アーカイブ

2012 年 12 月 のアーカイブ

麺尽くしの昼食。

2012 年 12 月 31 日 Comments off
2012年12月31日(月)

昼食は家族皆で家の近くにある麺専門店で。

121231麺01

台湾の庶民的なレストランには必ずアラカルトの棚があります。

121231麺02

選ぶのはやっぱりピータン豆腐。

121231麺03

見栄えは気にせずグチャグチャにかき混ぜます。これが美味しい。

121231麺04

6人で5杯のラーメンを注文。まずはワンタンと海苔のラーメン。熊(ション、家内のこと)と小熊(シャオション、倅のこと)が仲良く半分ずつ。

121231麺05

この太チヂレ麺がこのお店の名物だとか。

121231麺06

シーフード好きの義母は海老ラーメン。少々スパイシーらしい。

121231麺07

私は貝とキノコのラーメン。こちらは細麺。バジル(?)とニンニクが利いてます。

121231麺08

中熊(チュンション、義妹のこと)は汁のないベジタブル麺。団子みたいな麺の歯応えがイイ。

121231麺09

こちらは汁のない太チヂレ麺。

121231麺10

「明日もここで食べたい」と小熊。庶民的な台湾の麺、安くて美味しくて、いいね!

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

Cafe Junkies.

2012 年 12 月 31 日 Comments off
2012年12月31日(月)

朝食は中熊(チュンション、義妹のこと)お勧めのカフェへ。寝癖そのままの小熊(シャオション、倅のこと)。



台北市松山區の朝。昨日に続き曇り空で中々寒い(もちろん加子母ほどではないですが)。

121231morning02.jpg

このエリアは2年後にMRT(台北の地下鉄)の駅ができるそうです。ますます便利になりそう。

121231morning03.jpg

歩くこと約20分、目的地カフェ・ジャンキースに到着。

121231cafejunkies01.jpg

レトロな趣で統一してあり、建築的にも見所たっぷりの店舗です。

121231cafejunkies02.jpg

お店のロゴは熊。店員さんに理由を尋ねましたが、よく分かりませんでした。いずれにせよ、我が家とは"熊"ツナガリ。

121231cafejunkies03.jpg

店内は小さなおもちゃがいっぱい。オーナーさんの趣味だそうです。カフェはやっぱり雰囲気半分ですよね。

121231cafejunkies04.jpg

121231cafejunkies05.jpg

121231cafejunkies06.jpg

121231cafejunkies07.jpg

121231cafejunkies08.jpg

121231cafejunkies09.jpg

コーヒーにはこんな細工をしてくれます。味も良かったですよ。

121231cafejunkies10.jpg

ベーグルにクリームチーズを塗って食べます。

121231cafejunkies11.jpg

帰りにこのお店オリジナルのマグカップを買いました。「カフェ・ジャンキース」、私からもお勧めです。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

住まい手さんとお友達を訪ねて

2012 年 12 月 31 日 Comments off

昨日は実家の刃物研ぎを済ませて、午後からは先日引き渡しをした茶畑に建つ家(住まい手さんブログ)へお邪魔して来ました。 4年前、当時私が木匠塾に在学している際に御相談を頂き、加子母(かしも)を案内させて頂いて以来のお付き合い。施工中は勿論の事、竣工後も寄せて頂きたいと思っていましたが、年末にやっとこさ実現。 私と同世代の御夫妻と、御両親夫妻の2世帯住宅に、お姉さん家族も里帰りされており賑・・・

カテゴリー: 暮らし タグ:

同志に捧げる!GBTリポート。

2012 年 12 月 31 日 Comments off
2012年12月31日(月)

台北101を後にした私と熊(ション、家内のこと)と中熊(チュンション、義妹のこと)の三人は、その勢いで台北駅近くにあるKモールに向かいました。そう、"巡礼"です。中熊は「もう何回も行ってるんでしょ。いい大人が何やってんのよ、まったく」的な顔で見ますが、それでもちゃんと付いて来てくれる優しい義妹です。

さて、Kモールに到着・・・のはずが、名前が変わっていました。今は五鉄秋葉原ITモールだそうです。「あきはばら」ではなく「あきば」と読むようです。



その3階にあるのがGUNDAM BASE TAIPEI、a.k.a.GBT。が、何やら様子が変わっています。

121230GBT02.jpg

な、何と、奥に併設されていたギャラリーが無くなっていました!大きなガンダム×3台も!さ、寂し過ぎる~。

121230GBT03.jpg

気を取り直して中に入ると、ちょうど中央のスクリーンでユニコーン第3話「ラプラスの亡霊」を放映中、マリーダとバナージが通じ合う場面。皆観入ってます。店員さんも観入ってます。

121230GBT04.jpg

店内は以前とほぼ変わらず。天井からガンプラがぶら下がっています。

121230GBT08.jpg

121230GBT09.jpg

121230GBT10.jpg

121230GBT11.jpg

121230GBT12.jpg

常設のジオラマにはありとあらゆるガンプラが飾ってあり、もうコンセプトも何も分かりません。

121230GBT06.jpg

先日発売した(近日発売予定?)のνガンダムver.kaの凛々しいお姿を拝見。

121230GBT13.jpg

ユニコーンのMGの特設セクション。チタニウム・フィニッシュなどは1万円を優に超えてます。もちろん日本でもですが。

121230GBT14.jpg

121230GBT15.jpg

RGの特設セクション。RGのZが日本では品切れだそうですが、ここにはありますよ。

121230GBT16.jpg

121230GBT17.jpg

限定品等のキラキラ光るシリーズの特設セクション。

121230GBT18.jpg

121230GBT19.jpg

今回の掘り出し物は、劇場版ZガンダムII「恋人たち」の劇場公開記念版エクストラ・フィニッシュのZガンダムを購入。前回購入した劇場限定版とは仕上げ以外すべて同じですが、それでもいいんです。本当はバンシーの劇場限定版を期待していたんですが、GBTでは100台限定で即日完売だったそうです。仕方ない。

「このまま閉鎖?!」を予感させられた今回の巡礼でした。がんばれGBT!

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

台北101(タイペイ・イー・リン・イー)。

2012 年 12 月 30 日 Comments off
2012年12月30日(日)

今日は午後から小熊(シャオション、倅のこと)は従兄弟達と一緒にリビングモールへ出掛けました。そこで私達夫婦と義妹は台北101へ出掛けました。言わずと知れた101階建ての台北のシンボルです。年始の花火は世界的にも有名ですね。建設当時は世界で一番高いビルだったそうです。

昨日とは打って変わっての生憎の天候。台北101に上るには相応しくないんですが、行くと決めたら行くんです。



121230taipei10102.jpg

地下1階から6階まではショッピングモールです。専ら高級ブランド店ばかり。見るだけ見るだけ。

121230taipei10103.jpg

展望台へのエレベーターは5階から。台湾は四連休中とあって大勢の人出です。

121230taipei10104.jpg

このエレベーターは世界最速としてギネスに認定されているそうです。37秒で89階まで。少々気圧の変化を耳が感じるだけで、揺れもなく快適なエレベーターです。ちなみに日立製。

121230taipei10105.jpg

こちらが展望台。もちろん360°グルリと見渡せます。91階には屋外展望台があって通常外に出られるそうですが、現在花火の準備中で出られないそうです。まぁ出れても出ませんけど。

121230taipei10106.jpg

曇っていてあまり遠くまでは見えないのは予想通り。ちょっと残念。それにしても高い。遠くを見る分にはいいんですが、足元を見るとゾクゾクします。

121230taipei10107.jpg

このディスプレイが1日を早送りして見せてくれます。夜景はこんなふうに見えるそうです。一昔前の携帯電話のような機械を貸してもらって、それぞれのセクションの説明を日本語で聞くことができます。聞いてみると中々面白い。

121230taipei10108.jpg

国父記念館が見えます。

121230taipei10109.jpg

リビングモールも見えます。小熊は今まさにここで遊んでいるんでしょうか。その向こうに熊家も見えます。

121230taipei10110.jpg

そしてこちらがウィンドダンパー。世界最大重量の制震装置です。高度な技術だそうです、が実感できません。

121230taipei10111.jpg

大人45元(約1,400円)。今日のこの天候では元が取れた気はしませんが、ブログネタの代償でしょう。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

最初の晩餐。

2012 年 12 月 30 日 Comments off
2012年12月30日(日)

29日の午後、熊(ション、家内のこと)のお兄さんの奥さんと息子さんが遊びに来たので、両親以外のメンバーで夕食に出掛けました。

夜の台北101、ライトアップで存在感があります。

121229first dinner01

義妹(中熊?)が朝からお店を予約してくれたんですが、年末の休日ということもありどこも予約ができず、落ち着いたのが近所のお店。

121229first dinner02

子供二人を含む計6名の晩餐。仕事で参加できなかった義兄からは電話で歓迎の言葉が。その辺りを外さないのは流石です。

121229first dinner09

まずは鍋。見ての通り魚が揚げた魚が丸ごと一匹、マロニーちゃんのような麺、そして中には芋が入ってます。このお店の名物料理だそうです。

121229first dinner03

そしてこれが、世界中を震撼させた台湾不動の名物臭豆腐。熊と結婚してもうすぐ10年になりますが、未だ挑戦したことがなかった臭豆腐を今回初めて頂きました。臭豆腐の中でも比較的マイルドなもので、食べられないものではないことを確認しました。

121229first dinner04

カキのから揚げ。

121229first dinner05

出汁の利いた柔らかい豆腐を焼いたもの。

121229first dinner06

エビを揚げたもの。殻のまま食べるものらしい。

121229first dinner07

キャベツ炒め。ニンニクがよく利いてます。

121229first dinner08

子供二人を含む6人でちょうどいい加減でした。これだけで約3,000円。台湾と台湾料理、いいね!

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

加子母(かしも)で研ぎ納め

2012 年 12 月 30 日 Comments off

昨日は昼過ぎに仕事納めをして、午後3時半に横浜の現場を出発。東名高速の渋滞を抜け、午後11過ぎにやっとこさ自宅へ。 一夜明けゆっくりとした今朝は、用事があり鋼材の設計・施工を行う鉄工センターと、造作材加工をうを行う住宅センターへ。 中島グループの仕事納めは昨日でしたが、スケジュールの詰まっている鉄工センターでは、アイアンマン一司さんはじめ、3名が仕事していました。 帰宅後は、実家・・・

カテゴリー: 暮らし タグ:

松山区、ぶらり一人旅。

2012 年 12 月 30 日 Comments off
2012年12月30日(日)

29日は9:00am頃起床。家で遅めの朝食を食べ、TVでNBAを観ている間に妻子が出掛けてしまったので、昼過ぎに一人で散歩に出掛けました。最高の青空にビックリ。私の時計によると気温は24℃。

こちらが裏通り。

121229松山区01

いつも通る細い路地から台北101が見えます。

121229松山区02

路地を抜け大通りへ。

121229松山区05

放し飼い(?)の犬がウロウロしています。台北では当たり前の風景です。

121229松山区03

台北101、絵になります。ここから歩いて30分ぐらいのところにあります。

121229松山区06

近くにあるショッピングモールリビング・モール(京華城)へ。

121229松山区07

こちらが内部。建築的には非常に興味深いんですが、どうやら経営難だそうです。オープン当時から予想してましが。

121229松山区08

地下2階にあるフードコートで食事することにしました。本当は路地裏にある土着のお店に入りたかったんですが、さすがに一人ではハズレがありそうで。

121229松山区09

日本食、韓国料理、イタリアンまで、ありとあらゆる料理がある中で台湾料理を選択。

121229松山区10

1番セットとスイート&サワースープ(?)を注文。これで約600円。カキの卵とじは、熊が夜市で必ず注文する好物です。右上のスープはセロリの味が利いてて美味しかった。

121229松山区11

食後のデザートにスムージーを。

121229松山区12

キウイ&ストロベリーのスムージー、約250円。

121229松山区13

こんな感じの一人歩き、約2時間でした。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

台湾旅行記2012-2013、序章。

2012 年 12 月 29 日 Comments off
2012年12月29日(土)

28日8:00am、拙宅を出発、道中用事をいくつか済ませてLK+へ。次にお目にかかる時はその雄姿を拝ませて頂きましょう。LITTLE KASHIMOに車を置いて、名鉄で中部国際空港へ。

121228LK+

中部国際空港到着、まずはチェックインして身軽になりましょう。

121228centrair.jpg

チェックインの後はお待ちかねのお昼ご飯。「紗羅餐」で一足お先の年越し蕎麦を。すっかり恒例行事です。

121228紗羅餐

熊(ション、家内のこと)がちょっとお買い物の間、小熊(シャオション、倅のこと)と二人でマッタリ。

121228マッタリ

ちょっとリッチな気分でスイーツなんか食べてちゃったりして。私は栗ぜんざいセット。

121228和の間01

小熊はフルーツあんみつ。はっきり言って値段は法外。

121228和の間02

税関を潜ったら、もう一つの恒例行事マッサージチェアへ。今年は小熊も一緒に。痛気持ちいい。

121228マッサージチェア01

常滑市は雨です。さぁて台湾は?

121228マッサージチェア02

ボブさん、行って参ります。

121228RDN.jpg

Cathay Pacific, here we come!

121228搭乗

約3時間後、桃園国際空港に到着。こちらは新しい方のターミナル。建築的にも見所ありです。

121228桃園国際空港01

121228桃園国際空港02

いつもは公共バスで松山空港まで行くんですが、今回はお迎えの車で台北市まで。台北は20℃。加子母シフトの冬服では暑いのなんのって。

121228桃園国際空港03

台北名物クレイジードライビングで約1時間、台北市松山区に無事到着。近くのお店でデザートを購入。

121228小南門01

台湾名物のスイーツ、家に持って帰って食べました。

121228小南門02

台湾時間10:00pm、前日までの疲れが一気に出てきたようで、歯を磨いたら寝てしまいました。年に1回の里帰り、さぁ今回はどこ行こうかな、何しようかな。

中島 大地

カテゴリー: 台湾旅行記2012-2013 タグ:

曲線美を追求する

2012 年 12 月 28 日 Comments off

resize2076

今年も残り僅かとなりました。

今回は堂宮建築の美しさを左右する屋根まわりを中心に紹介します。

上棟式終了後、軒廻りの作業に取り掛かりました。

今回の工事は、垂木が地垂木と飛燕垂木(ひえんたるき)の2段で構成される二軒と呼ばれるものです。

resize2077

垂木をよく見ると、曲線を描きながら先端に向かって細くなっている事に気づくと思います。

これを居定垂木(いじょうたるき)と呼び、軒に軽快な印象を与える役目を担っています。

 

resize2081

 

垂木の上には茅負(かやおい)、裏甲(うらこう)、切裏甲と呼ぶ部材が積み上げられていきます。

今回は総反りという軒先が全て曲線で形つくられる様式を採用しており、上に挙げた部材全てに直線のものはありません。又、隅にいくに従ってその厚みも増していきます

軒先に直線が無い為、垂木の断面も全て菱形になります。つまり垂木の断面の形は中心から端まで全て形状が異なります。

resize2080

軒が深ければ深いほど、その建物が美しくみえます。

当然の事ながら軒が深ければ建物に雨がかかりません。

軒を深くする為に約800年ほど前に発明されたのが桔木を使用した工法です。

上の写真の桁から軒先に取り付けられた丸太がそれにあたります。

桔木の自重によりテコの原理で軒先の荷重を支える事ができます。

 

resize2082

そして最後に紹介するのが振れ隅とよばれる工法です。

軒先の隅部から屋根上部の棟までのラインと軒先の隅木(写真の白い部分)の角度が異なっている事がわかると思います。又屋根の勾配(軒先から棟までの角度)も写真の右と左では異なります。

これは屋根の最上にある棟を長くして屋根に安定感を与える為の工法です。

resize2083

今回はかなり専門的な話しになってしまいましたが、全ては建物を美しく見せる為。

日本人の感性に合うように、緩やかで自然な曲線を追及した先人達の知恵の結晶なのです。

私感ではありますが、美を追求する最後の砦は造り手達の強い思い(執念)かもしれません。

曲線を追求した技法と工夫はこの現場でもまだまだありますが、またの機会に紹介したいと思います。

 

2012 家づくり総集編!

2012 年 12 月 28 日 Comments off
2012.12.28


今年もめまぐるしく一年が過ぎようとしています。

たくさんの方と出会い・・・
そして今年もまたたくさんの家づくりが出来ました。

こちらはは6月と7月に相次いでお引渡しをした春日井市「丘に並ぶ親子の家」です。
0571春日井市「丘に並ぶ親子の家」
小高い丘に仲良く2軒並んでいます。

一昨年の秋から家づくりの計画を始め、開発行為の準備を進めました。
昨年の秋から造成工事に着手。
今年の年明けから相次いで建築工事に取り掛かりました。

向かって左側の和風の家がご両親の家。
右側の洋風の家がその娘さんご家族の家。

まずは6月にお引渡しをした“やすらぎ”です。
0557春日井市「丘に並ぶ親子の家“やすらぎ”」外観
外観!

0558春日井市「丘に並ぶ親子の家“やすらぎ”」内観
内観!

公務員を定年退職されたご主人とその奥様がゆったりと安らぐ空間。
お庭も広く陽当りがいい、抜群の環境です。
お孫さんが毎日遊びに来て楽しく過ごしているとのこと。

そして7月にお引渡しをした“つどい”です。
0559春日井市「丘に並ぶ親子の家“つどい”」外観
外観!

0560春日井市「丘に並ぶ親子の家“つどい”」内観
内観!

すぐお隣が奥様のご両親のお宅なのでいつでも行き来が出来ます。
薪ストーブの薪も準備万端!
ご夫婦にはお友達も多く、よく薪ストーブを囲んでパーティーをしているようです。

いつまでも親子仲良く、この素晴らしい環境で伸び伸びと暮らしてほしいと思います。
ありがとうございました。

こちらは8月にお引渡しをした一宮市S様邸です。
0561一宮市S様邸外観
外観!

0562一宮市S様邸内観
内観!

こちらのお施主様は僕の前会社の同僚で、
屋根の改装と水廻りの増改築工事をやさせていただきました。

築30年のこの住宅を改築し、ご結婚される息子さんに住んでいただく予定です。
そしてご夫婦は長野県大町市に新居をご計画。
再来年秋の完成お引渡しに向け、只今設計中であります。
引き続きよろしくお願いいたします。

こちらは10月にお引渡しをした可児市「春里の家」です。
0563可児市「春里の家」外観
外観!

0564可児市「春里の家」内観
内観!

およそ10年に渡り家づくりを検討し、ご夫婦がこだわり抜いて完成したお住まいです。
いくつかの工務店を模索し探し続けてやっと私たちと出会い、
設計段階から施工にかけてと数え切れないほどの打合せを重ね、
そしてお施主様と一緒に造りあげた結果、ひときわ目を惹く家になりました。
ありがとうございました。

こちらは11月にお引渡しをした豊田市「猿投山の麓に建つ家」です。
0565豊田市「猿投山の麓に建つ家」外観
外観!

0566豊田市「猿投山の麓に建つ家」内観
内観!

吹抜けを駆け上がる階段、親子を繋ぐ渡り廊下、丸太梁が圧巻です。
一昨年の夏に家づくりの計画を始め、2年以上掛けて造り上げました。
まさに猿投山の麓!
素晴らしい自然の下、ご家族が元気よく楽しく暮らしてほしいと思います。
完成内覧会も開催させていただき大変ご好評でした。
ありがとうございました。

こちらは12月にお引渡しをした名古屋市中村区「中庭を眺める家」です。
0567名古屋市中村区「中庭を眺める家」外観
外観!

0568名古屋市中村区「中庭を眺める家」内観
内観!

一級建築士であるご主人。
既に家づくりに関する構想は整っており、弊社との家づくりは深くて濃いものになりました。
2階にご家族が居住する空間が集約され、中庭はどの部屋からも眺めることが出来ます。
通り土間、バスコート、堀炬燵、ロフト等、理想通りの家が完成しました。
奥様のご実家が隣であるこの地に3世代の新たな生活が始まります。
ありがとうございました。

最後は昨日お引渡しをした土岐市「星空の見える家」です。
0569土岐市「星空の見える家」外観
外観!

0570土岐市「星空の見える家」内観
内観!

こちらは山間の傾斜地を利用して建てたセカンドハウスです。
お施主様は名古屋市内に在住しておられますが、
将来はこの地でのんびり暮らし、ご友人たちを招待して楽しく寛げる空間になっています。
なんと言っても、この“ソラリウム”は圧巻で、
夜は星空を眺め、昼は自然との一体感を楽しめる“独占的空間”です!
完成内覧会も開催させていただき大変ご好評でした。
ありがとうございました。

今年もたくさんの家づくりをさせていただき感謝申し上げます。
様々なお施主様と様々な家づくりが出来るということは本当に幸せだと思います。

これからも皆さんと一緒に楽しく家づくりをしたいと思っております。

今年一年、ありがとうございました!

そして来年も、よろしくお願いいたします!
カテゴリー: 仕事 タグ:

Don’t think. Feel.

2012 年 12 月 28 日 Comments off
2012年12月28日(金)

昨日、現在富山市で建築させて頂いている永く富む家にお邪魔させて頂きました。完成検査という名の表敬訪問です。

入母屋のバランスやディテイルを指導して下さった加納プロから富山入りする前に電話があり、入母屋の出来を是非ともよく見てくるよう言われました。「どんなところを見たらいいんです?」と尋ねると、色々その肝となる部分を説明してくれましたが、最後に「とにかく感じて欲しい」と一言。Wow、ブルースリーかよ。

富山は晴天でしたが、先日の雪がまだドッサリ残っていて、屋根の大半は見えませんでした。

121227永く富む家01

121227永く富む家02

121227永く富む家03

121227永く富む家04

加納プロ、如何です?まだまだ「感じる」域には程遠いですが、今後共ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

121227永く富む家08

中島 大地

追伸
そんなこんなで、今年もあと少しとなりました。一年間それなりにお利口さんにしていたので、ご褒美に妻子の里帰りに連れて行ってもらえるようになりました。チケット手配の都合で例年より一日早くお休みを頂きます。今朝「さぁ出発」と車に乗り込むと、小熊(シャオション、倅のこと)に「えっ?お父さん一緒に帰るの?」と言われ少々凹み気味ではありますが。

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

イケダさんのカレンダーに「森の家」。

2012 年 12 月 27 日 Comments off
2012年12月27日(木)

日頃より標準採用している木材用塗料のリボス社の製品を取り扱うイケダコーポレーションさんの2013年カレンダーに、森の家(2010年4月竣工)をご採用頂きました。

121227-リボス

イケダさん、ご採用頂きありがとうございます。感無量です!

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

毎年恒例のアレ

2012 年 12 月 27 日 Comments off
インナーチューブ復活!

ポンコツバイクの総集編です。
今年はフロントフォークの再生から取り掛かりました。
懸案のインナーチューブの再メッキは福岡の東洋硬化さんに依頼。
見事復活を果たしました。

ありがとうございました

どうせならと、アウターチューブの塗装を豊田のパウダーコーティング・カトーさんに相談。
快く承諾してもらったのです。

今年最大の遠征は、川越の井上ボーリングさんへの依頼でした。

ブルタコのシェルパ

シリンダーを持ち込みボーリングを依頼。

シリンダーの復活も感動的でした
この組立は失敗は許されない

オーバーサイズピストンを取り付け、宿願のエンジン腰上の再生が完了したのです。

夏までの限られた時間(資金も)は前回紹介したトライアル大会への参加の為、愛馬1号機の換装に集中し、
大会終了後に本格的なパーツの組立を開始しました。

とにかく暑くてはかどらない

何とか年内復活をと目論んだのですが。
どうも点火系に不具合があるようです。
早い話がプラグに火が飛びません。

セガレのオモチャと化す

テスターで確認したのですが。
配線・・・正常。
イグニッション・・・正常。
キルスイッチ・・・正常。
どうも点火コイルが怪しいのです。
来年は不具合の発見からの作業となりそうです。

やはりコレかも


カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

LK+、専ら外壁工事中。

2012 年 12 月 26 日 Comments off
2012年12月26日(火)

中島工務店の可児モデルハウスLITTLE KASHIMOの増築プロジェクトLK+は、現在やっと外壁工事が終盤に差し掛かりました。当初の予定よりも1ヶ月以上の遅れ。自社工事の宿命、とでも申しましょうか。

121226LK+01

表側の外壁仕上げは杉板の鎧壁。昔ながらの張り方です。杉板は赤身と白身が混じった「源平」の「節有り」のグレード。塗料はオスモ社のウッドステインクリアプラスを採用。2回塗りの塗膜の厚さにちょっとビックリ。

121226LK+03

出隅の納めは「トメ」。鎧張りは下の板に少し重ねて上の板を張りますので、トメも微妙に斜めなんです。ナントまぁ手の込んだことを。

121226LK+04

裏側の外壁仕上げはガルバリウム鋼板一文字葺き。和風パスタ店の壁でよくお見かけしますね。

121226LK+05

杉板の鎧張りとの取り合いはこんな感じ。

121226LK+06

外壁仕上げは、木製サッシの取付けを残し概ね完了。年内の外部足場撤去の目標が見えて来ました。楽しみです。

中島 大地

カテゴリー: LK+ タグ:

造作工事着工

2012 年 12 月 26 日 Comments off

resize0139

大屋根コンクリートの上に釘が打ち込める固さの

モルタル(スカイモルタルα)でお化粧しました

これは、屋根を葺く時釘で留めるための下準備です

 

resize0140

お化粧した屋根は

ゴム系の接着付シートで屋根全体を包み込みます

 

resize0152

軒先に樋は付けずに

屋根の途中に取り付けます

外観がすっきりした建物になります

 

resize0141

その室内では

本堂の内陣外陣の木工事で木材の加工中です

宮大工は0.1㎜の精度の加工に集中しての作業中です

 

resize0142

その他の部屋ではでは

着々と間仕切り壁が出来ています

 

resize0143

間仕切り壁の柱が林立して

だんだん見通しが悪くなってきました

 

resize0144

間違いのないよう職人さん同士

声を掛け合って確認しながらの作業が進みます

 

resize0145

内陣外陣の天井裏には

電気設備や空調設備の配管配線が

木工事に先駆けて工事が行われています

 

resize0146

お寺の顔ともいえる部分です

唐破風が姿を現し始めました

 

resize0147

どうやってこの曲線を出すのか、ベテランの宮大工さんでなければできません

以前紹介した原寸図に基づいて尚3次元の墨付けを行い

それを加工していきます

 

resize0149

この飾りは、『兎の毛通し』と言うそうです

彫刻専門の会社で彫刻加工したものを

現場での加工されたものと合わせての取付です

 

resize0148

屋根の棟下地の取付中です

この棟は箱棟と言います

resize0150

resize0151

まだ下地の状態です

さてさて、この状態からどんな仕上がりになるか楽しみです

 

resize0153

おやおや

また、変な物が写ってますが

さてさて、これは何者でしょう

どこについてどうなるものやら

次回の楽しみにしましょう

1号機限定で

2012 年 12 月 26 日 Comments off
元旦早々オイル交換

こんな事してる場合じゃないと分かってはいるのだけれど。
現実逃避の為に愛馬1号機限定で今年を振り返ってみたのです。
何と元旦からオイル交換してました。
大晦日から年明けまで虎渓山にいたのですが、睡魔よりバイクをいじりたい衝動が勝ったようです。

で、夏には初の競技に参加。
競技中の情けない姿は写真が無いので、その時のマイパドックの様子でも。
ご覧のトランポ(軽トラ)に初めて乗ったセガレは、自慢げに友達に話しているようです。
マイパドック
成績は下から数えた方が早かったのですが一番疲れなかったかも。

競技の後にくたびれたパーツのリフレッシュを敢行・・・と思ったらいじり壊して鍛冶屋の安藤さんへ緊急搬送。
セガレも社会勉強
エンジン降ろしたのは実に10年ぶりくらいでしょうか。

勢い余って秋にはタイヤも交換。
今年最後の投資とはならず
こちらは7年くらい無交換だったようです。

来年も走ります!

愛馬1号機を中古で購入して18年目に突入しました。
17年間無事故無違反(1号機限定・・・)。
来年も健気に活躍してくれるでしょう。
カテゴリー: バイクネタ タグ:

本日は晴天なれど風強し

2012 年 12 月 25 日 Comments off
先週の様子

掛川の現場です。
今年最後の建方も完了しました。
これで安心して年が越せそうです。
しかしこの地は風が強い。
屋根の上では風を受けてまともに立っていられません。
カテゴリー: 建築 タグ:

お絵描きの競演。

2012 年 12 月 24 日 Comments off
2012年12月24日(月)

本家の大掃除を手伝いに、関東から長女と長男が帰って来ました。漫画家(志望)の長男に、それを知ってか知らずか小熊(シャオション、倅のこと)がお絵描き対決を挑みました。「絵は得意じゃないんだけどなぁ」なんて言いながらも、甥っ子の挑戦を受けて立ちました。

121223お絵描き合戦

さぁこの勝負、軍杯はどちらに?

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

完成内覧会「星空の見える家」。

2012 年 12 月 22 日 Comments off
2012年12月22日(土)

今日と明日で開催中の完成内覧会星空の見える家(岐阜県土岐市鶴里)にお邪魔しました。生憎の天候の中、スタッフの皆さん、お疲れ様です。

121222星空の家11

「星空の見える家」を少々ご紹介しましょう。半地下を含めた2階建てのセカンドハウスです。まずはファサード。濃淡のツートーンの外観には、"製作総指揮"のkominiさんの自邸にみるデザイン性がうかがえます。

121222星空の家01

玄関をくぐるとそこは「歓談の空間」。いわゆるLDKですが、ダイニングが中心の歓談の空間です。栃のテーブルもイイ。

121222星空の家02

薪ストーブでほんわり暖かい。炎を見るのもイイ感じです。

121222星空の家03

LDKの奥には「ソラリウム」。これが"星空の見える家"の所以です。夜空のみならず、昼間は豊かな自然も楽しめます。

121222星空の家04

ダイニングとソラリウムに面して大きなウッドデッキ。(今日は生憎の天候でしたが)四季折々を楽しむことのできる、これまたイイ空間です。

121222星空の家05

こちらがリビング。歓談の空間たるダイニングに対して、こちらは寛ぎのための小さめリビングです。

121222星空の家06

高野槇の爽やかな香りに癒される洗面脱衣室。洗面化粧台や収納棚の造り込みも細かい、上質空間です。

121222星空の家07

洗面脱衣室の奥にはタイル貼りの浴室。この自然を独り占めする開放的な窓もイイですね。

121222星空の家08

半地下の「趣味の空間」に繋がる階段。オリジナル手摺やオリジナルノンスリップ(通称「kominiノンスリップ」)等等、造り手の拘りがギッシリ詰まってます。

121222星空の家10

住まいづくりを計画中の方にも、そうでない方にも、見て楽しい作品です。完成内覧会は明日まで!

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

両親の呵責(かしゃく)。

2012 年 12 月 20 日 Comments off
2012年12月20日(木)

小学2年生の子供を持つ私達夫婦にとって、この時期は大変デリケートなんです。そう、クリスマス。今朝、リビングテーブルの上にこんなものが置いてありました。

121220クリスマス02

そしてこんなものも。

121220クリスマス01

サンタさんのみならず、トナカイさんにも宛ててですよ。健気過ぎます。開いてみると、中はやっぱりこういうことです。

121220クリスマス03

「WiiU」かぁ。今年のクリスマスの目玉、入手困難だそうです。もちろんサンタさんやトナカイさんにとっても同様でしょう。しかしそもそも我が家にはすでに「Wii」も「ニンテンドー3DS」もあり、当面「WiiU」というわけにはいかないんですよ。それをどうやって伝えたものか。

そんなこんなで、現在小熊(シャオション、倅のこと)は"クリスマス商戦"真っ只中です。

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

「エコハウスのウソ」第3弾。

2012 年 12 月 20 日 Comments off
2012年12月20日(木)

(協)東濃地域木材流通センター、いわゆる木KeyPointで開催した「平成24年度木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業 木造住宅の省エネルギーを計算で確かめられるこれからの時代の建築技術者育成講習会」と、なんとまぁ長い名前の講習会の第3講省エネ手法IIを受講しました。

121220省エネ設計II

講師は「I」に引き続き、東大大学院の前真之先生。彼の著書「エコハウスのウソ」、私もようやく読み終わりそうです(忙しいんですって)。又、実弟の「加子母っ子」が、先日開催されました「自立研フォーラム2012」にて「前真之賞」を頂きました。

さて、「I」がどちらかと言えば概論的な内容だったのに対し、今回はまさに省エネ手法の説明の濃い内容でした。不覚にも遅刻してしまった私が到着した頃にはすでにジューシーな話の真っ最中。その触りを少々紹介します。

 シーリングファンは夏用
 開放型燃焼機器はダメ
 電気ストープは省エネにあらず
 床暖房は快適、但しエアコンよりも効率が低い
 エアコンの弱点は空気の運搬力
 エアコンは室外機も室内機も隠さない
 薪ストーブは配置が重要、出来れば空間の中心に
 太陽熱給湯器は費用対効果が高い

同世代の前先生、これからもまだまだ色々な研究結果を発信して下さることでしょう。次回の講習(予定はありまさせんが)も楽しみです。

中島 大地

カテゴリー: 木KEYPoint タグ:

西方いもと太ネギ from 加子母

2012 年 12 月 20 日 Comments off

2012年も残り10日。今年もあっと言う間に過ぎて行きそう・・・例によって例のごとく、年明けもやる事が盛り沢山なので、年末に向けてここでひと踏ん張りせねばなりません。 今年も沢山の人にお世話になりました。何かお世話になった時には、殆どの場合に加子母(かしも)の何かしらでお返ししています。 季節によってさまざまで、日本酒やワインなどのお酒の時もあれば、春先なら朴葉寿司やヨモギ大福。夏~秋・・・

カテゴリー: 食べ物 タグ:

若手林業ビジネスサミット2012に参加

2012 年 12 月 19 日 Comments off

色々な所に参加させて貰っている12月。タイムリーに報告できると良いのですが、創造ブログでは遡って報告する事が多くなっています(汗)。今回は遡ること半月。 12月1日(土)に参加した若手林業サミット2012 in Tokyo。11月30日~12月2日の2泊3日で行われ、全国から林業・森林・木材及び地域活性に携わる若者が集まりました。私はと言えば、仕事の関係で中日1日のみ参加。この日は、全国各地・・・

カテゴリー: あれこれ タグ:

年代物のレジスター

2012 年 12 月 19 日 Comments off

先週末の岩崎邸見学と東大ツアーで昼食の為に入った、万定(まんさだ)フルーツパーラー。見た目と味のギャップ(見た目よりも味が良い)が大きかった大満足のスープカレー。 それと共に、もうひとつ気になったのが歴史を感じさせる木製レジスター。時代を感じさせる店内の中でも、ずば抜けた存在感。何と単位は「円」だけでなく「銭」もついています。食事する時から気になっており、会計の際にはキャッシャーも撮影させて・・・

カテゴリー: 建物巡り タグ:

サタデーナイトの贅沢

2012 年 12 月 19 日 Comments off

木造建築スタジオに入学してからの2年間、めっきり少なくなったグルメリポート。今春の就職後は多少多くなる物の、なるべく自炊を続けています。 そんな中、打ち合わせを終えた先週の土曜日の晩は、一週間頑張った自分へのご褒美に好物のラーメンを食べに行って来ました。10年前に横浜に住んでいた時に大好きになったとんこつ醤油の家系(いえけい)ラーメン。吉村家をはじめとする数ある家系の中でも、私の一番好きな大・・・

カテゴリー: 食べ物 タグ:

森と木の転職セミナー@新木場

2012 年 12 月 19 日 Comments off

風もなく暖かな陽気となった12月16日(日) 朝一番で物置から中島家定番の弁当箱を出して来る。木造講座(スタジオ)在学中に、身土不二の家の塗装作業以来の出番。 これまた久しぶりにオニギリを拵える。定番のゆかり・ゴマ塩+ふりかけミックスの3パターン。ブランクを感じさせない形ににぎれました(笑) この日は新木場モデルハウスが会場となり、森林文化アカデミーの主催する森と木の就職・転職セミナ・・・

カテゴリー: 森林文化アカデミー タグ:

10式と書いてヒトマルシキと読む

2012 年 12 月 19 日 Comments off
毎年エスカレートしているような・・・

今年もサンタさんの時期が近づいてきました。
我が家のチビッ子達の毎年恒例サンタさんへのお手紙なのですが。
娘のお願いは電動一輪車!。ダメなら3DSって・・・。
世の中不況だデフレだと叫ばれている中、我が家のサンタさんへのお願い指数は天井知らずで上昇しっぱなしのようです。
で、セガレのお願いは戦車のオモチャ。
それも自衛隊最新鋭の10式と御指名・・・。
ドイツのタイガーを選ばないところがシブいところではありますが。
ちょっぴり食指が動きます。
カテゴリー: つぶやき タグ:

日本住宅新聞に掲載されました

2012 年 12 月 19 日 Comments off

少し前になりますが12月5日の日本住宅新聞に、先日参加した自立研フォーラム2012での発表が掲載されました。記事を読むと、間違いなく自分で発表した内容なのですが、私の発表よりもずっと上手くまとまっています(笑) 記事の詳細はこちら(クリック移動)からご覧下さい。 加子母っ子 中島 創造 ↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。 ~NHK総合「サキどり・・・

カテゴリー: 温熱環境 タグ:

ビリビリきません

2012 年 12 月 17 日 Comments off
プラグも新調したのだけれど

西へ東へと、師走は何かと慌しいポンコツバイクです。
プラグを新調して点火の確認を行いました。
ご覧の状態で鬼キック。
本来ならプラグの火花を確認して火入れ式と進むのですが。
プラグに火花・・・きませんでした。
仕方ないので電装パーツをイチから点検です。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

祝上棟、「恵那峡の家」。

2012 年 12 月 16 日 Comments off
2012年12月16日(日)

不順な天候を縫うように建て方を進めて来た「恵那峡の家」が、本日上棟式を迎えました。昨日とは打って変わっての秋晴れにも祝福してもらっているようです。

121217-恵那峡の家01

上棟式の後には餅投げも行いました。

121217-恵那峡の家02

たぁくさん投げました。本当にたくさんでした。

121217-恵那峡の家03

近隣にお住まいの皆さんにたくさん拾って頂きました。ありがとうございました。

121217-恵那峡の家04

「恵那峡の家」では来春に完成内覧会を予定しています。まずは安全に気を付けて工事を進めて行きます。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

So this is Christmas.

2012 年 12 月 15 日 Comments off
2012年12月15日(土)

東京在住のサンタさんから、一足早くクリスマスプレゼントが届きました。先般秋葉原で開催された「ガンプラEXPO」限定のガンプラHGUCユニコーンガンダム デストロイモード グリーンフレームVer.HGUCデルタプラス メタリックVer.です。サンタさん、ありがとう!



これでネスプレッソはお預け・・・か。

中島 大地

カテゴリー: ガンダム タグ:

年末

2012 年 12 月 14 日 Comments off

こんにちは あっという間の12月それも半ばです
1年はあっと言う菜ですね年をとった証拠ですね もうすぐ年末がやってきますよ
アトラでは自家製の新巻鮭の糀漬け・狐鰹の糀漬け・生いかの醤油糀漬け・若鶏もモモ肉
の糀漬け・うずらの糀漬けを始め年末年取りのお料理の品々準備しております
料理の注文も承っております ぜひアトラでお買い物をお願いいたします。
心よりおまちしております 年末にかけ後わずか 事故等の無いよう
風にもきおつけてがんばって下さい
年始は1/2より営業しております。       生鮮館 梅田正和

カテゴリー: 未分類 タグ:

PR: ボルボ S60&V60 スカンジナビアン・リミテッド

2012 年 12 月 14 日 Comments off
美しいボディーカラーに、個性的なビーチウッドカラーのシートが映える特別限定車。
カテゴリー: 未分類 タグ:

温熱測定を続けれる喜び

2012 年 12 月 14 日 Comments off

旧岩崎邸を見学して、東大前で美味しいスープカレーに舌鼓を打った、12月9日の充実した日曜シリーズ3部作もいよいよ完結。 東大の正門をくぐると、イチョウ並木がお出迎え。一面が鮮やかな黄色で包まれ、まるで別世界に迷い込んだよう。 四季を通してイチョウをみると銀杏を連想して、銀杏を連想すると北ちゃんを思い出す。 行先は工学部1号館。内田ゴシックと呼ばれる建物も観たかったけど、朝寝坊した・・・

カテゴリー: 温熱環境 タグ:

はいチーズ!

2012 年 12 月 12 日 Comments off
ひとりいませんが

掛川の現場です。
本日本堂の屋根仕舞が完了しました。
明日から瓦工事が始まります。
その前に、
ご住職と大工一同で記念写真です。
もっとも、
来週から位牌堂の建方が始まるので現場は相変わらずにぎやかです。
カテゴリー: 建築 タグ:

Nespresso. What else?

2012 年 12 月 11 日 Comments off
2012年12月11日(火)

お客さんのお宅でコーヒーを頂きました。最近私も注目している「ネスプレッソ」で淹れた、マカダミアナッツとヘーゼルナッツのフレイバーコーヒーを1杯ずつ。

121211ネスプレッソ

私もこれが欲しい。どうしても欲しい。と言うことで、我が家のサンタにお願いしてみました。結果は玉砕。そこで考えました。私がサンタになって家族にプレゼントしてあげよう。そうだ、そうしよう。

Nespresso. What else?

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

岐阜県木造住宅アドバイザー。

2012 年 12 月 11 日 Comments off
2012年12月11日(火)

先日受講しました「岐阜県木造住宅アトバイザー講座」の現地研修をもちまして、私も晴れて「岐阜県木造住宅アドバイザー」に認定して頂きました。

121207岐阜県木造住宅アトバイザー

謹んでお受け致します。今後は、"stay hungry, stay healthy"の精神と共に木造建築業に精進したいと思います。本日はありがとうございました。

中島 大地

カテゴリー: 住宅建築 タグ:

食う歩く学ぶ

2012 年 12 月 11 日 Comments off

念願だった旧岩崎邸を見学した日曜日。午後からは東大へお邪魔して、温熱測定の打合せ。昔聞いた「食う寝る遊ぶ」のような「食う歩く学ぶ」の充実した一日は、食べるのも楽しみました。 朝は加子母(かしも)から届いた、実家の干し柿とヨモギ大福と苦~い緑茶。父親の上京と共に、実家の軒先から持ってきて貰った干し柿。 少し早く完成までは日数がいるものの、中身はこの上なく甘い。ヨモギ大福は加子母の名物のひ・・・

カテゴリー: 食べ物 タグ:

12月11日(火) 今年一番冷えた朝

2012 年 12 月 11 日 Comments off

北の寒波で今朝は良く冷えた。

DSC03057

唐塩山も雪化粧。寒そう!!

DSC03058

唐塩山の向こうから朝陽が登ってきて、

DSC03063

雲と雪山をピンクに染めた。

DSC03064

奥牧へ現場を見にゆくと用水路が凍ってしまっている。

DSC03071

朝陽に映えて奥山がきれい!!

DSC03072

もっと近寄って見るともっときれい!!

DSC03073

朝方4時頃、寒くなって目が覚めた。
頭越し温度計は-3℃。トイレついでに勝手口の温度計は-13℃。寒い訳だ。毛布を一枚増やして6時迄布団に潜って丸くなっていた。
朝食後、外へ出て唐塩山を撮った。良く晴れて山の天辺は真っ白。朝焼けが淡いピンクできれい。
プレカットに行く途中にもう一度唐塩山を撮る。熊や猿はどうしているだろうか。
プレカットの打合わせを済ませて、小水力発電の現場の段取りに奥牧へ行く。
用水の水が凍っている。寒い訳だ。昔はもっともっと冷え、氷が水路一杯になって水が溢れたものだ。
-25℃にはなった。
奥山も朝陽に映えてきれい。北の寒波は空気がきれいだから寒くてもすくわれる。

                    かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

PR: みんなのW賞金王キャンペーン

2012 年 12 月 10 日 Comments off
賞金王・賞金女王を予想して総額300万円の賞金をゲットしよう!
カテゴリー: 未分類 タグ:

念願の旧岩崎邸

2012 年 12 月 10 日 Comments off

昨日は午後から東大での打ち合わせ。早めに家を出て、午前中は以前から行きたいと思っていた旧岩崎邸へ。 冬将軍到来で外気温は低く風は冷たいながらも、広陵雲なく空澄みわたる。青空のしたイチョウの木・地面に落ちた葉がどちらも綺麗で、思わず「わぁ」と胸が高鳴る。 紅葉は全く期待していなかったので、得した気分に。 ちょうど建物のツアーガイドさんに案内して貰える時間に居合わせ、これまたラッキー・・・

カテゴリー: 建物巡り タグ:

12月10日(月) 寒波襲来

2012 年 12 月 10 日 Comments off

ついに雪が降った。20㎝程積った。寒い!!

DSC03039

プレカット工場の屋根につららが下った。もっと伸びるぞ。

DSC03044

小和知の里も雪の中に埋った。

DSC03046

冬らしくなった!!

DSC03047

我家の吊し柿も飴色になった。甘そう!!

DSC03050

電柱の蔓柾(つるまさき)も雪を冠った。

DSC03052

我家の真弓(まゆみ)もきれいに雪化粧。きれい!!

DSC03053

12月に入っても暖かかったが、ついに寒波襲来。
9日から降り出した雪は昨夜から今朝まで断続的に続き、20㎝程積った。
今朝は曇っているのでプレカットへ行く時はまだ暗い。-4℃で寒い。昨夜のうちに皆んなで雪除け具を車で引いているので殆どの道は雪掻きが出来ている。
プレカット工場もタイヤショベルで場内を雪掻きして山に積み上げた。大屋根からは朝陽に当って融けた雪がつららになって下り始めた。どれだけ伸びるのだろうか。
帰りに稲場の上から小和知の里が朝陽に映えてとてもきれい。小和知の里はすっぽりと雪に埋った。
家に帰ると吊し柿が美味しそうな飴色になっている。蔓柾も真弓も雪化粧して花嫁さんのようだ。
ずっと暖かかったがいよいよ冬が来るのだ。

かしもむら なかしまのりお

カテゴリー: 自然観察 タグ:

完成寸前ぽくみえなくもないけど

2012 年 12 月 10 日 Comments off
ステーターコイルを取り付けて

現場は雪とは無縁のポンコツバイクです。
再生したステーターコイルをエンジンに取り付けました。
そろそろプラグやオイルなどを準備して火入れ式の準備に掛かろうかと思います。

フライホイールは仮付け

その前にちゃんと発電するかを確認しなければなりませんが。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ:

お尻かくして頭隠さず。

2012 年 12 月 9 日 Comments off
2012年12月9日(日)

中津川市加子母では、今年もほぼ例年通りこの時期に本格的な初雪。私は家の中でダラダラ、熊(ション、家内のこと)はセッセと雪かき、そして小熊(シャオション、倅のこと)は元気にかまくら作り。

121209カマクラ01

作ったかまくらは小さすぎてお尻しか入りませんが、それも良し。

121209カマクラ02

中島 大地

カテゴリー: 家族 タグ:

カマの煮付け!@癒弊さん。

2012 年 12 月 8 日 Comments off
2012年12月8日(土)

午前中に土岐市での仕事を済ませ、久しぶりに癒弊さんへ。すると、癒弊さんに中島工務店を紹介してくれた従弟とバッタリ。二人して、伝説の500円ランチを頂きました。今日のお勧めは「カマの煮付け」定食。カンパチのカマだそうです。

121208カマに煮付け

右側のうどんは、恐らく従弟へのサービス品を私にも出してくれたんでしょう。「うどん定食」と言っても通用しそうです。いつもに増してお腹いっぱいになってしまった。

富山県での研修旅行でタラフク魚を食べたはずですが、昨日の忘年会で肉をタラフク食べたせいで今日は魚がちょうどよかったです。

中島 大地

カテゴリー: 食べ物 タグ:

鬼瓦刻字

2012 年 12 月 8 日 Comments off

resize2047

現場では寒風吹きすさぶなか本堂の建方(たてかた)が進んでおりますが、今回は瓦の紹介です。

去る11月15日、瓦工事を担当する藤枝市の渡邊商店さんの工房へ御住職をはじめとする寺院関係の方々と設計の野村氏と共に赴きました。

目的は鬼瓦に記念の字を刻む為です。

resize2048

由緒、日時、御住職や檀家様の名前などを御住職と檀家様がヘラを片手に鬼瓦に刻みます。

本堂の屋根の形状は「寄棟」と呼ばれるもので、屋根の頂上である大棟には鬼瓦はつきませんが四隅へ合計8箇所鬼瓦があり、その全てに字を刻むのに数時間を要しました。

resize2049

上の写真はこの鬼瓦の型で石膏でつくられています。

今回の工事の為だけにつくられた、唯一無二の鬼瓦であり、この石膏の型も二度と使われる事はないでしょう。

resize2050

ちなみにこの鬼瓦は「古代鬼面」と呼称されます。

頭に角が生えた鬼という定義がまだない時代の意匠で厚みが薄い事も特徴です。

本堂は奈良時代の様式を模しており、時代背景を合わせて古代鬼面が採用されました。

これから約1ヶ月程度乾燥させて窯に入れる事になります。

加子母っ子の温熱コラムVol.7

2012 年 12 月 8 日 Comments off

つい先日まとめていた加子母っ子の温熱コラムVol.7が中島工務店メルマガにて掲載されています。2011年度の冬季に測定した「身体3カ所の温度変化」についてまとめています。 夏場に比べ大きな温度差の中で生活している様子が、私の実測体験を基にデータ化されています。自立研フォーラムの発表でも、一番食いつきの良かった測定結果。 是非ともご覧ください。 加子母っ子 中島 創造 ・・・

カテゴリー: 温熱環境 タグ:

中部住宅全体会議、からの忘年会。

2012 年 12 月 8 日 Comments off
2012年12月7日(金)

すっかり恒例となりました、半期に一度の「中部住宅全体会議」を開催しました。この半期の復習と残り半期の展望はいつも通りで、その他に技術発表やフォトコンテストの受賞者発表等々、充実した会議でした。

121207中部住宅全体会議

全体会議後は、こちらも全体会議後の恒例となりました忘年会。今回の会場は、増築工事をさせて頂きました、加子母の「大臣」さん。鍋、焼肉、ケイチャン、等々、これでもかと言うほど食べて、盛り上がりました。

121207忘年会

その後は有志数人で二次会のカラオケへ。個人的には久しぶりに二次会に行きました。こちらも盛り上がりました。写真は・・・やめときます。

今年も残すところあとわずか。もう一息頑張ります。

中島 大地

追伸
おかげさまで、ブログエントリーが600回を超えました。これからも優しく見守って下さい。
カテゴリー: 住宅建築 タグ:

W=V×A

2012 年 12 月 7 日 Comments off
細かな作業です

遠州の空っ風に辟易気味のポンコツバイクです。
ステーターコイルの再生も終盤へ。
前回巻きなおしたコイルも巻き方が気に入らなかったので再度巻きなおし。
電力(W)=電圧(V)×電流(A)の関係から銅線の径が細くなった分、コイルの巻き数を多少増やしました。
逆効果かもしれませんが何事も経験です。

ほぼ完成

これでエンジンの火入れ式が現実味を帯びてきたのです。
カテゴリー: ポンコツ再生計画 タグ: