アーカイブ

2015 年 9 月 のアーカイブ

安全パトロールで土木現場へ

2015 年 9 月 30 日 Comments off
2015年9月30日(水)

今日は午後から、数ヶ月に1回役が回って来る安全パトロールに行きました。土木部のお二方のお供ということで土木現場を中心にパトロールしました。最後に訪れた現場は、私の住む牧戸の更に奥にある厚谷の堰堤(えんてい)工事。完成間近です。

150930-安全パトロール

同じ建設業、同じ会社とは言え、土木工事は私の携わる住宅づくりとは全く別世界です。志を同じくする仲間が違う分野で活躍する姿を見て、とても心強く感じました。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

Because a mountain is there

2015 年 9 月 30 日 Comments off
2015年9月30日(水)

今年5月に加子母にお越し下さったイシカワさんから、中島工務店の会社案内の英訳版のリクエストがありました。約1ヶ月前のことです。単に会社案内では芸がないと思い、一昨年出場した「第9回木の建築賞」の発表原稿を下敷きに文章を構成しました。大学時代からの友人マイクの全面協力の下ようやく完成しましたので、この場で披露させて頂きたいと思います。


Nakashima Construction Co.

Nakashima Construction Co. is a general contractor that offers such comprehensive services as civil engineering, architecture, house building, and shrine & temple building. It also runs a sand-processing plant, a concrete plant, iron works, a wood-precutting factory, and others. It employs approximately 230 employees and has annual sales of approximately \7 billion. It is a large part of business in Kashimo.

01s.jpg

Kashimo, Home of Cypress

Kashimo is a hometown of Nakashima Construction Co., a small town located in the northern part of Nakatsugawa City, Gifu Prefecture, with a population of approximately 3,000. 93% of its 115-square-meter land is covered with forests, and the general populace own parts of the forests. It is also famous for its cypress trees. Naturally grown forests of Kiso Cypress are still preserved and have become the symbol of the forests and forestry. The woods in the forests are preserved for the reconstructions of Ise Shrine, which occurs every 20 years. Records show that Kiso Cypress was used for other historical castles and shrines in Japan. Also, Tono Cypress, which was planted artificially, is a nationally famous building material known for its quality.

02s.jpg

Self-Contained Forestry

In Kashimo, we have been striving to perfect “self-contained forestry.” Kashimo Forestry Association (KFA) takes charge of forestry and bidding; sawmills purchase logs and process timbers; house builders design and construct houses; timber-processing factories shape building materials such as floorings and sidings. Almost an entire house can be built with locally-grown woods and local staff. Although the size of the operation is localized, it IS a rare case of self-contained forestry, and we try to make it better.

03s.jpg

However, not everything is going right. The price of lumber has dropped to 1/3 of its price compared to prices 30 years ago. Forestry management has become more and more difficult, and forestry wouldn’t make much business sense if it were not for hefty subsidies. The forest owners ask KFA to assist in managing their forests, but the expenses often exceed the price of woods sold, which discourages the owners from taking care of their forests.

04s.jpg

The situation of sawmills is similar. While there were 28 factories in Kashimo at its highest 30 years ago, the number has diminished to 14 remaining factories. There is a decreasing number of successors in the less promising industry.

05s.jpg

Moreover, more and more expenses are needed for wood drying and quality indication, which leaves the wood price to take up the slack. There has not yet been an effective solution.

Direct-From-The-Forest Houses

One of the important components of self-contained forestry is “direct-from-the-forest house.” Since the import liberalization of woods, foreign woods have grown in the demand over locally-gown woods, which put Kashimo in jeopardy. The concerned village mayor helped combine builders and carpenters, and the local government encouraged them to gain ground in cities. This project was later called “direct-from-the-forest house,” or Sanchoku Jutaku.

In the 1980’s, Kashimo Builders Association was established, where Nakashima played a central role. In addition to Nagoya area, Nakashima set up branches in Tokyo and Kobe, and supplied houses with Kashimo-grown timbers and staff. We have met many clients who appreciated our countryside spirits.

06s.jpg

We were reckless when we started out. We did a lot of projects which didn’t make business sense. With low budget and inefficient time, we took on questionable jobs. As we built more and more houses, we had to face various types of maintenance and fixing. The cycle of house building has allowed us to understand the essential quality and complexity of architecture, and as a company we developed a better understanding of house building. As a result, we have realized that it is eventually the house-owners benefit for house builders to design houses as well as construct them. While this is an ongoing process, we strive to learn in order to become better.

07s.jpg

Utilization of Local Materials

It is the local builders’ responsibility to make use of local materials. By using locally-grown woods, we can pay back the forest owners, who can in return spend on further care of their forests. It is a first step to prevent mudslide and river flooding which occur very frequently. Also, stabilization of local employment in Kashimo enables the youth to come back home.

In the End

There is no overnight solution to problems of the Japanese forestry. It is neither Kashimo’s problem, nor is it the problem that can be solved only with efforts from the private sector. While Kashimo is only a small town with 3,000 people, we make continuous efforts for developments with “self-contained forestry,” because a mountain is there.


08s.jpg

Daichi Nakashima

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

グフとも違うのだよ、グフとも

2015 年 9 月 29 日 Comments off
2015年9月29日(火)

昨晩、ウダウダと中々エレクトーンの練習をしない小熊(シャオション、倅のこと)を説教し、今日は一日罪悪感に苛まれました。罪滅ぼしとばかりに、いつも嬉しい3割引きのジョーシンに寄ってガンプラを買って帰りました。10月31日公開の機動戦士ガンダム THE ORIGN II 哀しみおアルテイシアよりHGプロトタイプグフ戦術実証機です。

150929-プロトタイプグフ

子供を口実に、積(ツミ)を重ねるダメな親父です。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

TOKYOSTYLE@塗装ワークショップのお知らせ

2015 年 9 月 29 日 Comments off

9月27日に杉厚板30mmのフローリング貼りWS(ワークショップ)を開催したTOKYOSTYLE。一般の住まい手さん参加型で工事が進む「みんなでつくるモデルハウス」。次回の施工体験は、11月1日(日)にデッキ塗装WSを開催します。 TOKYOSTYLEの外部ウッドデッキ・木塀に自然系塗料オスモを塗装。施工を充分に楽しんで頂くために、参加定員10名(6組)までとし、完全予約制となります。塗・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

初参加 ながくてアートフェスティバル 

2015 年 9 月 29 日 Comments off
2015年9月29日(火)

長久手Studioは2回目の秋を迎えています。

まちをアートで盛り上げる、アートをきっかけに人と人をつなぐイベント
今年で9回目の『ながくてアートフェスティバル』 10/3(土)~25日(日)
www.nagakuteartfestival.com

㈱中島工務店 長久手Studio内「木まま工房」が初参加いたします。
きっかけは、昨年見学に来場されたお客様からでした。
(ながくてアートフェスティバルのロゴは弊社住まい手様デザインだったと、今年になって知りました。)

作品のご見学お待ちしております。

弊社の住まい手様でもあります
THE UTSUWA 加藤恒太郎さん


ガラスや木を用いた様々な表情のオブジェの展示
おだやかなところ 成田聡子さん


個々の形をもつひょうたんから浮かび上がるイメージをキャラクターにしたひょこちゃんなど
Wake up to!? 中野理奈さん


10:00~18:00
水曜日 定休
ご予約はいりません

名古屋支店 中島まき子


カテゴリー: 名古屋支店 タグ:

もう一つのアレルギー

2015 年 9 月 29 日 Comments off
2015年9月29日(火)

暑いぐらいの秋晴れ、稲刈り日和が続きます。

150928-稲穂の花粉

この所、クシャミを連発し鼻水が止めどなく流れ出る日が度々あります。「風邪かな?」と思っていましたが、目も痒く咳も出て春先の花粉症に似た症状です。思えば以前からそうだったのかも知れません。どうやらこの時期特有のブタクサ等に対するアレルギーのようです。

桧と杉の花粉症、甲殻類アレルギー、バナナアレルギーと、複数のアレルギーを持つ私にはアレルギーがもう一つぐらいあっても不思議ではありません。蕎麦アレルギーでないことが唯一の救いでしょうか。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

高原は寒かった

2015 年 9 月 28 日 Comments off
1509281.jpg

2ヶ月ぶりに愛馬2号機を引っ張り出して、愛知県と長野県の境にある茶臼山高原へ。
連休の後ということもあり、案外道は空いているのでは?との憶測は大当たり。
高原道路(昔は有料。今は無料)では、前も後ろも、対向すらバイクに出会すことはありませんでした。
おかげでクネクネ道を気持ちよく走ることができましたが、あまりにも閑散としすぎて不気味にすら感じたのです。
時代は変わりました。
こういった山道は、もう人気がないようです。
それはそれとして。
薄手のジャケットで出掛けたのですが、標高1000mを超えるとさすがに寒い。
夏は終わったのだと実感したのでした。
カテゴリー: 無事是れ名馬也 タグ:

パワースポット!

2015 年 9 月 28 日 Comments off
2015.09.28


昨夜の中秋の名月は綺麗に見ることができましたね(^^)
時よりウロコ雲から見え隠れして幻想的な感じでした。

0901 名月とウロコ雲
カメラが良いともっと綺麗に撮れたんですがね・・・^_^;
何だかパワーを貰えた感じで気持ち良く月曜日を迎えることができました!

パワーと言えば・・・パワースポット!
ここ一ヶ月くらいの間に2つのパワースポットに出掛けて来ました。

それは・・・滝です!

まず最初に行ったのはお盆に高山へ帰省した時でした。
どこか近場で涼しげなところはないかと話ながら車を走らせ、
たどり着いたのがここ!
0894 宇津江四十八滝
岐阜県立自然公園 名勝 宇津江四十八滝

ここは標高1,200mの滝上山を源として大小無数の変化に富んだ滝からなっています。
名前の通り48の滝があるわけではないのですが、
代表的な滝を下流から挙げると・・・
① 魚返滝(うおかえし) これより上流に魚が上れないほど険しい。
② 朝霧滝(あさぎり) 朝の霧が美しく流れるように見える。
③ 平滝(ひら) 平たく滑らかに流れる。
④ 函滝(はこ) 箱から取り出した剣が突き立ってように見える。
⑤ 上段滝(じょうだん) 三つ見える滝の一番上にある。
⑥ 梵音滝(ぼんおん) お経を読むときのキヨノ木をたたくとき拍子の音ににている。
⑦ 王滝(おお) 滝郡の中でも特に優れて大きい。
⑧ 銚子口滝(ちょうしぐち) 銚子でお酒をつぐように見える。
⑨ 障泥滝(しょうでい) 馬の腹にまくあおり(障泥)のように幅広く見える。
⑩ 盌水滝(わんすい) 盌の中で巻いて流れるように見える。
⑪ 瑠璃滝(るり) 差し込む太陽が瑠璃色に輝く。
⑫ 布晒滝(ぬのさらし) 幅が広く真白い布をさらしたように見える。
⑬ 上平滝(かみひら) 地形的に平坦で上流部にある。

この説明の通り、それぞれに特徴があり美しい滝でしたが、
事前にここまで勉強して行けばもっと楽しかったかも知れないですね^_^;
なんせ行き当たりバッタリなもんで・・・。

これが王滝!
0895 王滝
説明の通り、確かにこの中では一番雄大だった気がしますが、

0902 銚子口滝
個人的にはこの銚子口滝が美しかった気がします。

なにはともあれパワー注入\(^o^)/
0896 パワー注入
お袋も弟も妻も娘も、みん~なで深呼吸!

下山途中で休憩した展望台では奥飛騨の奥の奥まで・・・。
ここではしばしのんびりとその景色を眺めてみました。
0897 奥飛騨展望
雲がなければ北アルプスを一望できたそうですが、
この日は奥飛騨の奥の奥までと言うことで。。。

そしてつい先週には国定公園にも指定されている養老公園まで出掛けて来ました。
その公園の最上流にある養老の滝は日本の滝百選にも選ばれるほどの大滝です。

ジイちゃんバアちゃんになって初めて迎えるシルバーウィーク!
ちょっくら二人で、昔を思い出しながらのデート。
まさに付き合いだしたばかりの25年ほど昔に二人で来た思い出の場所なんです。
0898 一休み
滝の手前で一休みをしながら、妻はここでパワー注入!
後ろ姿はあのころのまま?いや若返ってるかも?

もう少し登ってたどり着いた養老の滝!
0899 養老の滝
25年前にここへ来た時の記憶はほとんどありませんが・・・。

あれから家族が増え、あの時よりも幸せであることが本当にありがたいですね!
しみじみそう思いながらこのパワースポットをあとにしました。

川を下りながら妻にちょっとおねだり。
0900 マロンソフト
マロンソフトクリーム!
めちゃめちゃ美味かったです!

こうして廻った二つのパワースポット!
自然の美しさと雄大さと迫力に触れ、やっぱり元気になった気がします!

次はどこのパワースポットに出掛けようか・・・!
よし!また滝にしよう!!
カテゴリー: 家族 タグ:

フローリング貼りワークショップ

2015 年 9 月 28 日 Comments off

「みんなでつくるモデルハウス」をコンセプトに来年1月完成を目指すTOKYOSTYLE。住まい手さん参加型ワークショップやイベントを通して、沢山の方々に携わって貰いながら工事を進めて行きます。先月末に開催した構造見学会に引き続き、9月28日(日)にイベント第二弾となるフローリング貼りWSを開催しました。 参加者が定員を超え、申し込み多数となった今回のWS。抽選の結果、4組(8名)方にご参...

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

「養老の家」のきざみ

2015 年 9 月 28 日 Comments off
2015年9月28日(月)

6月の地鎮祭以来、養老の家の現場では外構と車庫の工事を先行して進め、先週ようやく100坪を超える基礎工事が完了しました。そしていよいよ今週から建て方工事が始まります。

150923-基礎完了

一方、加子母にある(協)東濃ひのきの家プレカット工場では、8月下旬に着手した構造材加工(別名"きざみ")がようやく完了し、構造材が現場に向けて順次搬出されています。約1ヶ月時間を巻き戻して、きざみの状況をご紹介します。

150925-構造材

きざみの皮切りは"番付け"です。化粧柱を全て並べて、柱一本一本の使用箇所と向きを決めます。

150824-木配り

和風の高級住宅には美しい桧材が付き物です。

150827-化粧桁

150902-桧化粧材

150827-大黒柱

地棟のきざみ。地棟の曲がりを織り込んで墨付けし、粗々の加工を機械で行いホゾやホゾ穴は手きざみです。

150825-地棟加工

構造上重要な横架材には唐松集成材を用います。

150827-集成材加工

(協)東濃ひのきの家の必殺技、5軸加工機で特殊加工を施します。

150827-5軸加工機

大屋根の垂木は芯持の桧(73×58)。

150902-垂木

大半の柱は機械加工。

150827-柱加工

大黒柱のきざみは機械と手によるハイブリッド加工。

150827-丸太鉋掛け

和室周りの柱は、付加断熱で厚くなる壁を真壁+外付けサッシで収めるため、160×120の扁平柱に特殊加工を施します。

150827-特殊柱

横架材の機械加工は早々に完了。

150902-唐松集成材

広縁の厚鴨居は手きざみ。専ら社寺部で活躍する河村大工さんが応援に来てくれました。

150902-梁桁加工

玄関先を飾る杉の丸桁も河村大工さんが腕を振りってくれました。

150907-丸桁加工

仏間の両脇に配する杉笹杢の柱。夏目を沈め冬目を浮き上がらせる浮造(うづくり)は専用ワイヤブラシで。

150912-浮造

手きざみによる特殊加工のオンパレードです。

150914-特殊継手

途方もない数の小屋束。

150914-束

和室周りの銅板屋根下地となる垂木。微かにむくった屋根を作るために垂木にむくりを付けます。

150914-垂木

外部に使用する木材は建て方に先立ち塗装します。防カビ剤を下塗りし、その上にリボス・カルデットのクリアで仕上げ。部材によってカルデットの塗り回数を増します。

150914-塗装

構造用合板も建て方に先立って加工します。

150917-合板カット

加工済みの構造用合板にホウ酸による防蟻処理を行います。

150917-エコボロン

こちらが「K3」という防腐処理を施した木材です。長期優良住宅では、在来浴室に面する木材にはこのような防腐処理が必要です。

150918-K3処理材

構造材加工のクライマックスは、なぜか隅木のきざみ。

150918-隅木隅付

約20日間を予定している建て方工事がいよいよ始まります。怪我なく、バテなく、間違いなく、そして喧嘩なく、建て方が無事完了することを祈ってます。

中島 大地

カテゴリー: 養老の家 タグ:

2年目の自家製栗きんとん

2015 年 9 月 27 日 Comments off
2015年9月27日(日)

昨秋、庭先とお隣で生っている栗で栗きんとんを作って以来、栗の木が"資源の宝庫"に見えます。ここ数週間は栗拾いの時期を見計らっていて、昨日拾うことができたので、早速今日栗きんとんを作りました。

150927-自家製栗きんとん

昨年は作りながら、ドライマンゴーやレーズンを和えたりと色んなバリエーションを思い描きましたが、結局今年も一般的な作り方に留まりました。クオリティ/クオンティティは他人様にお裾分けできるほどではありませんが、自分で楽しむには良くできたと思います。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

ドローンテスト飛行

2015 年 9 月 27 日 Comments off

ドローン

先週会社でドローン担当になったため早速、Phantom3 PROFESSIONALを購入。来週の撮影のためにテスト飛行を行いました。 4Kビデオ撮影、12メガピクセルの写真を撮ることができます。 高さ500m、半径2Km...
カテゴリー: 加子母 タグ:

9月27日(日) 御岳噴火から1年。

2015 年 9 月 27 日 Comments off

今日も良く晴れて暑い位。庭の金木犀が満開。 とっても良い香りを辺り一面に撒き散らしています。

DSC02218

秋明菊も上品な花を咲かせています。

DSC02219

木曽越林道を登ると大亀の木が真赤な実をつけています。

DSC02220

虎杖(いたどり)の花が満開。

DSC02221

薄(すすき)の白い穂が風に揺れています。

DSC02223

山母子も咲いています。

DSC02224

柚香菊(ゆうがぎく)がきりっと咲いています。

DSC02225

山白菊(やましろぎく)が無数の花をつけています。

DSC02228

御岳は少し雲の中。

DSC02229

花と果物を供えて線香を立ててお参りしました。

DSC02231

帰りに夕日を見ました。

DSC02250

あっと言う間に沈んでしまいました。夕焼がきれい!!

DSC02251

山又山、ずっと西の方まで山並みが続いています。

DSC02254

 今日も良く晴れて秋の真只中。去年の今日、お昼頃に御岳が噴火し多くの人が亡くなりました。
 あれからずっと木曽越峠へ登ると亡くなった人の事を思い出します。仕事を片づけて3時頃から木曽越林道を登りました。
 林道端には草木が秋を満喫するかのように花を咲かせ、実をつけていました。
 峠ではいつもの御岳が待っていてくれました。持ってきた花と果物と野菜を供えて、線香を立ててお参りしました。大勢の人が亡くなりまだ不明の人もあります。
 こんなに優しい山が、この山を大好きな人達を何故呑みこんでしまったのでしょうか。暫く拝みました。
 帰りに沈む夕日をゆっくり眺め、中秋の名月を拝みました。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

完成見学会@海老名の家

2015 年 9 月 27 日 Comments off

9月26日(土)に住まい手さんのご厚意により「海老名の家」の完成見学会を開催しました。今回も完全予約制での見学会。会場が海老名という事と、前日が雨天だった為、見学会と一緒に竣工写真も撮影。変化を持たせた屋根に、落ち着いたレッドベースの外壁がポイントの外観。建物周囲が植栽で彩られるのが楽しみ。私と同世代の住まい手さん。ご夫妻とまだ小さな子供さんが、延床22坪のコンパクトな海老名の家で新たな暮らしがは・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

アマガエルの擬態

2015 年 9 月 26 日 Comments off

あながえるの擬態

昔からずっと身近にいたのに。 さわるとおしっこして逃げる緑のかえる、、、、そんなイメージしかなかったのに。 アマガエルが擬態できたなんて。 まだまだ知らないことはあるんだなあ。 カメレオンみたい。木に生えたコケの緑まで擬...

Kramer vs. Kramer

2015 年 9 月 26 日 Comments off
2015年9月26日(土)

英語クラスのアシスタント(EST)である熊(ション、家内のこと)が、スピーチコンテストの県大会に出場する教え子を応援しに出掛けるということで、今日は私が休みを頂いて、小熊(シャオション、倅のこと)の土曜日を世話しました。

9:50am、ヤマハ音楽教室へ。40分間、次の発表会の課題曲「ジュラシック・パーク」を先生にミッチリ指導して頂きました。

150926-小熊と二人で01

音楽教室の帰り道、耐震補強と屋根替えが完了したばかりの「明治座」を外から拝見。私の心配をよそに、来週日曜日の育樹祭サテライトイベントに向けてしっかり工事が完了しています。

150926-小熊と二人で02

帰宅後、お昼時まで少し時間があったので、牧戸山荘の横にある栗の木の栗を拾いました。自家製栗きんとんは後日。

150926-小熊と二人で03

そして昼食。今日は私が腕を振るいました。名付けて、飛騨牛カルビ丼(ミニフォー付)。

150926-小熊と二人で04

洗い物は二人で。

150926-小熊と二人で05

2:30pm、下呂市の水泳教室へ。小熊が水泳教室に通い始めてからすでに丸4年経ちますが、私が教室を見学するのは実は今日が初めてです。私の小学校5年生の頃とは比べ物にならないほど泳げる小熊にちょっと驚きました。

150926-小熊と二人で06

水泳教室の帰り道、借りていたDVDを返却しがてら漫画を購入。二人でしばし車中読書。

150926-小熊と二人で07

夕食時になったので、「何食べたい?」と小熊に尋ねると、「ラーメンか、たこ焼きか、焼肉」と言うので、全てを食べに「味わい処いろは」へ。

150926-小熊と二人で08

そんなこんなで、父子水入らずの楽しい土曜日でした。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

富士チャレンジ2015参加

2015 年 9 月 26 日 Comments off
23日、富士スピードウェイで開催された4時間耐久エンデューロに4名で参加しました。 一周4.5kのコースを1人3〜4周で交代しながら走ります。 他に7時間耐久やソロ100km、200km、など2200名が参加、秋晴れの中快走。 初盤、電光掲示板では3位の表示も最終23位に後退。 8、9月の走り込みが足りず失速して足を引っ張ってしまいましたが普段走れないマシンコースを全速力で走るのは快感でし・・・
カテゴリー: 未分類 タグ:

「うまいもんグランプリ」の楯&トロフィー制作中

2015 年 9 月 25 日 Comments off
2015年9月25日(金)

10月4日(日)に開催する第3回舞台峠うまいもん祭の中で行われるうまいもんグランプリで最優秀賞・優秀賞・入選の3店に贈呈する楯を制作しています。東濃ひのきの主材を(協)東濃ひのきの家造作工場で加工し、加子母森林組合でレーザー加工を施します。

150925-楯レーザー01

3賞に共通のデザインを用いて、大きさを違えています。

150925-楯レーザー02

楯と同時進行でトロフィーも制作しています。その回の最優秀賞受賞者が持ち回る、いわば優勝旗のような存在です。デザイナーのタクヤ君の原案を忠実に再現しようとあれこれ考えましたが、技術的な限界から已む無くそのデザインを簡素化する方向で進めています。タクヤ君、堪忍な。

150925-トロフィー

来週日曜日まで残すところあとわずか。予想通り駆け込み完成になりそうです。

中島 大地

カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

うまいもんPR、いよいよ大詰め

2015 年 9 月 24 日 Comments off
2015年9月24日(木)

開催日10月4日(日)へのカウントダウンが始まった(私の中では)第3回舞台峠うまいもん祭は、PR活動の大詰めを迎えています。今日は午後に開催された加子母の区長会にお邪魔しまして、ご協力やご支援へのお礼と、クドイぐらいのPRをさせて頂きました。

150924-うまいもん区長会へ

そして夜、ふれあい福寿会館で開かれた岐阜県青連50周年式典の実行委員会の場でもPRさせて頂きました。

150924-うまいもん県青連50周年へ

もし他にもうまいもんのPRに呼んで頂ける場がございましたら、是非とも中島大地にお声掛け下さい。

中島 大地

カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

慈恩禅寺様庫裏の完成内覧会

2015 年 9 月 23 日 Comments off
2015年9月23日(水)

郡上八幡でお手伝いさせて頂いていた臨済宗妙心寺派慈恩禅寺様の庫裏がこの度完成を迎えまして、昨日と今日で開催しました完成内覧会にお邪魔しました。

150923-慈恩禅寺内覧会

8月の"郡上八幡夏の陣"では工事中につき外観を拝見するにとどまりましたが、今日は満を持して座敷から郡上市指定の荎草園(てっそうえん)を拝見することができました。私達のお手伝いさせて頂いた庫裏から望む素晴らしき庭園は格別です。

中島 大地

カテゴリー: 社寺建築 タグ:

四転九起

2015 年 9 月 22 日 Comments off
2015年9月22日(火)

1月のお伊勢参り8月の厄年バザーに続き、42歳の厄年の最後の儀式、秋の例大祭に"参戦"しました。このお祭りは、数えの25歳・42歳・60歳が上と下の2台の山車(やま、正確には山辺に車)を引き厄払いをするというものです。

150921-加子母の秋祭り02

"喧嘩祭り"の異名をとるこの祭りでは、参加者はもちろん観客や警備の消防団の皆さんまでもが喧嘩を期待しています。太い藁縄を巻きつけ合ったり、ぶつかり合ったりという行為は喧嘩のようであり、酒も入りアドネラリンも分泌されついつい喧嘩っ早くなってしまう殿方もしばしば見受けられます。過去には救急車で運ばれるほどの怪我人も出たそうです。

150921-加子母の秋祭り03

今年はと言えば、多少のイザコザはありましたが、例年と比べると穏やかだったそうです。とは言え、多少エグい場面もありましたが、それはそれとして。

150921-加子母の秋祭り04

私達のユニフォームの胸には、夏祭りのバザー出店の際に決めたチーム名49ERSのロゴ。最近流行りのあの手法でデザインしました。シャレですったら。

150921-加子母の秋祭り05

そして背中には四転九起のスローガン。言葉の意味はよく分からんが、とにかくすごい自信です。

150921-加子母の秋祭り01

この秋祭りは同時に同窓会でもあります。小学生時52人いた同級生の内、約30名(主催者発表)が山挽きに参加しました。実に27年振りに再会する仲間もいて、小学生時代の思い出話に花が咲きました。開口一番「俺はお前にいじめられた」なんていう話も飛び出し、今更ながら幼少期の自分を突き付けられ、抗い難き"三つ子の魂"を実感した次第です。

150922-autumnfes.jpg

最後には、これからはちょくちょく同窓会やろうという約束で解散した、四十一の夜でした。

中島 大地
カテゴリー: 地域 タグ:

不具合その1解消?

2015 年 9 月 22 日 Comments off
1509221.jpg

「大型連休ってどこの国のおはなしですか?」と言いたくなるよなポンコツバイクです。
大会終了後、休日の度にポンコツバイクの不具合解消を行いました。
一番の不具合はフロントフォーク。
フロントを持ち上げると、フロントフォークが伸びきってカコンと大きな音がします。
オイルの量を間違えたとか、
組み方を間違えたのかなどなどと、原因を探ってみましたが回答がでません。
それでも分解と組立を繰り返しているうちに、なんとなく直ったようです。
キリがないのでこの問題はこれにて終了し、次なる不具合の解消に乗り出します。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

祝合格!エレクトーン8級

2015 年 9 月 21 日 Comments off
2015年9月21日(月)

YAMAHA音楽教室に通う小熊(シャオション、倅のこと)が、先日のエレクトーン検定で8級に合格しました。

150920-YAMAHA8級

検定直後に小熊から「多分大丈夫」と聞いていたので、合格の知らせを聞いた時も別段驚きませんでしたが、そんな私の無反応にロッテンマイヤーさん(家内のこと)は面白くないようです。確かにこの上なく怒り抜くロッテンマイヤーさんにすっかり慣れてしまってダラダラとしか練習しない小熊が合格したのは、ある意味快挙です。

さぁ、次は7級。小熊とロッテンマイヤーさんのドッグファイトは続きます。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

September

2015 年 9 月 20 日 Comments off
2015年9月20日(日)

中島大地、おかげさまで本日41歳になりました。たくさんに皆さんにSNS等を通じたくさんのおめでとうを頂きました。日曜日だったのでほぼ一日家でゴロゴロしていました。いい感じで昼寝もしました。昨年の今日当ブログで述べた抱負を恐る恐る覗いてみましたが、案の定大半が手付かずでした。今年は新たな抱負を述べず、昨年の抱負に引き続き取り組みたいと思います。

150920-Birthday Cake

今年の9月は私にとって特別な意味があります。20年前の9月、私は熊(ション、家内のこと)と出会いました。1995年、私21歳、熊23歳の頃です。後に二人の母校となるサンホゼ(又はサンノゼ)州立大学が実施する留学生向け英語プログラムESL(English as a Second Language)の授業を、私は大学入学前の準備プログラムとして、熊はすでに通っていた大学院の補講プログラムとして、半年間共に受講しました。若かった二人はいつしか惹かれ合い、8年の交際期間を経て、国籍の違いを乗り越えて結ばれたとさ。

150920-思い出

出会ってから20年。11年前に小熊(シャオション、倅のこと)を授かり3人家族となりました。時折大人げない喧嘩はするも、今のところ仲の良い家族だと思います。思い出を共に振り返る家族がいることが本当に幸せだと近頃しみじみと感じます。今日までの20年に感謝し、そしてこれからも仲良く健康でいられるよう精進したいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

新たな門出に

2015 年 9 月 20 日 Comments off
2015年9月20日(日)

中島工務店の大工さんとして20年以上活躍して来たタダ君が、多忙を極める実家の仕事に入ることになり、昨晩壮行会を行いました。実の兄弟3人と兄弟弟子2人、そして兄貴分1人の計6名の大工さんで貴重な記念写真を。タダ君の新たな門出をいい笑顔で祝うことができました。

150919-6人兄弟

タダ君、今日まで本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

うまいもん草刈りと幟立て

2015 年 9 月 19 日 Comments off
2015年9月19日(土)

下呂市と中津川市の若者達が一致団結してつくり上げる食と文化のイベント第3回舞台峠うまいもん祭の開催がいよいよ2週間後に迫りました。今日は会場となる舞台峠ドーム周辺の草刈りと、国道沿いに幟を立てました。素晴らしい秋晴れの作業日和に恵まれました。

150919-うまいもん草刈02

150919-うまいもん草刈01

150919-うまいもん幟立て

開催は10月4日(日)、会場は10:00amです。今すぐ予定帳に記入を!

中島 大地

カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

9月19日(土) 萩原町 大覚寺落慶

2015 年 9 月 19 日 Comments off

真青な秋空の下今日は落慶式。

DSC01847

とてもきれいに仕上った。

DSC01849
DSC01852DSC01854DSC01853DSC01833

禅昌寺幽松室老大師を尊師にお迎えして始った。

DSC01828

幽松室老大師のご祝辞。

DSC01829

三木俊岳ご住職の謝辞。

DSC01831

大西英男総代表の謝辞。

DSC01832

皆んなでパチリ。

DSC01835

工事主任 奥村敏男さんご苦労様でした。

DSC01850

 大覚寺本堂耐震工事の落慶式に出た。
 秋晴れのとても良い天気に恵まれて、見違える程しっかりとしたきりっとした本堂に仕上った。
 大勢の檀家の方と共に法要に出た。禅昌寺幽松室老大師のお経と祝辞を戴いた。
 大本山妙心寺派管長嶺興嶽様の感謝状を山本文匡教学部長様より戴いた。
 小学生の頃親戚に行った時に良く遊んだ懐かしいこの寺が、耐震工事によりこれから先も遺るのがとても嬉しい。

かしもむら なかしまのりお

感謝状

カテゴリー: 自然観察 タグ:

木になる学びと加子母ぐらし邁進中

2015 年 9 月 19 日 Comments off
9月1・2日のOCT加子母(かしも)ツアーで、地域をご案内した大阪工業技術専門学校の皆さん。そのうちの2名の学生さんから、最終日にインターンシップの申し出がありました。9月2日に一度大阪に帰り工具・道具や身支度をして、3日に関西への木材運搬があった島崎運送さんの帰り便に同乗して再び加子母へUターン。翌日から3週間のインターンシップがスタート。 社寺工場で墨付け・刻みを習っています。私も旅の想・・・
カテゴリー: 家造り タグ:

構造塾第5回「SWS試験の読み取り方と基礎判定、地盤補強ポイント」と「木造住宅の地盤判定」

2015 年 9 月 18 日 Comments off
2015 年9月18日(金)

(協)東濃地域木材流通センター(木KeyPoint)が主催する木造住宅の耐震性能を担保するための研究会(通称構造塾、佐藤実先生)の第5回過去講座「SWS試験の読み取り方と基礎判定、地盤補強のポイント」と新規講座「木造住宅の地盤判定」を受講しました。今回がシリーズ最終回です。

150918-kouzoujuku05.jpg

以下、自分へのメモです:

人力のスウェーデン式サウンディング試験はとにかく重労働。
新規盛土が落ち着くのには約3年掛かる。新しい分譲地は要注意。
基礎底面から2mに1000N以下の自沈層が、2m〜5mに500N以下の自沈層が存在する場合は地盤改良が必要。
柱状改良を止めるには固い層が最低2m必要。
長期許容応力度の告示式は自沈層がある場合には採用できない。
砕石パイル工法は信頼性に欠く。液状化にも効かない。
柱状改良は軸力ごとに配置すべき。
柱状改良や杭補強は液状化対策として有効。
置換工法は液状化対策としては不向き。
液状化現象が住宅に影響するのは深度5mまで。
粘土質の層と地下水位よりも上の砂は液状化の可能性が低い。
大臣認定以外の認定に惑わされない。

中島 大地


カテゴリー: 木KEYPoint タグ:

TOKYOSTYLE加子母(かしも)ツアー準備中

2015 年 9 月 18 日 Comments off

明日からはじまるシルバーウィーク。大型連休明けの住まい手さん打合せに向けた準備と並行して進めている「みんなでつくるモデルハウス」イベント準備。9月27日に開催する第二弾のフローリング貼りWSは、定員を超える応募があり抽選になります。つづく第三弾イベントTOKYOSTYLE加子母ツアー(10月3.4日)も、ツアーまで3週間をきり着々と準備を進めています。 今回の加子母ツアー参加特典のひとつ・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

最後のうまいもん役員会

2015 年 9 月 17 日 Comments off
2015年9月17日(木)

10月4日(日)の開催日まで残すところ2週間程となった第3回舞台峠うまいもん祭に向けて、今夜は最後の役員会を開催しました。各部会からの最終的な報告と残された課題の検討で、相変わらず熱い議論が交わされました。その中で、私が制作を任されているうまいもんグランプリのトロフィーのデザイン案を発表しました。この案は、デザインを生業とする地元の仲間タクヤ君の全面協力によりできたものです。私のインプットと言えば、「見せてもらおうか」といつもの合言葉でタクヤ君を鼓舞したぐらいです。

150917-うまいもん役員会

デザイン図を役員衆に見せるや否や、満場一致で了解を頂きました。となれば次なる課題はこのデザインをいかに形にするかです。日頃より扱っている"木"を使って作るのが一番現実的と思いますが、それでもこの形状は一筋縄ではいきません。恐らく機械で荒削りをしてから更に手で削り出すことになるでしょう。途方もない手間です。

制作期限も残すところあと2週間程です。開催日直前までアタフタしている自分の姿が今から容易に想像できます。

中島 大地

カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

オーガニックスタジオ新潟 SAREX合宿

2015 年 9 月 16 日 Comments off
高性能住宅の取組を拝見。 相模社長、西方里見氏、現場で生解説。 現場の職人さん断熱・気密施工は場数踏んでいます。 懇親会、海の幸を堪能。 柴木材店社長の〆挨拶。 モデルハウスのダイニング。窓はすっきりと。
カテゴリー: 未分類 タグ:

SAREXワークショップ合宿編inオガスタ新潟

2015 年 9 月 16 日 Comments off
2015年9月16日(水)

住環境価値向上事業協同組合(SAREX)の毎年恒例の工務店力向上ワークショップ合宿編で、新潟市のオーガニックスタジオ新潟(株)を見学させて頂きました。30名を超える参加者数が業界における注目度程を物語っています。

150916-OSN.jpg

一泊二日の勉強会では、相模社長に施工中物件、完成物件、モデルハウス、新社屋をご案内頂き、今日までの苦労や成果、今後の展望等のお話を伺いました。一般的な工務店像とは違って力が抜けて自然体ですが、その中にも緻密な戦略が詰まっている。そんな自信に満ち溢れた相模社長のスタイルには憧れを覚えます。

中でも一番刺激になったのはブログによる情報発信力です。充実したブログはバーチャル営業マンであり、ファン作り・放牧営業の要となる。私もしがないブロガーですが、結局のところ日記のように趣味の隣ぐらいで書いているだけで、それほどの効果は期待していませんでした。これからはもう少し効果を意識して戦略的に取り組んでみようと思います。

相模社長、オーガニックスタジオ新潟の皆さん、二日間ありがとうございました。

中島 大地


カテゴリー: SAREX タグ:

加子母LOVER末っ子会議

2015 年 9 月 15 日 Comments off

着々と工事が進むTOKYOSTYLE。現場は設計の小疇さんと現場監督の西尾さんが、週例打ち合わせを行い、時には大工さんはじめ作り手の職人衆も一緒になって少しづつ形になって行っています。そんな中、私は「みんなでつくるモデルハウス」のイベント準備や、モデルで使用する材料メーカーさん等との打ち合わせを重ねています。 先日は協働で住まい手さん参加型ワークショップを開催する、つみき設計施工社さんの事務・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

TOKYOSTYLE防水検査

2015 年 9 月 15 日 Comments off

9月27日(日)に開催する住まい手さん参加型フローリング貼りワークショップに向けて、着々と工事が進むTOKYOSTYLE。外部の防水シートにキリが付いた所で、第一回の防水検査を実施しました。外壁部分の防水シートに穴・傷がないかを確認しながら、漏水原因となる開口部廻り・給排気孔を中心に放水を行い漏水がないかを検査しました。 こんご準標準的に採用していく木製建具のプロファイルウィンドー自体にも放・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

温熱コラム 美濃地域からの便りVol.3

2015 年 9 月 15 日 Comments off

昨年に引き続き環境共生住宅推進協議会(kkj)さんから依頼があり、今年も温熱コラムをしたため投稿しました。夏編と冬編の年2回に分けてコラムをまとめ、昨年は夏場の身の廻りの温度変化としてデータロガーを24時間身に着けた場合の温度変化と、冬場の身の廻りの温度変化として冬場の生活場所での温度域と、貯湯方法による浴室温度の変化を投稿しました。 第三弾となる今回は、それら身の廻りの温度変化の舞台となっ・・・

カテゴリー: 温熱環境 タグ:

9月14日(月) 実りの秋

2015 年 9 月 14 日 Comments off

稲も良く実り穂を垂れた。

DSC01706

栗は台風で落ちた。

DSC01701

秋明菊は上品に咲いた。

DSC01707

秋海棠(しゅうかいどう)も上品だ。

DSC01709

彼岸花、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)も咲き始めた。

DSC01710

秋桜(コスモス)も良い色になってきた。

DSC01713

ヘブンリーブルー(西洋朝顔)のグリーンカーテンも勢いが出て来た。

DSC01714

紫式部の実が色付き始めた。

DSC01717

? でも黄色が鮮やか。

DSC01702

下野草(しもつけそう)の赤と白。

DSC01705

凌霄花(のうぜんかずら)はもうお仕舞。

DSC01711

 台風が知多半島から若狭湾へ抜けた。
 風は弱かったが秋雨前線を刺激して中部・関東・東北に気違い豪雨を呼んだ。
 川が溢れて多くの人が亡くなり、家・工場・車や田畑が冠水し大きな被害が出た。
 鬼怒川が溢れて堤防が切れ、家と人が流されるのをテレビで見ていた。
あれだけ川が増水すればどこかで堤防が切れるのは必然。だから非難せよ。救助の準備もせよ。と言いたい。
地球の温度がこれだけ上ってしまったのだから、とんでもない雨がどこにでも、いつでも降るよ。と言いたい。
 時間雨量100m/m、連続雨量2,000m/mともなればこれに耐える山も川も無い。そう考えた方が良い。
 だから地球温暖化を止めねばならない。
地球上に住むもの全てのために。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

セカンドステージ

2015 年 9 月 14 日 Comments off
1509141.jpg

週末にセガレを連れてバイクのスクールに参加しました。
今回は排気量を50ccから70ccへとステップアップし、走行中のギヤチェンジやスラロームなどの小さなターンの練習に重点をおきました。
まだまだ上半身がガチガチで、小さなコーナーは苦手なようですが、それでも弱音を吐くことなく楽しそうに走っていたのでよしとします。
最後は鈴鹿サーキットの周りをプチツーリング。

1509142.jpg

逆バンクのあたりで小休憩。
ちょうどバイクの走行会があったようで見学したのです。
一日みっちりのスクールで、こちらも結構からだがしんどい。
運動不足を痛感した一日だったのでした。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

「水と緑の勉強会2015秋」完結編

2015 年 9 月 13 日 Comments off
2015年9月14日(月)

一昨日と昨日で開催した水と緑の勉強会2015秋は、2日目の曇り空もなんとか最後まで持ち、又大きな問題もなく無事完了しました。私達山元の生き様をご覧頂くことができ、又参加者の皆様にも喜んで頂けて、本当に有意義な勉強会になりました。

2日目の行程は、社寺工場の見学からスタート。きざみ中の春日井市のお寺の木材を見ながら、トモノリ棟梁と"jyanki 10 "こと西田之潤君が懇ろに案内してくれました。

150913-水と緑2015秋二日目 (1)

国の天然記念物加子母の大杉では、小生の漫談をお聴き頂きまして。薄暗い空が何とも残念。

150913-水と緑2015秋二日目 (2)

加子母にあるリノベーション中の工事現場を見学。新築とはまた違った魅力をご覧頂きました。

150913-水と緑2015秋二日目 (3)

バスで約1時間、国有林である神宮美林に上がり、中川護先生の引率で散策。

150913-水と緑2015秋二日目 (4)

二代目大ヒノキで記念写真。

150913-水と緑2015秋二日目 (5)

栃の実、拾い放題。

150913-水と緑2015秋二日目 (6)

森林鉄道跡の石積みと苔に萌え。

150913-水と緑2015秋二日目 (7)

神宮美林の最後は、カモシカのお見送り。

150913-水と緑2015秋二日目 (8)

今回は例年よりも小さなグループでしたので、参加者の皆さんと例年以上にお話ができました。再びお会いできる日を楽しみにしています。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

十数年ぶりのセルフ散髪

2015 年 9 月 13 日 Comments off
2015年9月13日(日)

月曜日からの出張を前に、だらしなく伸びた髪の毛を切ろうと行き付けの理容店に予約の電話をすると、今日は地域の祭で休んでいるとのこと。そこで学生時代を思い出し自分で散髪することにしました。十数年使っていないバリカンを押入れの奥から引っ張り出し、切ってみました。

150913-散髪

う〜ん、ちょっと切り過ぎたようです。その出来映えを見て、熊(ション、家内のこと)は「囚人みたい。次から散髪屋さんに行って」と。続いて小熊(シャオション、倅のこと)には「時間が解決してくれるよ」と、何だかうまくまとめてもらいました。

そんなこんなで、私の訳アリの髪型にしばらくお付き合い頂きたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

「水と緑の勉強会2015秋」絶賛開催中

2015 年 9 月 12 日 Comments off
2015年9月12日(土)

中島工務店が年2回開催する水と緑の勉強会2015秋を今日と明日で開催しています。今日の行程は、伐採・工場・工事現場の見学等でした。生憎私は急用に対応に追われ、結局夜の懇親会から合流しました。普段は撮影係を拝命する私も今回はお役ご免でしたので、これと言って写真がありませんが、写真に収めたグルメの一部をご紹介します。

150912-水と緑懇親会01

150912-水と緑懇親会03

150912-水と緑懇親会02

150912-水と緑懇親会04

さて、明日は神宮美林に登り、中川先生より森林の成立ち等のお話を伺います。これを楽しみに参加されている参加者もいます。私もその内の一人です。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

9月12日(土) 加子母小学校大運動会

2015 年 9 月 12 日 Comments off

今日は大快晴。いよいよ始まるよ!!

DSC01616

開会式は緊張の中。

DSC01610

PTA会長さんの挨拶も真剣!!

DSC01614

伝統の応援合戦の始まり!!

DSC01617

赤勝て、白勝て!!

DSC01622

まず綱引き。

DSC01629

4年生のリレー。

DSC01630

パイレーツオブ加子母。

DSC01633

パンツ パンツ パンツ。

DSC01634

心を一つに二人三脚。

DSC01635

大玉送り。

DSC01640

祖父母カップ玉入れ大会。

DSC01642

幾つ入ったかな。

DSC01645

ダンシング花笠2015。

DSC01650

皆んなでマイムマイム。

DSC01652

 加子母小学校の運動会を見た。
 今年はとても良く晴れて空気も澄んで、正に運動会日和になった。父兄だけでなく遠く大連からも北陸からもじじばばが大勢つめかけて大賑い。
 子供達も先生も練習を積み重ねて来て、今日はその本番。とても真剣だ。
 開会式からピリピリとして、キビキビと動き、PTA会長さんも練習通りのご挨拶がとても良かった。
 もう30年も昔に次男坊が家で声をからして応援団長の練習をしていたのを懐かしく思い出した。
 どの種目も本当に良く練習した甲斐あって良かった。関係者全員が真剣なのが何よりも嬉しい。この子供達が今日の運動会のように真面目に真剣に生きて、立派な大人になって加子母を引き継いで欲しいと思う。

かしもむら なかしまのりお

加子母小学校運動会プログラム

カテゴリー: 自然観察 タグ:

ソウルフードで滋養強壮

2015 年 9 月 12 日 Comments off
8月下旬から9月上旬は主要3大イベントが重なりました。まずは今年から8月第3週の金曜日に開催する事になった関東地区安全大会。共にものづくりに励む職人衆や協力業者さんと共に、安全作業に関する意識共有を行うと共に、暑かった今年の夏の中でも事故・怪我なく現場を進めれた事に感謝して懇親会を行いました。 それが終わると間一日でTOKYOSTYLE構造見学会。住まい手さん、家造りをお手伝いさせて頂...
カテゴリー: 食べ物 タグ:

第3弾イベント「TOKYOSTYLE加子母ツアー」

2015 年 9 月 12 日 Comments off

「みんなでつくるモデルハウス」が施工のメインコンセプトしてものづくりを進めているTOKYOSTYLE。毎月住まい手さん参加型のイベントを開催し、沢山の方々に何らかの形で携わって頂きながら来年1月末の完成を目指していきます。 8月30日のイベント第一弾となった構造見学会。そして第二弾は9月27日に開催するフローリング貼りWS(ワークショップ)。10月3.4日には第3弾となるTOKYOSTYLE・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

新住協 第1回全国研修会の二日目

2015 年 9 月 11 日 Comments off
2015年9月11日(金)

昨日は、(社)新住協(新木造住宅技術研究協議会)の全国研修会2日目、午前中に工務店事例発表と、午後から現場見学でした。1日目と思うと少しだけ参加者数が減っているようでしたが、それでも会場は準すし詰め状態。私にとってはこの工務店事例発表こそが一番の目当てです。とは言え、前夜の懇親会からの二日酔いで体調不良。

150910-新住協全国研修会

工務店事例発表は、発表者と鎌田紀彦先生が対峙し、先生からその都度ご指導頂くという新住協伝統のスタイル。前回の全国研修会で初めて目撃した先生の手厚き"洗礼"はこの上なくセンセーショナルでしたが、今年は比較的マイルドでした。先生はお加減が優れなかったのかな?なんて心配したりして。

4工務店による生の事例は、刺激であり励みでもあります。もちろんどこかで使ってみたい具体的なアイデアが溢れています。そして鎌田先生のコメントも、性能は数値もちろん、具体的な部材や納まり、手間の掛け方や省き方に至るまでジューシーな情報が満載です。

午後からの現場見学は、①名古屋・②岐阜・③恵那の3コースの内②を選び、同じ岐阜県の工務店2社の完成物件を拝見しました。それぞれの会社が元々持つ特色に高断熱が"付加"されてその魅力が増しているのだと感じました。こちらでも良い意味でケツを叩かれました。

そんなこんなで、名古屋で開催した新住協の通常総会及び全国研修会は無事終了しました。スタッフとしてはあまりお役に立てなかったような気もしますが、個人的には更なる前進を自らに誓った大変有益な二日間でした。

中島 大地

カテゴリー: 新住協 タグ:

からくりおもろい

2015 年 9 月 10 日 Comments off
1509101.jpg

またまた高山へ。
今回は彫刻屋さんですが、あまり見たことがない物がいっぱいあります。
まずはからくり人形。
この手の引き合いが多いとの事。

1509102.jpg

続いては獅子頭。
材種は桐の木。
獅子頭の使い勝手から、軽くて丈夫な桐で造られる事が常識だそうです。
トドメはコレ↓。

1509103.jpg

オタク心をくすぐるようなギヤ(歯車)。
仕事そっちのけで魅入っていました。

1509104.jpg

「指南車」というもので、どの方向に回転させても上につく人形の指は、必ず南を指すものだとか。
中国で千年以上昔に発明されたとの事。
なかなかお目にすることはありませんが、
改めて、伝統技術はすごいと思うのです。
カテゴリー: 建築 タグ:

フローリング貼りワークショップ開催

2015 年 9 月 10 日 Comments off

「みんなでつくるモデルハウス」の第一弾イベントTOKYOSTYLE構造見学会を開催し大盛況だった8月末。外壁部分に防水紙の施工と行いながら、木製建具「プロファイルウィンドウ」や樹脂サッシに玄関にユダ木工建具が取付きました。 建て方から現場をまとめる大澤親子と助っ人大工の川上さんの飛騨の匠トリオが現場にはいり3名体制で造作工事が進む現場では、9月27日に第二弾イベント「フローリング貼りワークシ・・・

カテゴリー: TOKYOSTYLE タグ:

旧街道輪行旅

2015 年 9 月 9 日 Comments off
お盆休みに旧街道自転車旅に行きました。
前回終了の岐阜駅からの出発、予定駅は関ヶ原まで。

大垣市内に寄り道します。





垂井宿入り口の案内看板

古戦場巡り


岐阜県脱出かと思ったら道を間違えた。(自転車はこれが辛い)


本日の予定駅関ヶ原到着

この折り畳み自転車(bd-1)を、2年前に購入してからは、電車を利用しての日帰り輪行を何度か経験したけど、お盆休みは初めてでした。電車は混んで無かったので、往復座ることが出来てなによりでした。
次回は琵琶湖畔のどこかまで・・・

本日の走行距離50km位 走行時間は6時間でした。



カテゴリー: 未分類 タグ:

新住協 第1回通常総会及び全国研修会in名古屋

2015 年 9 月 9 日 Comments off
2015年9月9日(水)

新木造住宅技術研究協議会、いわゆる新住協が一般社団法人となってから初めての通常総会及び全国研修会が中部東海支部のお膝元である名古屋国で開催され、私も兼スタッフで参加しました。250名を超える出席者を予定していましたが、台風18号の影響で欠席の人もいるようです。それでも会場はすし詰め状態でした。

150909-SJK.jpg

全国研修会の目玉は、室蘭工大を退官された鎌田紀彦先生の基調講演でしたが、お話の大半が数字と表とグラフで構成されていて、私は完全に取り残されてしまいました。続いて、QPEXの新バージョンの紹介、越屋根と電動窓による排気システムの効果の発表、2020年に向けての全国Q1.0住宅キャンペーン計画の発表と、こちらは分かりやすいお話でホッとしました。

さて、研修会二日目の明日は工務店による事例発表と現場見学です。刺激的となること間違えなしです。ヒントをたくさん見付けたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 新住協 タグ:

加子母ツアー@大阪工業技術専門学校 2日目:後編

2015 年 9 月 9 日 Comments off
加子母っ子 中島 創造 ↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。 ~NHK総合「サキどり」で加子母の家造り紹介されました~ タイトル:地域再生 海にも山にも"宝"あり 詳細はこちらから確認下さい ~実測コラム「地域からの便り」~ 夏場の身の廻りの温度変化 冬...
カテゴリー: 加子母(かしも) タグ: