アーカイブ

2013 年 10 月 のアーカイブ

誕プレ!

2013 年 10 月 31 日 Comments off
2013.10.31


10月29日は僕の誕生日!
今年は45回目!

我が家は必ず家族で誕生日会をやるんです。
この日は早めに仕事を切り上げ・・・っていうかそれでも時間は午後8時。
家に着くのは午後9時になるんです。。。

ちょうどそのころ長男から電話が!
長男・・「おぅおめでとう」
僕・・・・「おぅ覚えとったか」
長男・・「あたりまえやろ・・・で何歳や?44か?」
僕・・・・「覚えとらんやないか・・・44は昨日までだわ」
長男・・「そっか」
僕・・・・「まぁいいわ・・・ありがとな」

そして家に電話!

僕・・・・「今から帰るぞ~」
妻・・・・「早く帰ってらっしゃ~い、今ごはん食べてる」
僕・・・・「はいよ~」

コンビニで晩酌用の缶ビールとツマミを買って、
予定通り午後9時に帰宅。

二男・・「ケーキケーキ」
娘・・・・「食べよ食べよ」
僕・・・・「おい、風呂くらい入らせろよ」
妻・・・・「早よ入ってらっしゃい」

早速シャワーを浴びるものの・・・
風呂から出ると、も早テーブルにはケーキが・・・
しかもローソクには火が着いている!

0654誕ケーキ

二男・・「早よ消して~」
妻・・・・「歌歌」

有線放送の“バースデーソング”にチャンネルを合わせる。

全員・・「ハーッピバースデーツーユー♪♪ハッピバースデー♪♪・・・」
娘・・・・「はいフーってして」
僕・・・・「フ~ッ」
二男・・「食べよ」

何、このサッサとしたテンポは!
まるで僕の誕生日を祝ってくれるというより、ただケーキが食べたいだけ?

まいっか・・・。

ロウソクを抜いて、とりあえず恒例の記念撮影!
0655家族で

二男は既にナイフ片手にケーキカットの体制!
娘は濡れた髪をほっかぶり!
妻はなぜかよそ行きの格好!(どこ行って来たの?)
僕は早くビールが飲みたい!

その後ようやく晩酌にありつけ、僕のケーキはあと回し。
そしてマッタリと晩酌をしていると・・・

娘・・・・「はい誕プレ」
僕・・・・「はっ?」
娘・・・・「誕プレ」

誕プレ?

僕・・・・「誕プレって誕生日プレゼントのことかよ」
娘・・・・「そっ!カエル」

0656誕プレ

僕・・・・「なんで“カエル”や?」
娘・・・・「頭デカイで」
僕・・・・「はぁ~?」
娘・・・・「カワイイやろ~」
僕・・・・「なんでもいいけどアリガトサン」

なぜか我が家では頭のデカイ“カエル”が流行っている。
確かに可愛いけど意味が解らん。。。

そんなに僕の頭が大きいのか?
うちの女どもは頭のデカイ“カエル”を見ると僕にプレゼントしたくなるらしい。。。

二年前のバレンタインデーに妻からもらった“カエル”と一緒に、
ハンドバッグに付けたったわ!

0657カエル
こうなったらここにいっぱい“カエル”を付けたろか。

でも、なんか笑える(^^)

来年の誕プレも頭のデカイ“カエル”にしてね!
カテゴリー: 家族 タグ:

商工会トップセミナー。

2013 年 10 月 31 日 Comments off
2013年10月31日(木)

昨日は商工会トップセミナーに参加しました。岐阜県全域から青年部や女性部を含むたくさんの商工会員の皆さんが終結しました。これらの皆さんと肩を並べなければいけない年頃になってしまったんだと改めて実感します。

131030-商工会トップセミナー01

基調講演頂いた帝京大学経済学部経済学科の黒崎教授のお話は心に残りました。こだわりと熱意、そして創意。多少の脚色はあったでしょうが、現在の私達の仕事にそのまま置きかえられるためになるお話でした。

131030-商工会トップセミナー03

中島 大地

カテゴリー: 商工会 タグ:

NBA2013-2014シーズン開幕間近!

2013 年 10 月 30 日 Comments off
2013年10月30日(水)

待ちに待ったNBA2013-2014シーズンがいよいよ開幕します。毎年この時期にはワクワクしますが、今シーズンは更に見所満載のシーズンとなりそうです。

今シーズンの注目は何と言っても「MIAヒートに勝つのは誰?」でしょう。全盛期のCHIブルズを彷彿とする王者の風格漂うヒートに土をつけるチームの予想が今シーズンの楽しみの一つです。

その筆頭はCHIブルズでしょう。昨シーズン欠場したDローズが満を持して復帰します。昨シーズンは若きエース不在でも善戦したチームですので、2シーズン前を超える快進撃が期待できそうです。Dローズの美しい個人技も非常に楽しみです。が、くれぐれも怪我には気を付けて欲しいものです。

LKクリッパーズは昨年に引き続き注目のチームです。大きな変化といえばヘッドコーチにDリバースを迎えたことでしょうか。BOSセルティクス時代には優勝経験もある実力派コーチがもともと役者揃いのチームに加わり、西地区の優勝候補筆頭と言えます。

大型補強で注目なのがBKNネッツ。KJ、Pピアース、Jテリーと優勝経験のあるベテランが加入して、まさに今シーズンに勝負を掛けているようです。DウィリアムスやBロペスといった中心選手とのケミストリーが勝負の分かれ目でしょうか。昨シーズン引退したJキッドのいきなりのヘッドコーチ起用も注目です。実はキッドがネッツに在籍していた当時から話があったようなニオイもします。

そして忘れてはならないのが西地区のダークホース、我らがGSウォーリアーズです。2013年プレイオフでは西地区の勝者SAスパーズをあと一歩のところまで追い込んだチームはほぼそのままに、今シーズンはアンドレ・イグドラが合流。プレイオフでスパーズ戦を欠場したデビッド・リーも加えて、昨シーズンにも増して快進撃が楽しみです。

見所が満載過ぎでまだまだ語りつくせませんが、兎にも角にも開幕です!

中島 大地

カテゴリー: NBA タグ:

イベント続き

2013 年 10 月 30 日 Comments off
9月末から毎週のように続くイベント、先週週末はふるさとじまん祭25日〜27日、今週末11月1日、2日は多治見のセラミックパークみので行われる「ものづくり岐阜テクノフェアー」へ出店いたします。
先週の疲れも癒えないままのイベントですが、気合いを入れ直して頑張りたいと思います。
是非テクノフェアーへお出かけ下さい。
又11月2日〜4日までかしも花市場にて、パンジービオラの売り出しを行います。この3日間はパンジービオラが53円/ポット他にもお買い得商品が一杯です。!
11月17日(日)はかしも産直市にて、「西方いも祭」を行います。
西方いもの収穫体験や、にごみ(西方いもや、加子母の野菜が一杯入った汁)、西方いものいももち、西方いもとイカの煮物など、西方いも料理もたくさん販売されます。併せて是非皆さん誘い合ってご来場下さい。心平

ふるさとじまん祭の当社ブースの様子です。

カテゴリー: 社長 タグ:

ラ・フランスの季節。

2013 年 10 月 29 日 Comments off
2013年10月29日(火)

ここ数年この時期になると、高山市下切町より丸山果樹園さんが軽トラでラ・フランスを売りに来て下さいます。年々知名度も上がり、今年は運も良く、これだけの人だかりとなりました。

131029-丸山果樹園さん01

丸山果樹園さんは息子さんと一緒にご家族で果樹園を営んでいらっしゃるそうで、もちろんこのラ・フランスも自家栽培だそうです。"傷もの"24個で1,500円。恐らく安いんだと思いますが、何より軽トラから買うことで得した気がします。

131029-丸山果樹園さん02

例年通り本家にお裾分けしたら、その場で一つを切ってくれました。桃も固い方が好きな私達一族には、これぐらいの時期のラ・フランスがちょうどいいです。皮付きのまま頂きます。

131029-丸山果樹園さん03

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

鶏ちゃんの魅力。

2013 年 10 月 28 日 Comments off
2013年10月28日(月)

愛知県名古屋市中区栄より、出版会社の方がご来社下さいました。この加子母クンダリまで電車とバスを乗り継いでです。労を厭わないその姿勢は社会人の鑑です。その原動力は、もちろん仕事への情熱であることは疑う余地もありません。そしてそれをほんのチョッピリ後押ししたのが、加子母名物鶏ちゃんである可能性もありそうです。焼肉大臣さんの定休日の火曜日を避けた月曜日の11:00amからの打合せでしたし。

131028-大臣の鶏ちゃん01

お客様には遠方よりご足労頂きましたので、今日は"締め"にうどんを追加注文しました。濃厚な残り汁を余すところなくうどんに絡めて残さず食べきる。日本が世界に誇る"もったいない"の精神の実践に他なりません。

131028-大臣の鶏ちゃん02

先週の金曜日から連日の、そして肉。身体に良くないのは重々承知ですが、自らの犠牲を厭わないこれぞ"お・も・て・な・し♡"の精神です。うゎ、言っちゃった。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

中津川市「青柳」さんで誕生会。

2013 年 10 月 27 日 Comments off
2013年10月27日(日)

今日は母親の誕生日でして、さいたまに嫁いだ兄貴も駆け付け家族で誕生会を催しました。選んだお店は中津川市内にある青柳さん。両親とは30年来の知り合いだとか。

131027-母親の誕生日

「青柳」さんには、11月11日9:00pmからTBS系で放送される「秋のドラマ特別企画『命』」の加子母ロケ期間中に、萩原聖人が3日連続で訪れたそうです。どうやら名物のゴマダレがお気に入りだったとか。

という隠れた名店「青柳」さん。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

Like a Rolling Thunder.

2013 年 10 月 27 日 Comments off
2013年10月27日(日)

昨年12月にオーストラリアからいらっしゃったマークさんからメールがありました。中島工務店可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」にてご自分で撮影された写真を学会の発表に使いたいので許可を下さいというものです。実に律儀な方です。

折角なんで、昨年12月には工事中だった「LK+」(現LK-GALLERY)も合わせて写真家に撮影して頂いた写真を送ってあげると、「GALLERY」の"木製稲妻階段"に並々ならぬご興味を示されました。ということで少々紹介させて下さい。

131027-LKstairs01

踏み板及び蹴込み板は桧、kominiノンスリップには欅を採用しています。色違いの堅木(かなぎ)で視覚効果も狙っています。

131027-LKstairs02

手摺はスチール製。木製では出せない細いラインで極力存在感の出ないようにと。木部との接続部はちょっと大きめの座で強度を優先して。

131027-LKstairs03

階段を上り切ったところには冷気止めの扉を。

131027-LKstairs04

吹抜けには伊藤豊雄氏デザインの照明「MAYUHANA」が二つ。

131027-MAYUHANA

手前味噌ではございますが、細部まで拘った上質空間「LK-GALLERY」。語らないと伝わりにくいので、ちょっと語ってみました。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

書斎への憧れ。

2013 年 10 月 27 日 Comments off
2013年10月27日(日)

中島工務店可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの別館GALLERYの2階にあるのが、ここの主sogachapinさんのオフィス。厳密にはこのスペースをsogachapinさんが我が物顔で占拠しているんですが。

131027-LKG2階

矩方に配置された横長の窓と心地よく迫った天井。杉材と手もみ和紙の柔らかい設え。こんな書斎が私も欲しい。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

鶏ちゃん焼きうどん@下呂さぬき。

2013 年 10 月 26 日 Comments off
2013年10月26日(土)

加子母と下呂の境の舞台峠にある「下呂さぬき」さんで、今日のお昼は鶏ちゃん焼きうどんを頂きました。

131026-鶏ちゃん焼きうどん定食01

鶏肉(ホルモンも交じってます)を汁で煮て生卵につけて食べます。鶏ちゃんのスキヤキ版、もしくはスキヤキの鶏ちゃん版といった感じです。

131026-鶏ちゃん焼きうどん定食02

その汁でうどんも煮込んで食べます。もちろんご飯もよく合います。

131026-鶏ちゃん焼きうどん定食03

当然ですが美味しくて、その上「下呂さぬき」さんならではのボリューム、そしてこれで1,000円也(定食は1,200円)。鶏ちゃんの新しい形、これはお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

“加子母っ子”と夕食を。

2013 年 10 月 25 日 Comments off
2013年10月25日(金)

生粋の"加子母っ子"雄熊(オスグマ、仮名)君と夕食をご一緒しました。

131025-厚切り牛タン

私よりも5歳年下の彼は私のの同級生で、若かりし頃は一緒にバスケットをした仲です。私が相談を受けるはずの会食が、半分は林業を生業とする彼から加子母の林業事情について聴いていました。先日の「木の建築賞」の発表以来、加子母の林業・製材業に関してもっともっと知らなければと思っていた矢先、実にジューシーな話を聴くことができました。まさにこれが加子母の距離感ですね。

6:30pmからの会食でしたが、時間を忘れて10:00pm過ぎまで居座ってしまいました。お邪魔した「いろは」さんには大変ご迷惑をお掛けしました。それぐらい話に花が咲きました。

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ:

「すあしの家」現場見学会~構造編~。

2013 年 10 月 24 日 Comments off
2013年10月24日(木)

計5講の「住まいづくり勉強会2013」の現場見学会を開催します。

131024-住まいづくり勉強会構造編

前回基礎工事状況をご見学頂いたすあしの家の今回は構造編です。建て方を終えたばかりの現場をご見学頂く予定です。中島工務店と住まい手さんがタッグを組んで、楽しみながら進んでいる新しい「中島とつくる家」を是非ともご覧頂きたいと思います。

今回は午前の部と午後の部を開催します。どちらも先着5組様までです。お早目のお申し込み下さい。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

加子母(かしも)の旨いもん

2013 年 10 月 24 日 Comments off

やっとこさ外気温も下がり、過ごしやすい気候になった食欲の秋。先日、燃焼実験で久しぶりに加子母に帰った際には、念願の鶏(ケイ)ちゃんを食べに焼き肉大臣へ。 急遽、同級生に声を掛け一緒に鶏(ケイ)ちゃん・ヒネちゃん・皮肝をつつきながら、仕事・家族・地元の事を語りました。  いつもレトルトパックを購入して東京で食べていますが、このジンギスカン鍋+加子母+仲間で食べる最高の晩餐。 月曜日には・・・

カテゴリー: 加子母(かしも) タグ:

バガボンド36。

2013 年 10 月 23 日 Comments off
2013年10月23日(水)

「バガボンド」の36巻は、ズバリ農業のお話です!

131023-バガボンド36

チャンバラなくとも私の心を鷲掴みです。

中島 大地

カテゴリー: 漫画 タグ:

県青連の一日。

2013 年 10 月 23 日 Comments off
2013年10月23日(水)

本日は午前中に岐阜県商工会青年部連合会(a.k.a.県青連)の理事会、そして午後から主張発表中部ブロック大会、続いて第3回リーダー講習会、締めに懇親会でした。

131023-中部ブロック主張発表会

主張発表大会では、岐阜県、三重県、富山県、石川県の代表が発表しました(愛知県は辞退)。青年部で計画した街コンの発表で、石川県代表の上野さんが最優秀賞と来年2月の全国大会の出場権を獲得しました。原稿等は一切見ず内容を全て暗記し、情熱を込めた発表は素晴らしかったです。

発表者の皆さん、お疲れ様でした。そして県青連役員の皆さん、お疲れ様でした。

中島 大地

カテゴリー: 商工会 タグ:

木造三階建学校 燃焼実験

2013 年 10 月 22 日 Comments off

週末は久方ぶりにふるさと加子母(かしも)へ。地元で行われている木造三階建学校(木三学)の燃焼実験のお手伝いに行って来ました。 日曜日の早朝からの実験に備えて、土曜の夜に加子母入り。実験当日は朝3時半に起床して、身支度を整えたら実験会場へ。 実物大学校を想定した試験体を作り、実際に燃焼させる事で、三階建て木造校舎の火災について実験を行います。 一昨年に行われた第一回(筑波)から、第・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

ish!

2013 年 10 月 22 日 Comments off
2013年10月22日(火)

構想に数年、仕込みに1年を費やした一大プロジェクトish(あいっしゅ)の導入研修を開催しました。「ish」は、平たく言えば顧客管理ソフトです。今までは社内で独自に開発したソフトを使っていましたが、日々進歩を目指し複雑化した業務をできるだけ簡素化するために導入します。今日はどうにかこうにか多忙を極める中部住宅部員全員が参加し、みっちり終日の講習です。

131022-ish導入講習01

このソフトは、私達のような地域工務店に合わせて開発されたソフトをベースに中島工務店に合わせてカスタマイズされています。数々の打合せを重ねてここまで来ただけあって、驚くほどにかゆい所に手が届きます。

131022-ish導入

元々ローテクな私達ではありますが、このツールを軸として私達の拘りを更に一歩進めることができそうです。最後のカスタマイズは、そのネーミングか...

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

10月21日(月) 紅葉の気配!!

2013 年 10 月 21 日 Comments off

プレカット工場の帰りに余りに雲がきれいなのでパチリ。小郷、小和知の里は稲刈りもすみました。

DSC09028

三国山も雲の中。

DSC09031

東山にも雲がかかってすてき!!

DSC09030

もっと近寄ってみると、

DSC09032

紅(黄)葉が少し始まりました。

DSC09033

霧が雲になるのかな?

DSC09034

それにしても空気が澄んで空の青も雲も緑もきれい。良い所に住んでいます。幸せ!!

DSC09029

 今朝から一週間が始まります。プレカット工場の打合せを済ませて本社へ帰りかけると雲?霧?がかかってきれい!!
 良く見ると唐塩山の上の方には黄色いものが混ざり始めました。秋の気配です。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

“やればできる子”への試練。

2013 年 10 月 20 日 Comments off
2013年10月20日(日)

1級建築施工管理技術検定実地試験に行って来ました。

131020-1級建築施工管理技士二次試験

来年に向けていい経験になりました。以上。

中島 大地
カテゴリー: 自分 タグ:

「そこに山から―完結型林業を目指す”山元”加子母発の住まいづくり活動」

2013 年 10 月 20 日 Comments off
2013年10月20日(日)

昨日はNPO木の建築フォラムが主催する第9回木の建築賞の二次審査に参加しました。

131019-木の建築賞二次審査

準備不足が露呈しましたが、それでも何とかやり切りました。苦くも有益な経験となりました。これ以上でもこれ以下でもない山元の現状と私達の活動が少しでも伝わったことを願っています。その節はたくさんの皆さんのご協力とご支援を頂きましてありがとうございました。

以下、発表原稿です。早口で読んで制限時間の10分をフルに使う長い原稿ですが、よろしければ読んでみて下さい。

「そこに山があるから―完結型林業を目指す"山元"加子母の住まいづくり活動」

■(株)中島工務店■
皆さんこんにちは。私は岐阜県中津川市加子母にあります建設業者(株)中島工務店の中島大地でございます。よろしくお願い致します。実は4年前の「第5回木の建築賞」にも参加させて頂きまして、その折にも加子母を軸とした私達の住宅づくりをご紹介しました。今回もまた山元加子母の現状と、私達地域工務店の取組みをご紹介します。

■ヒノキのふるさと加子母■
岐阜県中津川市加子母は、木曽川・飛騨川・白川の源流に位置する人口約3,100人の小さな集落です。115k㎡の面積の内93%が森林で、地域住民のほぼ全戸が森林を所有しています。古くから林業が盛んな地域で、特にヒノキの産地として有名です。「木曽ヒノキ」と呼ばれる400年生のヒノキ林が残っており、森林や林業のシンボルとなっています。この天然生ヒノキ林は、戦前には「神宮備林」と呼ばれ、先に行われた伊勢神宮の式年遷宮の御用材が切り出される森林です。他にも、姫路城、法隆寺、東本願寺、延暦寺などの日本を代表する歴史的な木造建築にもこの「木曽ヒノキ」が使用されたという記録が残っています。

また人工林の「東濃ひのき」は全国的に重宝されている建築用材です。寒い地域で育ち目の詰んだ年輪や色艶、製材の二度挽きの技で、逸早くブランド化が進みました。こうしたことから加子母は、しばしば「ヒノキのふるさと」と呼ばれます。

■完結型林業■
そんな加子母では「完結型林業」を目指しています。加子母森林組合を始めとする杣人が、植林、育林、伐採、市売を担い、製材工場が市場で原木を競り、製材・乾燥し製品とします。そして工務店が住宅の設計と施工を担い、木材加工工場が構造材や造作材の加工を行います。1棟の住宅の木材の大部分を地域材で賄うことができます。さほどの規模ではありませんが、林業・製材業・建築業が同一地域内で完結する全国でも数少ない事例です。私達はこの「完結型林業」の更なる充実を目指しています。

しかしながら、加子母の林業・製材業が順風満帆というわけではありません。木材価格が30年前の1/3にまで下落し、森林経営は厳しさを増すばかりです。林業は補助金なくして成り立たないのが現状です。山主が森林組合に委託して森林を管理しても、その手間代が原木の販売価格を上回り、山主がお金を受け取るどころか請求される場合すらあります。このような状況が続けば、山主は山に手を入れることができず、森林放棄が進む一方です。

前回の「木の建築賞」の二次審査の質疑の場で、「加子母では木が伐採された後には植えられているか」と問われました。答えはNOです。森林資源とその歴史に恵まれた加子母であっても、森林管理は理想とは程遠いものです。

製材工場も同様です。約30年前の絶頂期には加子母だけでも28社の製材工場があり、年間約30億円を売り上げていました。しかし現在では、工場数も14社にまで減ってしまいました。林業同様、先行きの芳しくない業界では、後継者も減少の一途です。

更には、木材乾燥や性能表示等に係る経費が増すばかりで、外材との価格競争のため製品単価を上げることもできず、原木単価にしわ寄せがいくばかりです。抜本的な策もないまま騙し騙しの日々が続いています。

■産直住宅■
加子母の完結型林業の重要な要素の一つが「産直住宅」の取組みです。木材輸入の自由化により、安価で品質の安定している外材に需要が流れ、加子母の林業や製材業は窮地に立たされました。そんな状況を危惧した当時の加子母村長の号令で、都市部へ出稼ぎに出ていた大工職人を行政がバックアップするようになりました。この取り組みが後に「産直住宅」と呼ばれるようになりました。

旧加子母村では1980年代に「かしもひのき建築協同組合」を設立し、中島工務店は中心的な役割を担いました。中部地方の他に、関東地方と関西地方に営業拠点を構え、木材の調達・製材・加工を加子母で行い、この地域の職人達と共に都市部で住宅づくりをしてきました。田舎育ちの、商売っ気のない職人集団を支持して下さるたくさんのお客様と巡り合うことができました。

産直住宅を始めた頃は、とにかく我武者羅でした。仕事を選ばず貪欲に食らいつきました。厳しい予算や工期の中で、疑問や不安の残る仕事もして来ました。品質や効率は二の次の時代でした。

私達の手掛けた住宅が年々増えるにつれて、様々な不具合に直面しメンテナンスと向き合って来ました。企画・設計に始まり、建築工事から保守まで住宅づくりに一貫して携わることで、住まいづくりの本質とその難しさを実感し、数々の教訓を得ることができました。その結果、地域工務店がイニシアティブを取って、自信と責任を持ってお勧めすることのできる住宅が、最終的にはお客様のメリットになると考えました。まだまだ発展途上ではありますが、日々着実に前進していると実感しています。

■地域材の活用■
地域材の活用は、地域工務店が地域に負う責任であると考えます。地域材を地域工務店が活用し、地域の森林にお金を還元して始めて森林に手を入れることができます。それは毎年のように発生する土砂崩れや地滑り、河川氾濫を防ぐ手立ての第一歩です。又、地域材の需要が安定することで山元での雇用が安定し、都市部に就職口を求めるしかなかった若人が故郷に帰って来ることができます。

■ウッドマイルズ■
さて、岐阜県立森林文化アカデミーを中心として体系化された「ウッドマイルズ」という指標があります。鉄筋コンクリート造や鉄骨造の住宅に比べ、木造住宅は建築時に排出する二酸化炭素量が圧倒的に少ないことはご存知の通りですが、地域材を使った住宅では、日本で建築されている平均的な木造住宅に比べ、70%以上の二酸化炭素の排出を削減しています。

海の向こうから外材を日本に運んでくるのに排出される二酸化炭素量は、私達が家庭でセッセと取り組んでいるエコ活動を帳消しにして余りあるマグニチュードであることは容易に想像が付きます。そのバランスの不自然さを直視すべきであり、日本の住宅には日本の木を使うことが環境問題の切り札の一つであることを、国を挙げて再確認すべきです。

■私達のPR活動■
そんな訳で、私達は地域材の活用を訴え続けなければなりません。それは山を背負った人々の切実なメッセージをお客様に伝えられる立場にある地域工務店の使命だからです。中島工務店では、年間を通じイベントや勉強会を開催しています。

■水と緑の勉強会■
春と秋の年2回開催する「水と緑の勉強会」では、都市部からお客様を加子母にお招きして、半径十数kmの範囲で伐採・原木市場・製材・乾燥・加工・製品市場・建築現場と、木造建築の"川上から川下"を見学して頂きます。又、先に述べました「神宮美林」に登り、400年生の森林に囲まれて、森林の生い立ちや国産材活用の意義を勉強します。

■ふるさとまつり■
次に「ふるさとまつり」です。住宅を建築させて頂いたお客様を、初夏の加子母にお招きして、山村文化を満喫して頂こうという一泊二日のキャンプです。「都会の人々に第二のふるさとを」を合言葉に取り組んできた私達の住宅づくりにご共感頂いたお客様の住まいづくりのエピローグとして、お客様に加子母をより身近に感じて頂きたい、また遊びに来て頂きたいという気持を込めて毎年開催しています。

■加子母木匠塾■
他にも数々の取り組みがあります。毎年夏に開催する「加子母木匠塾」もその一つです。今年で18回目を迎える加子母の風物詩で、関東や関西の6大学から300名にも及ぶ学生が加子母に集い、工務店の指導の下木造建築を実践します。高齢化が進む加子母の平均年齢が一時的に下がる2週間です。京都造形芸術大学も常連校の一校です。

■かしも山歩倶楽部■
年に4回の「かしも山歩倶楽部」では、渓谷散策、林道歩き、登山、木工教室等を開催し、四季を通じ加子母を楽しんで頂くことができます。遠くは東京や大阪からもご参加頂いています。

今後は、志を同じくする加子母の行政とも積極的に連携を図り、活動をより一層充実させて行きたいと目論んでいます。

■最後に■
衰退の一途を辿る日本の林業や製材業に、一発逆転の解決策はありません。森林育成は、単に加子母だけの問題ではなく、また単に民間企業だけで取り組めるものでもありません。それぞれの地域のリーダーが音頭を取り、行政と民間が手を取って地道な努力を重ね、小さな成功を重ねていくほかありません。私達地域工務店が、地域工務店こそが、中心的な役割を果たすことができると思います。

国破れて山河あり。森林育成や国産材利用は、政権の所在や景気の上げ下げ、補助金の有無などで一喜一憂することなく、地道に続けて行かなければなりません。国産材が大手企業の一時的な商売のネタに終わってはなりません。環境意識を気取る者のステータスに成り下がってはいけません。熱し易く冷め易い日本人の流行と共に廃れてはいけません。森林育成と国産材利用は世代を超えた恒久的な取り組みでなければなりません。

人口3,100人の小さな集落加子母では、住宅づくりをその一部とする「完結型林業」と共に地域の発展を目指して日々尽力しています。そこに山があるから。

中島 大地

カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

久々の温熱の学び

2013 年 10 月 19 日 Comments off

10月の厳しい残暑が終わると、朝夕の冷え込みが大きくなり、加子母(かしも)では朝方5℃まで気温がさがった模様。秋を感じれぬまま、冬に突入していきそうです。 少し前になりますが、温熱環境に配慮した家造り・住環境を勉強している、自立研関東セミナーに参加してきました。 今回は自立研に参加している設計事務所・工務店が、温熱環境を向上させる事で、快適性に配慮された家造りの工夫・取組みを発表。 ・・・

カテゴリー: 温熱環境 タグ:

細工は流々仕上げを御覧じろ。

2013 年 10 月 18 日 Comments off
2013年10月18日(金)

"いつかこのような時が来るとは思っていましたが 、いざとなると恐いものです。手の震えが止まりません。"

第9回木の建築賞の二次審査がいよいよ明日に迫りました。あぁでもないこぉでもないと言い訳を付けて遅延し、結局重い腰を上げることができたのが数日前。出来ることは全てやった...とは到底言えませんが、とりあえず滑り込みで形にしました。

131018-決戦前夜

学生の頃を思い出して、原稿を小さなカードにまとめてみました。明日は電車の中でこれを出来るだけ暗記して、今年一番長い10分間に立ち向かうだけです。

中島 大地

カテゴリー: 会社 タグ:

TBS系「命」、加子母でロケ!

2013 年 10 月 17 日 Comments off
2013年10月17日(木)

昨日の中日スポーツに、11月11日9:00pmよりTBS系で放送される秋のドラマ特別企画『命』の加子母ロケの記事が大きく掲載されてました。

131016-「命」

「命」は「林業が盛んな山間の町を舞台に、妻、母を亡くした父子が、悲しみを乗り越え、絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ」(中日スポーツより抜粋)だそうです。主演は萩原聖人、共演が津川雅彦や木村多江と、私個人も好きなキャスティングです。

萩原聖人は加子母について「新鮮な空気を吸い、山の稜線、スギの大木などを目にして、(演じた)春樹のように自然の中で人の心がかわることがあるということを実感しました」と。いいね!を連発したいお言葉ですね。

撮影には地元住民がエキストラとして多数参加。地域の広報や常会で参加を呼び掛けていたそうですが、どちらも縁遠い私の耳には届かず。あぁ参加したかったぁ。

何はともあれ、11月11日9:00pmよりTBS系で放送です。皆で観ましょう!

中島 大地

カテゴリー: 地域 タグ:

木三学、第3回火災実験前の特別見学会。

2013 年 10 月 16 日 Comments off
2013年10月16日(水)

平成23年度より(株)中島工務店がお手伝いさせて頂いたいます国を挙げての一大プロジェクト「木造3階建て学校の実大火災実験」、通称木三学の3回目の火災実験がいよいよ10月20日(日)に迫りました。今日はその事前の特別見学会に参加しました。

「木三学」は、平成22年の「公共建築物等における木材利用の推進に関する法律」を受けて、現行では耐火建築物としなければならない建築物が準耐火構造等でも建築できるよう、規制の撤廃や緩和に必要な性能を検証すべく実物大の3階建ての学校を燃焼させる実験です。

昨年の2月につくば市で実施された第1回実験、11月に岐阜県下呂市御厩野(大威徳寺跡)で実施された第2回実験、そして今回の第3回実験と検討を経て基準化となる見込みです。実にこの実物大の実験棟3棟を建築させて頂くことが国産材利用の推進に繋がると思うと感慨深いものです。

131016-木三学特別見学 (1)

こちらが早稲田大学長谷見雄二研究室の長谷見先生。

131016-木三学特別見学 (4)

そしてこちらが長谷見雄二研究室出身の安井昇先生(桜設計集団)。映画製作に例えるならば、長谷見先生が製作総指揮、安井先生が監督と言ったところでしょうか。間違ってたらすみません。

131016-木三学特別見学 (5)

まずは1階の職員室から見学。職員室が出火元という想定。前回実験では酸素不足で中々火が大きくならなかったので、今回は窓を開けておくそうです。内観の見た目は前回と何ら変わっていないようですが、前回実験を受けて耐火性能上のディテールが変わっているんでしょう。

131016-木三学特別見学 (6)

こちらが2階。木製家具に見立てた燃え代がたくさん積んであります。本来の学校は教室が仕切られていますが、ここは耐火上の条件の厳しいオープンスペースとしてあるそうです。

131016-木三学特別見学 (7)

準耐火構造の階段室。段板の裏側には石膏ボードが貼られています。

131016-木三学特別見学 (9)

そして3階。白いキリンが寄り添っています。本当は耐火被覆していあるCCDカメラです。最後は焼けてしまうそうです。

131016-木三学特別見学 (8)

前回実験で窓からの延焼の抑制効果が実証されたバルコニーは、意匠上の自由度を広げるため今回はなしで実験することとなったそうです。

131016-木三学特別見学 (2)

今回実験の目的の一つ、出幅50cmの防火壁。私達もデザイン的に採用するうだつ壁もその一種です。

131016-木三学特別見学 (3)

実験の行われる10月20日は、前々より予定していた建築施工管理技士の二次試験の"下見"があり、実験はお手伝いできません。大変残念ではありますが、実験の成功と無事故を(恐らく移動の電車の中から)祈っています。

中島 大地
カテゴリー: (株)中島工務店 タグ:

オクラの花

2013 年 10 月 16 日 Comments off

先日伺ったお客様の庭の家庭菜園で綺麗な花を見ました。 『オクラの花』だとご主人に教えて頂きました。 大工の原君は、『これ、食べれるんですよね』 と・・・。 この花ではありませんでしたが、食用のオクラの花もあるそうです。

カテゴリー: 未分類 タグ:

サガミ秋得フェア。

2013 年 10 月 15 日 Comments off
2013年10月15日(火)

昼食で立ち寄ったサガミでは今日まで「秋得フェア」期間中でした。天ざるの"ざる"部分が食べ放題。

131015-さがみ秋得フェア01

「そば3段以上でお得!!」とのことで、無理して4段食べました。

131015-さがみ秋得フェア02

分かってはいましたが、結局"何の高揚感もなく、ただむなしくなった"だけでした。そんな私をよそに、記録は36段だそうです。自分の凡人さを思い知らされます。別にそれでいいんですが。

中島 大地
カテゴリー: 食べ物 タグ:

祝上棟!東京モデルハウス。

2013 年 10 月 14 日 Comments off
2013年10月14日(月)

いよいよ今週土曜日に迫った第9回木の建築賞の二次審査。しかし原稿と対峙するのがすっかり苦痛の毎日。成果もないまま時間ばかりが過ぎていくので、原稿を完成させてからと思っていたパワーポイント資料の作成を始めました。

手始めに「産直住宅」を象徴する写真を。見付けました。昭和62年(西暦1987年)に建築した東京モデルハウスの上棟式の写真です。昨年8月にNHKで放送された「サキどり↑」でも使われた写真です。

131014-東京モデルハウス

色褪せた写真、外部足場のない工事現場、そして何より今よりも26歳若い皆さん。全てが歴史です。こんな礎の上に今の私達があるんだと再確認させられます。

思えば「木の建築賞」での私の役回りは、先人の創った歴史をただ語るだけのことです。重要なのは語ることの出来る歴史があるということ。あぁだこぉだ言わず、私ももう一頑張りしなくちゃ。

中島 大地

カテゴリー: 会社 タグ:

大臣さんのレトルト鶏ちゃんモッツァレラチーズ付き。

2013 年 10 月 13 日 Comments off
2013年10月13日(日)

「第9回木の建築賞」まで1週間を切りました。今日は自らを自宅に缶詰にし発表原稿を仕上げようと奮闘中。妻子は村民運動会に出掛け自宅には私一人。創作活動への条件は整いました。

が、捗りません。PCに向かって創作中の原稿を繰り返し読み直すだけで一向に進捗しません。そうこうしている内に昼食時になりました。気晴らしにと、普段はしない料理を始めました。と言っても先日購入した大臣さんのレトルト鶏ちゃんモッツァレラチーズ付きを焼いてご飯に乗せるのみ。少なめの水でちょっと硬めに炊いたご飯の上に濃厚な鶏ちゃんととろけたチーズをのせて。美味しくないわけがない。

131013-モッツァレラチーズ付鶏ちゃん02

自炊という現実逃避。そしてその状況をブログに書くという現実逃避。それらを終えた今、現実に戻らなければなりませんが...

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

「加子母の不便さがいい。「」

2013 年 10 月 12 日 Comments off
2013年10月12日(土)

ご縁あって、加子母在住の外国人の方とお話をしました。日本に来て21年、加子母に住んで13年の彼を外国人と称するのが不自然なほどです。

131012-福崎

そんな彼は「加子母の不便さがいい」と。なるほど。不便だから助け合えるし、もともと不便だから諦めもつく。一応加子母生まれで国籍上日本人ではありますが、何だか彼とは似た境遇にあるような気がしますが、加子母の不便さ「」
カテゴリー: 地域 タグ:

相棒の帰還。

2013 年 10 月 11 日 Comments off
2013年10月11日(金)

1ヶ月の入院を終え、我が相棒LUMIX DMC-LX3が無事帰還しました。不具合は全て保障で直りました。

131011-相棒の帰還

このところ私を「一眼レフは5万円ぐらいからあるよ」と唆そうとする人が数人います。そんな想いが脳裏を過らないわけではありませんが、もうしばらくこの相棒に働いてもらおうと思います。悪しからず。

中島 大地

カテゴリー: 自分 タグ:

「木の建築賞」の裏側。

2013 年 10 月 11 日 Comments off
2013年10月11日(金)

来週末に迫った第9回木の建築賞の二次審査に向けて、今日も夕方から創作活動。実は昨日が原稿の提出期限でしたが、このところ体調が芳しくなかったことを理由に数日間猶予を頂きました。

"創作活動"などと言っても若輩者の私の知恵などはたかが知れたものですので、今日は大先輩であるマルワイ製材所さんへお話を伺いにお邪魔しました。

131011-木の建築賞の裏側

加子母の林業と製材業のこの40年を中心に、色々とお話を聴かせて頂きました。日頃からこういうお話を聴いていればと、追い詰められた私は少々後悔。

泣いても笑ってもあと数日。出来る限りの背伸びをしたいと思います。

中島 大地

カテゴリー: 会社 タグ:

よもぎ大福祭り。

2013 年 10 月 11 日 Comments off
2013年10月11日(金)

明らかに予定より遅れてきている中島工務店名古屋支店建て替えプロジェクト長久手モデルハウス。今日の打ち合わせで何とか一区切り付け、来週より積算に着手します。見切り発車の感は否めません。"医者の不養生"と言ったところでしょうか。

さて、今日の打ち合わせを少しでも充実させようと、よもぎ大福を持参しました。打ち合わせに少々遅刻しながら部屋に入ると、以前から冷凍保存してあったよもぎ大福がすでにテーブルに。

131011-よもぎ大福祭り

と言うことで、今日の打ち合わせは"よもぎ大福祭り"のようでした。とは言え、さすがに二つは食べられませんが。

中島 大地

カテゴリー: プロジェクトARK タグ:

故郷からの秋の便り

2013 年 10 月 11 日 Comments off

先日「並びの家」半年点検を終え会社に帰ると、加子母(かしも)から秋の便りが届いていました。 アケビfrom加子母(かしも)。送り主にお礼の電話をすると「さっそくfacebookか?」との催促?を頂いたのでfacebookにアップ。厚手の皮を割ると、中から一見バナナのような良く熟れた身がこんにちは。形を崩さないように、そのままに口に運ぶと、故郷の秋の甘みが口一杯に広がる。 一緒に入ってい・・・

カテゴリー: 加子母(かしも) タグ:

アジアな日。

2013 年 10 月 10 日 Comments off
2013年10月10日(木)

来週土曜日に開催されるNPO木の建築フォラムが主催する第9回木の建築賞に向けて、今日は自らを可児モデルハウス「LITTLE KASHIMO」に缶詰にし、発表の原稿を書きました。分かってはいましたが、結局待ったなしのこのタイミングになってしまいました。

午前の部を終え、昼食は近くのレストランでベトナム料理を。海老のがたくさん入った生春巻きをピリ辛ソースに付けて。酸っぱいスープにシラントロ(a.k.a.パクチー)の風味。久しぶりのベトナム料理、美味しゅうございました。

131010-ベトナム料理02

131010-ベトナム料理01

午後の部は夕方になるまで原稿と葛藤を続けました。静かで、雰囲気のある「LITTLE KASHIMO」では集中できたような気がします。しかし完成までにはまだまだ長い道のりが。

131010-創作活動

その後は現在可児に間借りしている名古屋支店の面々の施工週例に参加し、帰路に着いたのが9:30pm過ぎ。帰り道では10:00pmの閉店間際のインド料理店に滑り込んみました。可児から加子母への道中でこの時間に開いているレストランはここぐらいです。甘口のほうれん草カレーと焼きたてのナン。美味しゅうございました。*注意:写真に写っている人はインド人ではありません。

131010-インド料理

偶然ではありますが、昼食も夜食もアジア料理となりました。アジア諸国に万歳。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

大先輩エイジさんの退職。

2013 年 10 月 9 日 Comments off
2013年10月9日(水)

機材センターのエイジさんが本日定年退職されました。本来ならば二人して記念写真と行きたかったのですが、頑なに拒まれまして止むなく後ろ姿のみ。

131009-エイジさん最後の日

ほぼ40年勤続、つまり私が生まれた頃からの大大先輩です。歴史を感じます。色々できるエイジさんには、住宅の基礎やら何やらで幾度となく助けて頂きました。エイジさん、今日まで本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

中島 大地

カテゴリー: 会社 タグ:

ちょっと琵琶湖を。

2013 年 10 月 8 日 Comments off
2013年10月8日(火)

今月の住宅運営会議は大阪彩都展示場にて。一日掛かりの出張でした。色々収穫がありました。帰りに小用で寄ったSAから見た琵琶湖。正確には暗くて何も見えませんでしたけど。

131008-琵琶湖

午後から何だか体調がオカシイ。何とか持ち直さねば。

中島 大地

カテゴリー: 会社 タグ:

大臣さんの牛丼?!

2013 年 10 月 7 日 Comments off
2013年10月7日(月)

明日は大阪彩都展示場に出張するので、神戸支店の面々へお土産にと、焼肉大臣さんのレトルト鶏ちゃんを買いに行きました。私自身も夕食前と言うこともあって鶏ちゃんが無性に食べたくなり、モッツァレラチーズ付きのレトルト鶏ちゃんを一つ買いました。すると大将が現在開発中の飛騨牛のレトルト牛丼をお試しにと下さいました。

131007-大臣のレトルト01

モッツァレラチーズ付きレトルト鶏ちゃんも非常に魅力的でしたが、今日は折角頂いたので飛騨牛のレトルトを食べました。飛騨牛特有の濃厚な味が堪りません。ごはんが残り少なかったのが残念でした。

131007-大臣のレトルト02

約3年前に国道沿いの現在の場所に引っ越して来てから始めた鶏ちゃんの評判はまさにウナギノボリ。その後レトルトを出せばそちらも大ヒット。今回の飛騨牛のレトルト牛丼が商品化されれば原点回帰と言えます。発売の目処はまだ立っていないそうですが、年内発売を目標にしているそうです。その日が楽しみです。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

並びの家の半年点検

2013 年 10 月 6 日 Comments off

雨が上がった今日は、今年の春にお引渡しをした並びの家の半年点検に行って来ました。チェックシートに基いて、内外部に渡り不具合がないかをチェック。 床下にも入り白蟻の有無もチェック。白蟻の通路である蟻道(ぎどう)や湿気もなくいたって健全。 在来のシャワールームの周囲での水漏れ等も発見されず、現場担当した私も基礎の中でホッとひといき。 お引渡し後の工事で、電気屋さんが行った作業で出た断熱材・・・

カテゴリー: 家造り タグ:

「長久手モデルハウス」地縄張り、そして現場リポート開始。

2013 年 10 月 5 日 Comments off
2013年10月5日(土)

先日解体が完了した中島工務店の名古屋支店。10月下旬に着工を控える長久手モデルハウスの地縄張りを行いました。「地縄張り」とは、敷地の地面に縄を張り建物の配置を確認する作業です。約200坪の広い敷地ではありますが、南北方向に長い建物は敷地いっぱいに計画されています。88坪はやはりデカイ。

131004-長久手モデルハウス地縄張り

僭越ながら小生が「長久手モデルハウス」の工事状況を中島工務店HP現場リポートにて連載させて頂きます。私の想いもたっぷり詰まった「長久手モデルハウス」の表も裏も余すところなくお伝えする所存でございます。乞うご期待!

中島 大地
カテゴリー: プロジェクトARK タグ:

温熱の学び 地域住宅計画賞 

2013 年 10 月 5 日 Comments off

森林文化アカデミー木造建築スタジオ在学中に、設計及びDIY作業に携わった「小瀬の家」が第8回 地域住宅計画賞 自立循環型住宅部門 を受賞しました。 恩師の辻先生・アカデミー+豊田先生の設計した「小野の長屋」の施工に携わった事で、温熱環境に興味を持ち、いてもたってもいられなくなり会社を飛び出して、木造建築スタジオに入学。 沢山の事を学び、沢山の人の出会いをくれたアカデミーでの学びの中で、・・・

カテゴリー: 森林文化アカデミー タグ:

OB宅様訪問&現場見学会。

2013 年 10 月 4 日 Comments off
2013年10月4日(金)

住まいづくり勉強会2013のOB様宅訪問&現場見学会を10月12日(土)に開催します。

131004-住まいづくり勉強会

今回訪問させて頂くOB様宅は、完成内覧会でも特に好評だった多治見市の寛ぎの家です。約1年が経過した等身大の住まいを是非ともご覧下さい。先着5組様です。お急ぎを。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

カメラ小僧

2013 年 10 月 4 日 Comments off

お盆明けからはじまるプロジェクトや進行中の現場の段取り追われた8月(正確には今も追われていますが汗)。それに伴い、お休み返上だったお盆。 自分へのご褒美に、ずっと欲しかったデジカメを購入。色々と迷いましたが、自分程の面倒くさがり屋は、カメラサイズが大きいと持ち運びで嫌になると思いOLYMPUS PEN Lite E-PL5をチョイス。 購入したものの、残念ながら撮影は出来ておらず、今のとこ・・・

カテゴリー: 趣味 タグ:

名古屋支店、解体完了。

2013 年 10 月 3 日 Comments off
2013年10月3日(木)

解体工事中でした中島工務店の名古屋支店、先日遂に解体が完了し、晴れて更地となりました。広くていい敷地だと改めて実感します。

131003-解体完了

そしてこの場所に建築予定の「長久手モデルハウス」は、現在急ピッチで図面の整理中です。多忙を極める今日この頃、自社プロジェクトが後回しになっているこは否めません。これ以上遅らせることができない10月下旬の着工へ向けて、猫の手も借りたい日々が続きます。どこかに気の利いた猫ちゃんいないかなぁ。

中島 大地

カテゴリー: プロジェクトARK タグ:

祝上棟!タケモト様邸。

2013 年 10 月 2 日 Comments off
2013年10月2日(水)

伊勢神宮では式年遷宮が執り行われた今日、中津川市付知町ではタケモト様邸の上棟式が執り行われました。

131002-タケモト様邸上棟式04

タケモト君とは、2001年に(職)木匠塾(もくしょうじゅく)で共に学んだ仲で、以来私は現場監督諸々として、彼は大工さんとして共に仕事をして来た仲間です。そんなタケモト君の自邸となれば、私達にとっても嬉しい限りです。

131002-タケモト様邸上棟式02

タケモト君は三兄弟の三男で、兄弟3人とも中島工務店の大工さんです。実は兄弟弟子がもう二人いるんですが、残念ながら多忙のため今日は駆けつけられませんでした。中島工務店の住まいづくりは、そんな(比較的)若い大工さんに支えられています。

131002-タケモト様邸上棟式03

このタケモト様邸で来年1月頃には完成内覧会を開催したいと、私の中で勝手に企んでおります。乞うご期待。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

嶺松山大林寺様仁王門。

2013 年 10 月 2 日 Comments off
2013年10月2日(水)

昨日、中津川市は美乃坂本にある嶺松山大林寺様の仁王門を拝見しました。半年程前に中島工務店が屋根の葺き替えと耐震補強工事をさせて頂きました。

131001-嶺松山大林寺01

ケヤキの丸柱の根継ぎ。既存柱よりも少しだけ太く削り、月日が経ち木材の収縮によりちょうど馴染むように計画されているそうです。

131001-嶺松山大林寺02

こちらは耐震リング。コンパクトなのに威力は絶大だとか。

131001-嶺松山大林寺03

仁王様。さすがに厳つい。

131001-嶺松山大林寺04

私の仕事は主に住宅建築ですが、同じ木造建築とは言え社寺は全く別物です。増してやこれが同じ会社の仲間の仕事となると、より一層頑張ろうという気持ちになります。

中島 大地

カテゴリー: 社寺建築 タグ:

さぁ10月。

2013 年 10 月 1 日 Comments off
2013年10月1日(火)

空はすっかり秋らしくなりましたが、今日は歴史的に暑い一日でした。

131001-10月1日秋の空

経過措置の期間が昨日で終わり、来年4月の消費増税が正式に決まり、怒涛の9連続建て方が始まり。2013年度のヘクティクな後半戦が始まります。

中島 大地

カテゴリー: 未分類 タグ:

自炊も再開

2013 年 10 月 1 日 Comments off

先日加子母(かしも)から届いたミネラルトマト。私の割り当て分は一つを残して、いつもお世話になっている住まい手さんに差し入れ。 今シーズン最後かもしれない貴重な一つは、サラダと鶏(けい)ちゃんに。キャベツ・マッシュルーム・トマトに温玉・きくらげのサラダ。 鶏(けい)ちゃんは思い切ってイタリア風に挑戦。マッシュルームを炒め、一度フライパンからおろし、鶏ちゃんを炒める。最後に摩周ルームを戻し、ト・・・

カテゴリー: 食べ物 タグ:

Attack on Titan!

2013 年 10 月 1 日 Comments off
2013年10月1日(火)

小熊(ション、倅のこと)の真似お絵描き。何だかストーリーがアレンジされてるような...

131001-進撃の巨人

中島 大地

カテゴリー: 小熊作品展 タグ:

独身男性。

2013 年 10 月 1 日 Comments off
2013年10月1日(火)

熊(ション、家内のこと)が小熊(シャオション、倅のこと)に「今日ウンチ出た?」と尋ねると、「独身の男にそういうことを聴くもんじゃない」と。恐らく僕の真似をしてるんだろうなぁ。

中島 大地

カテゴリー: 小熊語録 タグ: