アーカイブ

2015 年 2 月 のアーカイブ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』

2015 年 2 月 28 日 Comments off
2015年2月28日(日)

「我々は3年待ったのだ。」

待望の新作OVAの先行上映機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルを公開初日に観ました。2011年のプロジェクト始動の発表以来実に3年待ちました。空前の大ヒットとなった機動戦士ガンダムUCが昨年6月に完結し心にポッカリ穴が空いていました。その穴を埋めてくれるかと期待したGのレコンギスタはどうも肌に合わずすでに観なくなっていまして、『THE ORIGIN』のこのタイミングでの公開は私にとっては絶妙です。

どうしても公開初日に観たくて、先日先行予約開始直後にネット予約を試みましたが、開始早々から回線が混雑し数十分後に回復した時には残りすでに数席。端っこの方の席でしたが辛うじて10:00am上映のチケットが取れました。そして今日、恒例の限定グッズをゲットすべく9:00pm頃に映画館に到着するもすでに数百人の長蛇の列。上映開始ギリギリにグッズを購入できましたが、人気のTシャツやタオル、トートバック等はすでに売り切れていました。そして劇場はもちろん満員と、不動のガンダム人気を再確認した次第。

150228-THE ORIGIN I

さて、作品について。もちろん良かったです。そもそも原作が安彦良和先生による大ヒット漫画であれば良くないわけがない。しかし原作を知っていても良い意味で裏切られる部分もあります。キャスバルとアルテイシアが母アストライアと離別する件(くだり)は漫画で読んで知っていても悲しくなります。最後の夜を過ごす「思索の塔」の皮肉な美しさ、メランコリックな音楽、優しくアルテイシアに語り掛ける母アストライアと、それを見てグッと堪えるキャスバル。自分のことのように悲しくなりました。

他にも、葬儀でのガルマのチラ見、アルテイシアを前にしてドギマギするランバ・ラル、父デギンに諭されるギレン等、安彦先生が漫画の中で表現していたちょっとした表情の変化や小ネタまでも上手く再現されていました。これは『ファースト』の頃にはアニメ技術的に困難だったと思います。そして今回の主演女優ハモンさんは実に色っぽかった。安彦先生特有の大きな腰周りや太めの二の腕も忠実に再現されていました。

もちろんアニメならではの醍醐味もあります。冒頭5分程度のメカアクションは"板野サーカス"で知られる伝説的アニメーター板野一郎氏が手掛けたフルCG。当初CGに半信半疑だった安彦先生も出来栄えを観て納得したそうですが、もちろん私もシビれました。まさに"新しいガンダム"の宣戦布告です。

声優陣も豪華です。シャアとギレン役以外の声優は全て『ファースト』から交代していると思いますが、どれも違和感なく入って来ました。キャスバルを担当する田中真弓さんがどうしても『天空の城ラピュタ』のパズーに聞こえて最初は抵抗がありましたが、この配役は安彦先生からの数少ないリクエストの一つだったと聞き納得しました。しばらく聴いてる内に慣れてしまいましたし。

『THE ORIGIN』は全4話の予定だそうですが、このペースで行くと原作漫画9巻~14巻の『シャア・セイラ編』から『ルウム編』までのオリジナルストーリーの部分が網羅されそうです。自慢じゃないですが、これはまさに2011年当時に私が望んだ通りの展開です。だから自慢じゃないですったら。

次なるTHE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアは今秋公開の予定。これであと数年は戦えそうです。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

ありがとう、町ばあ!

2015 年 2 月 28 日 Comments off
2015.02.28


2月も今日で終わりですが、
日に日にあたたかくなっていく感じですね(^^)

♪は~るよ来い~
  ♪は~やく来い~

明日から3月!
本当に春が待ち遠しいですね。。。

そんな中・・・まだ寒い2月の始めのことです。
弟から悲しい知らせが届いたのです。

一昨年に満100歳を迎えた高山のばあちゃんが亡くなりました。

享年103歳

2013年9月に 「祝100歳!愛子ばあちゃん」 でご紹介しました。
0834ばあちゃん
実はあれ以来ばあちゃんには会ってなくて・・・
今年の正月も家まで行ったのですが会えなくて・・・

なんだかすごく心残りでした。

ばあちゃんは大正2年12月15日、三重県上野に生まれました。
戦前戦後にかけて6人の子供に恵まれ、戦後飛騨高山に暮らすようになりました。

僕が小っちゃいころは、
お袋についてよく “町ばあ” のところに遊びに行ってました。

いつもニコニコ笑顔。
僕のことは “ひさながくん” と言って可愛がってくれてました。
0836ばあちゃんと
これは2年前のお正月に遊びに行った時の写真です。

この時はもう誰が誰だか分からない状態でしたが、
それでもニコニコ!

孫は6人、曾孫は11人、そしてもうすぐ玄孫が・・・というときでした。

お葬式は家族葬で行い、
久しぶりにばあちゃんの血が流れるみんなが集まりました。
0835会食
100年以上生きたんですから!
悲しいお葬式にするのではなく、
みんな心の中ではお祝いする気持ちでいっぱいでした。

そしてみんな心から感謝してます。
ばあちゃん、ありがとう!

ありがとう、町ばあ!

カテゴリー: 家族 タグ:

Nuts Return

2015 年 2 月 28 日 Comments off
2015年2月28日(土)

昨年からクルミにどっぷりハマってまして、特に殻付きのクルミは最高です。年末年始の台湾帰省で見付けたクルミを1ケースだけ日本に持ち帰って来ましたが程なくして底を尽き、どうしても食べたくて熊家(家内の実家)に頼んで4ケースほど送ってもらいました。が、それも程なくして食べ尽くしてしまいました。それでもクルミ欲求は収まらず、もう一回熊家にお願いして送ってもらうことにしました。費用の都合で今回は船便で。待つこと約3週間、先日待望のクルミが届きました。今回も4ケース。



待ちに待った"クルミの日々"が戻って来ました。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

海を越えたら上海、其の肆(完結編)。

2015 年 2 月 27 日 Comments off
2015年2月27日(金)

2月12日~15日の中島工務店中部住宅部研修旅行はいよいよ最終日。蘇州のホテルでの朝食は、さすが観光地だけあって口に合ってとても食べ安かったです。形式がバイキングにつき必然的に食べ過ぎ。

150215-上海01

食後は上海へ向かってバスで移動。多少の渋滞はありましたがほぼ予定通りに上海に到着。最終日のメインイベントはお買い物。一区画全てが土産物屋さんという豫園商城でしばし自由行動。

150215-上海02

春節が近いこともあってか装飾が華やかです。

150215-上海03

土産物屋さんではありますが、古く趣のある建物ばかりなのはさすが中国です。

150215-上海04

「豫園商城」の中を歩き尽くしたので区画の外に出てみました。"これぞ中国"といったお店があちらこちらに。

150215-上海06

こちらは韓国系のお店らしい。

150215-上海07

1:00pmにメンバーと合流して少し遅めの昼食へ。中国での最後の食事は、"元祖小籠包店"たる南翔饅頭店で。日本にも数店出店している押しも押されぬ老舗のようです。次から次へと出て来る小籠包をたらふく食べました。最後はもうほとんど義務的。

150215-上海08

150215-上海09

加トさんのお茶目な一面。

150215-上海10

今流行りのラジコンヘリ「ドローン」の偽物のようなおもちゃが売っていまして、一人のメンバーが買ったのを皮切りに次から次へと、結局6人が購入しました。騙されてなければ良いんですけど。

150215-上海11

「豫園商城」を後にし空港へバスで移動、そこで周さんと寧さんとはお別れ。二人はこの後故郷の大連へ。日本へ帰る私達の飛行機は1時間遅れた上、過去に経験したことがないほどの大揺れ。フライトが1時間遅れたことへの不満はありましたが、何より無事に日本に辿りつけたことにホッとしました。

150215-上海12

会社の枠組みでの海外旅行はほぼ初めての試みではありましたが、ナビゲーターの周さんと寧さんのおかげで、世界遺産、、建築や街並みの探訪、グルメ、買物と、通常の旅行者では経験することのできない中国旅行を何不自由なく満喫することが出来ました。恐らくもう二度とこんな機会はないと思います。本当に、本当にありがとうございました。

中島 大地

追伸
会社にと買って来たお土産を自分で食べてみました。とても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。お土産はやっぱり試食してから買うべきだと痛感しました。そして、安い物には訳がある。中国に行かれる皆さん、お気をつけ下さい。

150215-上海13

カテゴリー: なぜか上海2015 タグ:

惣菜の差し入れ

2015 年 2 月 27 日 Comments off

仙台に暮らす姉から惣菜の差し入れが届きました。かぼちゃの煮つけ、ひじき、ポテトサラダ、チャーシュにキッシュ、手羽先と煮卵など今回も盛り沢山の豪華メニュー。昨年何度か惣菜を送って貰ったお礼に、心ばかりのお年玉でお返ししたつもりが、お年玉のお礼とのこと。 4人兄弟の末っ子で上3人とは歳の離れた私。私自身もいい歳になりましたが、一番上の姉には未だに何かと面倒みて貰っています。惣菜到着後はさっそく食・・・

カテゴリー: 暮らし タグ:

Hacoaの木製スケール

2015 年 2 月 27 日 Comments off

今年の12月オープン予定の新木場モデルハウス。打合せを重ねてプランの打合わせもほぼ固まりました。5月の着工に向けて設計業務が一気に加速して行きそうです。今回のモデルでは、一般参加型ワークショップも計画中。左官・塗装・床フローリングなどを皆で体験しながら創り上げていく展示場になりそうです。 オープンに先立ち、モデルに置く小物などの雑貨を少しづつ見繕いはじめました。今日は他物件の現場打ち合せを終・・・

カテゴリー: こだわりの一品 タグ:

格安スマホに替えて、数ヶ月、、、、、結果は

2015 年 2 月 26 日 Comments off

IMG_0305

かみさんの古いiphoneを格安スマホ(MVNO:仮想移動体サービス事業者)に替えて3ヶ月。 結論としては劇的にサクサク動くようになって、劇的に安くなった。 楽天モバイルの月額1250円のプランに入った。 月々1250円...
カテゴリー: ブログ, 格安スマホ, 楽天電話, タグ:

2015年の抱負

2015 年 2 月 26 日 Comments off

ブログの先生である田中工務店さんの三代目社長のブログ講義に感銘を受けはじめた創造ブログも、今年の4月で7年目に突入。2009年にはじめた当初の記事をみると、キャラが固定出来ておらず、文章も今以上に拙く、甘酸っぱさを超えた恥ずかしさを感じます。 とはいえ、建築に携わるようになった数年後からこれまでの私の歩みを記した大切な記録になっています。中でもここ数年は、その年のはじめに抱負を綴る事で、年末・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

おかげさまで勤続15年。

2015 年 2 月 26 日 Comments off
2015年2月26日(木)

私は2000年2月26日に中島工務店に入社しまして、本日勤続15年を迎えることができました。たくさんの衝突を重ねた15年でした。後悔はいくつかありますが語るに足りません。自己満足と自己嫌悪をを繰り返して、三歩進んで二歩下がりながら少しずつ前進して来ました。相変わらず不束者ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

150225-ワイン

以前ワインを購入した先から先日電話で売り込みがあり、勧められるままにワインを三本を買ってしまいました。いまだにワインの味なぞ分かりませんが。勤続15年の内祝いに一本開けてみようと思います。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

はじめて・・

2015 年 2 月 25 日 Comments off

2月中旬に中部住宅部メンバーで研修旅行に行ってきました。
行き先は中国で、はじめての中国旅行とあってもちろん不安もありましたが、
やはり期待の方が大きかった気がします。
















おもに、世界遺産見学・中国の文化・伝統を学んできました。
実は・・中国は一度は行ってみたい場所ランキング上位の国で、その夢が叶い
とても感謝しております。

他のメンバーの方もとても楽しんでいました!
中には現地の人と間違えられるくらい馴染んでいる人も・・































日本ではできない体験ができ貴重な研修旅行になりました。
学んできたことを、これからの仕事や生活に活かしていきたいと思います。
行けなかったメンバーには、沢山の良さを伝えたいです。
いろいろと聞いて下さい!

本社 住宅部 佐々木悠志

カテゴリー: 未分類 タグ:

コーヒーはじめました

2015 年 2 月 25 日 Comments off
コーヒーを飲む機会が急激に増えた社会人一年生。アルコール類もそうですが、飲む機会が増え何度が飲んでいる内に、好きになっていくもの。とはいえコーヒー豆を挽いたコーヒーを好んで飲むようになったのは、ちょうど10年前の2004~2005年にカナダで一年生活した時。 カナダにはTimHortonsというカナディアンの愛する庶民向けのコーヒーショップがあり、カナダ滞在時にはそこに行ってコーヒー飲みなが・・・
カテゴリー: 趣味 タグ:

2月25日(水)スノードロップが咲いた!!

2015 年 2 月 25 日 Comments off

富士山柿の根元のまだ雪の積っている隣にスノードロップが可憐に咲いた。

DSC09372

温室の前庭にも咲いた。

DSC09384

井戸場の庭の枯葉の中にクロッカスの芽が出た。

DSC09380

畑の隅にはヒマラヤユキノシタが頭を出した。

DSC09378

これは何だったかな?

DSC09386

これも何だったかな?

DSC09385

水仙の軍団も一斉に頭を出した。

DSC09381

 今年一番の暖かい日になった。我家の日向の温度計は28℃になっている。日影でも9℃だ。ひょっとしたらと思って柿の木の元を探すと、雪の山のすぐ隣にスノードロップが可愛く咲いている。何と可憐な花だろうか。
 それならとクロッカスを探すと針の様な芽を出している。水仙は無数の芽が出て軍団になっている。
 待ちにまった春がそこまで来たのだと思うと嬉しくて心の中から暖かくなってきた。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

今年もやります、第3回舞台峠うまいもん祭!

2015 年 2 月 25 日 Comments off
2015年2月25日(水)

下呂と加子母の若人が力を合わせ成功させた昨年9月の第2回舞台峠うまいもん祭に続き、今年も第3回の開催が決定しています。第3回の実行委員長は持ち回りの順番で下呂側からの選出と決まっていて、以前からの友人ケンヂ君が第2回の打ち上げの場で早々に実行委員長に決定していました。加子母側からは副委員長を選出することになっていて、その寄合が昨晩ありました。

150224-うまいもん

結論から申しますと、副委員長の大役を不肖私めが拝命しました。第1回から関わっている者としてNOとは言えず、何より公私共に兄貴分である心平さんの大胆な指名にNOと言うわけにもいかず。

下呂・加子母の賑わいのために、そして自分の漢っぷりを上げるために、是が非でも「うまいもん祭」を成功させたいと思います。所信表明終わり。

中島 大地

カテゴリー: 舞台峠うまいもん祭り タグ:

「中島工務店×カネコ 改正省エネ 最初から最後までちゃんとやってみよう」PART7。

2015 年 2 月 24 日 Comments off
2015年2月24日(火)

中島工務店×カネコ 改正省エネ 最初から最後までちゃんとやってみようの第7回は、場所を替えて加子母で開催しました。講師をお願いしている鉄人ハヤシ常務には遠路加子母までご足労頂きまして、本当にありがとうございました。今回は、前回までに算出した外皮性能をいよいよ一次消費エネルギー算定プログラムに入力しました。題材は引き続き柏屋holzです。ちなみに「柏屋holz」の建築状況は現場リポートで絶賛連載中です。

150224-中島×カネコ01

確定的でない項目は安全側にみなして条件を全て入力した結果、私達が一つの目安にしている低炭素住宅基準を満たしていました。これは次世代省エネ基準よりも省エネ性能が更に10%高い基準です。別段低炭素基準を目指して設計したわけではありませんでしたので、つまり私達の普段の作品が低炭素住宅基準を満たしていることが分かりました。さて次なるステップは実際に認定の取得です。

150224-中島×カネコ02

勉強会も残すところあと2回。これからはみっちり演習の予定です。と言うことで、どうやら今回から宿題があるらしい...

中島 大地
カテゴリー: 木KEYPoint タグ:

クマガイモリカズ

2015 年 2 月 24 日 Comments off

建築の相談に伺ったお客様の応接間にさり気なく飾られていた、画伯の絵。 終焉の地は東京池袋ですが出身が岐阜の付知だという話に花が咲きました。 ご縁がありますように。

カテゴリー: 未分類 タグ:

ゆっくりとした週末

2015 年 2 月 24 日 Comments off

何やかんやで年明けからここまでほぼノンストップで過ごし気付けば2月下旬。今の所、少なくとも5月末まではこのペースで仕事や出張が入っている為、先週末は身体と心を少しホッとさせる事にあてました。 土曜日は上映初日となるクリント・イーストウッド監督最新作のアメリカン・スナイパーを観て来ました。先週中にこなさなければならない仕事が片付くかが心配だったので、夜中の12時からの上映会を予約し、それまで仕・・・

カテゴリー: 暮らし タグ:

海を越えたら上海、其の参。

2015 年 2 月 24 日 Comments off
2015年2月24日(火)

2月12日~15日の中島工務店中部住宅部研修旅行。行程3日目はゆっくりとスタート。

150214-西逓村の朝01

宿泊した世界遺産西逓村(日本語では"せいていそん")の朝を散策。とは言え、昨晩の呑みが響いてメンバーの大半は脱落。"よくぞ生き残った我が精鋭達"はこれだけ。

150214-西逓村の朝04

西逓村は代々胡氏が住む集落で、たくさんの官僚を輩出した由緒正しき一族だそうです。

150214-西逓村の朝02

150214-西逓村の朝03

春節に向けて絞めたばかりの豚の毛をむしっている現場に遭遇。里山加子母でも見ることのできない、ある意味貴重な光景です。

150214-西逓村の朝05

朝食は更に人数が減少。比較的優しいお粥と粽(ちまき)を頂きました。

150214-西逓村の朝食01

建物の屋上から集落を一望。一面に広がる屋根瓦はただ屋根においであるだけのようです。地震が来たら...などと考えてしまいます。

150214-西逓村の朝食02

食後には、西逓村の一般民家にお邪魔しました。 今でも実際に人が住んでいる家ですが、何の躊躇もなく快く招き入れてくれました。さすが世界遺産の住人です。

150214-西逓村民家01

西逓村の民家の内部は、外でもあります。建物の屋根の一部が吹き抜けていて、雨が降れば室内にも雨が降る。外が寒ければ中も寒い。寒い冬にはとにかく着込んで凌ぐそうです。

150214-西逓村民家02

築数百年の木造建築です。1階部分は天井が高く、階段はとにかく急です。2階は吹き抜けの周りを廊下がグルリ回っていていくつかの個室にアクセスするようです。

150214-西逓村民家03

竈(くど)も現役バリバリのようです。

150214-西逓村民家04

こちらが寝室。裸電球一つ。こんな寝室がこの家には6室あるそうです。それにしても、ここまで見せてくれるとは。

150214-西逓村民家05

敬愛堂。記憶は曖昧ですが、集落の寄合をしたり、偉い人のお話を聞いたり、といった場所と説明されたような。

150214-敬愛堂01

150214-敬愛堂03

150214-敬愛堂04

さて、メンバーの"体調"を見ながら、予定より少し遅く西逓村を出発。次なる目的地は水の都蘇州です。が、その道中の高速道路では交通事故による渋滞で幾度となく足止めされ、予定より大幅に遅れて到着。

150214-安徽省から蘇州

蘇州での最初の見学地は、世界遺産蘇州四大名園の一つ拙政園です。

150214-拙政園01

豊富な水、ふんだんい使われている大小様々な石、手入れされた木々、細やかな細工の施された木造建築、まさに贅を尽くした庭園です。

150214-拙政園04

150214-拙政園02

150214-拙政園03

150214-拙政園05

150214-拙政園06

次に訪れたのは、これまた世界遺産の虎丘。閉門寸前に劇的な滑り込みに成功。すぐ後に来た若い来場者達は入れてもらえず、何だか妙に得した気分でした。

150214-虎丘01

丘の上にそびえ立つ1000年以上前に建立された雲巌寺塔。そうです、斜塔です。

150214-虎丘02

150214-虎丘03

次に訪れたのは、水辺の街並み山塘街。風情ある情景にウットリしながらしばし散策。

150214-山塘街01

150214-山塘街02

ここにも憎っくき臭豆腐が!何にそんなに行列ができているのかは皆目見当がつきませんが。

150214-山塘街04

本日のお夕食は松鶴楼。蘇州では有名なレストランだそうです。

150214-松鶴楼01

さすがにグルメ旅行3日目ともなるとメンバーの皆さんは中々食が進みません。そんなことにはお構いなく次から次への料理が出て来ます。

150214-松鶴楼02

そしてこちらが本日のメイン、上海蟹。"上海"と言いますが、実は蘇州で養殖しているそうです。"千葉にある東京ディズニーランド"的な事情があるんでしょうね。実はこのレストランのメニューにない蟹を周さんが別途手配して下さいました。本当にありがとうございます。でもね周さん、ボクやっぱり蟹は食べられないよ。

150214-松鶴楼03

おおよそ予想はしていましたが、蟹を食べ始めるとしばしの沈黙。

150214-松鶴楼04

食事の後は観前街近くのホテルにチェックインし、近くの繁華街に繰り出しました。この時を待ちに待っていたメンバーが若干数名。

150214-観前街01

繁華街の中心にある中国三大木造建築と称される玄妙観。道教の寺院だそうです。もちろん閉まっていて入れませんでしたが。

150214-観前街02

そして迷いながら寧(ねい)さんお勧めの小さな通りへ。繁華街からは多少距離があり薄暗い通りでしたが、昔ながらの建物に店舗が入っていて風情を残した通りです。

150214-観前街03

と、世界遺産の宝庫蘇州での盛りだくさんの一日でした。私の一日はここまで。その後数名は次なる酒場を探して夜の街を彷徨ったとさ。そして最終日につづく。

中島 大地

カテゴリー: なぜか上海2015 タグ:

海を越えたら上海、其の弐。

2015 年 2 月 23 日 Comments off
2015年2月23日(月)

2月12日~15日の中島工務店中部住宅部研修旅行。行程2日目は、5:00amにホテルを出発。早朝であること、寝不足であること、日本と1時間の時差があること、様々な条件が重なり朝からバタバタ。

150213-上海01

バスでしばらく移動してから8:00am頃に高速道路のパーキングエリアで朝食。ちなみにパーキングエリアは、ゴミやタバコの吸殻が散乱していてあまり清潔とは言えません。その上そこら中に唾が吐いてあって、足元に気を付けて歩かなければなりません。

150213-上海02

再びバスで移動。トイレ休憩を数回挟みとにかく移動。1:00pm過ぎに安徽省に入ってから昼食。安徽省の料理だそうです。あまりおなかは空いていませんでしたが、それでも周さんお勧めの料理に舌鼓。

150213-上海03

約7時間、距離にして約540kmの移動のほとんどを私はずっと良い子で寝ていました。この所の寝不足を取り返したような気分です。長距離移動の末に辿り着いたのは安徽省南部にある世界遺産宏村(日本語では"こうそん")。2000年に世界遺産に登録された、1600年代の歴史的建築物が現存する集落です。集落には水路が整備されていて、今でも汪さん一族が住んでいらっしゃいます。ここでの外国人は恐らく私達だけだったと思います。最寄りの空港が遠く世界遺産登録も15年前とくれば、私達のように物好きの外国人ぐらいしか訪れないようです。

150213-上海04

集落に入って最初にあるのが南湖書院。当時の学校だと思います。

150213-上海05

150213-上海05-2

150213-上海05-3

150213-上海0-5

壁に大きく書かれた毛主席の教えの跡がうっすら見えます。

150213-上海0-4

集落内では細い路地があちらこちらに伸びて各戸を分けています。小さな谷もあちらこちらにあり、注意していないと落ち込む危険もあります。

150213-上海06

その路地を行き来するのがこんなバイク。この街では必需品でしょうね。数十年前の日本を思わせます。

150213-上海07

集落の中央には大きな池があり、生活の中心になっているようです。池のこちら側では洗濯をし、向こう側では魚をさばく。私達の常識では考え難い状況ですが、中国では今でもよくある光景だとか。ちなみに集落内では肥桶を担いで運んでいる人々もよくいました。

150213-上海08

集落のあちらこちらに豚や鶏の肉が干してあります。こちらの豚は実に安らかな顔をしています。

150213-上海09

中国で合流した寧(ねい)さんを含む14名のグループでは移動中にぐれてしまう人もいるため、その都度一休み。

150213-上海10

ゆっくり宏村を散策した後は、再びバスで30分ほど移動し本日の宿舎へ。宏村と共に世界遺産に登録された西逓村 (日本語では"せいていそん")です。

150213-上海11

不陸の多い路地をガラガラとスーツケースを引いて民宿(?)まで約20分、とにかく疲れました。

150213-上海12

そして夕食。この地域の田舎料理です。

150213-上海14

出てくる料理を確認する面々。確かに上海で食べたものと比べクセが強いものばかり。

150213-上海15

食はあまり進まなかったようですが、代わりに酒が進んだようです。この家で作っているアルコール50度を超える強い強いお酒を呑んだり呑ませたり。これが翌日どのように影響するかなぞ、この時には予想だにせず。いや、予想はできたはずだが...

150213-上海16

150213-上海17

夜に繰り出す繁華街なぞ世界遺産の中にあるはずもなく、この夜は10:00pm過ぎに早々と就寝。強いお酒にノックアウトされた面々もいたそうな。行程3日目につづく。

中島 大地

カテゴリー: なぜか上海2015 タグ:

「山村文化の伝承とこれからの地域づくり」

2015 年 2 月 22 日 Comments off
2015年2月22日(日)

(一財)国土計画協会が主催し毎年開催されている「国づくりシンポジウム」が、第27回となる今回は加子母むらづくり協議会との共催で山村文化の伝承とこれからの地域づくりとしてふれあいのやかたかしもで開催されました。基調講演は徳川林政史研究所の特任研究員太田尚宏氏。会場は超満員でした。

150222-国づくりシンポジウム

江戸時代からの日本の森林施業の歴史や裏木曽の森林施業の歴史等のお話でした。尾張藩直轄領地であったこと、木曽五木が制定された経緯等、知っていそうで実はあまり知らなかったことがたくさんありました。この地で木造建築に携わる者にとって、とても有意義なお話でした。

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ:

DIYで部屋作りに挑戦

2015 年 2 月 22 日 Comments off

壁

我が家は、部屋がひとつも無い。限られた予算で広さを求めたため、30畳のリビングキッチンと18畳のロフトの間に壁はひとつもない。 壁があるのはトイレと洗面と浴室のみ。(当然だけど) 4年前は、はなれだしそれでいいと思ってい...
カテゴリー: ブログ タグ:

思い出はセピア色。

2015 年 2 月 21 日 Comments off
2015年2月21日(土)

会社のデスクの引き出しから昔懐かしい写真が発掘されました。その内の一枚がこちらです。

150221-セピア色の思い出

約12年前の結婚式の写真です。色が抜け文字通りセピア色になった写真を見ると、何だか切なくなります。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

新橋の旨いもん@生マッコリ家

2015 年 2 月 21 日 Comments off

加子母(かしも)地域発信の家造りを、本拠地の加子母で支えている協同組合東濃ひのき家。工場長の中島浩紀さんが、新木場で開催されている木材アドバイザー講習で上京していたので、東京の旨いもんを食べに新橋の生マッコリ家さんへ。 お酒を呑まなくなって2年が経過した私。以前から呑みに出かける事は少なかったのが、呑まなくなってからは殆ど行かなくなり、今では林業・建築業はじめ地域活性に取り組んでいる方々との・・・

カテゴリー: 食べ物 タグ:

海を越えたら上海、其の壱。

2015 年 2 月 20 日 Comments off
2015年2月20日(金)

12日から15日までの三泊四日で、中島工務店中部住宅部のメンバー11名と共に上海・安徽省・蘇州へ研修旅行(通称"なぜか上海")に行って参りました。16日に仕事復帰したものの、さすがに4日間不在のツケは重く、溜まった仕事に追われている内にリポートが遅くなってしまいました。一気に四日分を書き上げようと思っていましたが、やはりきざむことにします。

まず、なぜ行先が上海なのか。ここ数年、会社の枠で海外旅行に行ければと思っていましたが、中国は大連出身で加子母在住の周さんとお話をする機会があり、そんな私の想いを伝えると二つ返事で引率役を買って出てくれました。

こちらが周さんです。Ken Watanabeではありません、念のため。見学コースの立案から、バス・食事・宿舎の手配まで全てをしてくれて、一応幹事のつもりだった私も完全に旅行者の一人と化していました。本当に本当にお世話になりました。

150212-上海01

さて、上海の気候は名古屋よりも少し暖かいぐらいで、ダウンジャケットを持参しましたがあまり着る機会はありませんでした。最終日に少しだけ雨に降られましたが、四日間を通じほとんど雨は降らずラッキーでした。誰の行い?もちろん周さんでしょう。

上海はさすが中国一の大都市で、浦東新区では超高層ビルが建ち並んでいました。黄浦江の向こう側には旧市街地の浦西地区があり、新旧の街並みの比較が楽しめます。そして噂のPM2.5もシッカリ健在でした。まずは新市街地から散策。

150212-上海02

150212-上海03

続いて浦西地区。古い街並みが整備されお洒落な店舗になっています。

150212-上海04

こちらはマーケット。野菜や肉、魚介類が所狭しと並んでいます。日本人の感覚では決して清潔とは言えません。

150212-上海05

食事は毎食グルメ三昧でした。周さんお勧めの料理を、料理にも精通する周さんの解説と共に頂くという贅沢。中には得体を知らない方が良かった食材もありましたが。そして毎食のようにビールを頂きました。偶然かもしれませんが、飲んだビールは全てアルコール4%以下でした。中には2.5%なるものもあって、あまりお酒が強くない私でもグビグビ飲めて何だか大人になったような気分でした。

150212-上海06

食後は繁華街を散策しながらホテルへ帰りました。

150212-上海07

初日のクライマックスは浦東新区の夜景。

150212-上海08

ホテルに到着したのは11:00pm過ぎ。6:00am可児出発で始まった長い長い一日がようやく終わりました。そして研修二日目は5:00am出発...つづく。

中島 大地

カテゴリー: なぜか上海2015 タグ:

2/20メールマガジン

2015 年 2 月 20 日 Comments off
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    かしも花市場・かしも産直市   毎月5・20発行
                       2/20号
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

岐阜県東美濃地方の四方を山に囲まれた『加子母<かしも>』という小さな山里にあります。自社農場で栽培した野菜や花、ガーデニンググッズ、地元の特産品をお届けしています。

....................................................................

_______________________________


◆かしも花市場2月のお知らせ

_______________________________ 
◎雑貨二割引SALE中!!
小さな陶器鉢、ピック、アンティーク調の入れ物、カエルの置物など可愛い雑貨が二割引中です。各種在庫がわずかになってきました。お買い求めはお早めに♪

◎陶器鉢SALE中です!!
かしも花市場にて、陶器鉢が表示価格から二割引きです。
小さくて可愛らしい鉢や、大きくて立派な鉢など種類もいろいろあります。
寄せ植えにいかがでしょうか?


◎アレンジメント花材入荷
プリザーブドフラワーや器など新商品を入荷しました。
アレンジメントも続々制作中♪店頭でアレンジメントを作ることも出来ます。詳しくは店員まで!!


◎新作アレンジメント販売中
ホワイトデー、卒業、入学・・・プレゼントをする機会がたくさんある季節です。水やりの必要もなく長期間、生のお花のフレッシュさを楽しめるプリザーブドフラワーはプレゼントに喜ばれます。贈り物にいかがですか?

http://kashimoichiba.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=466997&csid=1
◎プリザーブドフラワーブーケを展示中♪
全てプリザーブドフラワーでウェディングブーケを作りました。
展示中のブーケは『ブーケ+ブートニア+ブーケスタンド+ケース』で30,000円のブーケです。制作時間は4〜6時間程度です。「自分でブーケを作ってみたい!!」とお考えの方は参考にしてみてください。


◎ジブリプランター新商品入荷
新しく4種類の可愛いジブリプランターが仲間入り!!

http://kashimoichiba.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=466997&csid=5
_______________________________


◆かしも産直市2月のお知らせ

_______________________________
人気の西方いもの冷凍作りました。
かゆい皮むき不要!!ぜひいろんな調理法でお楽しみ下さい。
レシピ付いてます。
http://kashimoichiba.shop-pro.jp/?pid=86925073

******編集後記*******
卒業シーズンです。
いろんな準備はOKですか?
以外にコサージュは・・・いつもの・・・あれで・・・
と思っている方も多いのではないでしょうか?
そこで、卒業プレゼント(お母様宛)にコサージュを送ると大変喜ばれます。
私も何個かプレゼントしています。
当花市場では、プリザーブドフラワーの数あるパーツの中から自分で選んで
お好きなように作っていただけます。
また、ご予算を言っていただければお作りいたします。
ぜひ、この機会に心のこもったオリジナルを送ってみてはどうでしょう。



カテゴリー: 未分類 タグ:

目指すは”漢字王”

2015 年 2 月 19 日 Comments off
2015年2月19日(木)

最近小学校での漢字小テストを頑張っている小熊(シャオション、倅のこと)が、自らに課した目標を書いて張り出しました。

150206-目指すは“漢字王”

何やら訂正したと思しき箇所がありますが、一応目指すは"漢字王"と読めます。

中島 大地

カテゴリー: 小熊語録 タグ:

クリ材じっくりと乾燥中

2015 年 2 月 19 日 Comments off
加子母っ子を自称している東京在住の私。仕事で加子母(かしも)に帰り、時間のある時は可能な限り色々な所を廻り、会う人や会いたい人の所に行って話をしています。先日の里帰りでは、用事の合間に愛しの栗材を観に行って来ました。 栗の丸太2本を購入して、昨年4月に製材ワークショップで挽いて灰汁(あく)洗いをかけた栗板。森林文化アカデミーの同級生で親友の近ちゃんにお願いして、マルワイ製材所さんで保管して貰・・・
カテゴリー: 趣味 タグ:

泉宏氏「アベノミクス、原発、憲法改正…”安倍一強政権”の課題と今後の政局展望」。

2015 年 2 月 18 日 Comments off
2015年2月18日(水)

清流の国ぎふ森林・林業戦略会議メンバーの父親の代理で、政治ジャーナリスト泉宏氏のご講演アベノミクス、原発、憲法改正..."安倍一強政権"の課題と今後の政権展望を拝聴しました。岐阜県議会西棟の第一会議室は岐阜県下の重鎮で満員。会場では恐らく私が最年少だったような気がします。

150218-泉宏氏講演会

泉宏氏のお話は本当に興味深いものでした。アベノミクス、IS人質事件、農協改革、地方創生、昨年12月の解散総選挙、TPP等々。1.5時間の限られた時間での実名を交えた裏話や豊富な情報に裏付けされた推論は目から鱗でした。詳細は割愛しますが、40年以上に渡り永田町・霞ヶ関で政治を追い続けて来た現場の事情通の地力を感じました。最近やっと政治に少しずつ興味が出て来た私には実にタイムリーなお話ばかりでした。なんだか少し大人になったような気がします。もちろん気のせいですが。

中島 大地

カテゴリー: 講習 タグ:

まったくです。

2015 年 2 月 18 日 Comments off

ドミノ研究会。三浦祐成氏の講義にて。 つみき設計さんの紹介もありました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

ベランダからの小学校。

2015 年 2 月 17 日 Comments off
2015年2月17日(火)

先日銅賞入賞の嬉しい知らせを頂いた絵画コンテスト私の好きなふるさとの表彰式が去る2月11日に行われました。別段登壇することもなかったので当の本人である小熊(シャオション、倅のこと)は表彰式を欠席しましたが、別の役職で出席していたお祖父ちゃんが受賞作品の写真を撮ってくれました。作品名ベランダからの小学校です。

150211-ベランダからの小学校

私の住む集落牧戸からは、山間の人里を挟んで反対側の山の中腹にある加子母小学校が一望できます。拙宅の隣に建つ通称"牧戸ログ"のベランダから見た小学校を描いたわけですが、最初は所定外の紙に描いてしまい、所定の紙に描き直して応募した作品が入賞しました。小熊曰く、最初に描いた方がもっと良かったと。いずれにせよ、"高台から望む森林に囲まれた小学校"という題材が良かったんだと思います。小熊よ、改めておめでとう。

中島 大地

カテゴリー: 小熊作品展 タグ:

PR: 海外旅行の前に「たびレジ」に登録を-政府広報

2015 年 2 月 17 日 Comments off
外務省や在外公館が出す海外安全情報をお手元にお届けします。
カテゴリー: 未分類 タグ:

スケッチアップと一筋の光

2015 年 2 月 17 日 Comments off
私の携わる家造りでは、住まいのご相談をお受けした場合、まず会社またはモデルハウス(今冬にオープン予定)にお越し頂き、私達のものづくりのベースになっている「加子母地域発信の家づくり」というスライド・資料を用いて、ものづくりの背景やかしも地域についてお話しています。 そのものづくりに共感して頂いた住まい手さんで、設計依頼を希望される方には、後日お宅を訪問させて頂き、今度は実際の建物の躯体性能・温・・・
カテゴリー: 家造り タグ:

PR: 海外旅行の前に「たびレジ」に登録を-政府広報

2015 年 2 月 17 日 Comments off
外務省や在外公館が出す海外安全情報をお手元にお届けします。
カテゴリー: 未分類 タグ:

構造見学会@竹ノ塚の家

2015 年 2 月 17 日 Comments off
2月15日の日曜日は、住まい手さんのご厚意により竹ノ塚の家の構造見学会を開催させて頂きました。今回も完全予約制ながら、現在プランニングをさせて頂いている住まい手さんや、これから家づくりを考えている住まい手さんにご来場頂きました。 竹ノ塚の家は延床25坪ほどの空間に、親子お2人が生活されます。防火地域にあたるこの現場では、柱・梁等の構造体を強化石膏ボードで被覆しながらも、燃しろ設計によって一部・・・
カテゴリー: 家造り タグ:

チョコレート工場の秘密

2015 年 2 月 14 日 Comments off

本か映画の中から出てきたような。金のカードが入ってるかな?

カテゴリー: 未分類 タグ:

MTB通勤 5度目の正直

2015 年 2 月 14 日 Comments off

再三再四このブログで紹介してきたMTB通勤。昨年12月中旬からは夜遅くにアパートに帰り、朝は6時半には支店を出発するという生活リズムが続いていた事を口実に、長らくお休みしていました…正確にはもっと前から休んでましたが・・・。 人生の中でもワーストとなる運動不足と体重の増加を改善する為に、重い腰を上げやっとこさ今週からMTB通勤再開。1日2回、片道6.5kmの合計14kmの道のりでペダル漕いで・・・

カテゴリー: 趣味 タグ:

つららのできる日

2015 年 2 月 13 日 Comments off

つらら

一冬のうちつららができる日はそんなに多くない。 ほどほどのゆきが屋根にあって、 ほどほどの寒さの時、いっきに伸びる。  
カテゴリー: つらら, 風景 タグ:

冬場の身の廻りの温度変化と浴室温度

2015 年 2 月 13 日 Comments off

環境共生住宅推進協議会(KKJ)さんに依頼され、先日このブログでも「真夜中のラブレター」と紹介していた、夜中に書き上げた温熱コラム「冬場の身の廻りの温度変化」が投稿されました。 冬場は上下巻温度差が大きいと考えた今回は、身体(頭・腰・足)の3ヵ所にデータロガーを装着して温度測定した結果をまとめています。測定時は大変だった事を覚えていますが、面白い温度変化を計測する事が出来ました。 またこの・・・

カテゴリー: 森林文化アカデミー タグ:

Many items from Kashimo

2015 年 2 月 13 日 Comments off

遊びのように心から楽しむ仕事の時間を過ごした、先週末の里帰り。東京で暮らすようになってからは、加子母(かしも)へ帰った際に地域の物を仕入れ、東京で何かをプレゼントする機会があった時には、加子母の物を渡すようにしています。 今回も沢山の物を仕入れてきました。アトリエ玉手箱さんの本間さんポストカードに、詩集、ハルさんオカリナ。道の駅で購入した加子母てぬぐい。写真には映っていませんが、2015年カ・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

美濃からの便り~身の廻りの温度へn

2015 年 2 月 13 日 Comments off
加子母っ子 中島 創造 ↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。 ~NHK総合「サキどり」で加子母の家造り紹介されました~ タイトル:地域再生 海にも山にも"宝"あり 詳細はこちらから確認下さい ~実測コラム「地域からの便り」~ 夏場の身の廻りの温度変化 冬場の身の廻りの温度変化 ~温熱コラム連載「加子母っ子の温熱コラム」~ (第1回)・・・
カテゴリー: 温熱環境 タグ:

かしも産直市かしも花市場新年会

2015 年 2 月 12 日 Comments off
今日は年一回のかしも産直市、かしも花市場の新年会でした。
都合で来られなかった方もありますが、26人の出席で大いに飲んで、食べて盛り上がりました。
みなさん大変元気!こちらが元気を頂き、今年も皆さんの作って頂いた野菜花を沢山売っていかなければと、改めて気の引き締まる思いになりました。
今年もみなさんで、頑張って盛り上げていきたいと思います。

飲む前に全員で記念写真

中島幸泰トマト組合会長に乾杯の音頭をとって頂き宴会の始まり。

纐纈源吾さんの「めでためでた」の披露にて締め。

終了後先輩方にて写真
カテゴリー: 社長 タグ:

なぜか上海。

2015 年 2 月 12 日 Comments off
2015年2月12日(木)

中島工務店の中部住宅部のメンバー11名と共に本日研修旅行に出発します。15日まで中華人民共和国の上海・安徽省・蘇州の建築や街並みめぐる(予定)、まさに"研修"です。不在中は何かとご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご容赦のほどよろしくお願い致します。

150212-chinasouthern.jpg

昨日家を出る際に小熊(シャオション、倅のこと)が「これが最後かもね」と冗談を。どうやら先日の台湾での墜落事故の光景が忘れられないようです。もちろん無事に帰って来たいと思います。Over and out.

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

赤い彗星、見参。

2015 年 2 月 11 日 Comments off
2015年2月11日(水)

小熊(シャオション、倅のこと)が新しいジャケットを買ってもらいました。私のジャケットと同じブランドの色違いです。"赤色"は熊(ション、家内のこと)の計らいです。"赤色狂い"の父子に呆れながらも何とか叶えてくれました。



中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

軒先納まり

2015 年 2 月 11 日 Comments off

 

お寺のお堂の外部軒の裏側どうなってるの

これからゆっくり見ていきましょう

resize0671

木負と地垂木

垂木の上に載っているのが木負

 

resize0666

地垂木にはまだ支えの支柱が

また木負には飛燕垂木のホゾが彫り込まれています

 

resize0665

大工さんはこれから軒部分の最先端部を組み上げていきます

地垂木と同じように垂木を受ける支柱を建てています

水平器一つで垂木鼻先の高さと勾配が良く決められるものですね

 

 

resize0664

数か所写真のように支柱を建て飛燕垂木を受けます

 

resize0663

その垂木の上に茅負を載せていきます

 

resize0661

茅負が取り付くと次は飛燕垂木の取付です

長いビスが見えますが垂木固定用です

飛燕垂木は茅負の上部にビスで引き揚げて固定していきます

 

 

resize0662

茅負の継手仕口です

仮支柱で支えられた飛燕垂木の上で繋ぎます

上下にずれないようにほぞ穴が彫り込まれています

 

 

resize0655

茅負ジョイント部 ボルトで引き合わせています

飛燕垂木が取り付き、化粧天井板が張られ天井板は押え桟でしっかり押さえます

天井板が押えられたら 裏甲を取付けてです

 

 

resize0669

茅負の上に乗る裏甲と言う部材です

軒が反っているので反らせた加工になっています

 

 

resize0668

裏甲のジョイント 茅負と同じ手法で加工されています

 

 

resize0658

茅負の上に裏甲が取り付けられていきます

 

 

resize0656

飛燕垂木、茅負、裏甲の取付位置関係

 

resize0670

まだ大きな丸太があります 桔木(はねぎ)と言います

神社仏閣の軒は、その出幅が大きく垂木だけでは支えることができません

そこで、桔木と言う部材で軒を跳ね上げて支えます(テコの原理です)

 

 

resize0660

桔木の小口の加工です この大きなホゾが茅負のほぞ穴に入ります

 

 

resize0659

また、桔木には母屋の位置に欠き込みの加工もされています

 

resize0657

これは茅負の桔木受けのホゾ穴です

天井板との隙間が少ししかなく

しっかり納まりを考えて原寸を引き、墨付けしないと大変な事になります

 

 

resize0667

取り付ける前の茅負 すでにこうして桔木受けのホゾが彫り込まれています

 

 

resize0653

さあ、桔木の取付です

一旦屋根の裏に差し込んで引き出しますが、

先に組み立てた母屋などが障害になりすんなりとはいきません

 

 

resize0652

曳いたり、押したり大変です

 

 

resize0687

茅負と桔木が納まった状況です

 

 

resize0645

出隅の茅負と桔木

 

 

resize0646

その反対は小屋組みの丸太の上に差し込まれています

 

 

resize0647

出隅部の大きな丸太の桔木が屋根裏に入り込んでいます

 

 

resize0648

こうして出隅部が3本の桔木で軒の重量を支えます

 

 

resize0649

建物内部から見ると、ごちゃごちゃとした感じがします

それだけ、桔木を取り付けるのは大変です

 

 

resize0650

いたるところに桔木が組み込まれています

しっかり軒先を跳ね上げてくれます

 

 

resize0651

そーっとそーっと 小屋裏に差し込んでいきます

もちろん小屋裏に職人さん待ち構えて作業をしております

 

 

resize0682

桔木がほぼ収まって母屋が取り付けられています

 

 

resize0689

建物の外観を考えて 瓦の隅棟は45°ではありませんが軒天は45°で納まっています

写真右の材が隅木で、左の丸太(母屋が乗っています)が45°の位置にある桔木です

ずれているのがよくわかります

 

 

resize0690

茅負、裏甲、桔木、隅木、母屋がきれいに組み上げられました

 

 

resize0654

この写真は茅負、飛燕垂木、化粧野地板、茅負が納まった状況です

 

 

resize0688

天井裏換気口を天井裏から見ています

 

 

resize0684

垂木の打ち付け

先端は裏甲に擦り付けるため垂木先を三角に削いで取り付けます

 

 

resize0643

桔木が取り付き母屋を納めているところです

 

 

resize0683

野垂木が取り付きました

 

 

resize0686

野地板打ち付けです

15㎜の杉板の野地板です

 

 

resize0681

裏甲の先に野地板天が合うように、野地板も削いで打ち付けました

 

 

resize0685

大工さんの仕事も機械道具を使うようになっています

エヤーハンマーの釘打機械です

 

 

resize0644

野地板が打ち終わりきれいな反りのある軒先が現れました

 

 

resize0691

野地板を打ち終わり、シートを掛けて大工さんの屋根部分の工事が終わりました

 

 

resize0675

前面の道路からも見えるようになりました

 

 

 

 

resize0680

屋根葺き工事が始まる前に

瓦を寄進された方のお名前の書き込みが始まりました

役員さんが交代でお手伝いです

 

 

resize0678

御住職様 おひとりで書かれました

もうすぐ瓦葺き師さんが来ます 瓦の葺き上がりが楽しみです

 

 

境内では

resize0676

修業大師様の傍 老梅も花をつけ春の訪れを告げています

御住職も樹齢何百年かわかりません

 

 

resize0673

駐車場の水栓もきれいに咲きました

春 よ 来 い   は~や く 来 い

桜の開花待ち遠しいですね

 

 

 

軒先納まり

2015 年 2 月 11 日 Comments off

 

お寺のお堂の外部軒の裏側どうなってるの

これからゆっくり見ていきましょう

resize0671

木負と地垂木

垂木の上に載っているのが木負

 

resize0666

地垂木にはまだ支えの支柱が

また木負には飛燕垂木のホゾが彫り込まれています

 

resize0665

大工さんはこれから軒部分の最先端部を組み上げていきます

地垂木と同じように垂木を受ける支柱を建てています

水平器一つで垂木鼻先の高さと勾配が良く決められるものですね

 

 

resize0664

数か所写真のように支柱を建て飛燕垂木を受けます

 

resize0663

その垂木の上に茅負を載せていきます

 

resize0661

茅負が取り付くと次は飛燕垂木の取付です

長いビスが見えますが垂木固定用です

飛燕垂木は茅負の上部にビスで引き揚げて固定していきます

 

 

resize0662

茅負の継手仕口です

仮支柱で支えられた飛燕垂木の上で繋ぎます

上下にずれないようにほぞ穴が彫り込まれています

 

 

resize0655

茅負ジョイント部 ボルトで引き合わせています

飛燕垂木が取り付き、化粧天井板が張られ天井板は押え桟でしっかり押さえます

天井板が押えられたら 裏甲を取付けてです

 

 

resize0669

茅負の上に乗る裏甲と言う部材です

軒が反っているので反らせた加工になっています

 

 

resize0668

裏甲のジョイント 茅負と同じ手法で加工されています

 

 

resize0658

茅負の上に裏甲が取り付けられていきます

 

 

resize0656

飛燕垂木、茅負、裏甲の取付位置関係

 

resize0670

まだ大きな丸太があります 桔木(はねぎ)と言います

神社仏閣の軒は、その出幅が大きく垂木だけでは支えることができません

そこで、桔木と言う部材で軒を跳ね上げて支えます(テコの原理です)

 

 

resize0660

桔木の小口の加工です この大きなホゾが茅負のほぞ穴に入ります

 

 

resize0659

また、桔木には母屋の位置に欠き込みの加工もされています

 

resize0657

これは茅負の桔木受けのホゾ穴です

天井板との隙間が少ししかなく

しっかり納まりを考えて原寸を引き、墨付けしないと大変な事になります

 

 

resize0667

取り付ける前の茅負 すでにこうして桔木受けのホゾが彫り込まれています

 

 

resize0653

さあ、桔木の取付です

一旦屋根の裏に差し込んで引き出しますが、

先に組み立てた母屋などが障害になりすんなりとはいきません

 

 

resize0652

曳いたり、押したり大変です

 

 

resize0687

茅負と桔木が納まった状況です

 

 

resize0645

出隅の茅負と桔木

 

 

resize0646

その反対は小屋組みの丸太の上に差し込まれています

 

 

resize0647

出隅部の大きな丸太の桔木が屋根裏に入り込んでいます

 

 

resize0648

こうして出隅部が3本の桔木で軒の重量を支えます

 

 

resize0649

建物内部から見ると、ごちゃごちゃとした感じがします

それだけ、桔木を取り付けるのは大変です

 

 

resize0650

いたるところに桔木が組み込まれています

しっかり軒先を跳ね上げてくれます

 

 

resize0651

そーっとそーっと 小屋裏に差し込んでいきます

もちろん小屋裏に職人さん待ち構えて作業をしております

 

 

resize0682

桔木がほぼ収まって母屋が取り付けられています

 

 

resize0689

建物の外観を考えて 瓦の隅棟は45°ではありませんが軒天は45°で納まっています

写真右の材が隅木で、左の丸太(母屋が乗っています)が45°の位置にある桔木です

ずれているのがよくわかります

 

 

resize0690

茅負、裏甲、桔木、隅木、母屋がきれいに組み上げられました

 

 

resize0654

この写真は茅負、飛燕垂木、化粧野地板、茅負が納まった状況です

 

 

resize0688

天井裏換気口を天井裏から見ています

 

 

resize0684

垂木の打ち付け

先端は裏甲に擦り付けるため垂木先を三角に削いで取り付けます

 

 

resize0643

桔木が取り付き母屋を納めているところです

 

 

resize0683

野垂木が取り付きました

 

 

resize0686

野地板打ち付けです

15㎜の杉板の野地板です

 

 

resize0681

裏甲の先に野地板天が合うように、野地板も削いで打ち付けました

 

 

resize0685

大工さんの仕事も機械道具を使うようになっています

エヤーハンマーの釘打機械です

 

 

resize0644

野地板が打ち終わりきれいな反りのある軒先が現れました

 

 

resize0691

野地板を打ち終わり、シートを掛けて大工さんの屋根部分の工事が終わりました

 

 

resize0675

前面の道路からも見えるようになりました

 

 

 

 

resize0680

屋根葺き工事が始まる前に

瓦を寄進された方のお名前の書き込みが始まりました

役員さんが交代でお手伝いです

 

 

resize0678

御住職様 おひとりで書かれました

もうすぐ瓦葺き師さんが来ます 瓦の葺き上がりが楽しみです

 

 

境内では

resize0676

修業大師様の傍 老梅も花をつけ春の訪れを告げています

御住職も樹齢何百年かわかりません

 

 

resize0673

駐車場の水栓もきれいに咲きました

春 よ 来 い   は~や く 来 い

桜の開花待ち遠しいですね

 

 

 

吉田工芸打ち合わせ

2015 年 2 月 11 日 Comments off

ここぞとばかりに公私共に加子母(かしも)を満喫してきた先週末。しっかりとリフレッシュしましたが、しっかりと実務の打合せもして来ました。 土曜の朝9時半にヤング加子母っ子のタクマ君と共に新木場を出発。昼1時前に中津川ICを通過して、中津川駅の近くにある五十番へ。電話予約しておいた名物の塩焼きそばを購入して美乃坂本駅の近くにある吉田工芸さんへ。 会社の近くで車をとめて、東京から持ってきたお・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

トトロのバス停を下ってアトリエ玉手箱へ

2015 年 2 月 11 日 Comments off

下呂温泉を満喫して、親友の上棟式に参加した先週末。お客さんと一緒の事が多い中、今回はそうではないので比較的自由に行動が出来る数少ない機会。決まっているスケジュールの間には、時間の許す限り色々な所を訪問して、打合せや相談をしてきました。 加子母(かしも)に帰り、はじめにお邪魔したのは加子母在住アーティスト夫妻の工房「アトリエ玉手箱」さん。257号から一本入った旧道沿いにあるトトロのバス停の三叉・・・

カテゴリー: 加子母(かしも) タグ:

下呂の夜と日本一のモーニング

2015 年 2 月 11 日 Comments off

親友の杣の上棟式に参加する為に加子母に帰省していた先週末。土曜日の昼過ぎに加子母に到着。夕方まで色々と加子母(かしも)を廻り、夕方からはNPSグループ全体の月一会議「土曜会」に出席。土曜会とは毎月第一土曜にグループメンバーが集まって、前月の取組みや業績報告に、安全パトロールの結果報告などを通して情報共有を行うものです。 グループ全体のメンバーが集まるので、土木・建築だけでなく、ダイヤモンドカ・・・

カテゴリー: あれこれ タグ:

西宮の家。

2015 年 2 月 10 日 Comments off
2015年2月10日(火)

月に一度の住宅運営会議で関西地方に出掛けました。大阪府西宮市の小高い丘の上に建つ、完成間近の住まいを拝見しました。桧をふんだんに使った素晴らしい作品です。



そして大阪の街を見下ろすロケーションも素晴らしい。高い所が苦手な私にはちょっと過ぎるロケーションです。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

嵐の前の静けさ

2015 年 2 月 10 日 Comments off

年が明けて1ヶ月が経ちました。
もう2015年の1/12が過ぎたと思うと、本当にあっという間。
前回の美里ちゃんが入社1年を迎えるころ、私は入社7年になります。
残りの11/12は大事に過ごしたいなと思います。笑

新年の企画会議では、2015年のイベント年間計画を話し合いました。
今年も盛りだくさんです。まずは3月~4月にかけて内覧会が5件予定していますので、
HPでもご案内前ではありますが私なりに見どころを紹介したいと思います。


 まずは3/14、15(土・日)に恵那で開催させて頂くお住まい。
 丸太梁が大胆に配されたLDKに薪ストーブが似合う、平屋の住まい。
 洒落た和の雰囲気で、落ち着いた佇まいです。
 ぜひ、薪ストーブの暖かさもご体感頂きたいと思います。
 こちらではホワイトデーにちなんでクッキーのプレゼントを用意します!


 2件目、3月末には七宗町にて、2世帯で住まわれる2階建てのお住まい。
 周囲に溶け込む落ち着いた外観。
 畳リビングを中心に、世帯を分けきらないほどよい距離感の間取り。
 床・壁・天井に無垢の素材をふんだんに使用した上質な空間です。


 3件目。長久手市で建築中の、インナーガレージのあるモダンな住まい。
 プライバシーの守られたバルコニーや、スキップフロア。
 ぜひ来て・見て、体感してほしいお住まいです。



 4件目は名古屋市で建築中の平屋の住まい。
 お施主様の趣味の空間を取り込んだ、大人の遊び心をくすぐる設計。
 南面には大きなウッドデッキがあり、細長い敷地でも外部を愉しむ工夫にも注目です。


 5件目は多治見市で建築中の2階建ての住まい。
 太陽エネルギーを最大限に活用する太陽光発電に太陽熱温水器、
 暖房にはペレットストーブと床暖房と、見どころ満載。

それぞれに特徴があり、魅力的な住まいばかりです。
日程など、詳細は随時HPにてアップ致します。
ぜひ社員のみなさまもお近くに来られることがあれば見に来てください!

この後、ゴールデンウィークには長久手Studioの一周年感謝祭、
毎年恒例「水と緑の勉強会」と続き、今は嵐の前の静けさといった様子ですが、
今年も一年頑張りたいと思います。

 本社住宅部 香川好美

カテゴリー: イベント タグ:

穏やかな牧戸の朝。

2015 年 2 月 9 日 Comments off
2015年2月9日(月)

ほぼ一日続いた雪が降り出す直前の、穏やかな牧戸の朝。



朝一の約束へ遅れ気味ではありましたが、ちょっと立ち止まって山の向こうの朝日の写真を。

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ: