comments off
2016年10月31日(月) 〇

この12年間使って来た洗濯機の調子がどうも悪く、この所買い替えを検討していました。高額な買い物になるため、元々リサーチの好きな熊(ション、家内のこと)はいつも以上に慎重になっていました。パナソニックの型落ちの洗濯機がお手頃だったのですが、決断を渋っている内に最後の1台が売れてしまいました。

161029-旧洗濯機

そうこうしている内にいよいよ洗濯機が動かなくなりまして、仕方なく当初予算よりも高価なパナソニックの現行モデルを購入しました。

161029-新洗濯機

これが頗る調子が良い。一度に洗える量が倍増し、蓄積していたカッターシャツの襟の汚れも白くなりました。というより、元々の洗濯機は熊が小熊(シャオション、倅のこと)を身籠って台湾に帰省している間に、「洗濯機なんてどれでも同じだろ」と私が勝手に近未来的なデザインの物を直感に任せて選んだので、実はそれが単にショボかっただけなのかも知れません。いずれにせよ、熊は新しい洗濯機に満足した様子で「こんなことなら早く買い替えれば良かった」と。石橋も叩いてばかりではダメな場合もあるようです。

中島 大地

カテゴリー: ガジェット タグ:

かしも山歩倶楽部の髙時山登山

2016 年 10 月 30 日 Comments off
2016年10月30日(日)

乙女渓谷散策木工教室木曽越え林道歩き、そして髙時山(たかときやま)登山と、年に4回開催するかしも山歩倶楽部の今年最後の回に参加しました。思えば私が「かしも山歩倶楽部」に参加するのは昨年のこの回以来実に一年振りです。

161030-かしも山歩倶楽部 (5)

紅葉真っ只中の木曽越え林道をまずは車で上り、そこの登山口から髙時山1562mに登ります。この木曽越え林道を12km歩く夏の回に比べれば、登山口から山頂までの往復約3.5kmは比較的楽です。昨年の今頃に比べ私も身軽になってまして逆に物足らないぐらいでした。若いクセにヘロヘロになりながら登ってくる小熊(シャオション、倅のこと)。

161030-かしも山歩倶楽部 (1)

今年の登頂者は25名。レギュラーが欠席で寂しさもありましたが、皆でいい汗かいて、御嶽山を拝んで下山しました。

161030-かしも山歩倶楽部 (2)

木曽越え林道まで下りて来て昼食。本日の献立は、朴葉寿司、西方いもとアミタケの味噌汁、そして漬物諸々。倶楽部の世話人シゲジィが作る味噌汁の美味しいのなんのって。山で食べる食事は美味しさ倍増です。

161030-かしも山歩倶楽部 (4)

登山にはモッテコイの少し肌寒い日和に恵まれ、皆さん予定通り山頂まで往復し、個人的には適度な運動になり、楽しい「かしも山歩倶楽部」でした(帰り道で車が故障してしまったこと以外は)。それでは参加者の皆さん、また来年元気にお会いしましょう。

中島 大地

カテゴリー: かしも山歩倶楽部 タグ:

ラ・フランスの米粉パン

2016 年 10 月 30 日 Comments off
2016年10月30日(日)

この所時間を見付けてはせっせとホームベーカリーパンを焼いています。折角自分で焼くんでとオリジナリティをねじ込んでいます。今回は先日買ったラ・フランスを細切れにして米粉パンに混ぜて焼いてみました。

161029-ラ・フランス入り米粉パン

大失敗でした。ラ・フランスの甘酸っぱさは予想以上に良かったんですが、使った米粉がグルテン入りでなく、結果パンが固まらずベタッとした上ボロボロと壊れてしまいます。ラ・フランス以前の問題で、基本を蔑ろにする私の悪い癖が仇となりました。試行錯誤は続きます。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

秋晴れの恩恵

2016 年 10 月 29 日 Comments off
2016年10月29日(土) 〇

昨日の冷たい秋の雨から一変、今日は清々しい秋晴れに恵まれました。養老町でお手伝いしているCome On A-Yoro Houseでは、この所の晴天の恩恵を受けながら外部の工事を優先的に進めています。

161029-YoroHouse01

現在5人の大工さんが総出で軒裏の板を張っています。大きな平屋の建物には軒裏も相当量ありまして、岩木棟梁の号令の元手分けして仕事に当たっています。

161029-YoroHouse02

軒裏に張る板は桧の上小節板です。折角の桧なんで、その風合いを損なわないようにクリア塗装を採用しました。その仕上がりはとても上品ですし、時間と共に飴色に変色している様もまた桧の醍醐味です。

161029-YoroHouse03

外部では屋根の工事も順調に進んでいます。屋根工事に関しては次の機会にリポートしたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: Come On A-Yoro House タグ:

胃カメラ、再び

2016 年 10 月 28 日 Comments off
2016年10月28日(金)

昨日に引き続き精密検査に行ってきました。今回は上部消化管内視鏡検査、いわゆる胃カメラです。診察台に横たわっていたのはものの10分でしたが、それが辛いのなんのって。唾を飲み込まないようにとかゲップをしないようにとか言われても意識して堪えられるものではありません。確かに初体験の3年前よりは慣れた感じはしましたが、それでもモニターに映る内視鏡のライブ映像を観る余裕なぞ到底なく。

161028-ドクターカー

診断結果は、胃が少々荒れているそうですが、ポリープ等はなく問題なし。予想通りです。胃が荒れる原因は暴飲暴食かストレスだそうですが、今の私には暴飲暴食はありませんので、必然的に原因はストレスに限定されるかと。そんな訳で皆さん、私に優しくして下さい。

下からと上からの検査が無事終わり、これで精密検査終了です。正式な結果報告は後日ですが、昨日と今日の速報から見ても私の"無実"が証明されるでしょう。

*写真は中津川市が誇るドクター・カー。病院の外に待機していたもので、ブログの内容とは一切関係ありません。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

秋の深まりと丸山果樹園さん

2016 年 10 月 28 日 Comments off
2016年10月28日(金) 〇

今年も高山市のはずれの下切町から丸山果樹園さんご夫婦が遠路加子母までラ・フランスを売りに来てくれました。お元気で何よりです。

161028-丸山果樹園さん01

昨日の陽気から一変今日はとても寒く、二重に秋の深まりを感じます。

中島 大地


カテゴリー: 食べ物 タグ:

大腸内視鏡検査を初体験

2016 年 10 月 27 日 Comments off
2016年10月27日(木) 〇

先日受診した人間ドック診断結果を受けて、今日は精密検査の第一弾大腸内視鏡検査を受診しました。

161027-大腸カメラ

人生初の経験でしたが、噂に違わず中々辛い検査でした。専用の液体2リットルはスポーツドリンクのような味で抵抗なく飲めましたが、問題は内視鏡です。体内で内視鏡が動いている感覚は実に不快で、その上時折キリキリと痛くなります。恐らく通常よりも手こずったんだと思います。

診断結果は"問題なし"でした。予想通りです。入れるのには時間が掛かりましたが、内蔵にはポリープは一つもなく、帰りはスイスイでした。

さて、精密検査第二弾の胃カメラ検査は間髪入れず明日です。3年前の悪夢をもう一度経験しなければならないと思うと気が重いですし、恐らく問題はないと思いますが、それでも健康であることを証明するためにも避けては通れません。今年の嫌疑は今年の内に晴らしたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

GSW、まさかの黒星発進

2016 年 10 月 26 日 Comments off
2016年10月26日(水) 〇

待ちに待ったNBA2016-17シーズンが本日開幕しました。WOWOWで生中継していた我らがゴールデンステイト・ウォリアーズの開幕戦を録画で夜観戦しました。もちろん昼間は情報を完全シャットアウトです。ホームでの開幕戦の相手は昨シーズンGSWに次ぐ歴史的な成績を残したサンアントニオ・スパーズ。名将グレッグ・ポポヴィッチ監督率いる常勝軍団は決して楽な相手ではありませんが、新加入のケビン・デュラント擁するGSWの敵ではない...と思っていましたが、まさかの大敗でした。ホームでは滅法強く昨シーズン開幕24連勝を飾ったGSWの今シーズンは想定外のホーム黒星で始まりました。

*写真はSNSより拝借
161026-GSWvsSAS

対してSASは、ティム・ダンカンの引退をもろともせず今シーズンも素晴らしいチームに仕上がっています。若きエース、カワイ・レナードを名実共に軸として、ベテランのトニー・パーカーやマヌ・ジノビリも相変わらずの存在感を発揮しています。選手層も厚く決して侮れないチーム、さすがポポヴィッチ監督です。

GSWの敗因は、凡ミスを連発して波に乗れなかったこと、ディフェンス・リバンドをキープできなかったこと、そしてスリー・ポイントが思うように入らなかったことでしょうか。注目のデュラントは順調にチームに馴染んでいると思いましたが、得点源の一角であるクレイ・トンプソンの不調が気になります。

注目された開幕戦ではありますが、所詮全82試合の内の1試合です。スティーブ・カー監督の元調整して、次戦から連勝街道を突き進むことでしょう。Go, Warriors!

中島 大地

カテゴリー: NBA タグ:

完成内覧会「明るく伸び翔ける家」は10月29・30日

2016 年 10 月 25 日 Comments off
2016年10月25日(火) 〇

今日は岐阜県関市でお手伝いさせて頂いた明るく伸び翔ける家で完成検査を行いました。手前味噌で恐縮ですが、間取り良し、素材良し、仕上がり良し。素晴らしい住まいになりました。そして今週末の10月29日(土)・30日(日)完成内覧会を開催します。こんな機会をご用意下さった住まい手さんには心より感謝申し上げます。

細部まで丁寧に造り込まれた無垢の住まいの一部をご紹介します。まずは階段の段鼻に施されたノンスリップ、通称"komini non-slip"。通常のノンスリップは溝になっていますが、中島とつくる家では堅木を埋め込み1mm程度出っ張らせます。溝よりも足の裏で感じやすい上、モアビの濃い色が注意を促す効果があります。

161025-明るく伸び翔ける家01

同じく階段室の手摺、通称"D-rail"。手触りを求める握り部分には桧を、そして細さを求める中間の連結部分にはタモを用いています。

161025-明るく伸び翔ける家02

「中島とつくる家」を彩る小さなテマヒマの数々を、是非とも完成内覧会にてご覧頂きたいと思います。予約は中島工務店HPよりお願い致します。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

NBA2016-17シーズンがいよいよ開幕

2016 年 10 月 24 日 Comments off
2016年10月24日(月)

アメリカプロバスケットボールリーグNBA2016-17シーズンが、いよいよ日本時間10月26日に開幕します。昨シーズンは我らがゴールデンステイト・ウォリアーズがシーズン73勝を始め数々の記録を塗り替えたお祭り騒ぎのシーズンでしたが、その締めくくりたるファイナルでは第7戦でクリーブランド・キャバリアーズに敗れました。このオフシーズンは悔しくて、悔しくて、悔しくて、今シーズン開幕を待ちわびていました。

161014-GSW

コービー・ブライアント、ティム・ダンカン、ケビン・ガーネットと言った2000年代のNBAを牽引した3選手が引退し、ケビン・デュラント、デリック・ローズ、ドウェイン・ウェイド等フランチャイズ・プレイヤーが移籍する等、今シーズンのNBAは大きく様変わりします。中でも物議を醸した移籍でケビン・デュラントを獲得したGSWは早くもプレシーズンから順調な連携を見せているようで、"ビッグ・フォー"による新たな王朝への期待が高まります。シーズン開幕前ではありますが、今シーズンの優勝予測はGSWでお願いします。Go Warrirors!

中島 大地

カテゴリー: NBA タグ:

自家製米粉栗パンに挑戦

2016 年 10 月 23 日 Comments off
2016年10月23日(日) 〇

昨晩遅くに思い立ってホームベーカリーで食パンを焼きました。今回は趣向を変えて米粉パンに栗を和えてみました。市販している米の強力粉(グルテン入り)250gに対し、栗きんとんを作る要領で茹でてから穿り出した栗100gを和えてみました。

161023-米粉栗パン

そして今朝、焼きあがったパンを食べました。焼きあがったばかりのパンですので当然香ばしい香りはしますが、期待していたほどは栗の風味はしませんでした。栗の粉をパン生地に練り込むだけではなく、ゴツゴツとしたソリッドな栗を直接味わえる方が良いかもしれません。挑戦は続きます。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

中島工務店グループ安全大会2016

2016 年 10 月 22 日 Comments off
2016年10月22日(土) 〇

週の始めには雨マークだった天気予報も日に日に好転し、今日は秋晴れの空の元、恒例の中島工務店グループ安全大会を開催しました。社員と協力業者さん、そしてそのご家族が集って安全を喚起する大会で、勤続表彰、安全協力賞を発表し、安全宣言等を行います。

161022-中島工務店G安全大会2016 (1)

最初の1時間で安全大会を終えると、お待ちかねの魚釣りやバーベキュー等のご家族のレクリエーション。予定参加者リストによると参加者は400名超だそうです。晴れて本当に良かったです。

161022-中島工務店G安全大会2016 (2)

小熊(シャオション、倅のこと)は同級生とそのごご家族と一緒に魚釣りをしていたので、釣りがそれほど得手ではない私達夫婦は近くにある竜神の滝まで散歩しました。それほどの落差ではありませんが、豊富な水量と水しぶきが力を与えてくれるような気がします。

161022-中島工務店G安全大会2016 (3)

魚釣りが終わるといよいよバーベキュー。

161022-中島工務店G安全大会2016 (6)

焼肉、焼きそば、ホルモンうどん、その他持参のア・ラ・カルト。皆で食べるバーベキューは格別ですね。ついつい食べ過ぎてしまいました。

161022-中島工務店G安全大会2016 (4)

ステージ・イベントも充実しています。その一つが小学生以下の腕相撲大会。例年通り小熊(シャオション、倅のこと)もエントリーし、今年は初優勝を果たしました。表彰の折に他の子供達と並んでみるとこの体格差。数年前に挑戦した時には途中で負けてしまい悔しい思いをしたので今年は小学生最後の特権を使ったということですが、それでもやっぱりこの体格差はフェアじゃないですね。小学生をいくつかに分けてはいかがでしょう?

161022-中島工務店G安全大会2016 (5)

関東方面・関西方面の社員や協力業者さんとも久しぶりに会うことができてとても有意義な一日でした。久しぶりに会った皆さんに疑いを掛けられているようですが、私は健康です。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

2017カレンダー絶賛進呈中!

2016 年 10 月 21 日 Comments off
2016年10月21日(金) 〇

中島工務店2017カレンダーが出来上がりました。明日開催される毎年恒例の中島工務店グループ安全大会で協力業者の皆さんにお持ち頂けるようにと毎年早めに作っています。

161021-カレンダー2016

この1年でお手伝いさせて頂いた社寺建築と住宅建築から厳選した珠玉の13作品を是非ともご覧下さい。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

筑波大学加子母ツアー2016 その③

2016 年 10 月 21 日 Comments off
3日目最終日は朝から快晴!社有林の大黒柱の森へと向かいます。

ここは、中島工務店で家を建てられたお施主さんが、次の世代のために
植林を行っている場所です。植えられてまだ年数の経っていない幼木が
一面に広がっています。実生のヒノキの新芽もあちらこちらに。
f0073301_11475275.jpg


次はプレカット工場、集成材工場へ。
プレカット工場では建て方に使われる構造材などが梱包され、
発送を今かと待っていました。

f0073301_129338.jpg

集成材工場は国内でも数少ない国産材で集成材を加工している工場です。
イメージ的に無垢材の方がいいものと思っていましたが、強度や価格、
デザイン性を取ってみると需要が増えているのも納得です。

次に重要文化財明治座を見学しました。
f0073301_11464082.jpg

昨年、屋根を創建当初の板葺き屋根へ改修したばかりの芝居小屋です。
板葺きは20年ごとに取り替えるということで、
20年後に向けて、榑板に名前を書いて寄付をしました。
f0073301_11463761.jpg


最後に加子母小学校へ。地域の木をふんだんに使った校舎で、
子どもたちがのびのびと学んでいました。
f0073301_11463438.jpg


この2泊3日の研修では山に生きる加子母の産業、歴史、文化に触れ、
たくさんの学びがありました。

なにより地域の結びつきや一体感を感じることができ、活気溢れる地域の取り組みを
東京でもしっかり発信していきたいと強く思いました。
研修にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
カテゴリー: 東京支店 タグ:

完成見学会「賑やか家族が集う家」は10月23日(日)開催

2016 年 10 月 20 日 Comments off
2016年10月20日(木) 〇

来る10月23日(日)、中津川市付知町にて完成見学会「賑やか家族が集う家」を開催します。建て主さんは中島工務店住宅部の仲間でして、いわゆる"プロの自邸"です。

161020-賑やか家族が集う家

玄関先にある"賑やか家族"を象徴する手形もお見逃しなく。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

ヨーグルト・チーズケーキ

2016 年 10 月 19 日 Comments off
2016年10月19日(水) 〇

自らの誕生日に託けてホームベーカリーを購入しましたが半ば予想通りあまり活用していませんでしたので、昨晩何か作ろうと思い立ちインターネットで見つけたヨーグルトで作るチーズケーキに挑戦しました。

161019-チーズケーキ

プレーンヨーグルト400g、中力粉(薄力粉がなかったので)40g、砂糖50g、マーガリン(バターの代わり)10g、卵2個をホームベーカリーに放り込み(文字通り)スイッチを入れておくと、今朝チーズケーキと思しき物体が完成していました。熊(ション、家内のこと)に味見してもらうと、「マズイわけじゃないけど...」と。焼いている時の香は良かったんですけどね。プレーンヨーグルト300gのところを一パック使い切ろうとしたのが原因のような。ま、初挑戦にしては上出来です。

さて次なる試みは、拙宅の庭先になっている栗を使った菓子パン(漠然と)。作戦の詳細はこれから考えます。

161019-栗

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

日韓親善会議in韓国 Day3:INART

2016 年 10 月 18 日 Comments off
2016年10月18日(火) 〇

忠南大学の姜(かん)教授が主催する日韓親善会議in韓国の3日目(10月12日)、いよいよ滞在最終日。宿泊地の南原(ナムォン)から約2時間車を走らせ大田(テジョン)に帰って来ました。こちらが2002年の日韓(韓日?)共催ワールドカップの決勝が行われた大田ワールドカップ競技場

161012-大田スタジアム

午前中の少し空いた時間を使って、姜教授の研究室に現在留学中の小島さんに佐々木教授と山﨑准教授が実験のアドバイス。自分が学生だった頃を少し思い出ししばしノスタルジーに浸りました。忠南大学は韓国有数の総合大学で、その広大な敷地に憧れます。来世はこんな大学に留学したいです。

161012-忠南大学

その後に向かったのは大田市内にある家具屋さんINART。家具の製造・販売・卸売りを手掛ける家具屋さんで、韓国に200カ所もの販売ルートを持つそうです。又、日本での販売ルート開拓や日本の家具屋さんとの提携等、日本との繋がりも模索しています。ちなみに、INARTのデザイナーであるアンディさんは7月のWoodism Tour in Kashimoにお越し下さいました。

161012-INART (1)

161012-INART (2)

161012-INART (4)

161012-INART (5)

161012-INART (6)

161012-INART (7)

161012-INART (8)

161012-INART (9)

161012-INART (10)

"Every tree has a story"ですか。これは旨い。

161012-INART(11)

デザイン、品質、見せ方、香り等細部に至るまで拘りを感じました。ありがとうございました。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

PR: 国の行政への苦情・意見・要望は、行政相談を-政府広報

2016 年 10 月 17 日 Comments off
相談によって様々な分野の制度や施設等が改善!でも、相談するにはどうすればいいの?
カテゴリー: 未分類 タグ:

筑波大学加子母ツアー2016 その②

2016 年 10 月 17 日 Comments off

筑波大生と巡る加子母の旅、2日目。
家づくりの川上とも言える原木市場や製材所、各加工場を見学しました。

まずは原木市場を見学。種類、太さごとに整然と並べられていて、圧巻です。
森林組合の方に市場を案内頂いた後、森林組合の仕事内容や加子母の林業の
推移についてお話を伺いました。

f0073301_1138267.jpg

森林組合を後にし、次はマルワイ製材さんで製材と乾燥の現場を見学しました。
特別に丸太の皮剥きから製材するところまで、間近で見せて頂きました。
f0073301_11383182.jpg

木材の乾燥も大事な工程で、材の種類や何に使われるかによっても水分量を
調整するそうで、時間と労力が掛かっていることを改めて実感しました。
f0073301_11385782.jpg

次は構造材、造作材の現場を見学。鉋掛けされた東濃ひのきの香りをかいだり、
触ってみたり、綺麗な仕上げにうっとり。
f0073301_11404851.jpg

次は中島工務店の社寺工場へ。家づくりとはまた違って、独特のしきたりや工程が
あることを初めて知りました。

社寺によくみられるアーチ状の材。根曲がり材が使われます。
f0073301_11411859.jpg

社寺を建てる際には原寸で設計図を引きます。数字は漢数字で表します。
f0073301_1142698.jpg

夕方になり、雨もあがりました。農家さんで加子母名産のもぎ立てのトマトやスイカを
ごちそうになりました。新鮮でみずみずしくて、最高でした!
f0073301_11432496.jpg

夜は、尾張藩の頃から地域の山を管理してきた山守の内木家におじゃまして、
神宮美林や歴代の山守の仕事についてお話を伺いました。
脈々と受け継がれ、守られてきた伝統や歴史に触れ、感銘を受けました。
f0073301_11441593.jpg

夕食は囲炉裏を囲んで、郷土料理を堪能しました。

カテゴリー: 東京支店 タグ:

日韓親善会議in韓国 Day2:午後は漆器店、韓屋、広寒楼苑

2016 年 10 月 16 日 Comments off
2016年10月17日(月)

忠南大学の姜教授が主催する日韓親善会議in韓国の二日目(10月11日)は、南原(ナムォン)市での視察。午前中は南原山林組合の取組みを拝見し、午後はまず南原漆塗工芸館にお邪魔しました。南原市は木工芸品や漆器が有名なようで店内は素晴らしい作品で溢れていました。人間国宝級(?)の館長さんともお会いし、家族のお土産にと漆器も購入しました。

161011-漆器店01

161011-漆器店02

161011-漆器店03

夕方、南原市が運営する宿泊施設に到着。韓国の伝統的な住宅である韓屋(ハンオク)の宿泊施設です。

161011-韓屋01

161011-韓屋02

韓屋には伝統的な床暖房である温突(オンドル)が付き物です。昼間に床下空間で薪をくべ、その余熱を夜間の床暖房とします。建物に添う煙突も韓屋の特徴の一つです。

161011-韓屋03

屋根の作り方も韓屋の特徴の一つです。日本建築のそれとの共通点もありますが、丸垂木と角垂木の二重屋根でピッチは非常に細かい扇垂木、そしてクドいほどの軒反り、やっぱり独特です。

161011-韓屋04

室内は基本的には真壁。尺角はあろうかという太い松の柱と貫、その他は土壁下地に紙張りの仕上げ。耐震強度には不安がありそうです。床に直接布団を敷くことで温突の熱が直接布団を温めてくれます。実際は熱すぎるぐらいでした。

161011-韓屋05

室内に垂木が現れている部分もあります。ここは恐らく断熱らしい断熱はされていないような。

161011-韓屋06

宿泊施設は更に拡張されています。工事における安全衛生面・品質面共に、日本の厳しい基準に比べ"自由度"は非常に高いと思います。

161011-韓屋07

こちらがこの施設で採用されている韓屋の壁の構成です。昔ながらの作り方が忠実に再現してあるそうです。

161011-韓屋08

こちらがレストラン。内部はがらんと大広間で、結婚式やカンファレンスに使われるそうです。

161011-韓屋09

宿泊施設の隣には、広寒楼(クァンハルル)があります。ここは春香(チュニャン)という名の操の象徴のような女性の物語春香伝(チュニャンジョン)の舞台であり、時代劇のロケにもよく使われるそうです。整備された資料館もあり、街を挙げての一大観光スポットです。

161011-広寒楼苑01

161011-広寒楼苑03

庭園の一角には「春香伝」の物語を再現した展示もあります。

161011-広寒楼苑04

161011-広寒楼苑05

やたらに大きいブランコも物語の重要なアイテムの一つだとか。通称"ハイジのブランコ"。

161011-広寒楼苑06

三日目に続く。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

3年目の自家製栗きんとん

2016 年 10 月 16 日 Comments off
2016年10月16日(日) 〇

先日拾った栗栗きんとんを作りました。今年で3年目、個人的な伝統になりつつあります。昨年はくるみやレーズン、マンゴを和えたりしてバリエーションに挑戦しましたが、今年はそんな気力も起こらずただ単に作るだけでした。昨年よりは手際は良くなっていますが、それでも15個作るのに半日を要しました(過程で2個消費)。

161016-栗きんとん2016

ちょっと魔が差しまして、目の前にあったブラウンシュガーを入れたものも作ってみました。が、これは大失敗。分量を間違えたことと、そもそもブラウンシュガーの味は栗には合いませんでした。通常品も、栗を一度冷凍保存したせいかどうも美味しくない。今年は両親へのお裾分けは見合わせます。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

「ゴクン」

2016 年 10 月 16 日 Comments off
私の工場の近く、少し歩けば

f0073301_15423322.jpg


                      いっぱいの実の柿の木
                      「ゴクン」

もう少し歩くと

f0073301_1545152.jpg


                  これまたいっぱいの実の栗の木
                  「ゴクン」

ある朝、空を見上げれば

f0073301_15463975.jpg


                 うろこ雲 おいしい魚を思い浮かべて
                 「ゴクン」

その日の夕方

f0073301_1548345.jpg


               又又、うろこ雲 あ〜さんまが食べたい
               「ゴクン ゴクン」

「天高く私肥ゆる秋」


                         鉄工センター 今井一司

カテゴリー: 鉄工センター タグ:

サーフィス専用マウス

2016 年 10 月 15 日 Comments off
2016年10月15日(土) 〇

私の守り神、中島工務店のコンピューター・ウィザードがこの度私のためにサーフィス用のマウスを購入してくれました。そう言えばサーフィスを使い始めた頃にタッチパッドにイライラしてマウスをリクエストしてました。

161015-マウス

このマウス、確かに薄くて嵩張らないのはサーフィスに合っているような気がします。が、とにかく使い難い。その上、最近はタッチパッドの操作もそこそこ上達しまして、結局このマウスは使わないような気がしています。なんだか悪いことをしました。

中島 大地

カテゴリー: ガジェット タグ:

精密検査に向けて

2016 年 10 月 14 日 Comments off
2016年10月14日(金) 〇

9月20日に受診した人間ドックの健診結果が思いの外芳しくなく、今日は精密検査の相談に中津川市民病院に行って来ました。「開封をしないで医療機関へお出しください。」と書かれた封筒の中身を見てしまいましたが、これと言って意味は分かりませんでした。

161014-精密検査結果

今回は採血をしただけで、胃カメラと大腸カメラの検査を再来週に予約しました。胃カメラは3年前に経験しましたが、生きた心地がしなかったことを思い出します。大腸カメラは今回が初体験ですが、前日から食事を制限し下剤を服用し、当日はもう出ないというところまで下痢しなければいけないそうで、今からとても憂鬱です。とは言え避けては通れぬ道、私の"無実"が証明されるまでまずは進みたいと思います。

中島 大地



カテゴリー: 自分 タグ:

現場にテレビがやってきた

2016 年 10 月 14 日 Comments off
16101401.jpg

岐阜市の現場です。
先日テレビの収録が行われました。
今月28日、岐阜放送にて。
興味のある方はご覧下さい。
カテゴリー: 建築 タグ:

PR: 駅や車内で!鉄道利用時のマナーの向上-政府広報

2016 年 10 月 14 日 Comments off
心のバリアフリーで思いやりを!目の不自由な方やお年寄りの方へ、声かけのポイント
カテゴリー: 未分類 タグ:

ハロウィンお菓子教室@TOKYOSTYLE

2016 年 10 月 14 日 Comments off

いくつもの台風が日本列島を通過すると気温も落ち着き、やっと秋らしくなってきたと思いホッしたのも束の間、朝夕の気温がグッと下がり一気に晩春へ。気付かないうちに秋の大切な部分が通り過ぎてしまったようで残念です。 食欲の秋・読書の秋・芸術の秋....色々な秋がありますが、TOKYOSTYLEではお菓子作りの秋。ハロウィンにちなんで「猫の魔法使い」をつくります。カップケーキにアイシングクリーム...

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

うまいもん総務部反省会

2016 年 10 月 13 日 Comments off
2016年10月13日(木)

大成功を納めた第4回舞台峠うまいもん祭を受けて、総務部の反省会に出席しました。正確には私は反省会は欠席でその後の慰労会から合流しました。こんなこともあろうかと、私の反省事項は事前にメールにて提出しておき、何とか面目は保てました。

161013-うまいもん総務部反省会

手弁当のスタッフの楽しみの一つがまさにこれです。同じ目標に向かって一致団結し、その成果を肴に時間を忘れて語らう。こんな機会を経て仲間の結束が強まっていくのを感じます。

よぉく写真を見てみると、その時懇親会の"主"が席を立っていた...私としたことが、何たる不覚。

中島 大地


カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

日韓親善会議in韓国 Day2:木造学校と南原山林組合

2016 年 10 月 12 日 Comments off
2016年10月12日(水) 〇

11日、忠南大学姜教授の引率による日韓親善会議in韓国の二日目、宿泊地の大田(テジョン)を出発し、目的地の南原(ナムォン)への途中で木造学校に立ち寄りました。木造学校は韓国全体に2校あり、半年を1期として年間に約200名を受け入れ、720時間の研修で木造の建築士や大工技術者を育成しています。

161011-日韓交流会議in韓国 (17)

敷地の半分にはツーバーフォーや韓屋(ハンオク)の実物大サンプルが展示してあります。

161011-日韓交流会議in韓国 (1)

161011-日韓交流会議in韓国 (3)

161011-日韓交流会議in韓国 (18)

敷地のもう半分にある校舎では、小・中学生と思しき学生さんの木工教室の真っ最中でした。木造学校が国に提案して補助を受けている木育事業の一つです。

161011-日韓交流会議in韓国 (5)

木造学校を後にし一路南原市の山林組合へ。まずは間伐材の収集状況を見学。日本に比べ安全への配慮や仕事の丁寧さが低いのは否めません。

161011-日韓交流会議in韓国 (7)

続いて林道整備の現場。こちらの作業も日本の労働安全基準では考えられない自由度があります。

161011-日韓交流会議in韓国 (8)

街中には金融の部署があります。

161011-日韓交流会議in韓国 (19)

昼食を終え木材流通センターに移動し、製材等の業務を見学しました。まずはチップの生産。大きな売上げの一つです。

161011-日韓交流会議in韓国 (10)

161011-日韓交流会議in韓国 (9)

韓屋の構造材の製材。

161011-日韓交流会議in韓国 (11)

板材のモルダー加工。

161011-日韓交流会議in韓国 (13)

木質内装材の節埋め作業。内装材に節があるのは当たり前のようです。

161011-日韓交流会議in韓国 (12)

総桧づくりのベッド。

161011-日韓交流会議in韓国 (14)

オリジナル木製品の販売コーナー。時計、チップ、枕、オイル、等々。

161011-日韓交流会議in韓国 (15)

胡桃や松の実も営業品目の一つです。

161011-日韓交流会議in韓国 (6)

南原山林組合の見学はここまで。前日の驪州(ヨジュ)の木材流通センターも合わせて、韓国における山林組合の位置づけや役割のイメージが掴めました。

161011-日韓交流会議in韓国 (16)

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

日韓親善会議in韓国 Day1:山林組合中央会驪州木材流通センター

2016 年 10 月 11 日 Comments off
2016年10月11日(火) 〇

この7月にWoodism Tourの一環で加子母が育む完結型林業の視察にいらっしゃった韓国忠南大学の姜先生が発起人となり12月に韓国仁川で開催されるInternational Woodism-city Conference & Festival(IWCC&F)に、微力ながら中島工務店も協力・出展します。その事前打ち合わせの目的で昨日から二泊三日で、名古屋大学農学部の佐々木教授・山﨑准教授と共に韓国へ来ています。"事前打ち合わせ"と知らされていましたが、姜先生の計らいで打ち合わせに加えて韓国の林産業視察が用意されていました。

10日、仁川国際空港に昼頃到着、姜先生と研究室の生徒達に出迎えてもらい、空港で昼食を済ませ、車で約2時間、驪州(ヨジュ)へ。有名なアウトレットの隣にある山林組合中央会の木材流通センターが最初の視察地です。山林組合中央会の職員さんが7月のWoodism Tourで加子母のお越し下さいました。

161010-山林組合中央会木材流通センター (15)

山林組合中央会は、韓国中の森林組合を統率する組織で山林庁の直轄機関です。植林・育林・伐採の他にも、製材、プレカット加工、木材の防腐処理、林道の整備、研究開発、情報提供、木育、金融、木製品の小売り、バイオマス事業、キノコ事業、ベトナムやインドネシアでの海外植林事業等とその業務は多岐に渡り、日本の森林組合とも大きく異なります。こちらの木材流通センターは韓国で一番大きく、年間に原木で30,000㎥を生産しています。約9割をこのセンターで消費し、約1割は外販してます。主にツーバイ材とチップを生産していますが、韓屋(ハンオク、韓国の伝統的な家屋)に用いる太い材も少々生産しています。韓国は以前は競りを取り入れていましたが上手く機能せず、今は定価販売が主流だそうです。

161010-山林組合中央会木材流通センター (1)

韓国の主要木材はカラマツやトドマツです。「韓国は森林資源に乏しい国」と私は勝手に思い込んでいましたが、国産材で韓屋で使用する太い構造材がとれる径の木材がたくさんあります。もちろん発展途上で、木材自給率アップ、安定した供給体制の確立を目指しています。

161010-山林組合中央会木材流通センター (2)

161010-山林組合中央会木材流通センター (3)

木材乾燥に力を入れるようになったのは最近のことだそうです。露天に放置してあるだけですが、天然乾燥も取り入れています。

161010-山林組合中央会木材流通センター (4)

新柴設備の高温乾燥機が5台。燃料は天然ガスとチップ。

161010-山林組合中央会木材流通センター (7)

捻りや曲がりの多い松の特性が影響してか歩留まりは35%程度と低いですが、代わりにチップとしての利用量が非常に多いです。こちらがペレットのサイロ。日本とは桁違いの消費量が伺えます。

161010-山林組合中央会木材流通センター (8)

製材部門には製材機4台。小規模製材所で使われているような小型機です。

161010-山林組合中央会木材流通センター (5)

集成材はほとんどが手作業。あまり需要がないようです。

161010-山林組合中央会木材流通センター (9)

韓屋に使う丸垂木を削る機械。

161010-山林組合中央会木材流通センター (10)

プレカット加工機。一般的な共通部材を削るだけのシンプルな機械で、1棟丸ごとの日本のプレカットとは位置付けが異なります。
韓国の木造住宅事情は伝統的な韓屋かツーバーフォーの両極端に分かれています。

161010-山林組合中央会木材流通センター (11)

韓屋の梁桁や柱。

161010-山林組合中央会木材流通センター (6)

こちらが韓屋。現代の韓国の都市部ではマンション暮らしが主流で、韓屋は専ら田舎の住まいです。先ほどの丸垂木とその上に角垂木を使った二重の屋根が特徴的です。太い梁桁や柱材と赤土の土壁、そして床下のオンドルを入れるのが韓屋の条件だそうですが、ツーバイフォー住宅に比べ1.5倍程度の費用が掛かるため現在"新韓屋"として廉価版が検討されています。日本の軸組構法にも活路がありそうです。

161010-山林組合中央会木材流通センター (12)

木材の展示スペース。

161010-山林組合中央会木材流通センター (13)

161010-山林組合中央会木材流通センター (14)

国道沿いには木育を兼ねた託児所があります。その隣にある"トロイの木馬"と思しき大きな木製オブジェが国道からよく見えます。確かに目立ちはしますが、とにかく異様です。

161010-山林組合中央会木材流通センター (16)

木材流通センター出発し、約2時間車を走らせ忠南大学のある大田(テジョン)へ移動し、予定より遅れての夕食となりました。つづく。

中島 大地

カテゴリー: Woodism タグ:

10月11日(火) うつりかわり!!

2016 年 10 月 11 日 Comments off

AM6:32 唐塩山の上の雲がきれい。

DSC00716

AM6:39 東山に朝日が昇って来た。

DSC00717

AM6:40 箒で掃いたようになって来た。

DSC00718

AM7:24 畑の主の姿が無い。

DSC00720

AM7:26 布団の綿みたいな雲に早変りした。

DSC00722

 今朝は寒い位だ。10℃。プレカット工場へ歩いて行った。家を出ると唐塩山の頂上にきれいな雲がかかっている。少し行くと朝日が昇って来た。少しずつ箒で掃いたように変ってゆく。
 プレカット工場の打合せを済ませて歩いて帰る。この間まで畑仕事をしていたえいじさんの姿はもう無い。良く太った里芋と寒さが得意な大根だけが育っている。
 空も真白な綿を敷きつめたように変ってしまった。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

~の秋

2016 年 10 月 10 日 Comments off
2016.10.10

暑さも一段落し過ごしやすい季節になりました。
本を読むのに最適な気温になるのが「秋」なのだそうですね。


今年は「あいちトリエンナーレ2016」が開催されています。
(愛知県で2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭)
長久手市でも「ながくてアートフェスティバル2016」を10/23(日)まで開催しています。


長久手Studioも作品展示で今年2回目の参加をしています。
住まい手様の加藤恒太郎さんの『ぐいのみ』や新作『色絵一合徳利』を展示販売しています。
f0073301_13475799.jpg




昨年に続いて、なかのりなさんも展示してくださっています。
服飾デザイナーさんをされていた方で、ファブリックボードやひょうたんアートがかわいいです。
昨年お買い求めくださった方が、今年も来場してくださいました。
f0073301_1461287.jpg



書斎には赤いひょうたんアート作品やファブリックボードを展示しています。
f0073301_14134680.jpg



もう一方は、ガラス作家のキッタヨーコさんで実行委員の方が紹介してくださいました。
キッタヨーコさんは付知出身でご主人は加子母出身でした!
スタジオバグザウルスhttp://bakusaurusu.com
吹きガラス体験をされています。ぜひ行ってみてください。

f0073301_14105415.jpg



鉄とガラスの作品もつくられています。
f0073301_14112474.jpg




こちらへお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

名古屋支店 中島まき子


カテゴリー: 名古屋支店 タグ:

旧家へのオマージュ

2016 年 10 月 10 日 Comments off
2016年10月10日(月)

揖斐郡池田町でお手伝いさせていた華めく家がいよいよ完成を向けえ、先日完成検査を実施しました。床板・天井板、横架材に至るまでふんだんに東濃ひのきを使った72坪の住まいは細部まで丁寧につくり込んであり、木材に引けを取らない素晴らしい仕上がりになりました。

161008-完成検査-華めく家

新築に伴い解体した旧家の大黒柱だったケヤキと差し鴨居だった地松を再加工して、ダイニングテーブルとサイドテーブルを作りました。歴史と格式のある旧家に対するオマージュとして、私達だからできるこんな計らいを大切にしています。

161008-テーブル-華めく家

完成内覧会「華めく家」はいよいよ今週末10月16日(日)の開催です。内覧ご希望の方は中島工務店HPよりお申込みをお願い致します。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

筑波大学加子母ツアー2016 その①

2016 年 10 月 9 日 Comments off
東京・新木場にあるTOKYOSTYLEモデルハウススタッフの渡瀬です。
8月末、筑波大学で農林学を学ぶ学生の加子母ツアーに同行し、
はじめて加子母に行ってきました。

この加子母ツアーでは、素材生産から加工まで川上における家づくりを学ぶとともに、
神宮美林見学や山守セミナー、地域の木造建築見学など、加子母の産業や山村文化を
フルコースで体験しました。

初日はいきなり目玉の神宮美林見学です。
神宮美林は伊勢神宮の式年遷宮の御用材育成地で、許可なく入ることができません。
街の中心から車で1時間近く林道を進み、ようやく入口までたどり着きました。

f0073301_16262350.jpg


林野庁を退職後、現在は中島工務店の総合研究所所長である中川護さんにガイド頂き、
神宮美林を散策、その成り立ちや式年遷宮の歴史についてお話を伺いました。

f0073301_16264535.jpg


樹齢400年のヒノキが立ち並ぶ森は、静けさが広がり、厳かな雰囲気に包まれています。

f0073301_1624225.jpg


式年遷宮に使われる御用材は「三ツ緒伐り(みつおぎり)」と呼ばれる3点を残す方法で
伐採されます。

f0073301_16555455.jpg


樹齢400年のヒノキの荘厳なスケールに、古くから守られてきた資源や伝統の歴史を
肌で感じました。


壮大な森の中で身も心も洗われた後は、温泉に入り、夕食はソウルフードの「鶏ちゃん(けいちゃん)」。
美味しくて止まりません。若い大学生の皆さんの食べっぷりは見事でした!

f0073301_16255858.jpg





カテゴリー: 東京支店 タグ:

Jason Bourne

2016 年 10 月 9 日 Comments off
2016年10月9日(日) 〇

昨日は夕刻の打ち合わせを終えたその足で映画館へ直行し、待望の「ボーン」シリーズ5作目ジェイソン・ボーンをレイト・ショーで観ました。言わずと知れた「ボーン」三部作の続編です。数年前に製作が発表されて以来心待ちにしていまして、どうしても公開の週末に観たいと思い昨晩決行しました。そして奇しくも10月8日はマット・デイモンの46歳の誕生日。これ以上のお膳立てはありません。

161008-JB

「ボーン」シリーズにはジェレミー・レナーが主演した4作目ボーン・レガシー(2012年日本公開)がありまして、スピンオフとしてそれはそれで良かったんですが、三部作のハイプに見合うものではありませんでした。9年振りにシリーズにマット・デイモンが戻って来た「ジェイソン・ボーン」が名実ともに続編です。

「ジェイソン・ボーン」は、三部作で取り戻した記憶を基に今度は家族にまつわる陰謀を暴くお話です。約2時間の息もつかせぬアクション・パックは、テンポ良し、演技良し、アクション良し。お決まりのカーチェイスも相変らず豪快ですし、手に汗握る頭脳戦も盛りだくさん。CIA長官を演じるトミー・リー・ジョーンズは「逃亡者」のサム・ジェラルド役以来好きな俳優さんで、今回も腹黒い長官を好演しています。謎の若手美女CIAエージェントはとにかくベッピンで演技も良い。三部作から引き続き登場するニッキーは素朴にキュートだった当時の面影は微塵も感じさせないオバサンになっていて少々残念。もちろんお約束のエンディング・テーマExtreme Waysにはお約束通り鳥肌が立ちます。All in all, 自信を持ってお勧めします。

さて、広告には"新章始動"の文字が。少なくとも更に三部作ということでしょうか。次なる陰謀は?謎の女CIAエージェントには何かありそうですね。期待は膨らむばかりです。

中島 大地

カテゴリー: 映画 タグ:

10月9日(日) 時計草

2016 年 10 月 9 日 Comments off

我家のグリーンカーテンは、

DSC00687

時計草が咲いています。

DSC00686

時計に本当に良く似ています。

DSC00684

雨蛙が宿っています。

DSC00685

これが実になるとパッションフルーツになります。

DSC00688

 10月に入りようやく少し寒さを感じるようになりました。我家の居間の西の縁側には西日を遮るグリーンカーテンがとても元気になり、緑が輝いています。
 世の中に時計が出来る前からこの形をしています。時計草です。実が大きくなると握り拳大の紫色に熟れて二ツ割りしてスプーンですくって食べると酸っぱくて美味しい。パッションフルーツです。もうすぐ食べられます。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

タキハナさんの新たな門出

2016 年 10 月 8 日 Comments off
2016年10月8日(土) 〇

この6年間共に励んできた同僚のタキハナさんが、一身上の都合により10月20日付けで中島工務店を退職します。昨晩は新たな門出を祝って壮行会を催しました。

161007-タキハナさん壮行会

「これから」と思っていた矢先のお別れはとても残念ですが、それでもタキハナさんの決意を尊重したいと思います。一緒に働いた6年間がお互いの糧になると信じて、力強く地元の飛騨高山に送り出してあげたいと思います。これまでありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

中島 大地


カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

後頭部の吹き出物、再び

2016 年 10 月 7 日 Comments off
2016年10月7日(金) 〇

8月頃に後頭部にできた大きな吹き出物は、その後破裂して血と膿が出てから小さくなり落ち着いていましたが、ここ数日でまた大きく成長してきたので、今度は皮膚科に行って切開してもらいました。後頭部の皮膚の下にポケットが出来ていてそこに何かの拍子で膿が溜まるようです。原因は様々ですが、結局は"そういう体質"ということです。

161007ー切開

恐れ多くも先生に後頭部の写真を撮って欲しいとお願いすると、快く引き受けてくれるどころか「じゃ、この辺で一枚」なんてプチ手術の経過を数回に渡って撮ってくれました。切開中の写真は、お見せしたい欲求を抑えて自粛します。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

10月7日(金) ゆっくり歩くと、

2016 年 10 月 7 日 Comments off

プレカット工場から歩いて帰った。道端に野菊が一杯咲いている。これは色白だ。

DSC00662

? でも可愛い!!

DSC00664

稲刈りも済んだ。

DSC00665

ひっそりと咲いているのは蛍袋かな?

DSC00666

薄の穂が風に靡いてきれいだ。

DSC00667

? 土手に一杯咲いている。

DSC00668

? 蔓が延びて小さな赤い可愛い花だ。

DSC00671

これは薄紫色をした野菊。

DSC00672

近頃めっきり見なくなった背高泡立ち草がきれいに咲いていた。

DSC00673

 今朝は12℃。良く晴れて涼しいので歩いてプレカット工場へ行った。帰りは道端の花を丁寧に撮り乍らゆっくり帰った。
 たくさんある雑草に小さなとても可愛い花が咲いている。近寄って良く見ると色もきれいでとても良い形をしている。
 世の中ってそういうものなのかもしれない。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

かしも明治座 主役、おれ

2016 年 10 月 7 日 Comments off
TOKYOSTYLEパンフレットに挟んだり、私自身も日頃から常にバックに潜ませ、機会があれば配り歩いている「加子母(かしも)マップ」が足りなくなり、送って貰いました。届いたマップの中に始めて見るチラシも入っていました。 「主役、おれ」「主役、わたし」……!? ・・・何の事か分からず、めくって裏を見るとかしも明治座で新たに始まった体験プログラムのチラシで、歌舞伎の化粧「隅取り」が体験で...
カテゴリー: 加子母(かしも) タグ:

流れ星も、天の川も、その他の星も。

2016 年 10 月 6 日 Comments off

sadsc05556

今日は満天の星空。 流れ星も、天の川も、その他の星も。 燃えているのがわかるくらい明るい流れ星も2つ流れた。 小さい流れ星は10ぐらい。 調べてみたら、今は三つの流星群が活発らしい。 ジャコビニ流星群、オリオン座流星群、 […]
カテゴリー: 風景 タグ:

平成28年度安全運転管理者講習会

2016 年 10 月 6 日 Comments off
2016年10月6日(木) 〇

平成28年度安全運転管理者講習会を受講しました。5台以上の車輌を持つ事業所は安全運転管理者を選任することが義務付けられており、所有台数により管理者の人数が決まります。中島工務店の場合は安全運転管理者と副安全運転管理者を合わせて9名で、その内の一人が私です。

決して安全運転で知られているわけではない私がこの度副安全運転管理者に任命されたのは、恐らく2月に轢き殺してしまった2匹の鹿への贖罪の場を与えてもらったのだと思います。いずれにせよ大役です。真面目に務めたいと思います。

161006-H28安全運転管理者講習

以下、約5時間の講習で学んだことを書き綴ります。

岐阜県の死亡事故年間目標は95名以下、現在62名。10月は死亡事故多発の期間。
高齢者の死亡が55%。高齢者の死亡は歩行・自転車の場合が多い。歩道横断の際に右より左からの車に衝突する場合が多い。運転者は右からの横断者には特に気を付ける。
後部座席のシートベルト着用は義務。現在着用率は約半分。シートベルト未着用の場合の死亡率が高い。ハンドルで肋骨を折り肺に刺さり死亡する(肺血気胸)。後部座席もシートベルトが義務。
中津川管内は人身事故164件、死亡3件、昨年を上回るペース。
出勤時間の交通事故が約1/4。週末よりも平日の発生が多い。車同士の追突、前方不注視が多い。交差点・交差点付近での発生が半分以上。高齢者と小学生の歩行者の事故の割合が高い。
時間に余裕を持った行動を。約束に遅れる時は先方に断りを入れて焦らないことが大切。
遠回りしてでもできるだけ信号機のある交差点を通った方がリスク減。
日没の30分前にはヘッドライトを点灯する。対向車のいない時はハイビームを活用する。見通しの悪い場所では最悪の状況を予測する。夜間の外出は明るい色の衣服や夜行タスキを。
毎年全国では4,000人前後が交通事故で死亡。岐阜県では100人前後(減少傾向)。
65歳以上の高齢者の死亡が多。歩行者の死亡の大半が高齢者。
市町村道での事故発生が多い。続いて国道。
安全運転義務違反による交通事故発生が最多。速度超過、脇見運転。
過労運転・過積載では管理者・使用者等が罰せられる。
一般違反行為による欠格期間は最大5年、特定違反行為では10年。
追突事故は実は単路で多く発生している。追突事故の大半は認知ミス。運転中は前を見て車間距離を確保して。運転中は電話をしない。
一時停止を怠る理由は「車輌は来ない」という思い込み。
コリジョンコース現象。動いている車が停止しているように見える目の錯覚。
右折時の事故が最も多い。対向車との接触、歩行者との接触。ミラーだけでなく目視確認を。
対高齢者事故が多発。右側から横断してくる歩行者との接触が最多。夕方は早めのライト点灯を。
バックで出庫中に高齢者と衝突する事例が多い。同乗者がいる場合は誘導をお願いする。バックモニターに頼り過ぎず目視確認を。
飲酒運転の発覚を恐れて轢き逃げする事例が多い。酒気帯び運転は3年以下の懲役と50万円以下の罰金。前日の飲酒が翌日飲酒運転になる場合も。
高速道路ではタイヤ交換等の作業をせず警察・道路管理者に連絡する。高速道路でも人が歩いている場合があるので要注意。
運転中の熱中症に注意する。薬の副作用に注意する。
準中型免許を新設。普通免許と中型免許の中間。3.5t以上7.5t未満の車輌。施行以前の普通免許は5.0t未満、以降の普通免許は3.5t未満。
高齢運転者(75歳以上)が免許を更新する場合は更新講習を受講する。高齢運転者が事故・違反した際は検査を受ける。
悪質は事故・違反はその場で免許停止できる(借停止)。悪質自転車運転者に安全講習を義務付け。
高速道路は一般道に比べて事故数は格段に少ないが(1/12)、発生すると大惨事になりやすい。
高速道路では渋滞中や停止中の死亡事故が非常に多い。前方不注視が大きな事故につながるのが高速道路。
ハザードランプやポンピングブレーキで後続車に渋滞を知らせるのは自分のため。後続車が減速するまで目を離さない。
高速道路で事故・故障したら可能な限り路肩か非常駐車帯へ移動し、ハザードランプをつけ、後続車に合図する。停車後、発煙筒と停止表示板で更に合図する。乗員はガードレールの外等安全な場所に避難する。道路管制センター(非常電話か#9910)に通報する。
発煙筒にも使用期限がある。期限切れの発煙筒で着火を練習するとよい。
三角表示板は義務。三角表示板を設置せず高速道路で停車するのは違反。
高速道路の逆走は、インターを乗り越して方向転換したか、スピンした際に方向が分からなくなったことが原因。高齢運転者に多発。事案件数は増加傾向、その半分以上は死亡事故。
認知症ドライバーが急増中。
ETCレーン通過時は時速20km以下で走行する。前の車が止まる想定で走行する。
時速60kmで衝突すると、体重の3倍以上の負担が掛かる。
お出掛け前に「アイハイウェイ」で道路情報の確認を。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

10月6日(木) 美味しいね 加子母のぶどう。

2016 年 10 月 6 日 Comments off

きくちゃんちのぶどうを食べに行った。

DSC00650

赤は鷹の爪、黒は蓮の実、緑は花豆、ゴーヤの実。加子母の秋の庭先風景です。

DSC00652

富士山柿が良く生ったが、

DSC00654

腐って落ちてしまいます。

DSC00653

葉も散って誠に残念です。

DSC00655

 きくちゃんちのぶどうが良く生ったので食べに来いと言うので暇を見つけて行った。もうお仕舞だと言う。
たわわに実った房から捥いでその場で食べた。瑞々しくて、甘くて、少し酸っぱくて、美味しくて言葉にならない程。
 昔は加子母ではぶどうは生らなかった。それが近頃では美味しいのが良く採れるようになった。これも温暖化のせいなのか。
 富士山柿が落ちてしまうのも。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

「住まいの提案、岐阜。」改め「hominG」

2016 年 10 月 5 日 Comments off
2016年10月5日(水) 〇

岐阜県の地域工務店を特集する住まいの提案、岐阜。から装いが新しくなったhominGに、可児市下切でお手伝いさせて頂いた樹の実の家を掲載して頂きました。

161005-HominG

雑誌に掲載されている他社さんの作品を見渡すと実にお洒落なものばかりで感服します。その中で中島とつくる家はと言えば、地元の木材、自社工場を駆使して、気心知れた職人集団がまごころを込めて丁寧に造り込む手造りの無垢の家であり、住まい手さんが愛着を持って末永く住んで頂ける住まいづくりであることを再認識します。もちろんその一端で衰退する日本の林業や山村の維持・発展に貢献することも私達の使命であることも語らずにはいられません。

中島 大地 

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

10月3日(月) プレカットへ歩いてゆくと、

2016 年 10 月 5 日 Comments off

我家の山茶花(さざんか)が開いた。上品!!

DSC00592

たかおくんちの木通(あけび)が美味しそう!!

DSC00596

ひろゆきくんちの朝顔の紅がきれい!!

DSC00597

さえちゃんちの朝顔の紺もきれい!!

DSC00601

きよしくんちのお地蔵様はお供えのお花で一杯!!

DSC00598

その辺(ほとり)に咲いたどぎつい花は時鳥草(ほととぎすそう)。

DSC00599

ゆうぞうさんちの杜若(かきつばた)がひっそりと一輪咲いている。今年はもうお仕舞だね!!

DSC00602

 本当に久しぶりにプレカット工場へ歩いて行った。
 知らぬ間に我家の山茶花が咲いている。真白の花びらを絞りを強くして撮る。白はきれいに撮れたが周囲は暗くなってしまた。それにしても上品な色合いだ。あけびは良く太って大きく口を開いているが高くて採れなかった。
 工場の帰りはゆったりと歩いた。畑の草の中の朝顔はとても鮮やかだった。ほととぎすも良く咲いている。かきつばたの紺も鮮やかな青だ。
 少し寒い位になったので花の色がとても鮮やかになってきた。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

スープカレー

2016 年 10 月 5 日 Comments off
旨い蕎麦を食べてモエレ沼公園を廻り、聖ミカエル教会と和洋折衷の清華亭を廻った北海道旅行。仕事PCを相棒に、天候不良だった滞在2日の夕方からは仕事していました。3日目は朝から仕事をして、午後からは加盟している団体の総会準備へ。 お昼は今回の滞在で一度は食べたいと思っていたスープカレーを食べる事に。第一候補のお店に行ってみると店舗改修で臨時休業。総会のあるホテルに近くて、美味しそうなお店を...
カテゴリー: 食べ物 タグ:

Kashimo Studioが再開

2016 年 10 月 4 日 Comments off
2016年10月4日(火) 〇

オーストラリア人のジョンさんが加子母で1ヵ月間の"Kashimo Studio"合宿をした4月から早半年が経とうとしています。この半年間、豪州と日本で連携をとりながら課題を進めてきましたが、一定の進捗が見えてきたことを機にイシカワさんとジョンさんが加子母にいらっしゃいました。今日は午前中を使って現在の進捗度合いと残された課題の再確認をしました。聞くところによると、ジョンさんはたくさんの友達がいる加子母に来たくて来たくて仕方なく、この日のために一生懸命課題に取り組んだそうです。

161004-KashimoStudio02

プロジェクト"Kashimo Studio"の主だった進捗と言えば、ジョンさんが新しい会社を立ち上げました。その名も「KSA」(Kashimo Studio Australia)です。又、"Kashimo"を豪州で商標登録し、hinokiとsugiの木材証明を豪州で取得しました。これで農作物の輸入に極めて厳しい豪州に桧と杉を持ち込むことができます。このジョンさんの努力に並々ならぬ"加子母愛"を感じます。加子母側の担当の私とヒノキさん(正式にはヒロキさん)も、その情熱に応えるべく気持ちを新たにしています。

161004-KashimoStudio01

当面の目標は、4月に建築したKashimo Studioのプロトタイプを11月中に豪州に向けて発送することです。それが無事に豪州で展示された暁にはいよいよ私の豪州デビューが叶います。頓挫していた1年前の約束がやっと果たせそうです。

中島 大地

カテゴリー: 未分類 タグ:

10月後半は「3週連続完成内覧会」

2016 年 10 月 3 日 Comments off
2016年10月3日(月)

10月後半の週末に3週連続完成内覧会を開催します。「中島とつくる家」の下敷きにお客様それぞれの個性が織り込まれた、三物件三様の作品を是非ともご覧頂きたいと思います。

3週連続内覧会

尚、内覧には予約が必要です。中島工務店HPよりお申込み下さい。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

ようこそおかえり「なかしまふれあいまつり2016」

2016 年 10 月 2 日 Comments off
2016年10月2日(日) ○

今回で第6回を迎えるなかしまふれあいまつり2016を開催しました。これは中島工務店が住まいづくりをお手伝いさせて頂いた、主に中部管轄のお客様を秋の加子母にお招きして、昼食を食べながらアトラクションで楽しんで頂こうという感謝祭です。今年も400名を超えるお客様が遠路加子母にお越し下さいました。

今年は昨年よりも開催時期を遅らせたため、先日の夏夜祭ではお客様に「ふれあいまつりってなくなっちゃったの?」と心配のお言葉を頂きました。6回目になり「ふれあいまつり」がお客様から期待されるイベントになりつつあることを実感します。ただ、昨日雨が降ったせいで運動会等が順延になり今日は来られなくなっってしまったお客様もいらっしゃり本当に残念でした。

さて、僭越ながらご指名でしたので私めが開会宣言を担当し、下呂市の竜神太鼓で迫力の幕開け。

161002-なかしまふれあいまつり2016(1)

加子母の名物もほぼ完売しました。

161002-なかしまふれあいまつり2016(2)

食にも私達なりの工夫を凝らしました。

161002-なかしまふれあいまつり2016(9)

161002-なかしまふれあいまつり2016(3)

161002-なかしまふれあいまつり2016(4)

161002-なかしまふれあいまつり2016(5)

161002-なかしまふれあいまつり2016(6)

161002-なかしまふれあいまつり2016(7)

161002-なかしまふれあいまつり2016(8)

親子で楽しめるアトラクションも多数用意しました。

161002-なかしまふれあいまつり2016(10)

161002-なかしまふれあいまつり2016(11)

161002-なかしまふれあいまつり2016(12)

161002-なかしまふれあいまつり2016(13)

161002-なかしまふれあいまつり2016(15)

161002-なかしまふれあいまつり2016(16)

161002-なかしまふれあいまつり2016(14)

一応住宅会社のイベントなんで、リフォーム相談等の住まい応援のブースや、「ごとむしの会」の大工さんによる包丁研ぎサービスもあります。

161002-なかしまふれあいまつり2016(18)

161002-なかしまふれあいまつり2016(19)

161002-なかしまふれあいまつり2016(17)

ステージイベントは、実はこれが本業(?)と思しき中島工務店のMC、Sogachapinとその仲間のワンちゃんの仕切りで大変盛り上がりました。

161002-なかしまふれあいまつり2016(29)

お子様餅つき体験。

161002-なかしまふれあいまつり2016(20)

かしもトマトの早食い競争。小学生以下男子の部では小熊(シャオション、倅のこと)が見事1位に!

161002-なかしまふれあいまつり2016(21)

かしもトマト早食い競争大人の部の争いは実に熾烈でした。

161002-なかしまふれあいまつり2016(22)

下呂市に拠点を置くダンスサークルシュガー・スパイスによるパフォーマンスも。

161002-なかしまふれあいまつり2016(23)

加子母のイベントでは欠かせない「ひのきの早積み競争」。お子さんが奮闘する姿の美しいことったら。ちなみに大人の部は"ユニット積み"なる作戦まで編み出されたガチバトルでした。

161002-なかしまふれあいまつり2016(24)

じゃんけん大会!

161002-なかしまふれあいまつり2016(25)

フィナーレは盛大に餅投げ!クジは入ってませんが。

161002-なかしまふれあいまつり2016(26)

あっという間の2.5時間でした。細やかな感謝祭でしたが、実行委員を中心としてここ数ヵ月間準備してきた甲斐あって、ご来場頂いた皆様には楽しんで頂けたと自負しています。ご来場頂き本当にありがとうございました。来年もこの時期に「ふれあいまつり」が開催できるよう、この1年まずは本業を頑張り抜きたいと思います。そしてスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

161002-なかしまふれあいまつり2016(27)

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ: